映画・テレビ

2017/02/26

「バベットの晩餐会」☆素晴らしい名画☆

      169938_01_2

  明日、本年度のアカデミー賞授賞式があるのにちなんで
BSイマジカ映画 チャンネルでは、歴代のアカデミー作品を
ここのところ放映しています。

 
    朝、テレビを付けると歴代のアカデミー賞作品を次々と
観れるのですが、本日は目が吸い寄せられるように観入って
しまいました。

  それが、「バベットの晩餐会」です。デンマーク作品で
寒村の農村で牧師さんの家に、フランスから
亡命してきたような女性について描かれています。

    牧師の娘が歌を習うシーンも面白かったですが、
全体的にクリスチャン的な言葉の数々に胸が洗われたり
主に、その牧師娘たちのメイドとなって仕えた元パリの
料理長が素晴らしい晩餐を造り上げて行く場面が、
もう香りが漂ってきそうなほど美味しそうで目が離せなく
なります~note

 
    本当に素朴な映画なんですけれど、私達が忘れていた
昔の日本にも合った人情の絆の温かさを感じさせてくれる
心温まる映画でした。

  地味に描いていますが、芸術家の魂を讃えるような
なにか熱く訴えかける強さを感じる素晴らしい作品でした。

    その他にも「ビューティフル・マインド」のラッセル・クロウ
の熱演、「グッドウィル・ハンティング」のマット・ディモンと
今は亡きロビン・ウィリアムズの素晴らしい二人の内面から
ほとばしる名演技など、自然に涙を誘う作品を再度、観れて
この所、映画から心が豊かになっています。

  自分が教師になるなんて思いもかけなかったですが、
人を教えてみると自分の足りなさが見えてきますし、
このような教育的な場面の映画を観ると、教える立場の
面白さや苦労がすごく共感できて、また、違った観点で
映画を観ることができました。

  アカデミー賞作品は、やはり何年経っても観る価値が
ある作品が多いようです。みなさんもぜひ、ご覧になって
みてくださいね!明日も楽しみですが、役者さんたちの
名演技やストリー展開にのめり込まれるほどの映画を
今後も造り続けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/06

 すごいドラマ!! 『トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~』

               Main01 

                     『トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~

  昨日は、夕方から深夜にかけて、こちらのドラマがAXNミステリーより
 全7話放映されて、何か、深いミステリーの闇の世界に引き込まれて
 しまいました。

     あの「MAD MEN」でも個性的な演技が光るエリザベス・モスが主演の
 刑事役を演じるというので、とても楽しみにしていました。

   途中、食事の用意や片付けなどで、少し見逃してしまいましたが、7時間
 あまりのロング・ランを一気に、少女の行方を追うテーマを中心に、其々の
  過去の真実が暴かれていくストリー展開に、ドキドキしながら少し暗い世界を
  見通していきました。

   BBCがドラマにも力を入れているのが分かるほど、キャストもすごい
  役者揃いで、GJ役のホリーハンターは、さすが貫禄がありましたね!
  マット役のピーター・ミュランは何という嫌な奴っていう役を迫力もあり
  男の意地を演じていて、ハマっていました。 

    エリザベス・モスも彼女独特の演技で、過去の傷ある内面の深さを
  良く演じていたかと思うのですが、刑事役としては?もう一つだった
     ような所がエミー賞を逃した理由でしょうか?

   それでもBBCの野心作というだけあって、最後までドラマチックで
   色々な社会問題も盛り込んでいたので、見応えが十分ありましたsign03
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/01

 『ベニシアさんの四季の庭』★Venetia's Garden

      M0307

      ベニシアさんの四季の庭

 シネスィッチ銀座で、待望の映画を観てきましたshine
やっぱり、とても良くて見終わった後も心の奥が揺さぶられる
感動が押し寄せてきました。

 お庭のシーンは、テレビでも放映されていたのですが、
ベニシアさんの個人的な生活の奥底までは、ほとんど
分かっていなかったので、今回、初めて、彼女の苦しみを
知りました。

 テレビですと、柔らかいナレーションがオブラートに
生活を包んでいたのですが、今回は、きらびやかなピアノ・
ソロ(川上ミネ)が流れる中、家族の生の声が聞けて、
とても真実味がありました。

 京都の生徒さんでご友人の女性が、
「ベニシアは、京都に住んでいたときも3人の子供を育て
ながら、英語を教えて頑張っていたけれど、今だって、
とっても頑張っていると思うけど、本当に頑張り屋さんです!」
と仰っていたのが、一番、心に残りました。

 息子さんやお孫さんの美しい容姿もさることながら、ベニシアさん
との深い絆を感じられて、今後も楽しみですね♪

 ご主人との意外な展開なお話もあって、驚きましたが、
ベニシアさんは
「ただ、許して祈っていました。」と辛い時も信じてご主人を
待っていたことに涙が出そうになりました。

 ご長女がどうしても英語で話す方が楽そうなのをみて、
ベニシアさんも子育てしているときに、英語で話しかけて
いらしたのが、最初のお子様には自然だったのでしょうね!

 お孫さんの浄君もこれからもベニシア一家の明るい支えに
なって下さいねlovely テレビでいつも拝見していましたが、
とってもチャーミングな少年ですねnote

 ベニシアさんの心の声が聞けて、とても良かったですheart
これから、結婚される女性にも観ていただきたい映画ですsign03 

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/26

「ヴェラ ~信念の女警部~」 イギリス的で面白いドラマ★

             Dsc_0376          

            『寒中お見舞い申し上げます

     日本海側は、大吹雪とのことで、こちらまで寒気が吹いて寒いですね~snow

 ブッチーは、寒がりなので、お散歩もダッシュでグルッと廻って帰ってくると
日向ぼっこしています~happy01

    ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

  私も今日は、家の片付けをしながら、TVディーでしたtv
 

   A0006033_17551370

  
  AXN ミステリー番組が好きなのですが、中でもこちらの
 
   「
ヴェラ ~信念の女警部~」は
 すごく面白いですsign03

  イギリスの演技派の女優さんは貫禄がありますね!
  特に、ミィーティングする場面は、部下を叱咤したり
  独特のウィットに富むジョークで交わす所が、とても
  イギリス的ですlovely

  イギリス北東部の海岸線やのどかな田園風景の
  色彩やアングルがきれいで、映画を観ているようですshine

   あの独特のどんよりとしたグレーの空と流れる雲など
  何気ない風景も引き込まれますcloud

   家の中の壁紙や装飾も決して華美ではないのですが
  自然なセンスの良さを感じさせます。

   もちろん、事件を解決していく過程も人間の心理描写を
  細かく捉えて、ヴェラの執念が火を吹くように展開して行き
  見応えがあります

   1/29(火)20:00から
シーズン2が始まります。
  楽しみです~heart04
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/11

Amerian Idol 11 終了 - フィリップ & ジェシカ

                55998 
         ジェシカ&フィリップ American Idol HP 

   American Idol 11は、盛大なフィナーレとともに昨日、終了しました。
 結果は、21歳のフィリップ・フィリップスが優勝して、期待のアジア人女性
  のジェシカは準優勝でした。

   半年近く二人とも良く歌い抜いて、勝ち進んできたことと本当に、
 
   お疲れ様&おめでとうございます~sign03  
 
  と毎週楽しみにしていたこの番組は、いよいよ今シーズンも終了です。

   ジェシカは16歳にしては、ずば抜けた歌唱力で大物歌手の
 ジェニファー・ホリデイと引け劣らずの唸り声で、大熱唱していましたね


  日本で言えば、美空ひばりのような存在になるかもしれませんね~sign03
 お母様がフィリピン系とのことで、我らがアジア系の女性でも
 素晴らしい歌唱力がある逸材がいたことを証明してくれましたnotes
 ジェシカには、これからも頑張って欲しいですね!!

         56015
         「HOME」を最後に歌う フィリップ
     

  フィリップも最初からとても目立っていて、何かか細さの奥に秘める
 アメリカ魂と自分を見失わずに、最後まで「フィリップ」流に
 歌い上げたところに勝敗が決まったのかもしれません。

   末っ子でもありますが、家族みんなに愛されて、お父様がフィリップが
 家に戻ったときに、

   「フィッリップを誇りに思うよ!今は、彼に触ることができ、彼に直接、
 愛しているよ、と言えるから嬉しい(*´∀`*)」

   と言われ、いつもステージでも大きな拍手をされて、彼を見守っている姿が
 印象的でしたheart01。 

  腎臓が悪くて、本当は手術しないといけなかったらしいですが、ファイナル
 まで、お医者さんを説得した位、詠うことにかけて情熱を持っていたことも
 ファンの心を捉えたのかもしれません

  笑顔がきれいで、美しい青年、そしてアメリカの大地の香りがしてきそうな
  フィリップの歌声が、アメリカ中のハートを掴んだのかもしれませんねheart

  でも、ジェシカもこれから大活躍していきそうなほど大きな器を感じ
 させる歌姫でした。 

  やっぱり、すごい番組ですね!! また、来年も楽しみにしていますsign03

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/19

American Idol シーズン11 TOP13 決定!!

      
       54222_2             

  FOX Japan で毎年、開催されています「American Idol シーズン11」で
  Top13が先週末に決定しました↑

   今年はアダム・ランバートが出演した時のように、優れた歌手が多くて
  ここのところワクワクしながら毎週末、楽しみに聞き入っていました。

   最年少は15歳から応募できのるので、応募者の中には、5歳位から
 この番組を見ていて出場することを夢見ていたというアジア系のジェシカ
  が熱唱して度肝を抜かされました。 もう完全にプロフェッショナルな歌手
 としての歌唱力を備えているので、小さい頃から訓練していたのでしょうか?

   審査員のジェニファーロペススティーブンタイラーは高額の出演料
 ということもありますが、毎回、厳しくも心がこもっていて、さすがアーティスト
 としての貫禄を感じさせます!!

   最初に視聴者によってTOP10が選ばれ、そのあと、6名が再度、
 指名されて3名が審査員によって選ばれるワイドカートでは、本当に
  挽回をかけて素晴らしい歌声を聞けたので、感動で涙してしまったり。。。

   男性のフィリップ・フィリップスヒージュンなどは予選のときから
  カメラに良く映っていて目立っていましたね! 何かやはりスター的な
 要素が予選から分かるのでしょうか?妹想いのコルトンもカッコイイ
 ステージを繰り広げて女の子のハートを掴んでいるようですheart04 高音で
 ラテン系のデアンドレも素敵ですよね~notes 15歳のカワイイ、エーデン
 声が綺麗だっただけに残って欲しかったですが、音程が安定して
 いなかったせいか落ちてしまって残念でしたsweat01

   女性陣もスゴイ実力派で美人ゾロイですよね!!迫力あるエリカ
  伸びのある力強い声のホリー、 実力派のジェシカエリーズが最後
まで今回は、残るのでは?と思っています。

   再放送で見ても、何度も感動してしまう歌を聞けて、今回は、
 毎回、再放送までも見逃せません!

   本当に、アメリカのエンターティメントの世界はどうしてこうすごくて
 圧倒されるのでしょうか? 今後も楽しみですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/06

「The Glee Project ~主役は君だ!」」は面白い!!

      131366021272100 

        「Glee プロジェクト ~主役は君だ!」

  今日は、友人とランチをして、楽しい時間を過ごしたのですが、
それは、またのち程、書きたいと思っています。

  それで、帰宅してから、FOX Japanで、

     「
Glee プロジェクト ~主役は君だ!」

を連続で放映していました。何話か見たことはあるのですが、
今までの再放送をみてもすごくこちらまで、手に汗を握るほど
面白かったですsign03

高校生ミュージカル・ドラマの「Glee」は、出演者達がいつも
熱唱していて、お話も面白いですよね!全話は観ていない
のですが、レィチェルが神がかりのように精魂込めて歌う姿勢
に感動しますが、同時に、かなり歌の指導も厳しいのでは?と
感じていました。

それから、お話しもユダヤ人、ゲイ、アフリカ系黒人、車椅子の
少年などマイノリティの子供たちが持つ悩みや虐めがいつも
中心になっています。どうしてこんなに社会的なのだろう?
冷たいジュースを浴びせられたり、スー先生からの虐めも強烈
なので、製作者サイドの人たちに以前からとても興味がありました。

今回のプロジェクトは、全世界から4万人以上の応募者が集まり
その中から12人が選ばれました。毎回、課題があって歌や踊りや
お芝居など、苦手の子もいるけれど、歌唱力や外見にも増して
協調性を特に求められています。

「Glee」の総作総指揮者であるライアン・マーフィ氏は、毎回、3人の
最下位者が歌を披露したあとに、一人づつコメントします。自分の
気持ちをさらけ出して、素直に自をだし表現力を磨くことをまずは
痛烈に伝えます。そして、自己中の子には、厳しく注意します。
こちらのオーディションに最終的に勝ち残ると、シーズン3では7話
出演できることを約束されるので、応募者達は毎週、本当に努力して
パーフォマンスします。それでも、マーフィ氏は、
「Gleeの出演者達は、毎週、必死に死ぬ気で頑張って演技して
いるので、変にその場をかき乱すような性格では困るんだ。」
と、少し高慢な候補者に厳しいことを忠告します。

歌と踊りと演技が出来た上に、みんなと仲良くできる協調性も
求められるので、本当に完璧な人が選ばれているし、これからも
選ばれることになるんですね!!

高校の時に、実際にあんなイジメを同じ同級生から受けたら
私だったら立ち上がれない、と思うようなエピソードがありま
したけれど、最後には、歌と人の優しさで勇気を持つように、
と社会に出てからも強く生きるように、と「Glee」では教えて
くれます。

総作総指揮者であるライアン・マーフ氏は、アメリカの新聞社の
ジャーナリストだけあったので、弱い立場の人たちを保護したり
勇気を持たせる番組をいろいろな明るい歌や悲しい歌を混ぜて
「勝ち組」だけが生きているのではなくて、弱い立場の人たちも
必死で生きているので、優しさを忘れないでいること。。と今回の
プロジェクトの中で、一人一人に真剣に語りかけている鋭い眼差し
からも感じることができました。

「American Idol」もそうですけれど、毎週、一人づつ落とされていく
シーンは、こちらも泣けてきますけれど、若い人たちがキツイ指導
にも関わらず、伸びていこうとする姿には、感動させられますねsign03

放送日時:  毎週(日)23:00-24:00 (今夜もありますよ(´∀`*))
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/29

 "Japanophiles - Dorothy Feibleman" 美しい陶芸を造るドロシー氏

                  Japanologytop_110728

   先ほど、BS1を付けていたら、素敵な番組を放映していたので
思わず見入ってしまいました~heart04

 "Japanophiles - Dorothy Feibleman" (上写真ともに)

 磁器練込陶芸家 ドロシー・ファイブルマン氏の工房に、
ピーター・バカラン氏がインタビューしている英語の番組です。

陶器の美しさもさることながら、常滑市在住のドロシーさんが
1993年からアメリカから移り住んできて、常滑市の陶芸文化が
どんどん消え去っていくことを本当に悲しそうに話していたのが
印象的でした。

日本は、陶芸を造る上でも材料が手に入りやすい土地柄なのですが
陶芸を伝えていくことを私が知なければならないほど伝統文化が
dying out されていくと話されていました。

ドロシー・ファイブルマンは、構造的な透光性のある練り込み磁器を
開発した最初の陶芸家で、構造的な透光性のある磁器土を使用し
続けて37年になります。当時日本には透光性のある練り込みは、
その長い歴史を見てもありませんでした。(
HPより)


練り込みは、大変細かい作業のようですが、その器が出来たときには
光が当たって、まるで万華鏡のような世界で繊細な美が浮かび上がって
きます。

一人のご年配の方が、やはり、歳なのでもう引退すると言われて、その
工房へ行ったときに、ドロシーさんは、「とても悲しい。。」と涙されていました。

メトロポリタン美術館にも彼女の美しい白い陶器が展示されているようです。

「いつも「ストラクチャー/構造」を考えているのよ。」
と日本で暮らしながら美しい陶器を造り続けるドロシーさんの情熱に
感動しました。

お二人の発音がきれいで、英語の勉強にもなりましたし、素敵な番組を
見れて幸運でした。

■Dorothy Feibleman氏のHPで美しい作品をご覧ください↓
http://www.dorothyfeibleman.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/15

ダニエル・ヘニーのキラメキ☆☆☆

                  2

                              「春のワルツ

  最近は、英語のライティングの宿題に掛かっりきりで、家で過ごすことが
多いのですが、ちょっと息抜きにドラマを見ているつもりが、すっかりその
世界にハマってしまっていましたcoldsweats01

  「LALATV」で昨日まで連続して再放送していた、ユン・ソクホ監督の四季
シリーズ、最終章「春のワルツ」ドラマは、心ときめく物語でした~heart02

  ユン監督の良さは、まずは映像美が美しいのと音楽が情感をいっそう
その場面を盛り上げてくれることですね~notes あとは、あまり俳優も土着性の
強い韓国人ではなく、まだ、俳優になったばかりの新人で主人公を固めて、
バックにベテランを配するという点が特徴みたいに、思っています。

