« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017/09/23

韓国の俊悦ドラマ「サイムダン-色の日記」

         

Saimdangmemoirofcolors   

  皆様、こんにちは。
少し涼しくなってきましたが、お天気が不安定なこの頃です。
 

 最近、優れた韓国ドラマが多くて、朝晩とハマって見て
しまいます。特に、映画を観ているのではないかと思うほど
美しい映像美に過去と現在が交錯した優れたストリー展開を
放つドラム、

    「
サイムダンー色の日記

です。朝鮮時代の天才女性画家と現代の大学の
美術史の非常勤講師が織りなす女性のサクセス・ストリー
に心が動かされないわけがない!です。最初の子役の
お若い女優さんも素晴らしい演技だったので、実は
この俳優さんがもう少し大人になるまで演技して欲しいと
思うほど、最初の山里で絵を描いている所や初恋の場面
など素晴らしくてまだ目に焼き付いているほどです。

  

02_2

  
  もちろん、イ・ヨンエさんのホワ~ンとした独特の温かみ
のある演技も素晴らしいのですが、特に、過去と現在の
役を自然に演じ分けたり、美しい声と発音なので韓国語が
こんなにもきれいな言語なのかとうっとりとするほどです。

  
  5千ウォンのお札にもなった「サイムダン」という良妻賢母
であり、当時は女性でも絵を描くことを公的に認めさせた
キャリア志向の真の強いワーキングマザーのお話に
女性達の共感を生むこと間違いなしですね!

   

170920_interview01

  サイムダンの初恋の人であり、生涯に亘ってサイムダンを
蔭になり日向になり支えていく王族の貴公子を演じる男優の
ソン・スンホンさんです。「秋の童話」から密かに憧れる君
でしたが、その後のドラマでは少し線が細いような役が多く
何か物足りなさを感じていました。しかし、今回は初恋の
女性を慕う恋心を胸に、サイムダン一家を公私ともに支えて
彼女の卓越なる絵の才能を宮廷画家になるまで協力して
行くという過程を演じています。ものすごく目が強く輝いて
悪と立ち向かったり、馬に乗って走る姿も素適です!
男性の民族衣装?というか絹の着物姿がこれほど、美しく
映えるのを初めてみました。王族の一族と言う役どころなので
豪放的な面もありますが、ボタンの華を描く繊細な芸術家の
面持ちにも惹かれて、素晴らしくこの役にハマっているのが
分かります! 

   時々、時代ものだけではストーリーが飽る時があり
ますが、このドラマは、王宮の瓦屋根を上手く繋げて
現在の場面へスーと移るような空間的時間的な異動感覚
の描写も本当に素晴らしいです。

  また、他のキャストの方々の演技も卓越していて、
韓国の俳優さん達が過去と現在を行ったり来たりと
衣装を替えて出演されているので、撮影も大変だった
かと思わせますが、皆さんも楽しんで演技している
ようで、出演者の方々もすごく熱が入っています。

   それから、ドラマに流れてくるピアノの曲がジャズの
ようでいて、サティのようなフランス的な洒落たリズム感
もこのドラマのもう一つの聞きどころです。挿入歌を
歌っている方々もなんて情感を込めて歌っているのかと
本当に、二人の結ばれない愛だけれど、心の内の炎を
感じさせるようで、このドラマをより一層盛り上げて
くれています。
 

  ただ、残念なのは、時折、日本人が悪者で登場
してくるので、まだ、どこか恨みが根底にあるのかと
少し観ていて鈍い痛みを感じます。韓国ドラマを観て
いると時々、遭遇してしまうのが悲しい所ですね・・。

 

  
   
Bg_header_3

 

 
   「サイムダン」、まだBS系しか放映されていませんが、
全国放送で公開されたら、韓国ドラマファンがいっそう
増えるのではないかと思います。

 

 韓国の英才教育は小さい頃から熾烈のようですが、
俳優さん方もその演技を日々、磨いていこうとする
努力が世界でも優れた作品を生み出しているように
思います。
 

 
   もう終盤に入っているようですが、最後まで「サイムダン」
の芸術家としても母としても人生を懸命に全うしていく姿を
見届けたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

祝一年☆「銀木星」素適な居空間

           Dsc_0994
 

   皆様、こんにちは。
久しぶりに、ブログへ戻って参りました。

  本日で、塾の講師に採用されてから一年間が
経ちました。冠婚葬祭以外は休むこともなく暑い日
も寒い日も脚が痛くても引きずりながら塾に通い
続けました。子供さん達の溢れる明るい笑顔や
勉強して上に伸びて行こうとするパワーに、私も
いつも励まされる思いで楽しく通い続けることが
できました~lovely


  そして、この夏、上の自家製「シソ・ジュース」
炭酸で割って飲んで、スカッとできて良かったですwine



   

Dsc_1004

 夏季講習もやっと終わりましたが、来週から中学生達
の期末テストが始まるので、まだ来週までは、気合を
入れて、10点でも多く取って欲しいと気合を入れて
教えています。
 

 歳は取っても何か人の役に立てることは生きがいを
持てますね(*^-^)

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


    Dsc_1000
 

 昨日、「銀木星」という高齢者向け住宅サービスを
提供している地元近くの施設を見学してきました。

  駅から遠いので、タクシーに乗って降りた瞬間から
何か優しくて懐かしい空気に触れたようになりました。

 

 

 Dsc_1003

 


 木立の間を通ると、玄関の前に、柔和なお顔をした
品のある女性の老人が立っていました。一瞬で、この
施設に満足されて住んでいるのを感じることができました

 玄関に入った途端に、柔らかい木の温もりが感じ
られて、植物やインテリアも北欧風でとても素適です。
なんて、安定したオシャレな施設なんでしょう!

 

 Dsc_1001

 

 食堂に通されて、椅子に座っていると、なぜか以前、住んだ
居間に帰ってきたような不思議な感覚に包まれました。ご案内
してくださった方の優しくて丁寧な説明に、自然と涙が出てくる
ようなここは、教会なのかしら?と思うような何か静かな敬虔な
気持ちが湧いてきました。

 

  木製のテーブルに、大きな木の本棚に、ランプのような照明に
小さな木枠のアクセントなどどれも優れたセンスがあって
煌びやかではないですが、心を癒す効果があります。

 

   「試食もできますか?」と次の機会を聞いてみたのですが、
「はい、できますよ!」と調理場の方へ試食ランチを頼んで
いただいて、思いがけずその場ですぐに頂けて、驚くばかりの
素晴らしいサービスにまたまた、感激でした。お料理は手造り
なので、どれも家庭的なお味で、特にお芋ご飯がとても美味しく
お米も選び抜かれているのを感じました。

 

  
  なるべく、自分でなんでもできることはする。という自立型
施設なので、車いすで入所した人も歩けるようになったそうで
玄関前で立っていた優しげなご婦人も元気に歩行ができた方
とのことです。

 

  先日、母の見舞いに行きましたところ、完全看護なので、
どんどんと話しが通じなくなって、夜も眠れないので睡眠薬を
常用しているそうです。他の人も夕飯後には、ほとんど睡眠薬
を飲まされているとか?怖いですよね。。あまり何もしないで
寝てばかりですと、自分で判断したり思考能力もなくなって
くるようです。

 

  なるべく、人間なら最後まで自分のことは自分でゆっくりでも
良いので、出来るようになりたいものです。「銀木星」の施設に
駄菓子屋」が併設されていて、夕方、子供たちがきてワイワイ
交流ができるようになっているそうです。私も今も中、高校生の
一番、エネルギーや精神がフレッシュな時期の子供さん達と
触れ合うことで、ものすごく自分にとっても精神的に明るい
パワーを吸収できるので、生きていることが幸せに繋がって
いきます。

 

  老人も周囲に甘えないで、自分でできる限り身の周りのことを
せめて自分でできるように、初老の段階から食事や健康など
自分のメンテナンスにも気を遣って、人様に役立つような何かを
活動できればきっと、心身ともに健康で人生の最後まで全う
できるように思います。

 

  「銀木星」の経営理念や住居のセンスの良さや老人に対する
心身ともに健康にケアーする哲学などがとても慈愛に満ちていて
このような施設で、私も最後は暮らしてみたいと共感致しました。

    皆様もお近くに施設がありましたら、ぜひ見学にいらして
くださいねshine
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »