« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/27

忙しい日々ですが、充実しております♪

                 Dsc_0056      

        Strozzi's Annunciation Christmas Cards

 
 皆様、こんにちは。
 スクールも中盤に入って、宿題の内容共に厳しいレッスンに
 なって参りましたので、ブログは少しお休みしておりました。

             Cimg2662

   英語の友人と一緒に、「ゴヤ展」も久しぶりに鑑賞したのですが
 まだ、書けてなくて残念です。西美の
常設会場も修復されていて
 久しぶりに、西洋画を堪能できました。  

      Dsc_0057

    絵の鑑賞をご一緒したEさんよりロンドンに行かれたときに
 「
ナショナル・ギャラリー」でカードカレンダーをいくつかご依頼して
  いましたので、お持ちくださいましたlovely

    「ナショナル・ギャラリー」では、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展
 を来年の2月5日まで開催しています。とても行きたいですsign03

         Dsc_0053

   ここのところ、「透明石けん」とアロマプレッシャー
パワフル・ロマンス」を含めて、いくつかのオイルのご注文を
いただいたりと、お陰様で嬉しい忙しさになっていますlovely

  寒くなって参りましたので、皆様もお風邪を召しませんように
 お気を付けくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/14

「アルパカ」の美しい目にウットリ♪

                Dsc_0020   

    近くのスーパーへ行きましたら、中庭で「動物との触れ合いコーナー」が
ありました。「アルパカ」を初めてそばで見ました~wobbly 
  すごく目が可愛いですねlovely

             
           
Dsc_0021

     ピヨピヨひよ子ちゃんは、やっぱり人気がありますねchickshine 

    Dsc_0022

  トイ・プードルが大きくなったみたいですが、名前は忘れました~dog

  他にも猫とか子犬とか兎がいて、子供たちは大喜びでしたが、
 動物君たちにとっては、ちょっとウザッタイかしらね~coldsweats01


      ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

    Dsc_0013

   帰りに公園に寄りましたら、秋バラが咲いていました~heart04
        
         Dsc_0017

         ピンクのあまり見たことがないお花ですが、
                      背丈の高い美人達でしたnote

 

         ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*  

          Dsc_0027

    先日、表参道巡りで購入したオーガニック・ペンネを使って
  トマト・赤ワインソースでパスタ・ランチを作りました
    ほかのペンネは、固いことが多いのですが、こちらの
  ペンネは柔らかくて、ソースと絡みやすく食べやすくなりますnotes

  restaurantカスターニョ オーガニック デュラム セモリナ ペンネ

  

    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/11/12

美味しいランチ&表参道裏通り巡り♪~♪

             Cimg2656_2   

   Rus Cafe Lessonの後に、Kさんとご一緒にランチをご一緒しました。

     「
Super 5/シュペール サンク

 表参道から少し奥に入ったところにあるフレンチ・レストランです。
大分前に、入ったことがありまして、急に思い出して、行ってみました。
グランタン・ランチは、薄味の手作りの柔らかな優しい味わいがあって
美味しかったです。

     Cimg2654
   
     前菜にサラダとミニ・スープが付いてきます

                
Cimg2657

                自家製パン(?)も美味しかったです

        Cimg2658

      コーヒーか紅茶も付いているのが、いいですね(’-’*)

  Kさんは、英国製のきれいな薄紫色のジャケットとセーターを
 お召になって素敵でした~lovely  

     
Dsc_1177

  韓国でブームになっているという「Market O Real Brownie」ブラウニー
 のお土産を頂きました。 パッケージが可愛くて、女の子に人気なのが
  わかります~lovely  カムサハムニダーm(_ _)m

        wine   present   heart

     Cimg2659

         「CHOOSEE」 フランス人の店長さん

 ランチをいただいてから裏通りを歩いて戻ってくると、以前より
新しいお店が増えて、ちょっと入ってみましょうか?とKさんとつい
物珍しく何軒か入り購入してきました。

        Dsc_1175

  こちらのお店はヨーロッパの食品輸入店で、
 「まだオープンして一ヶ月半です。」
と素敵なフランス人の店長さんが、仰っていました。Provamelの
豆乳も販売していたので、購入してきてしまいました(´∀`*)

