Architechure

2005/06/06

自由学園明日館 - Lounge Hall

今日はランチでお外に出たら、眩しいくらいの日差しで
夏を思わせるように暑かったですね!それに、午後6時
過ぎまで明るく、気分まで明るさが持続できるよう
でしたぁ~ヾ(´ー`)ノ

   roses_whole

さて、今夜は自由学園明日館内で一番、感激した
お部屋は、やっぱり「ホール」でしたので
それをご紹介したいと思います。ここのお部屋に
入った瞬間に、ガラス窓から差し込む光に何か
教会へきたかのように一瞬、スーとした緊張感
と厳かな気持ちに包まれました。

 window_light

       window004

             window_up

+HPより+

前庭に臨むホールの大きな窓は、明日館の顔ともいえる部分です。ライトは限られた工費のなかで、いかに空間を充実させるかということに尽力しました。それはこの窓一つにも明確に表れています。ライトは建物全体の意匠を幾何学模様にまとめ、ホールの窓には高価なステンドグラスを使用する代わりに、木製の窓枠や桟を幾何学的に配して工費を低く抑え、かつユニークな空間構成を実現したのです。

  
そして、この「壁画」です!すごく素敵でしょう!!
補修工事をしているときに偶然、発見されたそうです。
モーゼが紅海の水を割り、そこに道を作りイスラエル
の民はその道を渡って、エジプト兵士の追っ手から
逃げることができた感激のシーンです。

    first_floor
                                          
                        *銅像*statue

     tea <クッキーが美味しかったです♪>

このホールで座ってお茶を頂いていると、昔、
幼稚園(教会)でお絵描きやクリスマス会など
して遊んでいた時が思い出され、時の流れが
自分の中で感慨深くなるような素敵な時間を
過ごすことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/04

自由学園明日館 - Floral Version

夕べのサッカーの試合で遅くまで起きていたので
頭がフラフラしながら会話学校へ向かいました。
そうしたら、生徒さんは皆さん遅くまで起きてたそう
で、ネムーイ(_ _)(-.-)(~O~)(~O~)(-.-)感じでした。
まぁ、なんとか日本が勝ってよかったですね(*'ー'*)♪

そして、昨夜、お写真がとても美しい水色さんのblog
を拝見していたら、どうしてもここの薔薇と建物を観に
行きたくなり、自由学園明日館のHPへ訪問してみると
本日がちょうど、内部も公開される見学ディーでした。

     myonichikan

お写真を沢山撮ってきましたので、まずは
Floral Versionと題して、お花や庭園を中心に
アップさせて頂きます。

池袋はいつ行ってもどっちに出てよいやら迷う
のですが、やっぱり反対方向へ行ってしまい
ましたが、青山フラワーマーケットで素敵な
お花に出会えてそこでもうフローラル・ハッピィ
になりましたヾ(´ー`)ノ

《珍しいクレマチスの生花》 cremachisu

            《色が美しいティー・ローズ》 tea_rose

そして自由学園に行く道すがらに見かけた
個人のお宅のお花を借景させて頂きました(_ _(--;

《まだ初々しい紫陽花》 ajisai ajisai002

《八重のようなミニ薔薇ですね♪》 yaeroses

最初にこの学園に着いた時、もうわぁ~と歓声が
出てしまうくらいそこだけ絵のように美しかったです!
後ろの高層ビルがなかったら違う世界へ飛んできた
ようなまるで完成されたおとぎの国のようでした。

    whole
     
   《薔薇ももう終わりかけていましたがきれいですね~♪》
    rose mini_roses

 《素敵な受付です》window

《裏庭に美しい額紫陽花》gakuajisai  
        《エントランスに輝く白い紫陽花》 white_ajisai

《お庭の樹木が素晴らしいです》 cherry_trees 
       green


続きを読む "自由学園明日館 - Floral Version"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

安藤忠雄氏 : UIA(国際建築家連合)ゴールドメダル

いつも建築関係のblogで参考にさせて頂いている
Masslogueさんの記事で、安藤忠雄氏が2005年の
UIA(国際建築家連合)ゴールドメダルを受賞する
ことに決まったとの嬉しいお知らせが書かれて
いました。
                  

UIA賞は1984年に創設され、3年に一度、
  授与されています。日本人建築家としての
  受賞は1993年の槇文彦氏に次いで二人目です。
  前回の2002年はレンゾ・ピアノ氏(イタリア)が
  受賞しています。

詳しいことは、こちらの英文のニュースをご覧
下さいませ。

私は2,3年前に安藤氏の講演会を聞きに行った
ことがありましたが、世界的な建築家の方なのに
庶民的なお話好きなおじ様という印象を受けました。
その時は、淡路島「淡路夢舞台」
について詳しくお話をされていまして、そこで
印象に残った点はこの淡路島の荒れた地に植林を
して整備をするまで大変なご苦労があったようです。
でも植林をしてからホテルの回りの景観がとても
美しくなったことを強調されていたことを覚えています。

