辻 邦生

2006/04/24

私の二都物語―東京・パリ written by 辻 邦生

     Nitomonogatari

  私の二都物語―東京・パリ    中公文庫
    辻 邦生 (著), 小瀧 達郎 (写)

T氏からお借りした辻氏の書かれた本を読み終えた所です。
東京とパリの二大都市を建築学的に捉えた観点を詩的に
表現しているので、少々観念的な感じもしますが素敵な内容
の作品でした~☆

私も東京もパリも大好きな都市なのですが、辻氏のような
考え方で両都市の比較を読んでみると、中々、両都市の
違いが細かい路地裏や男女の関係までがそのような意味
合いを持つのかと新たな感慨を持ちました。

東京は、平面的でゴチャゴチャしていているのは結局は
個を埋没させたい特質もあって、何かその中でごろっと
安心していて寝転んでいたい性質を現しているとのこと
です。一番、嬉しかったことは、辻氏が広重の自然描写
をよく書き出していたことで、広重好きの私はやっぱり
どこか好きな作家とは感性がこういうところでも合うの
かしら!なんて嬉しくなってT氏にメールすると、


 
「Juliaさんにもっと感性がピッピッと合う様な辻の本が
   ありますよ。
  『
モネ(ウィリアム・ザイツ著)を辻が翻訳したようです。」

なんて書いてくださって、ますます辻氏の世界へのめり込み
そうな勢いです~(^_-)-☆

パリについては、パリはすべてが立体的で箱的な街で
あり、その堅固で古い石の建築物は「死」を意味するが、
その重さから徐々に新しい建築に移行することによって
人々は安らぎを求めているかのようであるが、それでも
基本にあるのは、その古い建築の土台があって新しい
奇抜な器も調和してくるのである、ととても読んでいて
苦しくなるほどですが、パリ編は昨日一気に読み上げ
て見たら、夜中に少しうなされる感じがするほどかなり
気合が入った内容でした。

     Saint_gelman_dupure
     確かにパリは立体的で遠近方
     的箱型(中心から広がる)の街    
     -サンジェルマン- Photo by Julia

東京はどちらかというと、『江戸復元図』などで調べて、
品川辺りを散策すると、江戸の頃にあった小さな神社が
必ず残されているので新たな発見があり、江戸時代に
タイムスリップするような郷愁がある、と書かれていました。
私も先日、父と浅草界隈を歩いた時に、古い地図を
見かけて、江戸時代の街並みを想像しながら散歩したら
やっぱり楽しかったので、皆さんも、たまにはそのような
風情のあるお散歩をしてみると楽しいかもしれません。

その『
江戸復元図』ってときどき、本屋さんの前で展示
販売をしていますので、立ち止まって見るだけでも趣きが
あって
楽しいものです。古い地図は手書きですから味わい
があって、現在の冷たい機械的な地図とは違うので、ぜひ
覗いてみてくださいね! また、お散歩する時には、
次のような切絵図が持ち歩くのが便利とのことです。

   Kiriezu
   切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩
    
古地図ライブラリー別冊

     人文社編集部 (編集), 安田 就視, わたなべ こういち

辻氏は、江戸時代の頃の東京の方が人々の生き方も
街並みも美しく感じているのかもしれません。

私も東京が好きですが、やっぱりもう少し景観としては
何とかして欲しいかな?と言うのが本音ですが、自分の
心の持ちようでこの大都会の人工的な景観も詩的に感じる
という辻氏の教えに従って、そのように都会を眺めてみる
のも楽しく生きる方法かもしれません。

T氏には、いつもよい本を拝借して感謝申し上げます。

             Cherry008_2
            東博内の日本庭園 
               江戸の趣きがする・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/18

* 花のレクイエム *  辻 邦生

昨日、辻 邦生氏の本を2冊もT氏が貸してください
まして、それもとても素敵な内容でしたので、また
皆様にご紹介いたします。

  Flower
    花のレクイエム    新潮文庫
  辻 邦生 (著), 山本 容子 (版画)

     

  Nitomonogatari  
    私の二都物語―東京・パリ    中公文庫
    辻 邦生 (著), 小瀧 達郎 (写)

 
    辻氏の「風の琴」を読んでから、こちらで3回
    紹介したのですが、辻氏の文章にぐぃぐぃと
    惹き込まれて行かれるので、もうたまらない魅力
    があります。また、辻氏の文章は大変、描写が
    鮮やかでまるで絵を観ているような心象風景が
    浮かんできます。

    画家のマティスとかクレーとかを「色の魔術師」と
    呼びますが、辻氏はまさに「言葉の魔術師」ですね!
    お写真も拝見したら、品の
あるお顔立ちでますます
    ファンになりました。

    今夜は、「
花のレクイエム」だけお届けします。

  内容(「BOOK」データベースより)
  憧れの年上の人が鋏で切ってくれた山茶花(一月)。
     難民の少女が希望のしるしとしたライラック(四月)。
     放浪癖のある兄が好きだった向日葵(八月)、明治
     維新のとき自害した女の前で咲き乱れていた萩(十月)…。
     十二ヶ月の季節の花に導かれて生み出された辻邦生
     の短い物語十二編。そして、そのひとつひとつに添えら
     れた山本容子の美しい銅版画。文学と絵画が深く共鳴
     しあう、小説の宝石箱。

     目次
    山茶花   アネモネ    すみれ
    ライラック  クレマチス    紫陽花
    百合     向日葵     まつむし草
    萩      猿捕茨     クリスマス・ローズ

  『花のレクイエム』は、1995年に雑誌『挿絵』に
     『十二の花物語』のタイトルで、山本陽子さんの
     版画とともに、見開き2ページの構成で連載され
     ていた、と作者のあとがきに書いてありました。
    
  また、辻氏は今まで文学、音楽、文学と絵画を
    組み合わせてその両ジャンルから生まれる独特

    の効果を楽しむというジャンルを超えた芸術空間
    を試みてきた、と書かれているように版画家の方
    とはお話の中身については触れずに、お互いの
    独自の幻想世界を作ることに努めたそうです。

  表紙の山茶花も山本容子氏は白の山茶花で
     お話の内容では赤い山茶花でした。この最初の
     一話の山茶花に絡む憧れの人が結婚していき
     そして死に至ってしまった悲しいお話にはぐっと

     くるものがありました。真実のお話かどうかは
     分かりませんが、主人公が庭でお花の手入れを
     していた美人の高校生から山茶花を一輪、手渡
     してくれるところから物語が始まるのですが、お花
    と美しい少女が花嫁姿になる華麗な過程が見事です!! 

  Anemone アネモネ』
               山本容子

    次の「アネモネ」のお話も地味に生活していた
    伯母だったのですが、昔、アネモネに纏わる
    忘れられない恋愛をしていたことを知る主人公
    とそのアネモネを抱えてダンスする伯母の姿が
    絵のように浮かんできて素晴らしいのですが、
    とても切なく悲しくなります。

  
    そのほかのお話も含めて全12話ありまして、
    とても簡潔に書かれてはいますが、まるで
    絵の中の世界へ入っていくような夢幻な境地
    にさせられます。本屋さんで見かけたら、ぜひ
    一話だけでも読んでみてくださいね! その
    鮮やかな世界に惹き込まれてしまうことでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/14

ティツィアーノ・ヴェチェリオ Tiziano Vecellio 「風の琴」 第3話 恐れ III 

プラド美術館展」を土曜日に皆さんと鑑賞してから、
以前、こちらでもご紹介した 辻 邦生氏の「
風の琴
をまた読みたくなっておりました。

といいますのも、こちらの図録の表紙もティツィアーノ作
ですが、「風の琴」本文中にも図版(自画像)が掲載され
ていたからです。

      Prado_1
         「プラド美術館展」の図録         

                      

昨日の夕方頃、私の携帯に着信履歴が表示されて
いて、ピッチの番号だけで、誰からか登録していません。
でも、ピッチを使用している人が何人かいるのですが、
普段はあまりかけ直さないのですが、何故かひどく
気になってかけてみることにしました。

  「もしもし~、Tです!」とおやまぁ~渋めのいい声
   のT氏からではありませんか!!
    「辻氏の本があったけど買っておきましょうか?」
    「***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃぁ♪ええ!!ぜひぜひ!!」

と鑑賞会でも評判になっているT氏がまたまた辻氏のご本
を古本屋さんで(お休み中)発見してくださいました!!

さっそく、「第三話 恐れ」を読み返してみました。図版は
懐かしいティツィアーノ・ヴェチェリオ(1488-1576)の
自画像がありました。

         2_1
         Museo del Prado, Madrid       
         1567-68 

辻氏の図版解説によると、この自画像は80歳頃
に描かれたそうです。兄弟子のジョルジョーネは
早折してしまいましたが、ティツィアーノは99歳の
長寿を保ちました。生涯栄光に包まれ、王侯の
顧客も多かったとのことです。特に肖像画にすぐれ、
北方のリアリズムにヴェネツィア画派の豊かな色彩
を加え、 性格の内面の把握と表現は見事です。

 本文中で語られているのは、次の絵です。

      Tiziano07_1
       『賢明の寓意』
              National Gallery, London
              1565-70


  以下、本文から抜粋です。

 「謎めいた絵ですが、魅惑的です」ジョバンニは
  息をつめるようにして言った。「それに先生のこの
   激しい筆触。先生の筆になると、ふだん見慣れた
   ものも特別なものに見えてきます。どうしてでしょうか」
    「たぶんわしがこの世を愛しているからだろう」老人は
   画筆を置くと、室内帽に手をやりながら、神経質に言った。

   画布には、正面向きの男の顔を真ん中にして、その右に
   若者の横顔、左に老年の男の横顔が描かれていた。右
   から左へ若者、壮年、老年と人生の変転が寓意的に描
   かれている不思議な肖像画であった。老人は、老年の
  男のモデルに自分を選んだ。そして、実際より、ずっと
  激しい表情に描いた。

  「これはわしが不死であることを示しているのだよ。
  わしは今は老人だが、本当は、壮年でもあり、君の
     ような若者でもある。そのどれでもであり、そのどれも
     でない。つまり青年、壮年、老年を超えた<生命>その
     ものが、わしの姿なのだ。この<生命>は年齢によって
     さまざまな形を現すが、決して滅びることはない。
     分かるかね、<生命>は生きることを喜んでいるあいだは、
     不滅なのだ。不死なのだ」

   Perrillo_1  
        『ダナエ』
        
Museo del Prado, Madrid
        1553-54

         DETAIL: "Little dog sleeping"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

[風の琴 ― I . 十二の肖像画による十二の物語] 第八話まで II 

先日もご紹介した辻邦生 氏の『風の琴』という
本を先ほど読み終わりました。何人かの方が
コメントでぜひ読んでみたい!と書いて下さい
ました。


  
  color 
   風の琴―二十四の絵の物語    文春文庫
    辻 邦生 (著)

そこで、とても心に残った文章がいくつか
ありますので、それを書き残してみたいと
思います。一作一作が素晴しいのですが、
今回は、肖像画の第八話までを図版とともに
簡単に印象に残った部分をご紹介したい
と思いますので、ご一緒にお楽しみいただ
ければ幸いです(゚-^*)ノ 

まずは、作者が「あとがきで」書かれた所から。。。

絵画も音楽も文学も、その根底では同じ芸術的高揚が
あり、それがそれぞれの表現の様式的特徴に応じて、
絵画美、音楽美、文学的感動になると信じている。
つまり画家は色や形、音楽家は音色や旋律、文学者は
言葉や思想というものに独特の愛着と才能を持ち、
表現する段階では、必然的に、自分の得意とする表現
形態に向かっていきますが、表現へ駆り立てる陶酔的
衝動においては全く同質である。
絵からくる感銘を力の支えとして、作者が勝手に空想
した世界--それがここに集まった二十四の物語です。

そして、「物語のはじめに」から。。。

デューラーにせよ、レンブラントにせよ、肖像画は、
どんな風景や静物より、なま臭い人間のドラマを感じ
させる。それは果てしない闇との対話とさえ言っても
いいものだ。
十二枚の肖像画を選んで、それに物語をつける機会に
めぐまれた。次の物語が果たして<闇>を解読してい
るかどうかはわからないが、すくなくとも、<十二の
肖像画>が一人の小説家の心の中を通過した際に発した
共鳴音のごときものである、とは言えそうだ。
これらの物語は、いかなる歴史的事実、美術的背景
とも関連のない、純粋に作者のファンタジーから生みだ
されたものである。

I.  十二の肖像画による十二の物語

  第一の物語 鬱ぎ (ふさぎ)

  1 
   
 『ある男の肖像』
           ロヒール・ファン・デル・ウェイデン

   そのくせ妻はヨハネスを棄てきれなかった。
       彼の財産にも魅力があったが、それより
    何より、ヨハネスが都会の女たちのあいだで
       噂されるような、どこか官能的な容貌の持ち主
       だったからである。

  第二の物語 妬み (ねたみ)

  grand 老婆の肖像』(ラ・ヴェッキア)
                  ジョルジョーネ

   エリザベッタはそのとき、炎の揺れ動くなかに、
       炎とそっくりの恰好をした、金色の、奇妙な
       生き物をみたのであった。
         生き物?たぶん生き物であったのであろう、
       それは炎と同じように楽しげに薪の上で跳ね
       踊りながら、身をくねらせていたのだから---。

 第三の物語 恐れ

  2 『自画像』
                  ティツィアーノ

  「謎めいた絵ですが、魅惑的です」ジョバンニは
  息をつめるようにして言った。「それに先生のこの
   激しい筆触。先生の筆になると、ふだん見慣れた
   ものも特別なものに見えてきます。どうしてでしょうか」
    「たぶんわしがこの世を愛しているからだろう」老人は
   画筆を置くと、室内帽に手をやりながら、神経質に言った。

  第四の物語 疑い

  3 『ヤーコプ・ムッフェルの肖像』
                   アルブレヒト・デューラー

  ----妻の胸の青痣のことを、他の男に洩らすことが
  できるだろうか。
  その後、ヤーコブはマティルダを別の眼で眺める
  ようになった。----マティルダは、ヤーコプが市庁舎
  の仕事に没頭している間にいつか大輪の芍薬のように
  花盛りを迎えていたのだ。
   この女に刺青を施そうと思う男がいても不思議はない。

  第五の物語  奢り (おごり)
  
     4 『エラスムスの肖像』
                   ホルパイン

  男は古書籍の行商人であった。ボローニャを
    振り出しにパリ、ストラスブール、ヴォルムスと
    渡り歩いて、ロッテルダムに着いたという。ちょっと
    狡そうな感じの、頭の禿げた小男であった。先生は
    忙しいときでも本となると目がなかった。---商人は、
    たっての願いだが、一冊秘蔵の大型本を先生のもと
    で保管していただけないか、といった。
    --- 「何語でかかれているのかね」
  「シリア語です」「何についでだね?」「悪魔についてです」

第六の物語   偽り

  rembrant 『黄金の兜の罪』
                  レンブラント

 
  クリスティナはいつも伏眼がちの、慎ましい女であった。
  髪を後でひっつめにしたために広く見える額の下に、青い
  利口そうな眼が微笑みを浮かべていた。ゴトフリートは
  一目でこのクリスティナに恋情を覚えたのであった。
  もちろんトマスの手前、彼はそれは誰にも打ち明ける
  ことはなかったが----

    第七の物語  謀み (たくらみ)

  horse  『婦人の肖像』
                 ポライウォーロ

   田舎の厩舎では、案じ顔のエンリコが待っていた。
 「どうなさいました?まさかご病気では?」
 「病気のほうがどれほどましか分かりません。あなたに
 言うわけには参りませんが、私は大変な苦しみを受け
 ているのです」
 エンリコは、ポリーナにそう言われると、気圧されたように
  黙ったが、しかし晴れやかな眼が艶を失い、明るい微笑が
  消えているのをみると、思わず、今の身分を忘れて叫んだ。

  第八の物語  驕り (おごり)
   
     buronchino 『ラウラ・パッティフェルリの肖像』
                   プロンツィーノ

    「この都会(まち)の人たちはあなたがただいい詩を
   書きたいばかりに、男たちをつぎつぎに弄んでいると
   言っているではありませんか。ぼくの友人だちは、
   ぼくが、あなたに単に霊感を与える存在にすぎないのだ
   と噂しあっているのです。私の不実を責めるなら、その
   詩とやらのため、男あさりをするあなたご自身の浮気を
  まず責めたらどうですか」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/01

[風の琴―二十四の絵の物語] 辻 邦生 (著)

  color
    風の琴―二十四の絵の物語    文春文庫
   辻 邦生 (著)

  会社のT氏にまた素晴しい本を貸して頂きました。
 
 
    内容(「BOOK」データベースより)
  ブリューゲル、レンブラント、セザンヌ…。西洋美術史
    をキラ星のごとく飾る24の名画。その色と形が呼び
    起こす感興を、同じ強度のまま、短篇小説で再現すると
    どうなるか? 2つの芸術ジャンルの間で白熱する感動の
    変電実験。こうして炉辺の語りの楽しさを堪能させる24
    の物語が生まれた。巻末に作者による図版解説を付す。

  24枚の絵から辻氏が想像して短編の物語を書かれて
    います。そのお話がすごい!!文章も大変洗練され
    図版もまた選び抜かれたようにきれいなので、一話一話
    が宝石のように輝いていて、文庫本なんてもったいないです。
    まるで、短編映画を観ているような夢の世界をしばし堪能
    できます。人間の内面をここまで現実と夢幻の世界と分けて
    鋭く抉り出していく辻氏の想像力と人間の心理を分析する
    手腕に陶酔することができました。まだ、全部は読んでおり
    ませんが、簡単に抜粋してみます。また、それぞれのお話
    と関連する拙い拙記事へとリンクも追記してみました。
   よろしかったらご覧下さいませ。

I.  十二の肖像画による十二の物語

  第六の物語 偽り

  rembrant 『黄金の兜の罪』
                  レンブラント

   
    レンブラントの光と影を人間の内面に焦点を
    あて、主人公が上官の奥さんを恋してしまった
    故の幻?をみて、上官を戦死させてしまう・・・
    恋と戦乱の世界を妙意に描いて素晴しい!

    ☆「レンブラント・フェルメールの時代」小林頼子氏
   講演会 (拙関連記事)

  第七の物語  謀み (たくらみ)
  
    horse 『婦人の肖像』
                 ポライウォーロ

 
 乗馬を得意とする美女があまり幸せな
  結婚ができずにいましたが、白馬が彼女
  を救ってくれました・・・クール・サスペンス!
      

  第八の物語  驕り (おごり)
   
     buronchino『ラウラ・パッティフェルリの肖像』
                  プロンツィーノ

  ラウラはコシモ一世の宮廷でもペトラルカの詩を書く
    女流詩人としても有名でしたが、その詩を書くために
    気持ちを高揚させ続けるため、若い男性との恋を
    繰り返し、気持ちが覚めると次々と代えていきます。
    その冷淡さが最後には自分の身に起こることに・・
    すごい!!

    第十の物語  狂い

  leonald 『美しきフェロニエール』
                 レオナルド・ダ・ヴィンチ


    美しき美女を追いかけて、霞がかかった森の奥
    の古城まで追いかけて、彼女に結婚を申し込ん
    んだ若きアンドレアに襲う狂気の世界・・・!

  ☆ レオナルド・ダ・ヴィンチ (拙関連記事)

II. 十二の風景画への十二の旅

  第四の旅  氷の鏡  ある雪国の物語

  brugel 『雪の狩人』
                   ブリューゲル


    狩人が冬の季節はいやだいやだ、と言って
    冬山に入り雪の中で死にかけて、あの世に
    行ってみると季節も人々の表情もあまりなく
    この世の生活がいかに楽しいか目覚める!


    暗さの文化論 ブリューゲル(拙記事)

  第九の旅  霧の柩 森に囲まれたある沼の物語

  colo 『モルトフォンテーヌの思い出』
                    カミーユ・コロー

  少女と母親の持つ情愛と悲しい結末。。

  ☆『ふらんす 80年の回想―1925‐2005 』 (拙関連記事)
  ☆バルビゾン芸術の歴史と遺産 - 井出洋一郎氏
        講演会

 第十二の旅  馬(ペガサス)の翼  ある帰還の物語

   vermeer 『デルフトの眺め』
                  フェルメール

   魔術師が入り込んだ鏡の世界の謎・・・☆




  1992年5月の初版本ですが、図版の印刷が
   とても綺麗でした。こちらに掲載しているより
   も鮮明で美しいので、もし本屋さんで見かけ
   たらご覧になってみてくださいね~♪

   絵とお話が好きな方には超お薦めの一冊です!

   

| | コメント (8) | トラックバック (1)