« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/31

エシレ・フィナンシェVSクマちゃんフィナンシェ

                 Cimg1286_3

                                  エシレ・メゾン デュ ブール

丸の内ブリック・スクエア内にありますフランス産のエシレ・バターで有名な

          「
エシレ・メゾン デュ ブール

へ行って参りました。クロワッサンがとても美味しいそうですが、もう売り切れ
てしまっていたので、マドレーヌとフィナンシェなどいくつか
ガトーを購入して
きました~lovely

        Cimg1282

                エシレ・バター

  フランスのエシレ村にある酪農村でとれた牛乳が24時間以内に
発酵バターとして造られるとのことです。ほぼ毎週、その新鮮なバターが
日本へも届けられるそうです。有塩と無塩のバターが様々のポーションで
販売されています。

        Cimg1281_2

購入するのに外まで並んで、店内に入ったとたんに、マドレーヌの焼かれて
いる甘い香りがすると、途端に食べたくなってしまいますね~happy01

  

   Cimg1284   Cimg1283

   店内のディスプレーは本当に洗練されていて、オサレですわネ~happy01

    
        
Cimg1285   

       フィナンシェがいっぱい焼かれていました~shine

      ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

   いくつか購入していたったのですが、実は、娘が焼く
  「クマちゃんフィナンシェ」と変わらないような?多分、機械化して
大量に造っているせいかもしれませんね~?

 娘の作る「クマちゃんフィナンシェ」は、ららぽーと豊洲内の
REVELLO」で購入できますよぉ↓

       

    Ismfileget1_2   Cimg1167_4

      こちらは、3個入って380円ですから約1/3ですね~wink
     
       ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

   エシレのフィナンシェが入っていたポプラの木でできたバスケットが
大変可愛かったので、プリザーブ・ド・フラワーのアレンジを作ってみましたnote

       Dsc_4388

           Dsc_4386

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナポリピッザ@イータリー & 息子のナポリ出発

         Cimg1256

         ナポリピッザ@イータリー 日本橋三越本店

 先日、三越屋上の「バラフェア」に行った帰りに寄ったのが、
新館B1にあります「イータリー」のイートインです。

        Cimg1254

 大きなピザ釜が設置されていて、ピザを目の前で焼いてくれました~note

        Cimg1257 

 スッスゴイ大きなピザ窯ですsign03
でも、屋内なのでもちろん電気窯のようでしたが~。

  ピザのサイズが大きくて「ワッ、オオッきぃ~smile」と思わず叫んだのですが
「大丈夫、生地が薄いから全部、食べれますよぉ~sign01 」と
お若いピッザヨーロのお兄さんが陽気に声をかけくれましたnotes

ムフゥ~確かに、トマトとチーズは美味しくて一気にぺロリでした~bleah

  パンも前のお店で販売していたので、購入してみたのですが、
ピザ生地と同じように、少し塩分が濃いように感じました。輸入
するために少し濃いめにしたのでしょうか?

  最近、どこでも塩分が濃い味付けが多いように思うのですが
女性はもうちょっと優しいお味が好きかもしれません・・・?

  イタリアの食材も沢山、販売していているので、見ているだけで
陽気な気分になっていました~lovely


    ~~~~~

    ところで、息子が先ほど、ナポリへ2回目のピッザ見学と
独学イタリア語の実地を兼ねて旅立ちました~airplane

  できれば、ナポリで少し修行をして、イタリアまたは日本で
ピザのお店を出してみたいようですが、あの石窯↑だけでも
200~500万円程かかるので、まだまだ先になりそうです~wobbly
   
    好きなことで世界に旅立っていく若者が増えるといろんな意味で
文化交流になるし、友情ベースで友好関係を保っていけるのが
一番、楽しく素適なことかもしれませんね~shine

  また帰国したら画像をご紹介しますねcamera

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーロン君、きれいな歌声をありがとう♪♪

            Boys010_2  

 久しぶりに昨夜、娘と落ち着いて「American Idol Season 9
を見ていると、なんと、可愛らしい17歳のアーロン君が脱落
してしまいました~weep

 娘と最初からアーロン君のファンだったので、とても残念です。
でも途中から、風邪を引いていたり、ちょっと無理して歌っていた
ようだし、かなり心身ともに疲れが見えていたので、この辺で
お休みをした方が良かったかもしれませんね?

 若干17歳なのに、性格も穏やかそうで大人な感じな上に、いつも
ニコニコと笑顔で、頑張ってここまで上り詰めてきましたものね!

 まだ、高校生なので、学校の宿題もこなしながらのパフォーマンス
もさぞや大変だったかと思います。

 辛い幼少の時期を乗り越え、養母さんのお陰でとてもよい子に育って、
さらに歌の上手いことは神様のプレゼントだったのかもしれませんね~shine

  また、20歳位になって少し体格もしっかりとしてからデビューしても
全然遅くはないし、アーロンならきっと彼らしいソフトな歌声で私達を
楽しませてくれる事と思います。アーロンのきれいな笑顔と歌声に感謝です。

  優勝者はアメリカではもう決まってしまったようですが、確かに、
彼は歌に関しては、天才肌でしたね!!ギターが弾けることは、
アレンジする場合は強みなのが、前回のクリスと同様、分かった
ように思います。それにしてもスゴイ番組ですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/29

ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大集合」 5/30-6/5

                     Cimg1273_2

  丸の内ブリックスクエア」で友人と食事をするので、中庭で待ち合わせ
をしました。午前11時半過ぎには、「
三菱一号館美術館のエントランスの
外まで長蛇の列でしたので、もう一度、「
マネとモダン・パリ」展を鑑賞
しようかと思っていたのですが、諦めました~coldsweats02

           Cimg1269

  中庭の木々も青々としてバラもきれいに咲いていました~shine
ベンチに座っていると、スケッチブックを出して絵を描いている人達を
何人も見かけます。パリの街中にある公園のような雰囲気がするので、
絵心をそそわれるのだと思います。

       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

5/30から6/5まで丸の内界とNHKが連動して、
美術好きな方達にとっては、面白いイベントがあるようです。
詳しくは、下記のサイトをご覧ください↓

ニッポンが19世紀パリになる!印象派名画大集合」連動企画のご紹介

  ◆丸ビルホール (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)と
  ◆
国立新美術館3階講堂 (東京都港区六本木7-22-2)
       で印象派の画家達の映画を上映されるとのこと。。楽しみですねlovely

 tvNHKイベントサイトから以下、引用させていただきました↓
  「
ニッポンが19世紀 パリになる!」 生放送なのでお見逃しなく!

  6月5日(土)PM4:00〜8:30
  BSハイビジョン

  *PM4:00〜5:00はBS2で同時放送

  今年、印象派の作品がかつてない規模で日本に集結します。
    「
マネとモダン・パリ」(三菱一号館美術館)」、
    「
ボストン美術館展」 (森アーツセンターギャラリー)、
     「
オルセー美術館展2010『ポスト印象派』」(国立新美術館)
     をはじめとする展覧会が開催されるためで、国内所蔵の作品と
     あわせると実に600点を超える印象派作品を日本国内で
     見ることができます。
   この機会に、さまざまな切り口から印象派に迫る生放送番組。
  東京・丸の内に出現する“印象派カフェ”をメイン・ステーションに、
    3つの印象派展覧会と大原美術館(岡山・倉敷)を中継で結びます。
  豊かな映像で描き出す印象派の巨匠7人の濃密な人間関係、
    日本にある印象派作品のとっておきの話、番組で募集する
     「わたしの好きな印象派の一枚」ランキング、日比野克彦さんが
    放送中に視聴者参加で作り上げる巨大な壁画。
  多彩な視点から印象派を楽しんでいただきます。

   ***

パリのオルセー美術館がちょっと心配になる位、ごっそりと印象派の
作品が日本に来ているようですね~coldsweats01

  先ほどは慌てていたので、日時など勘違いしておりましたm(__)m
皆様もお出かけの際は、各HPよりイベントをご確認くださいませ

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/28

お花と植物から癒される日々~(*^^)v

                Cimg1206

              実家のバラです~shine
 
 ここのところ、涼しい日が続いていますので、油断すると風邪を
引きやすいですね~dash

  相変わらず、バラやお花に関ることで楽しんでいる毎日です。
植物と人間の関係などアロマやフラワー教室で教わったことを
少し書いてみたいと思います。

       Cimg1296  

  プリザーブ・ド・フラワーは以前もお習いしたことがあったのですが
お花の発色が良くなかったので、あまり好きではなかったんです。。coldsweats01
が、この頃は、自然な色に仕上がってきれいですよね~shine こちらも全部、
プリザーブのお花なんです↑周りにシルバーの色付きの葉っぱを
あしらったので、少し豪華な感じになりました~lovely

          Cimg0176

         ローズプリザーブドアレンジ

   ミニ・サイズですが、花器も素適だったりしたので、
Julian Rose Shopで限定、3台のみ販売しています~note
ケース付きが宜しい方は、オプションになりますのでお申し出
くださいませ。 上の豪華な方もご希望があれば、メールでも
してくださいね~mailto

  そんなわけで、趣味の延長みたいなショップですが、今後とも
よろしくお願いいたしますm(__)m 

     
       Cimg1266

 基本的なラウンド型を生花でお習いしてきました~wink
練習用のお花なので、見栄えがもうひとつですが、生花と
戯れる時間も楽しいです~heart04

  このようなラウンド型は誰にでも親しまれるスタイルとの
ことです。こんもりとしているので、人の心に穏やかさを届け
自分の中にも優しさをよみがえらすそうです~confident

  控え目なピンク系は心を穏やかにしますので、更年期の
女性や気分が落ち込んでいる時には、お花のパワーで元気
にもしてくれるようですup

          Cimg1185

  先日、作りましたグリーン系のお花は今、一番流行っているそうですbud
おしゃれなお花屋さんを覗くと、確かに、このようなお花が店内を飾って
いますよね~shine

             17d323535647f2f4
              グリーン・ローズ

 こちらは中国原産のグリーン・ローズです。
恐竜が活躍していた頃の地球上の植物は、葉っぱだけで生育していたそうです。
草食動物は、その葉っぱを食べ尽くすと他の場所に行っては、その地域の
葉を全部食べてしまうので、そのうちに、絶滅の危機を防ごうと、植物自身が
危機管理をして(笑)、お花を自らの「意思」で生み出していったそうです。
ですから、最初はこのように原種のお花は、グリーン色ばかりとのことです。

  それから、お花の色も自身で付けるようになって、黄色のお花が一番
多かったそうです。とても面白いお話ですねsign03 自然回帰が叫ばれて
いるので、今般のグリーン・ブームもその影響でしょうか?

  200万年前には、人も植物も共存していたそうなので、衣食住の
大部分を植物に依存してきたとのことです。人間と植物の核となる
細胞構成もとても似通っていますものね!

  そんなわけで、私はお花や植物と戯れていると一番、活き活きとして
楽しい感じです~lovely
 
  最後まで、読んで頂いた方、ありがとうございました。

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

 『ローズフェア』@日本橋三越本店

         Cimg1219

       ローズフェア』@日本橋三越本店

 連日、植物の話題で恐縮ですが~happy01
今日は日本橋三越本店の屋上にあります「
チェルシーガーデン」で
開催中の「ローズフェア」に行って、バラと植物と戯れてきました~lovely
三越本店の屋上に行ったのは、初めてのことでしたが、素適な植物が
いっぱい植えてあったり販売していたり、お天気もよかったので
楽しい気分になりました~lovely

       Cimg1217_2

  今日が「ローズフェア」の最終日でしたので、もう大半は盛りを過ぎて
しまっていましたが、こちらのローズが一番、元気できれいに咲いていました。

          Cimg1226

       コッテージ・ローズ」と言う名前でしょうか・・?
       ソフトな色彩と花びらにうっとりでした~heart02

          Cimg1247_3      

               美しく咲き誇るローズ達shine

         Cimg1239

      キュー・ガーデン」という名前のバラです。
       キュー・ガーデンの250年周年記念として名づけられたそうです。
              三越本店の蜂は(?)とてもエレガントに見えたのですが、
              ちょうどお花に留まっていました↑

           Cimg1241

           イギリスっぽくて素適な一角*・゜゚・*:.

       Cimg1230_2

  オールド・ローズ系でこちらが一番香りが良かったですconfident

         Cimg1249

            寄せ植え鉢もとってもおしゃれですね~bud

       Cimg1253_2

       寄せ植えアートの世界ですね~notes

 世界中からローズが集まったような「ローズフェア」でしたが、来年は
もっと早くローズが咲きそろった頃に行ってみたいです
sign03

チェルシーガーデン」、都会のちょっとしたオアシスのようですclover
これからは暑くなりますが、息抜きに寄られてみると
元気な植物たちからエネルギーをもらえますよぉ~lovely

 

  

      

  

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

蒸留実習@「NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)」 山梨

             Dsc_4341_2

                              トルコ原産 ローズ・ダマスケナ

  昨日は、雨の中、恒例の蒸留実習へ山梨県の甲府から少し入った塩崎に
あります「NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会
)」へ行って参りました。

 いつもアロマテラピーの橋本先生 (gattoアロマテラピースクール)の
ご引率の下、参加させていただいております。この度もモタモタしている私を
気遣って下さって、大変お世話になりましたm(__)m

        Dsc_4339

  朝一番で摘み取ったバラが大籠にいっぱいに並べられていました。
  香り高いロザ・ダマスケナ種の「カザンリク」という名で35枚の花びらが
  付いているそうです

      Dsc_4355

 お教室の前庭には、あらゆる種類のハーブが元気に生長していましたclovershine
今回は手前にありますカモミール・ジャーマンの蒸留実習をしました。

           Dsc_4370       

 大きな蒸留窯に皆さんが摘み取ったカモミール・ジャーマンを入れて水蒸気
を通すとこのように、ウォーターが出て参ります。精油も少し浮いています。

  それから、大雨の降る中でしたが、今回は37名の参加者がいらしたので
貸し切りバスに乗って、いざ、農場へと出発しましたbus 途中の田んぼに葡萄畑
の緑がきれいなのをぼぉ~と見渡していますと、農場の入り口に到着ですclover

     Dsc_4342

   広いひろ~いバラの植木がどこまでも広がって生長していました。

    Dsc_4348 

 昨年よりももっとずっと奥までバラ畑が広がっていて、素晴らしかったですlovely
最初に来た時に、バラの香りに包まれた記憶が懐かしいのですが、バラは
朝一に摘まないと香りが飛んでしまうので、お花がないのは仕方がない
ですかしらね・・(ノ_-。)

    Dsc_4347

     今は、カモミール・ジャーマンが最盛期でした~shine
  
   カモミール・ジャーマンのお花はとてもカワイイし、生のハーブ・ティーは
   香りもよくて美味しいです~wink 子供さんのアトピー性皮膚炎などは、
     ウォーターなら湿疹、かゆみを取る効果があるので精油より安心して
   使えますね!
       

    Dsc_4346

      山の斜面いっぱいに広がるジャーマンですclover

 いつもならここで、ゆっくりとしてハーブ摘みを楽しめるのですが
雨のため、短い時間で引き上げてしまうことに・・・weep

 それでも農場まで上がってこれないかと思ったのですが、少しでも
バラの植木の間を歩けて良かったですlovely  昨年もよりもしっかりと
育って、整備もきちんとされていたので歩きやすかったですnote
無農薬栽培なので、大変なご苦労があるかと思いますが、ナードの
皆様のご尽力にいつも頭が下がりますm(__)m。

Dsc_4353 Dsc_4351_2

  いつものとおり農場の帰りには、「MOUNT WINEワイナリー
寄ってワインを頂いてきます。ナード研修センター所長さん自ら私達へ
ワインを注いで下さって、しばしワイワイと盛り上がっていましたwinkwine

 こちらの「ブルーベリー果汁」は濃密で大変美味しいので
いつもワインと一緒に2本も重たいのですが、購入していきます。
有機栽培で作った葡萄なので、ワインも安心して飲めますgood


  研修センターに戻って、お弁当を食べてから、しばし休憩です。
私は、早くハーブを見たくて前庭で、撮影したりしてきましたcamera

 

       Dsc_4349

                ブラックマロー

  いつももっと大きく生長しているマローは、今年は寒かったせいか
背丈も低かったですが、きれいな大きな葉ですね~shine

 ブラックマローのウォーターはお肌がしっとりとして、スキンケアーに
とても良いみたいですnote

          Dsc_4354

              ベルガモット

  温室内で「ベルガモット」が元気に育っていましたclover
精油は、とても良い香りで気分が落ち着くので大好きなんです~note

      Dsc_4357

               ロックローズ

    とても珍しいハーブですね。 可愛らしいバラの原種のようですが
    フランス南部など地中海沿岸が原産地なので、収穫が手間取って
      蒸留するのに時間もかかるので、精油も高価とのことです。      

           Dsc_4360

               フェンネル

    おぉ~とってもきれいに撮れましたね~まるで羽のよう~shine
    フェンネルはお魚の臭みや余計な油分を取り除く作用が
      あるので、家でもベランダ栽培をしています。
      精油は、禁忌が沢山あるので、見かけは穏やかなのに、
      実は精油として使用するのには注意が必要な強い植物なんですflair

 
    
Dsc_4356     

              セージ

 セージは香草としては代表格ですが、精油の成分としては
ケトンを多く含むので、妊産婦さんなどのご使用は注意が
必要です。精油には、植物の凝縮した成分が入っているので、
効果・効能も高いけれど、それだけ気をつけて使用しないと
危険なこともありますflair

  

     Dsc_4359

                ポリジ
   
  
ブルーの星型のお花がクルクルと蔓のような先から咲いています。
  こちらはあまり背丈がなくてとても繊細な感じでしたが、70cm近く伸びる
  そうです。以前、お花でウェディング装花の練習をする時に「Something Blue
  という幸せを齎す「
」のお花として入れた記憶があります。
  とっても愛らしいお花ですね~lovely

      

     Dsc_4368

             アーモンド

 アーモンドの実が可愛らしく生っていました。
  アーモンドは、キャリアオイルとして使用され、皮膚を柔らかくする
  効果があるそうです。

         Dsc_4373_2

 午後からは、所長さんがナード研究所の成り立ち、取り組み、バラの育成、
農薬残留などのお話を図版を使って、冗談を交えながら楽しくご解説下さいました。
精油やウォーターの残留成分を検査し、農薬が検出された製品は、すっぱりと
処分されていることなども拝聴できました。

  また、アシスタントの方よりバラの種類の説明と
エイジングケアースペシャル美容オイル」の作り方をご指導頂きました。
精油は3種類と植物油は6種類も配合された贅沢オイルです~notes

  大雨で残念ではありましたが、研修所の皆様のご努力によって
安全な精油やハーブウォーターを使用することができたり、農場にも
大勢の私達をご引率していただいて感謝申し上げます。

  精油の成分を机上ばかりで勉強しているとハーブに対する愛情が
中々、湧いてきませんが、こうして沢山のハーブを直接見たり香りを
嗅いだり触ったりしていると自然とハーブと共鳴してくるようで、ハーブ
との触れ合いは、とても大事な時間に思えますheart04

 

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカル★『絹の靴下』@青山劇場

                         Silk_0111b_jpg_300px_2

                      絹の靴下』@青山劇場

 実家の母は、ミュージカル物が大好きなので、時々、お伴?で
付き合っています。宝塚好きな方には申し訳ないのですが、実は
娘も私も少し弱いのですが、父と母は、「綺麗だから、観なさい!」と
時々、何枚か勝手に席を取ってしまうことがあります~coldsweats02

 今回も私は予定を変更して、今村ねずみさんが主役を務めるといる
ことで観劇してきました~shine ねずみさんは相手役の元宝塚トップスター
湖月わたるさんが大柄なので、踊る時も引き舞わされる(笑)って程では
ないのですが、エレガントな舞いとパリでの甘い恋愛を仕掛ける役としては
上手に演じていて素適でした~note

  湖月わたるさんは、元宝塚のトップスターで男役が主だったかと
思いますので、女性的に変身したシーンよりも最後の場面で若者達の
リーダー的存在になってさっぱりとした役と、パンツスタイルで踊って
いた雄姿(?)は、さすがに洗練された迫力があって魅了されましたsign03

  考えてみれば、話しの設定は1950年代のソビエト・アメリカ冷戦下の
時代に、パリで知り合った男女の恋物語です。堅物のロシア人女性と
自由奔放な米国人男性がいかに、その男性的な女性に「絹の靴下
(アメリカの資本主義)を履かせて、内面から女性的に変身させると
いういわば、現代の中国の状況のような社会形態が奥にはあって
あとから、考えさせられました。

  衣装も何度も変わって、踊りも大部分を占めるし、役者さん達はとても
真面目に演じていますので、踊りや華やかな舞台がお好きな方には
合うのではないでしょうか?本当に全力疾走と言う感じで、皆さんには
拍手を送りたいですshine

  私はパリの舞台の絵が背景に描かれていて、それが妙に物哀しく
郷愁を誘って観えました。私がパリに大昔に滞在したころは、「冷戦」
の終わり頃かとは思いますが、あの頃のモノトーンが強いパリを思い出
しました。記憶違いでなければ、あの背景の色彩も最後にカラーに
変わっていたような?現在のパリは、もうモノトーンではなくて、パステル
がかった感じがするほど華やかですものね~note

 でも、少しドタバタ過ぎる場面がありましたので、それがコメディータッチ
なのかもしれませんけれど・・どうでしょうか?テーマが少し暗くなるのを
避けて、明るくするのも良いのですが・・・。

 

    51owdjurvdl__sl500_aa300_  
       ニノチカ

原作は、グレタ・ガルボ主演の映画「ニノチカ」(1939年)と
のことで、観てみたくなりますね!
パリは確かに、快楽を覚えてしまう、という街としての魅力は
多分にあると思います~shine

