« ★Happy Valentain's Day★☆★ | トップページ | ピカデリー・サーカス★London »

2011/02/14

ボートン・オン・ザ・ウォータ@コッツウォルズ(1)

   

      Dsc_0087_2

                 Bourton-on-the-Water

  「ストーン・ヘンジ」に午前中行ってから、午後は、コッツウォルズ地域に
連れて行って頂きました。少し雨模様でしたが、蜂蜜色のライムストーンを
使用して造られた建築物を見ながら散策しましたら、とても懐かしいような
心休まるひと時を過ごせました。

     Dsc_0085

  最初は、「ボートン・オン・ザ・ウォーター」という町の中をきれいな小川が
流れていて、とても愛らしい家並みを散策しました。

  こちらの方のHPのように、季節が良いともっと素晴らしいのでしょうが・・↓
http://www.kazanuto.com/bourtonwater.htm

     Dsc_0091

 良く絵葉書になっている風景で、ゆったりとした町並みが心を和ませます。

     
     Dsc_0094

  こちらの趣あるホテルで、アフタヌーン・ティーもどきランチを頂きました。

   Dsc_0097 

              Dsc_0095

    スコーンはすごく美味しかったです~lovely
  

      Dsc_0098

   京都とか倉敷に着たような古い街並みが優しく包みこんでくれます。

   Dsc_0102  

 ショッピング・ストレートでしたが、とても趣きがあって、物価も安かったです。

              Dsc_0111_2     

   「村のミニチュア美術館」があったので、入ってみることにしました。

      Dsc_0120

 1/7サイズのミニチュア・ハウスです。すごい精巧にできていて感激でした!

     Dsc_0128 

            川がとても絵になっていますねshine

     Dsc_0126

        Dsc_0127

     カモが沢山泳いでいるんですけど、これが一番ハンサム君かしら? 

     Dsc_0138_2

  まだ、中世の時代の息吹が残っているかのようで、ジェーン・オースチン
の世界が感じられますね。

   英国内でも人気が高くて、ロンドンっ子が心の憩いに訪れるというのが
分かるほど、中世から続いた石壁は、私達の煩悩を吸い取ってくれるか
のように、優しく包んでくれました。

    続きは、チッピング・カムデンです。また、いづれ。。 

|

« ★Happy Valentain's Day★☆★ | トップページ | ピカデリー・サーカス★London »

★London2011★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/50870638

この記事へのトラックバック一覧です: ボートン・オン・ザ・ウォータ@コッツウォルズ(1):

« ★Happy Valentain's Day★☆★ | トップページ | ピカデリー・サーカス★London »