  今回のチェハ役のソ・ドヨンも無名に近かったので、演技は??と正直
思ったりしましたが、長身に甘いマスクでピアノを奏でる芸術家肌の役には
合っているように思いました。挿入歌「FLOWER-M」は、彼の甘い歌声が
よりドラマの哀しさを表していて、娘と一緒に歌は情感があって良いね!
なんてお互いに意見が一致していました~heart01

          130290919203116323408_dani

こちらは、現在のダニエル・ヘニーですが、実は、ドラマの回が進むにつれ
彼の爽やかさとカッコよさにすっかりとファンになってしまいました~heart04shine

 この春より 「PROSPECS」といランニング・シューズのモデルとして一年契約
が決まったそうですrun 美しい黄金比の体型と普段からジョギングしていることで
選ばれたようですねsign03

 韓国人のお母さんとイギリス系アメリカ人のお父さんのハーフで、高校の時
からプロ・バスケットの選手を目指して体を鍛えていたそうです~up

 彼は、あまり韓国語が話せなかったので、英語で会話を通していたのが
また魅力的だったのかもしれません。友情と愛情の狭間で、自身を忘れずに
いつも冷静に、恋人達の憎悪に入って上手く仲を収めるというメディエータ役
を爽やかな笑顔と共に、少し苦しんでいる心持ちをも良く表していました~heart

 東洋と西洋のどちらも感情がミックスしたような点も韓国がオープンに
なろうとするかのように彼を称えていたことが嬉しかったです~shine

 日本でも韓流ドラマや歌が、その頃からすごい勢いで人気が高まって
来たようですものね~note

 でも、韓国ドラマはこれでもか!というほど、ちょっとエグイ感じのドロドロ
な話が多いだけに、ユン監督は、若い人たちにチャレンジさせるように
起用して、ドラマに華と爽やかさを放っているようです。

 それに、最初は、フィリップ役はなかったそうですが、ユン監督がダニエルに
最初に合ったときに、あまりに魅力的だったので、彼の役を作ってドラマに
起用したそうです。ドラマの中で、とても若々しい輝きがキラキラしていて
本当に素敵でした~shinebell

 今は、もっとスリムで男性的になってきているようですが、これからも
西・東と関わらず、映画に出演するそうですので、今後の彼の活躍を
応援していきたいです。

 やっぱり、男性は爽やかでカッコイイのが一番ですねsign03

       

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/04/05

「塔の上のラプンツェル」 素晴らしいディズニー・アニメ作品!!

                   61mp6ix0qdl__sl500_aa300__2
                                  「塔の上のラプンツェル」      

  今日は、娘がお休みで、こちらのウォルト・ディズニー制作の
 
         「塔の上のラプンツェル

を見たい!と言うので、近くの映画館で一緒に観てきました。
昔のディズニーのアニメは大好きで、子供の頃は、ディズニーの
ファンタンジーとユーモアの世界の中で、いつも夢見ていました。                              

最近のディズニーのアニメはちょっと劇画タッチで、品が無くなった
こともあり、あまり見たくなかったのですが、これをテレビの宣伝で観て

とても良い!!と直感し、娘と観に行って、本当に良かったですlovely

素晴らしい夢の世界がまた、再現され、背景も人間の表情も何もかも
丁寧に描かれて、人間愛に溢れています。3Dの方が英語版だった
のですが、400円も通常よりお高いので、吹き替え版で仕方なく
観たのですが、とても声優さん達は上手で、歌も良かったですnotes

18年も閉ざされていたラプンツェルの悲しみが、最後に両親に
再会するラスト・シーンでは、お互いの愛情が凝縮されていて、
素晴らしかったです。アニメと言えども人間の魂が宿っている
ように描かていて、娘と二人ですごく感動しましたcrownshine

夢を捨てずに、最後までラプンツェルの願いが叶えられ、正義と悪と
恋愛なども兼ね合わせて、力強いプリンセスに描かれています。

被災されあ方々にもぜひご覧になっていただきたい勇気が溢れる映画ですsign03

アニメと言えども極限まで、人間の動きを追求した記念すべきディズニー
の50周年目の作品でした。

ぜひ、お子様とご一緒に映画館に足を運んでくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