     51fy82txa4l__sl500_aa300_

     『絹の靴下 』特別版 [DVD]
      出演: ルーベン・マムーリアン, フレッド・アステア

 映画『ニノチカ』↑のブロードウェイミュージカル版を映画化したものだ
そうです。フレッド・アステアとシド・チャリースのダンスが素晴らしいとの
ことですが、現在は在庫がなくて残念です。どこかで見かけたら、ご覧に
なってくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

『マネとモダンパリ』展 講演会 by 高橋明也氏 

                      Cimg1209

           三菱一号館美術館 開館記念展<I> 講演会

 三菱一号館美術館館長 高橋明也氏の講演会に参加して参りました。
開館記念展 <I> 『マネとモダンパリ』展は、三菱一号館美術館において、
4月6日より7月25日まで開催されています。

        Dsc_4177

 高橋館長は、「私がもっとも好きな画家はエドゥアール・マネです。」
と冒頭に仰いました。
 欧米では、レオナルド・ダ・ヴィンチベラスケスと並ぶほど評価の高いマネ
ですが、日本では、あまり重きを置かれていない画家なので、もっとマネの良さ
を日本の人に知って頂きたいと、この度の美術館開館記念に相応しい画家として
まずは、マネを選んだそうです。

           Bnr_02_on

 高橋館長の講演会には、これまでも何度か参加していますが、
いつもにこやかで穏やかにお話をされて、絵画を純粋にお好きと
いうことが伝わって参ります。私達、日本人は展覧会が開催されるときに、
政治的にもマスメディア的にも介在された芸術感や文化的な知識が
ゆがめられて入るために、欠落している西洋絵画の重要な画家や

絵画の本質をご紹介されたい、と常に言及されています。
 国立西洋美術館で開催された「ラ・トゥール」展は衝撃でしたね!
あれ以来、数年来、私は美術館に通うようになってしまったほど、
今でも「ラ・トゥール」の「光と影」は忘れられません。その後に、
コロー展」も招聘されて、素晴らしい数々の作品を鑑賞することが
できました。

 今回も2時間近くにわたって、沢山のルネサンス期における巨匠達の
絵画からマネに影響を与えられた現代画家達までをマネの絵画と
比較しながら、系統立て特徴立てて教えて下さいました。なぜ、マネが
それほどまでに「近代絵画の創始者」であるかがはっきりと認識できて、
講演会に参加できたことはとても有意義でした。

         5126ojq3jjl__sl500_aa300__2

   「もっと知りたいマネ―生涯と作品 」(アート・ビギナーズ・コレクション)
           
高橋 明也 (著)

  今回、講演会の内容をおさらいするためにも、高橋館長のご著書を
もう一度、拝読してみました。実に、細かく、当時の時代考証から登場人物
までも詳細にわたり図説や図版をフル活用されて書かれていますので
マネと関係者やその当時の史実まで、素晴らしく網羅されています。
とても分かりやすいです!!
(編集者の方々のご苦労が偲ばれますが。。
(゚ー゚; )

  私も印象派の作品は大好きですが、確かに、マネが当時の美術界の
「サロン」に闘ってきたからこそ、印象派の画家達もマネを手本に勇気を
持って、貧困と言えども自分達の信念を貫き通せたのかもしれませんね!

  高橋館長も仰っていましたが、マネは、坂本竜馬や岩崎弥太郎とも
4歳違いだっただけに、お互いの国が動乱状態に揉まれた時期に生まれ
育って、新しい世界へと開拓したといういわば時代の立役者なんですね!

 まずは、マネがどうしてそんなに重要な画家と言うことですが、それは、
ルネッサンス期の巨匠達から4百年近くの伝統技法を大切に尊重して
受け継いではいますが、生粋の「パリッ子魂」と「サロン」への挑戦として、
それら古典の技法を削ぎ落としてきたミニマリズム、モダニズム、ダンデニズム
などで、マネ独特の新しい美の切り口を築いていって後輩の画家達に
現代の技法を自由に描いて行けるように橋渡しをしていったからです。

     

   Cimg1072    Cimg1076   

ルイス・デ・ゴンゴラ・イ・アルゴデ』 『ヴィクトリーヌ・ムーラン』
       1622年                1862年
       ベラスケス               マネ

  ここで申し訳ないのですか、現在、「六本木森アーツセンターギャラリー
で開催されています『
ボストン美術館』に比較対象として展示されていた
ベラスケスとマネの肖像画をご紹介したいと思います。

 ナポレオン3世の妃がスペインから迎えられると(1853年)、パリは
スペイン・ブームが巻きおり、マネはパリに収蔵されているベラスケスの
作品よりも多くの作品に触れたくなり、スペインへベラスケスやゴヤの
作品に直接観に行って、色彩効果、レアリスム、瞬時に対象を捉える
表現、簡素な技法なども大分、学んできたそうです。

 イタリアでは、ティツィアーノのヴィーナスなどの影響で、『オリンピア』の
作品を描いたようです。今はなんでもない女性の裸体画は当時では、
まだ聖書やギリシャ神話の逸話の場面だけは許されましたが、現実の
女性の裸体やタブーのシンボルなどはもっての他だったようです。
草上の昼食』や『オリンピア』のモデルとなったのは、プロのモデルだった
 『ヴィクトリーヌ・ムーラン』とのことです↑。

 ムーランを裁判所で見かけ、ギリシャ彫刻のような目鼻立ちに惹かれて
モネからモデルにならないか?と声をかけて描いた初作品とのことです。
ゴヤとベラスケスの影響がありながらも大胆に顔の部分が明るく描かれて
います。これが後の1870年代の印象派へと結びついて行くようです。

 ベラスケスの一瞬に内面性を捉える表情には、小作品ながら最高傑作に
感じてしまうほど凄さを感じました。こちらの作品で宮廷のお抱え画家に
なったとのことですが、それもうなずけるほど、他の作品が霞むような
迫力を感じました。マネがモリゾを描いた絵からもその瞬時の時間を
感じられますね!
 

 マネが内乱のパリを描いたスケッチなどもゴヤのリアルなタッチから
学んだようです。マネには「光と影」の部分が絵の中にあるとのことです。
印象派のような手放しの華やかさがないのは、自身が内乱でパリに
残って戦ったことや古典的な要素から解脱したいのだけれど、やはり
どこか過去の巨匠達の「畏敬の念」が残像として残っていたり、
乾いているようだけれど、内面に深みを齎せたい、と思っていたのでは
ないかしら?と私自身の思ったことです。

          Edpe013_photo_001

               『浜辺にて』
                1873年
                マネ

  今回の展覧会で一番好きな作品は、何と言っても
すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』ですが、次にハッとしてきれい!
と感じたのがこちらの『浜辺にて』でした。

   シュザンヌのドレスの明るい白と海辺の色合いが美しくて
弟さんのウジェーヌと平和そうに浜辺に座っています。いろいろな女性
に人気があって、マネが病に倒れた療養先にまで見舞客が絶えなかった
とのことです。 奥さまもお母様のように、ヤンチャなマネをいつも
優しく見守っていたのかもしれませんね。シュザンヌがいたからこそ
マネも安心して厳しい美術界とも戦ってこれたように思います。マネは
そのことを絵の中に告げたくて、このような光溢れる中に奥さまを描いた
のではないかしら?とまた一人空想したくなるようなこちらに暗示させる
ような雰囲気が漂っています。

  ジャポニズムの影響などもっと細かいことも伝えたいのですが、
大まかにいえば、マネが当時の官僚美術界と戦ってきた精神が、後輩達
に現代美術を花咲かせる元となり、パリの辛苦とともに生き抜いた絵画界
の偉大な画家だったことが理解できました。高橋館長始め関係者の方々
に御礼申し上げます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/19

REVELLO@ららぽーと豊洲

             Cimg1196

               「REVELLO」@ららぽーと豊洲

   日本で初のフォカッチャ専門店の「REVELLO
グリーン・アレンジメント
を持ってきました。娘の働く姿もチラッと観たかったこともありますけれど~wink

         Cimg1191

  お店の棚に置いて頂いたら、きれいに映えたので良かったですshine

          Cimg1201_2

     Cimg1200_2 

   店頭前に設置してあるお手製のボード2枚です(*^ー゚)bグッジョブ!!

      Dsc_4267

         フォカッチャ  フォルマッジオ

  これは家で撮りましたが、イタリアのリグーリア地方でしか作られない
クレセンツァチーズを薄い生地で挟んだフォカッチャで、とても美味しいですhappy01

    Cimg1203

 ららぽーと豊洲」の2F通路から海を見晴らすことができますyacht

           Cimg1204
   
 ららぽーと内は外国に良くあるモールのように広々として解放感が
ありますので、ブラブラとするだけでも健康的で気持ちが良いです~notes

 お店の方々と娘が考案したランチ・セットが6/1より販売されます~restaurantcafe 
シーザース・サラダとフォカッチャのパンに、ラタティーユが挟まれていて
セット価格で850円だそうです。とっても夏向きのヘルシー・ランチですねhappy01

     Cimg1210

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/05/18

爽やかグリーン・アレンジメント♪

                   Cimg1187_2

    先週末、以前、お習いしていたフラワースクールで体験レッスンを
してきました。グリーン系のラウンド・アレンジメントで爽やかですねshine


            Cimg1184

   最初に頂いた花材は、こんな感じで渡されます。
なんとなく、「パリスタイル」の時とは花数も少なくて寂しい感じが
しましたが、それなりにシンプルに仕上がって良かったです~lovely

         Cimg1185_2
          

  光がきれいに入るお教室なので、撮影会場としても使われて
いるようです。

   アップルミントがとても香りが良く、一本余ったので、帰宅してから
家にあるハーブと合わせて、ハーブティーにして飲んでみましたwink

   娘が勤める「Revello」に似合いそうでしたので、この後、こちらを
お店まで持って行きました~clover

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/17

 癒しのグリーン空間@「 C'est La Vie. ~ セラヴィ ~」

                          Dsc_4314

   今日は友人の姪御さんがオープンしました
          「 
C'est La Vie. ~ セラヴィ ~ 」
という素適な「花&苗木」屋さんへ連れて行っていただきましたlovely

       Dsc_4330_2  

          「 C'est La Vie. ~ セラヴィ ~ 」
   

 「 C'est La Vie. ~ セラヴィ ~ 」は、元バラ・ハウスだった
ところをお借りして、「苗木」を中心に販売されています。とても
とてもきれいな「苗木」がセンスよく配置されていたので、ご紹介
したいと思います。

         Dsc_4293

        Dsc_4320 

  お店の中心には、やはりオールド・ローズが美しくも香り高く
咲き誇っていました~shine   本当にきれいですね~notes

          Dsc_4311

  N店長さんは、「青山フラワーマーケット」に長くお務めされながら
時々は、パリで研鑽を積まれて、昨年より独立されたそうです。

  今日は生産者の方もお見えになっていて、とても情熱的に植木
の組み合わせなどをお話されていました。お花一筋に働いてきた方
の知恵と知識とセンスが光り、自然に美しいデコレーションが
アレンジされていました。それぞれの植物が持つ配色や枝ぶりや花の
美しさなどをデモンストレートされていらして、素晴らしかったです~shine

 Dsc_4299_2 Dsc_4300

 市場や生産地へ直接、植木を買い付けに行かれるそうなので、どの植木
も特徴があって、きれいです~note  それに植木鉢も合うようにセットされて
おしゃれですよね~lovely

     Dsc_4301_2

 ハウスの真ん中には、千葉県の花の展示会 (三越デパート)で
使われた支柱が設置されて、ブドウ、ツルバラ、クレマチス、その他
の枝物が巻き付いて、植物が元気に生長していました。

           Dsc_4309
        

    小花付きのグリーンだけのアレンジも素適ですね~bud

    Dsc_4316_3 

    1つ1つの苗木は選び抜かれていて、美しいです~shine

  N店長さんは、とても活き活きと愉しそうにお仕事をされていました。
時々、ウェディングでも苗木をモダンに装花されていたり、お庭の植木
の造園もされたりと、フリーで大活躍されているそうです~up

  千葉県の「飯山満」駅から少々入ったのどかな田園地帯のビニール
ハウス内にあります。 お車でないと少し不便かもしれませんが、
どうぞお近くを通った際は、珍しくて美しい苗木をご購入できますので
寄ってみてくださいね~wink 営業日が不定期のようですので、ご来店の際は
どうぞお電話でご確認くださいませ。

HP:  http://n-cestlavie.info/
TEL: 080-1343-0965

     ***

  また、6月6日(日)は、

     「~ 夏の寄せ植え 講習会 ~

を「午前」と「午後」の部で開催されるそうです。N店長の先生でもあります
七栄グリーン」の伊波様より教えて頂けるそうです。NHK「趣味の園芸
のグリーン雑誌なども掲載されて、多くのファンが魅了されているとのことです。

      Dsc_4321_3 

 私はこの度、スミレやタイムやその他きれいなグリーン種を
購入して参りました↑ので、講習会も参加してみたいです~lovely

 いつもお世話になっている友人のMさんにも姪御さんの素適な
お店をご紹介していただいて、有難うございました。
とても癒されて、楽しい時間を過ごせました~heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/13

「ビジネス・セミナー」 & 「ヴィラ・メディチ」

                      Dsc_0520

                            『踊り子』ドガ@山梨県立美術館

 こちらは、何年か前に撮影したのですが、ドガの彫刻って魅力的
ですよね?

 ところで、最近は、一日講座セミナーに参加して見聞を広げて
います。たまに、一日バイトなんていうのもドキドキしながら参加
してみて、今までに知らなかった業界を覗いてみたり? 結果的に
よい関係者に出合えて、今年は何かよい運が向いているような?
どうしても落ち込む年周りとか弾むように明るい年周りとかあるの
かもしれませんね~?

           Cimg1083

              『花輪を編む娘』
               1866-70年頃
               カミーユ・コロー

  「ボストン美術館」展に展示されていたコローの人物画です。
風に吹かれて銀灰色の色彩に、可愛らしい少女が佇んでいます。
そこだけ本当に風が吹き、スポットライトを浴びて浮き上がって
みえるほど素適な絵でした~shine ドガやルノワールやモネが
コローの人物画を手本にしたとのことです。イタリアへ留学中に
描いていたので、後ろに観える城は、ヴィラ・メディチという
歴史的にも重要な建造物です。ナポレオンが進攻してフランス・
アカデミーの本部にしたようです。1928年からは一般公開され
数々の美術展が開催されている、と図録には掲載されています。

 つい「ボストン美術館展」の絵を紹介したくなったのですが、
そんなわけで、今日もあるセミナーに参加してきました。思ったより
大変収穫があって、最近のビジネス事情が分かる良い内容でした。
  今、世界で経済が一番力を付けているのがアジア、特に
中国なので、英語もアジア訛りの変な英語を分かる人の方が
営業マンとしても活躍できるそうです。中国語をマスターして
いると逆にやりこめられてしまうそうなので、中国語はソコソコ
日常会話ができて、アジア英語を操れる人が最も営業マンとして
成功するんだそうです~wink なんか、分かるような気がしますねcoldsweats01

      Cimg1174

 会場は千代田区区役所のそばだったので、帰りがけに
区役所の9Fにあります「
千代田図書館」に寄ってきました。
りっぱな広い図書館で、平日でもいっぱいの人達が来ていましたwobbly

  そのセミナーでは、今後の日本企業はアメリカに買収されて
いくであろうから、英語の勉強は必須だけれど、それプラス何か
特化した法律や英文会計や実務契約などを勉強して資格を取ると
就職に有利でしょう。と今後、勉強する指針を示して下さいました。
ジャングリッシュでも自信を持ってアジアの威信で、今後は欧米と
ビジネスしていくと良いようですね~up

   図書館で少しお勉強してから、外に出ると、皇居のお堀端と
グリーンが本当に美しく観えて、日本ではないような?とても
贅沢な眺めが広がっているのを改めて感じたりしました~shine
  

     セミナーでお会いした方々とは次回もまた再会できるでしょうか?
また、続けて受講してみたいようなグローバル・ビジネスのお話で
楽しかったです!

 

  

            

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/05/12

「ボストン美術館」展の宗教画を読み解く 「キリスト教とは何か。」

                 Cimg1069       

                   ボストン美術館」展 図録

 先月、森アーツセンターギャラリーで開催されている

       「
ボストン美術館」展

を観に行っていたのですが、中々、感想を書けないでおりました(゚ー゚;
連休中もすごく混雑したようで、開催日21日目にして10万人の方が
鑑賞されたそうです~w(゚o゚)w    

 今回、ボストン美術館の展示棟の一部増改築工事を行っているため、
海外には貸出が難しい作品ばかりが集まったので、目が回るほど
凄かったわけです。

            21

  イタリア・ルネサンス期からはベネチア派のヴェロネーゼ↑、
16~17世紀のスペイン絵画からエル・グレコ、スルバラン、ベラスケス、
17世紀オランダ・フランドル絵画からレンブラントやヴァン・ダイクほか、
ミレーやコローなどバルビゾン派の作品、

モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ、ゴッホなど巨匠47人の作品80点
展示されています。

 ボストン美術館の「ヨーロッパ美術」部門の絵画コレクションは、
全部で2万点以上あり、質・量ともに世界第一級のコレクション
とのことです。西洋絵画史の主要な流れを概観し、「美術史の教科書
といわれているそうです。特にバルビゾン派、印象派、ポスト印象派の
コレクションは突出しており、モネの作品数は世界で2番目、油彩と
パステル画を合わせたミレーの作品数は世界随一の規模に上るとのこと。

 ちらの説明だけでも凄過ぎるのが、お分かり頂けるかと
思います↑

   ボストン美術館に限らず、米国の美術館は驚くほど良い作品を
収蔵していて、特に印象派の良い作品が多いように感じられます。
ピカソの肖像画がありましたが、それもあまり激しいキュビズム
ではなくて、全体を通してもどの作品も淡いトーンで上品な作品が
多いのが印象に残りました。

 その中でも今回、宗教画が10枚程展示してありまして、印象に
残った作品をご紹介したいと思います。宗教画は、やはり、
キリスト教やギリシャ・ローマ神話について知識があれば、それだけ、
絵の中の読み取りも面白さが倍増してきます。 今回の宗教画の
持つ敬虔さに惹かれまして、何かよい参考書はないかと思っていますと、
以前、大変お世話になっていました西洋美術史家の池上英洋先生
監修されました「月刊 Pen」5/5号発行の別冊、
大幅増補版の「
キリスト教とは何か。」を参考に読んでみました。

          41qdvr5kujl__sl500_aa300_

          「キリスト教とは何か。」
          【聖書とは?教会とは?】

内容紹介:

歴史的に有名な西洋美術の大部分は、キリスト教に関連し、
そこに描かれたモチーフやシンボルを読み解くことは、
聖書の登場人物と対話するような楽しさがある。
時代とともに変遷した教会デザインの歴史とは?
カトリックの聖地、ヴァチカンとは?
さらには、修道士の知られざる生活から、映画や音楽まで。
「キリスト教とは何か」という問いに対する答えが、この一冊に
ぎっしり詰まっています。

ペン本誌で話題の特集が、別冊として復活!
モザイク画やフレスコ画、ステンドグラスなど「教会を彩るアート」を追加取材。
大反響のコンテンツを大幅増補!
さらに充実した内容の、完全保存版になりました。
読み逃してしまった人はもちろん、一度読んだ人も楽しめます。
 
         +++++
とても読み応えのある冊子で、こんなに深い内容とキリストの生涯を
通した絵画が満載で、たったの780円とはcoldsweats01
解説は、素人の私達でも大変分かりやすくまさに、無知文盲の人達が、
「宗教画」を見て神様とは何か?というのを悟るのと同じように、
キリスト教の歴史と変革が細かい部分まで理解できました。
特に、ユダヤ教→キリスト教誕生→カトリック→プロテスタントの移行など
興味深く拝読できました。聖母マリアが信仰されるのは、キリスト教における
女性神の欠如と古くからの多神教を信仰した文化が根強く残っている地域
があることなど初めて知ることができました。
久しぶりに、池上先生の饒舌でいて、新しい現代語を使って、簡潔に
核心をついている文章を読ませて頂いて、大変分かりやすく感服しました。
皆様もこちらの冊子をご一読されるとキリスト教の流れが分かって、
これからも西洋絵画をご覧になるときに、宗教画の持つ意味深さを
絵からより理解できて、画家が何を表現したいかを身近に感じることが
できると思います。

また、付録のように、教会デザインの歴史も日本人には中々、
理解できなかったことが、簡潔に写真と解説付きで掲載されています。
沢山の西洋絵画と細かい解説があるので、さぞかし編集者の方々は
大変だったかと思いますが、素晴らしい西洋宗教の歴史と文化を知る
一冊となっています!みなさんもどうぞ参考書として永久保存版で
ご購入されてくださいね!

            ++++

        22

 エル・グレコギリシャ人という意味を知ったのは最近です。
ギリシャで修業をし、ヴェネチアではティントレットの下で学び、
その後は、スペインで主に宗教画を描いていたそうですが、
こちらは晩年の10年前の作品とのことです。エル・グレコの作品に
しては、静かな感情表現で内に祈りが込められていますね。
この作品は、ドガが購入していた、と図録に掲載されていて、
ドガの作品にも静かな情熱が秘められているのは、グレコの影響
があったようです。。面白いですね!