そこでは「瀬戸内オリーブ基金
を提唱されていることもお話されていました。
    

瀬戸内海の破壊された自然を回復させるため
 中坊公平氏と共に「瀬戸内オリーブ基金」を
 平成12年に設立。

以下、安藤氏に関するサイトを集めてみました。

*安藤忠雄氏のプロフィール

*建築+街並探訪Visit Architecture and Street (安藤忠雄建築10選)

*光の教会(茨木春日丘教会)
 安藤氏の建築を最初に知ったのが、この美しい
 十字の光が入る教会でした。

*光の教会(茨木市) (大変きれいなお写真です)

*建築ファイル:安藤忠雄

*アサヒビール大山崎山荘美術館

*同潤会青山アパート建替計画

*NAOSHIMA/直島コンテンポラリーアートミュージアム&
アネックス+直島・家プロジェクト

*K STYLE WEBSITE::ARCHITECTURE
[建築-安藤忠雄 TADAO ANDO] ファン・サイト

個人宅を設計された後に、テレビのインタビューで、
屋上に部屋から部屋に繋ぐ部分に屋根がなくて、雨が
降ってもそこを通らなくてはいけませんが、その一瞬の
自然を感じることが大事なのだ、と氏は強調されていた
ことがありました。

確か、上記の「光の教会」も十字の部分はガラスを着け
ないような設計だったと聞いていますが、さすがにガラス
は設置されているのでしょうか・・・?安藤氏の設計は
自然を取り入れるということに重きを置かれているよう
ですね。日本人の誇る建築家にますます素晴らしい
建築をこれからも建てていただけるよう期待したいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/21

ヒルサイドフォーラム - 代官山

Kdaikanyama

一週間が立つのは早いもので、またいつもの
仏/英会話を午前中に習ってから、土曜日の
癒しの旅が始まりました。いつもは近場に
行きますが、今日はお天気もいいことから
以前から気になっていました、代官山にある
ヒルサイドテラスで明日まで開催されている

   ヨーロッパ・アジア・パシフィック
   建築の新潮流 2400-2005
  
    panflet


を観て参りました。駅から近そうなのでうろ覚えの
まま出かけてしまったら、始めは「代官山アドレス」
の方へ行ってしまいました(^_^; でもこのような
素敵なオブジェを見ることができ、ラッキー!でした。

obje obje2

もう一度、駅に戻り場所を再確認して、
結構暑い日差しの中、ヒルサイドテラスへと
向かいました。途中は素晴らしい建物が
並んでいて、歩いている人たちもみなさん
何気におしゃれで少し緊張してしまう位
でした(/_ ;)

そして、この会場の入口がわかりにくいので
何度か諦めかけましたが、ようやく下の写真
のようなエントラスを見つけてホッとしましたヾ(´ー`)ノ

kenchiku f

2001年、在日ヨーロッパ外交官の発意によりスタートした 「建築の新潮流」。第3回展となる今回は、EUの東欧拡大 に伴い、アジア・パシフィック地域に展開、ドミニク・ペロー、 原広司、両氏をコミッショナーに迎え、ヨーロッパ10組、 アジア・パシフィック10組の建築家が選ばれています。 2004年10月、欧州文化首都リール(フランス)を皮切りに 巡回がはじまり、香港では2週間で1万人以上の人々が 訪れました。そしていよいよ4月22日より東京で開催。 ヨーロッパ・アジア・パシフィックの建築家が一堂に 会したシンポジウムや、各大学でのワークショップも 開催されます。

続きを読む "ヒルサイドフォーラム - 代官山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

+ 葛西臨海水族園 +

谷口吉生のミュージアム」展を観にいって
から、何か実物の建物が無性に観にいき
たくなるように洗脳をされてしまったのか、
先週の日曜日は、上野の「法隆寺宝物館
へ行き、本日は「葛西臨海水族園」まで
それこそ谷口詣出のように続いて、氏の
設計した建物を観て参りました。

taniguchi_museum houryuji_fountain kanransha

「葛西臨海水族園」の近くに15年間ほど住んで
おりましたので、子供が小さい頃はよく葛西
臨海公園に自転車で連れて行き人口浜に
入ったりして、良く遊んでおりました。なので、
久々に訪ねる水族園にワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク
しながら向かいました。

家族に聞いても誰も一緒に行ってくれないので
さすがに、日曜日の家族連れの多い中に一人で
水族園内に入って行くのは寂しい気がしました'゜(*/□\*) '

でも、久しぶりに対面した水族園のドームと
それに続く海の景観にやはり心が晴れ晴れ
とするほど健康的で美しさを感じ、ここでも
感激でした!!

doom pool

続きを読む "+ 葛西臨海水族園 +"

| | コメント (6) | トラックバック (1)