   Cimg2661  

   「ディスプレーもまだ完成していなかったのですが、先に
  オープンしてしまいました~shine」と、上手な日本語で話して下さい
  ました。接客上手なので、単語レベルのフランス語で挨拶したり
  ほんの一時ですが、楽しい気分にして下さるのは、やっぱり
  外国人の方は、間の取り合いが上手ですね~heart04

     
       Dsc_0004

   オーガニック・ティーもお土産でプレゼントしてくださいましたpresent
  このようなパッケージもデザインが可愛いですよね~shine

   このようなオーガニックのお店で、働いてみたくなるような
  オシャレな中にもポリシーが感じられて、Goodなお店でしたnote


    来週、父の誕生日なので、早速、「オンライン・ショッピング
  いくつか頼んでみました。
豆乳ハチミツは、本当にお薦めですsign03

         fastfood   bar   restaurant

  
        Dsc_0001

  「パンとエスプレッソと」のお店は、「Super5」の目の前に
あるのですが、お店の感じからしてモダンで入って見たくなる
雰囲気がしました~shine 少々お高めかな?と思ったので、3種類位
しか購入できませんでしたが、とても美味しかったです~up

  プチ・トマトを半分に切って、オーブンで並べてセミ・ドライトマト
造っているのが見えたので、トマト・パンも購入しましたら、ホンワカと
トマトの味わいが優しく感じられて美味しかったです。栗パンも中に
茹で栗クリーム・チーズが入っていて、こちらも外はハードだけど、
中はソフトに、っていうお店のコンセプトとおりの感触を味わえました。

  上は、レーズンパンで真四角の小さめな形が可愛らしいパンです。
少しトーストして、「CHOOSEE」で購入したハチミツを付けたら
とても合って、幸せな気持ちに包まれました~heart02

  一つ一つ丁寧に造っているパンを味わえて、また来てみたく
なります~lovely  

  他にもオーストラリアのオーガニック・アロマショップも出来て
いて、それぞれ個性的で、内装はそんなにお金はかけていない
けれど、各店舗の主張性が感じられるよいお店が増えたように
思います。

  久しぶりに裏通りを歩いて、昔を思い出したり、Kさんと楽しい
時間を過ごせました。Kさん、また表参道ブラリ散歩をご一緒に
しましょうね~~heart04wink

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

      Dsc_0012_2

  これを朝から書いていたら、ホワイトクリームが食べたくなって
 ランチに、ドリアを作ってしまいました。トロけるチーズの在庫を
 切らしていて、もう一つでしたが、やっぱり、自家製も美味しい
lovely

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/11

Cafe Lesson: No.10 マイケル・ジャクソンの医師 有罪判決

                       Cimg2651

   Rus先生とこの夏からカフェ・レッスンが続いて、10回目に
なりました。スクールの宿題も多いので、月に1、2回ベース
ですが、やはり表参道のこちらのカフェは、居心地も良くて
バックグラウンド・ミュージックから話題が広がったりして
楽しい時間を過ごすことができます。

      Cimg2652
    

  今回の記事のテーマは、

    「Michael Jackson’s Doctor Guilty
  
  でした。マイケル・ジャクソンが2009年6月25日に死亡した件で、
専属医師のコンラッド・マレーが陪審により、有罪の判決を受けた
という記事です。

  内容は、それほど難しくはないのですが、ラス先生は、こういった
裁判の時に使う単語や熟語を知ることや、検事側、弁護側、ジャクソン家側、
ファン側などそれぞれの立場の思惑が「Spin」しながら展開していく模様を
各角度からリーディングで読み込んでいくことが大切です、と教えて
くださいました。

  記事の中で、私が驚いたことは、マレー医師は、一ヶ月に
$150,000 (約1500万円)をジャクソンから受け取っていたこと
です。
強い麻酔薬を含めて、大量のツアー用の薬と引き換えと
のことです。どちらも異常なことのように思いますが、マレー医師は
裁判中や判決後も人事みたいに感情を外に表さずに、手錠を
黙って装着されている姿は、立派な服装を着ているだけに少し
哀れでもありましたが、あまり罪の意識を感じているようにも
見えませんでした。といいますか、何か感情を殺しているのか?
人として正常な判断ができないような表情を裁判中も時々、
垣間見ていたのですが、不思議な空気が常に漂っているように
感じていました。

  マイケルのファンは外で有罪判決を喜び盛り上がっていた
ようですが、誰がどう悪いというのでもなく病んでしまった大スター
の精神こそ救う家族や周りの愛情があれば良かったのかもしれ
ませんね。。富と栄光の後に、誰も救うことができなかった
輝かしい才能の持ち主の最後が、このような騒がれ方とは、
なんとも痛ましいようですが、本人はそれでも騒がれていることを
死してもなお期待しているでしょうか?

  お話は少し暗かったのですが、そのあとは、Rus先生の
故郷、シアトルの天候、お土産スポット、学生時代のアルバイト
(舞台の裏方)などのお話しで盛り上がって、楽しい時間を
過ごせました~note Rus先生、いつもありがとうございますshine

  その裁判用語といいますか熟語が慣れていないこともありました
ので、下記に意味を書き出しておきます。

involuntary manslaughter
《法律》非故意故殺

•found guilty of
《be ~》~の罪で有罪になる

•cuff someone's hands behind him
後ろ手に手錠を掛ける

•criminal negligence
《法律》犯罪的過失、刑事過失

•felony conviction
重罪の有罪判決

•accuse someone of
(人)を~のかどで訴える[罪に問う・告発する・告訴する]、

•administer a overdose
 過投薬する

•accused of causing a problem
《be ~》問題を起こしたと責められる

•wean ~off
~から…を引き離す

•penchant for
~の傾向 ~に対する強い好み

•convict someone of manslaughter in
~を過失致死罪で有罪とする
 

 レッスンのあとは、Kさんとご一緒に、表参道の裏通りを
ランチがてらショッピングをしましたら、思いがけず、
輸入店なども増えていて、楽しい時間を過ごせましたので、
また、後ほど、書きますね~(´∀`*)  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

Chieさんと楽しいナポリ・ピッザ・ランチ♪

       Cimg2649   

  昨日は、ヨーロッパ帰りのChieさんとナポリ・ピッザ・ランチをしました。
 場所は、錦糸町の丸井の中にある
 
     「
ナポリの下町食堂
 
  という石窯も備えたピッザ屋さんでした。

         Cimg2650
   Chieさんは、7月から10月まで3ヶ月間、フランス、ドイツ、イタリア、
 スペインを廻ってこられました。途中、フィレンチェで翻訳のお仕事が入って
 一ヶ月半も過ごしてきたそうですから、すっかりとイタリア好きになられて
 ニコニコと楽しそうに、旅の思い出話しをしてくださいましたlovely

   本場のナポリ・ピッザはもう少しチーズがかかっているそうですが
 こちらも本場に負けずに美味しいと仰っていました。アサリが入っている
 トマトソース・パスタも中々、良いお味で二人で、ナポリ味を堪能できましたheart04

   Chieさんの旅ブログは以下のページからご覧になれます。女性ながら
 ユース・ホステルにご宿泊されて、列車・バス・飛行機をご自身で予約されて
 ドンドンとヨーロッパ間を廻るツアーは、ご一緒に旅しているように、いつも
 楽しく読ませていただきました↓
 「
Travel life blog 旅行生活ブログ

      Dsc_1169   

  冬に行かれた時のハワイの石けんや、フィレンチェのウフィッツィ美術館
 のカレンダーやポスト・カードもお土産で頂きましたm(_ _)m

   ハワイの「クチナシ」の香りのクリームはとても良い香りがして、癒され
 ます~lovely Chieさん、マイ・フェバリットなお土産を本当にありがとうございましたshine