            23

 ブーグローの絵の前では、皆さんが一瞬、足を止めて、幻想的な
優しい絵の世界に魅せられたように鑑賞されていました。
米国に買い取られた時に、題名が『聖母子と聖ヨハネ』と付け替えられて
しまっていたそうですが、ラファエロの描いた『聖母子と聖ヨハネ』の
構図を暗示しているほど、ラファエロに傾倒していたそうです。
印象派が活躍し出している近代化の中で、ブーグローは最後まで
フランスのアカデミック派の伝統手法を守って描いていたそうです。

            Cimg1078
   『聖ぺトルス・トマス』  『コンスタンティノープルの聖キュリロス』 
                 1632年頃
            フランシスコ・デ・スルバラン 

 少し曲がってしまいましたが、2枚の絵で、修道院の祭壇画に設置された
裾絵の一部とのことです。スルバランの絵はよく静物画では観ていましたが
宗教画は初めてかもしれません。とても不思議な感じで宙に浮かんでいる
ように神秘的な雰囲気が漂います。スルバランの静物画には、何か中
から訴えてくるような静かな精神性を感じましたが、控え目ながら独特な
世界観(宗教観)があるようで、シンプルな中に光る物があって惹かれます。

       Cimg1080
            『鞭打ち後のキリスト』  
                1665年
          バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

 ムリーリョの作品にしては、暗いイメージがありましたが、
これこそが、「
キリスト教とは何か。」という参考書で、この場面の
解説を探し出したいところです。 キリストが最後の晩餐の後に、
柱に縛り付けられて、鞭打ちの刑に処されこれから磔にされる
前の場面ですね。参考書では、「キリストの鞭打ちピエロ・デラ・
フランチェスカ
カラヴァッジョティツィアーノなどの絵が紹介
されていました。

 ムリーリョの可愛らしい「聖母マリア」や「天使達」からは想像
できないほどキリストの受難が描かれていて胸を打つ作品でした。

   その他の宗教画も良かったのでご紹介したいのですが、
特に印象に残った作品を
HPから図版をお借りしたりして
掲載させていただきました。

  「キリストとは何か。」を読むと無学文盲な一般の中世の人達
にキリスト教を伝授するためには、画像でイメージ化しストリー性
を持たせて、分かりやすく神様と聖人達の存在を理解させて、
キリスト教の持つ「神と人間との契約」や「」と言ったものをはっきりと
白黒付ける、という感じで少々厳格な掟があることも壮大なドラマ
が織りなす宗教の「偉大さ」や「怖さ」や「救い」と言ったものまで、
東洋の私達も西洋画を見て理解できるので、お勧めの参考書です!

 その他の「ボストン美術館」展の作品についても後ほど、拙いながら
ご紹介させていただけたら。。と思っています。あくまでも私の感想
ですので、皆様もどうぞ直接、素晴らしい絵の世界をご堪能下さいませ。

      Macg_boston_main_2

 6月20日まで、六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー
開催しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

「母の日」 & 「Revello」

                Cimg1153

  昨日はまた、違うスクールでお花の体験レッスンをしてきました。
やはり、パリスタイルの「母の日」用アレンジメントです。
豪華な花材が多くて、庶民的な私には、少し贅沢な感じがしてしまいました~coldsweats01

      Dsc_4264    

 Laura Ashley」のグラスやミニ陶器を娘が「母の日」として
プレゼントしてくれました~lovely

Laura Ashley」の優しい花柄が大好きなので、嬉しかったですheart04

          
                 Cimg1171

 息子も夜になって、ミニ・カーネーションを持ってきてくれましたsmile

        ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・★

         Cimg1156 

  昨夜、運動がてら自転車で、娘の勤める「Revello」へ
行ってきました。 お店に
先日のお花が飾ってありました~shine

   Cimg1167_2   Ismfileget1

  「ベアーズ フィナンシェ」を焼いていて、近々、発売するとか?
 これからも美味しい新商品をどんどん販売していくそうです~note

  Cimg1158_2

         イタリア本店の大きなパネル写真

                  Dsc_4101

  イタリアの焼き菓子は素朴な味わいがして、美味しいですshine

          Dsc_4099

 フォカッチャ」も食べやすくてお手頃価格なので、テイクアウトされて
海を見ながら、ぜひ召し上がってくださいませ~happy01

 連休中は、沢山のお客様がいらして下さったそうで、有難うご在ますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/07

Fresh & Artficial Flower★So Beautiful!!

            Cimg1145

 昨日は、近くのホームセンターへ行きましたら、きれいなバラが
販売されていました。このバラの名前は、「ジュリア」というそうです〜lovely

         Cimg1148_2    

 こちらは、生花ではなくて、日本に初上陸 オランダシルカ社
アーティフィシャル・フラワーです。色合いもとても美しいので
フローリストの方達がよく買い付けに来ているようです。

 娘が何かお店(Revello)に飾るのがないかしら?というので
私が浅草橋にあるこちらの「Flower & Craft」専門店を紹介しました。

       「east side tokyo

  問屋さんで有名なShimojimaさん関連のお店です。とてもセンスが
よく、リボンや包装紙など種類も沢山あって、見ているだけでも楽しいです。

娘がイタリア的な花柄を選ぶと店員さんが、さっと綺麗なブーケに
して作って下さったようですshine。素晴らしい技術ですねwink

 フラワー好きで手工芸好きな方は色々なものが揃って、しかもお得な
お値段なので、ぜひ浅草橋までお出かけくださいませね〜note

 お店の方達も感じが良くて、お勧めですheart04

     ribbon最後に家のミニ・ベランダで咲いた花達です~note

         Dsc_4252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

イタリア・モードの「子供の日」

                         Dsc_4232_2

   今日は「子供の日」ですが、連休の最終日まで晴天続きで良かったですねsun

私の「子供達」は、もうすっかりと大きくなってしまいましたが、二人の近況を少し
ご紹介したいと思います。

        Cimg0970

 上の娘は、豊洲ららぽーと内にありますフォカッチャ専門店

         『
Revello/レヴェッロ』    

で働いております。今回は、マネージメントも兼ねておりますので
責任も伴いますが、美味しいフォカッチャやパンもどんどん開発・
改良していこうとやる気満々になっていますsign03 今後もこちらの
商品情報などもアップさせていただきますので、どうぞよろしく
お願いします。

        Cimg0971

      

     Dsc_4154 Dsc_4100

  Revollo」は、北イタリアの「カモーリ」に本店がありまして、オーナーの
木村様が、そちらのフォカッチャがあまりに美味しいので、日本で出店する
運びとなったそうです。

  娘と私も以前もよくこちらのお店でお茶をしては天井が高くて、外に面した
明るいお店が好きで、ゆったりとした時間を過ごしていました~lovely

  また、追々、お店のご紹介もさせていただきますね!    

        Dsc_4113

   お店の目の前には、東京湾が広がって、お子さんや犬の散歩など
とてもリラックスできますshine

        Dsc_4116

 面白いオブジェも設置してあり、芝生も広々として解放感があります。
寛ぎの時間を過ごしに、「
ららぽーと豊洲」までお越し下さいませ。(Access)

          .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

    Dsc_4245

 息子のアパートへ行く間の公園には、ポピーや矢車草畑があります。 
こは本当にボランティアの方々が季節ごとに素晴らしい花々を咲かせて
地域の人達に憩いを齎して下さっています~heart04

           Dsc_4243

  ランチに天ぷらとお赤飯と柏餅を持って行って、息子のアパートで
一緒に食べてきました~riceball 

     息子は、第2回目のイタリア修行準備のために、今は家にこもって
イタリア語を独学で勉強しています~up

   今日は、参考書の例文を読まされ、できたかどうか確認させられました~coldsweats01 
私も以前は少しお習いしていたけれど、イタリア語は基本でもすごく
難しいんですよね~flair  でも、なんだか受験勉強のように、ノートに
びっしりとイタリア語を書き込んでいるのを見ると本当に真剣なんだなぁ~
と思ったりもしていますconfident

  イタリア人の人達は優しいので、片言でもちゃんと話してくれたよ!
とイタリアの懐の深いところが一番好きになった理由のようです。

   「子供の日」は今年も終わって、GWもいよいよ終了ですね。。皆様、
明日からお仕事やお勉強も頑張ってくださいねsign03

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国宝 「燕子花図屏風」展&カキツバタ@日本庭園

         Dsc_4223    

 爽やかな晴天の日々が続いて、今年のGWは行楽日和でしたね~sun
私は、昨日、南青山にあります根津美術館へ行きまして、
尾形光琳作の国宝『
燕子花図屏風』展を観て参りました。

       10301_2_1

18世紀(江戸時代)の作品で、総金地の六曲一双屏風に、濃淡の群青と
緑青によって鮮烈に描きだされた燕子花の群生-。と
HPに説明がありました。

  改築されてから初めて参りましたので、以前の展示方法と違うと、印象も
違ってモダンなカキツバタに観えました。

 鑑賞する方もお着物だったりドレスアップされた方が多くて、普段着の
私は少し気おくれするほどでしたが、会館もりっぱに美しく変わりましたね!

 「篆刻」をお習いしてから東洋的な美学も少し分かるようになって、特に
書物の「」の線の美しさに感銘を受けました。

 光琳の描く「カキツバタ」の濃淡の違いなどを目に焼き付けて、日本庭園
の今や盛りと咲いている「カキツバタ」を見ますと、日本的な美と花の持つ
端正な趣きが分かったような気がしてきました。

 日本庭園もかなりな敷地を公開されたので、ぐるっと一回りして、上に
戻った時は、膝が諤々とするほど、かなり広々としましたね~lovely

 4月は寒かったせいか、新緑も淡く光線に映し出されて、素晴らしい
森林浴のような爽やかさを堪能できました。

 少し撮影してきましたので、よろしかったら、拙い写真ですが、
ご覧くださいませ。

  Dsc_4210_2      

  Dsc_4212  Dsc_4213

     藤棚も満開で、とてもよい香りを放っていました~shine

   Dsc_4218

   こちらの池に小舟が留めてあって、奥に「カキツバタ」が見えます。
    私のお気に入りの場所で、いつもここへ来ると、「モネの庭」を
     思い出します。モネの庭もこのようなうっそうとした緑の中に支流
     を取り入れて池にしたので、水と緑の相性と空間構成がとても
     絵になる雰囲気を醸し出ていると思います~shine

    Dsc_4224 

   遠くからしか撮ることができないので、少し残念でしたがとても
   繊細でいて高貴な雰囲気が漂うお花ですね。。

         Dsc_4228_2

   新緑がカキツバタを囲むようにひっそりと咲いていました。

             Home_exhibition_img_05

              国宝「燕子花図屏風

 4年振りの光琳の「燕子花図屏風は、5月23日(日)までです。
その他のコレクション展、【展示室6】
燕子花図屏風の茶は、とても
品格のあるお茶室の様子が設置されていて、それも美意識を勉強
できました。

 朝、一番でお出かけになった方が、庭園もゆっくりと見やすいかと
思いますので、休日もどうぞお早めにご覧くださいね~coldsweats01

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

今週末の「American Idol」にアダム・ランバートが出演!!

                                Adam_210x280

  American Idol Season 9」では、今週のボーカル・コーチに
先シーズンの準優勝者の「
アダム・ランバート」を迎えるそうですlovely

  アダムのような素晴らしい歌手が出てしまうと、中々、その後
アダムを超えるパフォーマーが出ないので、物足りなさを感じて
しまうほど、彼の歌唱力やパーフォマンスは輝いていましたねshine

  先週のテーマは、「レノン&マッカートニーの曲」でした。
懐かしくて、やっぱり名曲揃いでむしろ原曲を聴いて見たくなりましたnotes

    私は、ケシィーの歌唱力がアップして、とても自信が見えて
きたことがスゴイ!と娘とも感激して聴いていました。

  ジャッジの言うことを自分なりに咀嚼して、それをパフォーマンスに
活かせるような仕事ができる人が勝ち残れるようですねsign03

          Bpg1626291400x270

 視聴者の電話投票で脱落したのは、マイケル・リンチでしたが、
危うく、ジャッジの「脱落救済ルール」によって救われました~up

  他の出演者もそれも喜んでいましたが、来週は二人が脱落するので、
少し複雑な顔をしているようにも見えました↑

    私と娘は、クリスタルとアーロンとケシィーが最後まで残って
欲しいです~heart04 たぶん、リーとこの4人はもうレコーディング会社から
お声がかかってるかもしれませんけれどね~notes

  とにかく、今週末には、アダムのコーチングと歌を聴けるのが
楽しみですね~lovely

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

最後のラッキー・お花見(*^^)v

               Cimg1138

ゴールデンウィークはお天気が良くて、爽やかですね~sunshine

ちょっとお出かけした時に、ベンチで休んでいましたら、八重の桜が
満開でした~cherryblossomcherryblossom  近くで、ランチをして帰ってくると~downwardleft

       Cimg1139

 風が通り抜ける所だったので、見る見る桜の花びらが風に舞って
散っていきました~wobbly

           Cimg1137

 今年は、長い期間、あちらこちらで遅咲きの桜の花を見れて良かったですlovely

 今日は思いがけず、ラッキーなことがありました~upshine
皆様も後半の連休をお楽しみくださいね~note

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

S美容師さん、どうぞ素適なママに~♪

                     F91d1

                          ≪兄弟愛≫
          ウィリアム・アドルフ・ブーグロー
                1851年


先日、六本木の「森アーツセンターギャラリー」で開催中の

    「ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち

を観てきました。久しぶりに、名画の数々を観ることができて
夢のような時間でした。

  また、その美術展については、後ほど、拙いながら書けたら?
と思っています。久しぶりに、図録まで買ってしまいました~↓

         Cimg1069

            ボストン美術館展 図録

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜  

   今日は、美容院へ行ったのですが、前日にも美容師さんから
お別れの御挨拶の葉書きが来ておりまして、最後のカットとカラーを
して頂きました。

   赤ちゃんが宿されたそうで、美容師さんとしては立ち仕事で大変
なので、お辞めになるそうです。

  「もっと、頑張ろうと思ったのですが。。ずっと働けると思ったのですが。。
   不思議なものですね。。」

とあまり感情を表さないTop Stylistさんですが、とても優等生のような
女性でしたので、きっと、お母様になられても良妻賢母になられると
思います~lovely

  彼女に出逢ったのは、雨の日に、ITOYAの前辺りでお店のカードを
いただいたことがきっかけで、7,8年前から通っていました。最初は
とても細くて科学者のような冷たい印象があったのですが、だんだんと
女性らしく柔らかく輝いて、お仕事もトップレベルになっていましたねsign03

  「Sさん、長い間、来て頂いてありがとうございました。」
と深々と頭を下げられた時は、何か、胸が詰まる感じでしたsweat02
こちらこそ、長い間、お世話になって、ありがとうございましたm(__)m

 ブーグローの慈愛溢れる絵やモネの母子のような絵の中に
たたずむような美しいSさん、どうぞこれからも御家族とお幸せに~heart02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »