« 素晴らしい春の一日☆「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 with 池上先生 - 鑑賞会 No.8 | トップページ | レオナルド555歳のお誕生日古楽コンサート by アントネッロ@表慶館 »

2007/03/31

レオナルド誕生日記念コンサート 「レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の宮廷音楽」 4/15

  

sabato, il trentuno Marzo 2007.
sono le otto e quarantasei.

          Josucande
                 「音楽家の肖像」
        レオナルド工房作
             43×31センチ 1490年頃 
           アンブロジアーナ美術館(ミラノ)

4月15日は、レオナルドのお誕生日ということで
現在開催中の
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ
では、お誕生日記念コンサートがイベントの一貫
として挙行されます。


レオナルド・ダ・ヴィンチ誕生日記念コンサート
受胎告知~レオナルド・ダ・ヴィンチ時代のマリア賛歌
レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の宮廷音楽

mixiで、上記の宮廷音楽に行かれなくなった方が、
「チケットを譲ります」というお知らせを出されていて、
コンタクトを取りましたら、私が一番だったそうなので、
こちらのコンサートに行けることになりました☆(*^o^)乂(^-^*)☆ !

チケットはすでに完売とのことですので、やっぱり、
どこかでレオナルド様が呼んでくださっているのか、

この幸運にもF様に御礼申し上げます<m(__)m>

現在、斬新な古楽で人気を博している古楽団体
ヴォーカル・アンサンブル カペラ」と「アントネッロ」が、
レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代で宮廷で演奏された
古楽を演奏されるとのこと、大変楽しみです~☆
はっきりとはしていないのですが、《受胎告知》の前でも
レオナルド作詞の曲が歌われるようですので、本当に
素晴らしい記念コンサートに行けることをあとから
知りまして、レオナルドのお誕生日を祝える最良の日
となりそうです~☆゜・。・゜★

上記トップ画像は、今回の演奏会で演奏される作曲家、
ジョスカン・デ・プレ(Josquin des Prez 1455?-1521)とも
イル・モーロとも聖歌楽隊長フランキーの・ガッフリオとも
言われていて、レオナルドが描いたとされています。しかし、
私はあまりピンとこないので、きっと弟子が大部分は描い
たのかもしれません。

レオナルドと同時期ということで、フランドルから遠征してきた
ジョスカン・デ・プレは、フィレンツェやミラノで音楽家としても
活躍していたレオナルドの即興曲などにも大いに影響が与え
られたそうです。美術ではレオナルド、音楽ではジョスカン・デ・プレ
がルネサンスの芸術文化を華咲かせた深い関係性も
今回の演奏曲の中から響いてくるかもしれません~♡~♬
今までにもないレオナルドの音楽性が近づくことでまた、
興奮して参りました~ヽ(^o^)丿

                          Iirs_melzi_2
            「A portrait of the Master」
             
Francesco Melzi
         ウィンザー城 (イギリス) 王室図書館蔵

レオナルドの最愛の弟子であったフラチェスコ・メルツィの
肖像画をもう一度、観てみると確かに、音楽家としての
繊細な顔立ちが浮かび上がって見えます~☆

     Lira_1
     レオナルド・ダ・ヴィンチ自作の楽器
     「アッシュバナーム手稿より」
        1487~90年頃
      パリ、フランス学院図書館

もし、レオナルドが作曲した曲を残せるような録音機を
発明していたら、彼の創作した美しいメロディーや詩も
現在、聴くことができたかもしれませんね~(^_-)-☆  

リラ・ダ・ブラッチョ》はレオナルドの自作楽器と、池上
先生のご著書である「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の画集
にも図版とともに掲載されています。

演奏にも長けて、即興歌も上手な演奏家であったので
フィレンチェ時代には「美しい声で歌が上手」な音楽家

として知られていたそうです。だんだんと音楽家としての
イメージも膨らんできましたね~☆

私は美しい人間の歌声に弱いのとそれがもしかしたら
レオナルドが作曲した詠なんて!!そして、あの美しい
《受胎告知》の面前で聴けるなんて、考えただけでも、
ロマンが広がって、また感涙となるでしょう・・・!!

|

« 素晴らしい春の一日☆「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 with 池上先生 - 鑑賞会 No.8 | トップページ | レオナルド555歳のお誕生日古楽コンサート by アントネッロ@表慶館 »

コメント

こんばんは
 こちら、NHKの「芸術劇場」のレオナルドダビンチと音楽という情報番組(5月)に
リラ・ダ・ブラッチョを番組内でソロ演奏したものです。アントネッロの濱田氏より
依頼があり、誕生記念コンサートでは見せるだけの紹介があったリラを見たNHKが
弾けるひとを、ということで出演いたしました。古楽器演奏家として名前がでた出演は
めったにないので良い経験となりました。今後ともよろしくです。
                                 駒澤

投稿: 駒澤 隆 | 2007/10/09 21:20

駒澤様

こちらまでコメントを書いて下さいまして
大変ありがとうございました。

「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」が終了してからあまり
更新していないのですが、素晴らしいお誕生会コンサート
を思い出させていただいて懐かしかったです。

駒澤様はリラの名手でいらっしゃるのですね?
今度いつかリラの音を拝聴しに伺いたいと
思います。

本当にご投稿いただいて、ありがとうございました とても嬉しく光栄に思いました。

投稿: Julia | 2007/10/10 23:57

ご丁寧なお返事、恐縮です。

 本年の12月15日(土)JR中野駅から徒歩12分の日本キリスト教団「桃園教会」
にてコンサートをやります。ここではハンガリー人歌手の方とリューティストと3人
でヨーロッパ各地と、特にハンガリー・ルネサンスの曲を取り上げてお送りいたします。
 ハンガリー・ルネサンスの曲は日本ではまず演奏されたことがなく、極めて珍しい
ものです。このときリラ・ダ・ブラッチョも響きにマッチする曲に登場させます。
 具体的に決まりましたら、また差し出がましいのですが、投稿させていただきます。
 今後ともよろしくお願いいたします。

                                    駒澤

投稿: 駒澤 隆 | 2007/10/12 23:21

駒澤さま

素敵なコンサートのお知らせを書いていただいて
ありがとうございます。

>12月15日(土)JR中野駅から徒歩12分の日本キリスト教団「桃園教会」にてコンサートをやります。

わぁ~クリスマス・コンサートのようになりますね!!
実は、その近くの教会のシスターと知り合いなので、
ご都合がよければ、シスターとご一緒に拝見しに
参ります~☆

>ハンガリー・ルネサンスの曲は日本ではまず演奏されたことがなく、極めて珍しいものです。このときリラ・ダ・ブラッチョも響きにマッチする曲に登場させます。

リラ・ダ・ブラッチョをお弾きになられるんですね!!
本年度はレオナルドに始って、レオナルドで終わる佳い年に
なりそうです。

>具体的に決まりましたら、また差し出がましいのですが、投稿させていただきます。

楽しみにその日をお待ちしております。ブログへもご紹介したいと思いますので、お手数ですが、お知らせくださいませ。とても夢のようなコンサートをもう一度、拝聴できるなんて今からワクワクする思いでお待ちしております。

投稿: Julia | 2007/10/14 22:37

こんにちは

 以前、リラ・ダ・ブラッチョの関係で投稿させていただいた
 駒澤です。
音楽会が具体的になりましたのでお知らせいたします。

Magyar karacsony(ハンガリーのクリスマス)
 ヨーロッパ・ハンガリールネサンス音楽の夕べ
 ークリスマスに歌い奏でる贈り物ー
 メゾソプラノ
     セメレーディ・エーヴァ

 ビオラ、リラ・ダ・ブラッチョ、リコーダー
     駒澤 隆
 リュート
     倉又 義克
 ドイツ、スペイン、イタリア、イギリスのルネサンス時代の
音楽に、セメレーディの故国ハンガリーのルネサンス音楽を
お届けします。 クリスマスということでグレゴリオ聖歌や
ハンガリーカトリックに1600頃から伝わる賛美歌も織り交ぜ、
皆様と楽しいひとときを過ごさせていただければ幸いです。

 日時:2007年12月15日(土) 17:30開場 18:00開演
    2800円
 場所:中野 
     日本キリスト教会 中野桃園教会
     (JR中野駅北口より徒歩12分)

    ハンガリー共和国大使館後援

   お問い合わせ先
      駒澤:komazawa@cds.ne.jp
  倉又:kuramata-yoshikatsu@jcom.home.ne.jp
セメレーディ:szemieva@tranzas.ne.jp

投稿: 駒澤 隆 | 2007/12/01 12:13

駒沢様

こちらまでコンサートのご詳細を教えていただいて有難うございました。

私は必ず参りますので、演奏を楽しみにしております。
本当にクリスマスらしい素敵な曲目で、しかも教会で拝聴できるなんて素晴らしい機会だと思います。

また、近い内に拙ブログ内でもご紹介させていただきます。
お返事が遅れまして失礼致しました。

それでは、当日、古楽の演奏と歌を楽しみにしております。

投稿: Julia | 2007/12/04 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/14466392

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド誕生日記念コンサート 「レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の宮廷音楽」 4/15:

« 素晴らしい春の一日☆「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 with 池上先生 - 鑑賞会 No.8 | トップページ | レオナルド555歳のお誕生日古楽コンサート by アントネッロ@表慶館 »