       323a64ads

   Chieさんが長くフィレンチェでお泊りになっていたユース・ホステルは
 こちらの教会の裏に修道院として使われていた家屋だったそうです。
 ですので、良く讃美歌やオペラ・コンサートなどお部屋まで聞こえてきて
 優雅な時を過ごせたと、羨ましいお話しをブログでも書かれていました。

  日本人のオペラ歌手の方が歌っていたそうです↓
 「
8月24日 (水曜日) フィレンツェ 教会コンサート、その他

   特に、ダビデ像をご覧になった時の感想が素晴らしかったので、
 こちらからリンクさせていただきます↓
 「
8月25日 (木曜日)   フィレンツェ、 ミケランジェロのダビデ像

  能力のある方は、今や世界のどこへ行ってもパソコン一つあれば
 仕事ができるから、羨ましいですよねsign03 Chieさんは、私にとっては
 理想の生活を実行できるスゴイ方ですup

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/06

「The Glee Project ~主役は君だ!」」は面白い!!

      131366021272100 

        「Glee プロジェクト ~主役は君だ!」

  今日は、友人とランチをして、楽しい時間を過ごしたのですが、
それは、またのち程、書きたいと思っています。

  それで、帰宅してから、FOX Japanで、

     「
Glee プロジェクト ~主役は君だ!」

を連続で放映していました。何話か見たことはあるのですが、
今までの再放送をみてもすごくこちらまで、手に汗を握るほど
面白かったですsign03

高校生ミュージカル・ドラマの「Glee」は、出演者達がいつも
熱唱していて、お話も面白いですよね!全話は観ていない
のですが、レィチェルが神がかりのように精魂込めて歌う姿勢
に感動しますが、同時に、かなり歌の指導も厳しいのでは?と
感じていました。

それから、お話しもユダヤ人、ゲイ、アフリカ系黒人、車椅子の
少年などマイノリティの子供たちが持つ悩みや虐めがいつも
中心になっています。どうしてこんなに社会的なのだろう?
冷たいジュースを浴びせられたり、スー先生からの虐めも強烈
なので、製作者サイドの人たちに以前からとても興味がありました。

今回のプロジェクトは、全世界から4万人以上の応募者が集まり
その中から12人が選ばれました。毎回、課題があって歌や踊りや
お芝居など、苦手の子もいるけれど、歌唱力や外見にも増して
協調性を特に求められています。

「Glee」の総作総指揮者であるライアン・マーフィ氏は、毎回、3人の
最下位者が歌を披露したあとに、一人づつコメントします。自分の
気持ちをさらけ出して、素直に自をだし表現力を磨くことをまずは
痛烈に伝えます。そして、自己中の子には、厳しく注意します。
こちらのオーディションに最終的に勝ち残ると、シーズン3では7話
出演できることを約束されるので、応募者達は毎週、本当に努力して
パーフォマンスします。それでも、マーフィ氏は、
「Gleeの出演者達は、毎週、必死に死ぬ気で頑張って演技して
いるので、変にその場をかき乱すような性格では困るんだ。」
と、少し高慢な候補者に厳しいことを忠告します。

歌と踊りと演技が出来た上に、みんなと仲良くできる協調性も
求められるので、本当に完璧な人が選ばれているし、これからも
選ばれることになるんですね!!

高校の時に、実際にあんなイジメを同じ同級生から受けたら
私だったら立ち上がれない、と思うようなエピソードがありま
したけれど、最後には、歌と人の優しさで勇気を持つように、
と社会に出てからも強く生きるように、と「Glee」では教えて
くれます。

総作総指揮者であるライアン・マーフ氏は、アメリカの新聞社の
ジャーナリストだけあったので、弱い立場の人たちを保護したり
勇気を持たせる番組をいろいろな明るい歌や悲しい歌を混ぜて
「勝ち組」だけが生きているのではなくて、弱い立場の人たちも
必死で生きているので、優しさを忘れないでいること。。と今回の
プロジェクトの中で、一人一人に真剣に語りかけている鋭い眼差し
からも感じることができました。

「American Idol」もそうですけれど、毎週、一人づつ落とされていく
シーンは、こちらも泣けてきますけれど、若い人たちがキツイ指導
にも関わらず、伸びていこうとする姿には、感動させられますねsign03

放送日時:  毎週(日)23:00-24:00 (今夜もありますよ(´∀`*))
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/02

Cafe Lesson: No.9 「アラブの春」から「冬」に?

  
   P1010322_2     

  これは、昨年の夏に息子がエジプトへ行ってきた時のある遺跡の前
 で撮った平和な家族の風景です。若い夫婦とまだ幼いお子さん達が
 新しいアラブの世界を象徴しているように見えますね!
 
  エジプトの写真集は、以下のページよりご覧になれます↓。写真が
 多すぎて、結局、最後まで掲載できていませんが~~coldsweats01
  「
息子のエジプト・ツアー 2010/09 No.3


      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 
   Rus先生とのレッスンは、9回目になりましたが、今回は、高田馬場の
 カフェで、下記の記事を使ってお勉強をしました。

      「Libya:  The Arab Spring may yet turn to chilly winter

   英国の「The Telegraph」からRus先生が、選んでくださった記事ですが、
 「アラブの春」は、西側にとっては、民主化に直接、繋がらずにイスラム化に
  発展してしまうことを介入すると、過去のアルジェリアのような悲劇を招いて
 しまうので、「アラブの冬」になる危険性を伴うという、今の情勢を分析した
 優れた内容の記事でした。

   先日のチュニジアの選挙でも「穏健派イスラム政党ナハダ」が第一党に
 決まりました。政治と宗教の分離がどこまで保たれるかが、本当の民主化に
 つながる要因になると、Rus先生も仰っていました。新しい政党は、西洋
 からの旧植民地的支配の影響を受けることを嫌って、本当の意味での
 独立国家になりたいようです。

   
          Cimg2642

  今週号の「週刊ST」を久しぶりに購入しましたら、世界のニュースで
 「
Inerim leader declares Libyan liberation/
               リビア国民評議会、全土開放を宣言
  
  AP通信の記事を日本語訳ともに掲載されていました。

  「週刊ST」も国内外のニュースを取り上げていて、久しぶりに読んで
  勉強になりました。

           Cimg2641_2

   偶然にもMorite2先生の「TOEICテスト Reading Section」の問題が
  掲載されていました↑ 
Motite2先生は、来月、日本へ帰国される
  ようですね♪ また、個別セミナーがありましたら、参加しますねgood

       ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜   
 
   下記の「The Guardian」週刊版なので読み応えがありますsign03

         Cimg2639
       

  少し字が小さいので読みにくかったのですが、とても英文が
 きれいなので分かりやすく、特に文化面で現在、パリの
 「ポンピドゥ・センター」で開催されている「ムンク展」についての
 解説がとても面白かったです!

  「
Distillations of anxiety

       Munchsnowfigures005
                「雪降る道」 1906年

  幼少からの度重なる家族の「死」と不幸な「恋」によって、孤独に生き
    自分の「不安」をキャンバスに乗り移すかのように描くことが彼の
    パッションとなり、イメージを決定させるために独特の「線」と「色」で
    追求していくことがムンクの感情表現の永遠のテーマになったようです。


   
 写真や芝居や映画技術も自身の絵に投影させていたようなかなり
    新しい展示の展覧会のようですね!

   少し怖いけれど、やはり観ておきたい展覧会ですが、パリで来年の
  1月9日まで開催しているそうです。

   カフェ・レッスンから最後は、ムンクの展覧会のお知らせになりました。
  興味がイッパイあるので、本当に何のブログか分かりませんね?
  最後まで、お付き合い頂いた方は、ありがとうございますm(_ _)m

  

   

 

   

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »