☆Christmas2006★

2006/12/27

Last Christmas from Chicago (photo by Nacchi-san) ☆

merdoldi, il ventisette Dicembre 2006
sono le vetitre.

         Rimg0113
                Huge Christmas Tree! - Chicago

会社でお隣のナッチーさんが音楽隊のメンバーの方々と
シカゴで特別な音楽祭のイヴェントがあるというので、
一週間ほど旅行に行かれていました。ちょうど、クリスマス
の時期だったので、街中やコンサート・ホールやホテル内
にも素晴らしいツリーが設置されていたので、思わず画像
を拝借させていただきました(*- -)(*_ _)ペコリ

まずはシカゴ美術館より。。。

  Chicago_museum2_2
    シカゴ美術館  正面にツリーが設置されています

  Chicago_museum_2
     ポインセチアのツりーって素敵ですね~☆

      Renoir_1
            Pierre Auguste Renoir,
                         Two Sisters (On the Terrace)

  以前から実物を見てみたいと思っていたので、このように大きく
  撮ってくださったので、大変嬉しかったです~☆

    Tree1_1
              科学産業博物館内のツリー

     雪の結晶が輝いているようなツリーですねヾ(´ー`)ノ

    Hilton2
        ホテル内のツリー、So beautiful~☆

    さすがにアメリカ! ツリーだけでも規模が違いますね!
         図版の上でクリックしていただくと、もっと拡大してご覧
         になられます~☆ 

続きを読む "Last Christmas from Chicago (photo by Nacchi-san) ☆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/21

★ Angel Christmas Card ☆

Giovedi, il ventuno Dicembre 2006
sono le ventuno e quraanta
   

    Angel_2

   
   今日は帰宅したら、ぴく太さんから右の可愛らしい天使のクリスマス・
   カードが届いていました。そのほかに手作りのクロスのネックレスと
   イヤリングが2つも入っていて嬉しいプレゼントです~☆ ぴく太さん、

   いつも本当に有難う御座います。今年のプラド美展でもムリーリョの
   愛らしさにノックアウトでしたが、こちらのカードも本当に素敵~☆
 
   ぴく太さんが数年前にロンドンのナショナル・ギャラリーへ行かれて
   こちらのムリーリョのカードを購入されていた大切な宝物をプレゼント
   してくださいました♪v(*'-^*)^☆Thank you Very Very Much チュ(゚・^*)
 

 
  「
The Two Trinities」の部分ですが、こんなにかわいい天使は
   見たことがありませんね~♪ 左は先日、娘がくれたカードです。
  やっぱり、愛らしいモノはいつ観ても心が和みますね~♡~

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/14

イヒ・フーレー ☆ クリスマス・スィーツ・ツリー

giovedi, il quattrodici Dicembre 2006,
sono le ventuno e sedici.

    Confi
    「イヒ・フーレー」 *クリスマス・スイーツ・ツリー*

   今日は会議で通訳をしてくださったマユリンさんが
   ランチ・タイムにいらしてくださるというので、いつも
   の「イヒ・フーレー」へご一緒いたしました。

  Halfhalf
             Half&Half  Lunch Set

    今日のハーフ&ハーフは、渡り蟹のトマトクリーム
    ソースと若鶏のコンフィ・ソテーと言いまして、若鶏
    をハーブに一日漬け込んで、カリッと香ばしく焼い
    てあって、大変美味しかったです~♪ このほかに
    前菜のサラダと胚芽パンが付いています。マッシュ・
    ポテトの付け合せも滑らかで、とても手が混んでいる
    のが分かります。

   Ihidec06
        落ち着いた店内

 行く度に店内がバージョンアップされていて、お店
  の雰囲気が良くなっていきます~☆ カジュアルで
  いてテーブル・セッティングなど本格的なので、
  お料理を頂くのが幸せな気持ちになります~(^o^)

     Tree_2
          マカロン・ツリー

 会議中は忙しくてストレスが爆発していましたが
  マユリンちゃんはそれを冷静に受け止めてくれて
  優しく接してくださいました(*"ー"*)♪私の友人は
  海外で長く暮らした方々が多いのですが、それを
  全然、自慢することもなく、むしろ穏やかで優しく
  また、本質を見抜くことにも長けているように思い
  ます。また、たまには遊びにいらしてくださいね~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

Blue Ocean @ Caretta Shiodome

domenica, il dieci Dicembre2006,
sono le dieci e trentatre.

    Blue1
      ~ Blue Ocean ~ カレッタ汐留

先週は大会議があって人手も足りないこともあり
バタバタドタバタと走り回っていたので、お蔭様で
ちょっぴりだけ痩せました~☆-(^ー'*)bー♪

      Caretta
              The Seasoner

汐留カレッタ内「The Seasoner」内でWelcome Partyを
したのですが、お料理も材料がとても吟味されていて
バイキングながら最後のデザートまで非常に美味しくて
とてもエンジョイできました~☆☆☆☆☆

       B_2
  
  パーティが終わってから、通訳のまゆりんちゃんと
     一階のカレッタプラザへ降りると一面のブルーの
    光が音楽に合わせて波打っていたので、二人で
    大歓声を上げました~(*'ー'*)♪

  Blue3_1

   Blue Ocean ~ 音と光のインスタレーション ~

カレッタ汐留では12月1日(金)~25日(月)までの25日間、
雅楽師で作曲家の東儀秀樹氏が総合プロデュースする
“海のクリスマスイルミネーション”をお届けします。

     Blue02

 毎年、カレッタのクリスマスイルミネーションは豪華なので
  楽しみですが、今回もほろ酔い加減でみた’海の光’の
  芸術はなかなか素晴らしかったので、デートにはピッタリ
  ですね~ヾ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Christmas Present from My daughter

domenica, il dieci Dicembre 2006,
sono le uno e quaranta.

     Present_3

先月から横浜へ引越ししていた娘が久しぶりに帰宅して
私にクリスマス・プレゼントを持ってきてくれました~☆

 「お母さんが好きそうな天使のカードがあったから~♪」

とホロっとさせる様な可愛らしいプレゼント、ありがとう~☆
それから、今風のガラスのカラーがいろいろ着いた下げる
クリスマス・ツリーみたいで、大事に居間でも飾っておきますね!

Namitree

 今月に入って何やかやと忙殺されそうなほど
  の忙しさで久しぶりに娘の優しさに触れて
  ホッとできました~ヾ(´ー`)ノ
 
  なんとか、一人でも食事を作って、食器なども
  揃えながら楽しそうに生活を始めているようです。
  結構、心配しているよりもしっかりとしているよう
  ですね~☆ あれはどうやって作るの?とか、
  あの中華はどの調味料を使うの?とか


  お料理にもすごくこだわっていて安心しました。

 でも、まだテレビもラジオもないから音がない生活なの。。
  というと息子が、「お姉ちゃん、これ持っていきなよ!」と
  自分で選曲したCDとCDプレヤーを貸していました。弟も
  お姉ちゃんを駅まで送って行ったりして、やっぱりちょっとは
  寂しかったのね・・・。

 今は桜木町のランドマーク・タワーの3Fにある
 
フォートナム・アンド・メーソンのパン部門で働いて
  おりますので、お近くにいらっしゃる時は紅茶と
  ご一緒にパンも頂いて行ってくださいませね~☆
  タワー内のツリーもきれいとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/15

☆ Ginza Christmas -reunion ☆ No.3

mercoledi, il quindici Novembre 2007,
sono le ventidue e diciotto.

       071114_2
     Matsuzakaya Illumination

銀座も少しずつクリスマスのイルミネーションが
飾り付けられ、毎年、松坂屋の前を最初に撮って
います。今年もリボンがついてキュートですね~☆

今日は、英語をお習いしているLangLandヘ用が
あったので、ちょっと寄ってみましたら、見た事が
ある先生が静かに座って、PCを見ています。あの
クールで知的な雰囲気は、まさしくDaglas先生!!
受付で用を済ますと、先生にご挨拶しに行きました。
1月まで東京へ滞在されるので、単発で英語も教え
て下さるとのこと!!ワォ~!なんと偶然な再会
でしょう~☆

本当に不思議なご縁だと思います。今日はたまたま
銀座まで歩いて行こう!って朝、mixiのマイミクさんが
Mikimotoのきれいなクリスマス・ツリーのお写真を
掲載されていたので、早速、クリスマス・カードなども
見がてら銀ブラして帰ろうって思ったのですが、
スクール前も通りがかったので用を思い出したんです。
いつもの定席で静かに座っていらして、本当に驚き
ましたが、東京でも「パーマ・カルチャー(
先生のブログ)」
のビジネスを始められるそうです~☆ 素晴らしい再会を
もたらしてくれたMIKIMOTO Christmas Treeに感謝です~☆

      Mikimoto
             - MIKIMOTO Christmas Tree -

まだ、イルミネーションも半分位でしたでしょうか?
これから少しずつ豪華になっていくのでしょうね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

☆ Afternoon Tea Christmas Tree ☆ 

sabato, il undici Novembre 2006
sono le sedici e quaranta.

       Tree1
            - Afternoon Tea Teamroon -  GINZA

  銀座2丁目のプランタンの奥に、Afternoon Tea の
    Tearoom があります。 地下に降りていく階段には
    このようにツリーもたくさん設置していてクリスマス・
    モードに入っていますね~☆

   Down_1

   いつも3Fの和カフェ「SADEU」へ入ってしまうの
    ですが、今回あまりお時間もなかったので、
       Teamroomへ初めて入ってみましたら、店内は
       とても広々としてインテリアもとても素敵~☆

      

     Tea_7

   映画を観る前でしたので、軽くお茶とパンを
     頂きました。ケーキも美味しそうでしたので
     今度は娘とでも来てみま~す~☆

   この銀座並木通りビルの2,3Fにあります
     Afternoon Tea LIVING の家具もとても
     素敵ですので有楽町や銀座にいらした時は
     ちょっとフラッと覗かれると楽しいかと~♪ 
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

恵比寿ガーデンプレイス - Christmas '07 No.1

lunedi, il sei Novembre 2007,
sono le setto e dieci.

       Bakara01   
            Baccarat ETERNAL LIGHTS 

  東京都写真美術館へ行きましたら、
  恵比寿ガーデンプレイスには、今年ももう素晴らしい
    
バカラのクリスタル・イルミネーションが美しく輝いて
     いました☆゜・。・゜★




「230燈シャンデリア」
○250燈シャンデリアについて
今回展示するシャンデリアはフランス・バカラ社のもので、
高さ約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8,226ピース、
ライト数250燈の世界最大級を誇ります。
250燈シャンデリアは、1994年バカラ創設230周年を記念
して制作された230燈のシャンデリアをベースに20燈分の
灯りを増やしたものです。2005年に恵比寿ガーデン
プレイスでの展示を終えた後、フランス・バカラ村にて
燈数が増やされ、さらなる未来に向けて輝きを増しました。

 

 今年はクリスマス・ツリーも煌びやかな気がするので、
  街中で撮った画像を掲載して見たいと思います。

      

              Bakara03    

   

続きを読む "恵比寿ガーデンプレイス - Christmas '07 No.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

モネの描くヴェネチアへいつか~☆

先日の印象派展では、モネが描いたヴェネツィアの
絵がとてもきれいでしたので、ヴェネツィアに行って
みたい!という気持ちが強まっております。
もう一点、美しい図版がありましたので、ご紹介します。

   santamaria  
       『Santa Maria della Salute et le Grand
                          Canal, Venise』  Monet/1908

      1982年「モネ展」の図録から。。
      1908年10月中、モネ夫妻はヴェネツィアの
      大運河に面したホテル・ブリタニアに部屋を
      借りて、本作品は、多分そのホテルの彼の
      部屋の窓から眺めた光景を描いたもので
      ある。モネは、「水の上に突き出た杭の列
      を通して見た、この地独特の素晴しい景色」
      を見事に描きだす術を心得ていた。


   綺麗ですね~♪ モネの色彩に心を奪われます。

   venetia
    『Riva degli Schiavoni: Looking East』
               
 Canaletto   1730

      こちらのカレットの絵を観たのは、昨年、池上
      先生との鑑賞会「
ミラノ展」でした。実際は
      もっと明るい色彩で透明感があります。まるで
      写真のように精密に描いていていますが、
      「ヴェネチアに行くとこのままの通りなんだ!」
   と皆さんが口々に仰っていましたが、全くこの
      描いた当時と変わらない水の都、ヴェネチアへ
      訪れてみたくなります~♪

   ======

       明日もお仕事でお会いするマユリンさんが
       ヴェネチアのカーニバルと風景のお写真を
       以前に送っていただいたのですが、本当に
       色彩がなにか夢の中の世界ですよね~☆

   venetian_carnival

              ventian_carnival  

  isl_bullano

 =====

   そして、息子が春休みなので夜はよくビデオを
   借りて見ておりますが、昨夜はレイ・チャールズの
   「
Ray」を見ていたので、音楽もいいこともあって
   ついのめりこんで私も見てしまいました。昨年は、
  劇場で見たので、その
感想を読み返してみました。 
 
   弟が樽の中で溺れ死んでしまったことを彼が助け
   られなくて罪悪心から心を病み、緑内障を併発して
   わずか七歳で失明してしまったことに今回は強く
   印象に残りました。
  息子が言うには、戦争でも親が目の前で殺されて
   しまうとショックで子供が失明したりするよ!と
   教えてくれたのですが、何か大きなショックで失明
   まで至ってしまうことは心の目が閉じてしまう、と
   いうことなのでしょうね。。。

 私も仕事とこうやって夜中までいつもPCを使って
  いるので、目が弱るのも早いかと思いますが、
  まだ目の黒い内にヴェネチアの美しい世界を
  観に行ってみたいという気持ちがそのDVDをみても
  感じたりしております。人間の得る情報は、50%が
  眼からだそうですが、これほどいつも絵が好きなの
  ですから、もし失明したらと思うと・・・想像にも絶し
  ます。。絶対この先にないとは限りないのですから
  目を大切にできるだけ多くの絵を観ておきたいと
  思います!!  

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/07

「永遠なる薔薇 ― 石内 都の写真と共に」展 - House of Shiseido

今春初の展覧会場は、薔薇の香りが濃厚な
House of Shiseido で開催中の

 「永遠なる薔薇 ― 石内 都の写真と共に」展

を観て参りました。

              entrance   
       
      エントランスもおしゃれ♪

   rose
     
  パンフレットもなんと美しいこと~~☆

    会社からも歩いて7,8分のところにある
      「House of Shiseido」はクリスマス・ツリーを
      観に行ったことがありましたが (一
昨年)、
    館内には入ったことはありませんでした。

      エントランスからしてとても素敵で、一階の
      会場に入った途端に薔薇のいい香りに包まれ
   幸せぇ~~な気分に浸ります。そこでは、大きく
   拡大した薔薇の写真が展示されていますが、
   2Fへ行きますと、今まで販売された薔薇の香水
     の瓶が展示してあり、ボタンを押すとそれぞれの
     香りを楽しめる薔薇好きにはたまらない展示構成
     となっています。

     pefume 
    
The Pharmaceutical lotion
               "Eudermine" 1897-1997


  Windflowers」の千露様も長くご愛用されている
  という上記、「
オイルデルミン」の化粧水は、
  素敵な薔薇の絵柄のパッケージですが、デザイン
  の基調にアール・ヌーヴォーやアール・デコで
  描かれている「香水 白ばら」に続き、ベージュ
  がかったピンク色の 「オールド・ローズ」から「香水 
  ホワイトローズ ナチュラル」が紹介されて、最後に
  「ローズ  ルージュ パルファム」が2005年末に
  発売されるまで、使用されている薔薇の写真と
  香水の瓶とパッケージに、その香りまで一つ一つ
  丁寧に展示されています。

 大きな薔薇の写真が優雅に美しく展示されて
  いて、会場内に溢れた薔薇の香りと共に、
  うっとりとした時間を過ごせました。

  アロマを習ってから、化粧水やジェルなどは
  オイル(精油)を使って、アロマオイルなどに
  調合して自分の肌に合うように作ってしまう
  ので、あまり市販の化粧水や乳液などは
  使わなくなってしまいましたが、たまには
  ロキシタンなど外国へ行ったときにまとめ
  買いをすると、やはり薔薇のパッケージが
  ついていると一番、優雅に思えてしまいます。

  ブルガリア産の薔薇からオイル成分を抽出する
  とのことで、ブルガリアで薔薇が山のように積ま
  れた前に少女が笑顔で薔薇の香りを楽しんで
  いるような写真があって、印象的でした(それは、
  今回の山内氏の作品ではないようでしたが・・)。

   modern 《Modern Colour
                                              Face Powder》

  無料で優雅なひと時を過ごせますので、午後7時まで
  開いているようですので、会社の帰りに間に合う方
   にはお勧めです。 会期は29日までです。

 ----------------------

  次回もKarakusaの模様が美しい展覧会
   があるようです!素敵ですね!!

 「KARAKUSAの森
      トード・ボーンチェ、唐草と出あう
       2/7-3/19        

    karakusa

☆ Lapis様の「薔薇」の記事には、薔薇のきれいな
     お写真と薔薇に関する素敵な詩が掲載されていて
     一時、現世を忘れるかのような甘美な世界を味わ
     えます。


☆ 2回目のレポートです。   

| | コメント (10) | トラックバック (3)