« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

「ヤング@ハート」★エイジング・ロックンローラー

      Youngatheart_2

               「ヤング@ハート

 アメリカのテレビ番組で、「American Idol」や「Glee」など音楽番組は
概ね若者向けにできていますが、若い人たちが懸命に歌う姿にいつも
将来があって輝いているように見えますよね~shine

 今回は、「ヤング@ハート」のドキュメンタリー映画のご紹介です。
平均年齢80歳というアメリカは、マサチューセッツ州の小さな町
ノーサンプトンに集まったおじいさん、おばあさん達が年に一度の
コンサートに向けて練習する風景から始まって、コンサートが感動の
嵐に包まれるというまでを追っているドキュメンタリー映画です。

    Resize

コーチのボブ・シルマンが皆さんを鍛えている姿は、とてもいいですsign03
老人だからって甘えさせないで、難しい「Yes, We can!」の曲を
何回も練習させて、コンサート当日はみんなが71回もWe Can!
口を揃えて歌えるようになります。

私も段々と膝が痛くなってきたので、皆さんが歩くのも杖を使って
ゆっくりと歩いている気持ちが分かります。でも、歌を歌っている時は
とてもお顔が輝いて、若い人たちのようにきれいに歌う、ということは
ないのですが、自分の過ごしてきた人生を歌に込めて大きな声で
心の底から歌い上げます。

 歌があるから生きてこれた!」と生死をさまよってもまた歌のレッスン
に通ってきます。「歌っている最中に私が倒れても舞台の横に私を
引っ込めて、みんなは歌い続けて欲しいの!」と最年長のアイリーン・
ホール(93歳)は、言います。「私は虹になって、みんなの歌を見守って
いるわ!」ともconfident

        51yusnedrml__sl500_aa300_               

              ヤング@ハート DVD

  フレッド・ニトル(80歳)は低音が響く歌声で、一週間に仲間が二人も
急死したことへの追悼で歌いあげた「Fix You」は、会場の人共々、私も
感動しましたshine


   歌うことが生き続けることに繋がっているという原動力を見事に
映画化して、私達も何か死ぬまで情熱を持つことが大事なのを教えて
くれます。 最後まで自分の楽しみを持ち続けることが、楽しく元気で
いる秘訣ですねsign03

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき挑発 「レンピッカ展」 - 本能に生きた伝説の画家@Bunkamura

                     20100414201014f04s       

     美しき挑発 「レンピッカ展」 - 本能に生きた伝説の画家         

 連休近くになって良い天気が続いていますね~sunshine
昨日は、渋谷 Bunkamuraで5月9日(日)まで開催しています

      美しき挑発 「レンピッカ展

を観て参りました。ポスターから観た印象では、そんなに期待して
いなかったのですが、女性の感性が満載で、新しい時代にあった
画風にも挑戦していく素晴らしい画家であったことが良く分かりました。

             580_c

          「ロングドレスを着たタマラ
           1929年頃/ドラ撮影
  © 2010 Tamara Art Heritage Licensed by MMI Photo A. Blondel / D’Ora

  会場に入った途端にご本人のポートレートが大きく展示してあって
こちらだけでも美しさを追求した気高い女性だったことが感じられました。

  1920年代~30年代にかけてヨーロッパを席巻したアール・デコの時代を
代表する女性画家タマラ・ド・レンピッカ (1898~1980年)の波乱に満ちた
人生に合わせて、それぞれの
時代構成に彼女の作風を辿りながら、
分かりやすく展示されていました。

  1920年代と言えば、印象派が開花した後のポスト印象派以降の時代で、
ピカソが登場しキュビズムを謳歌して、近代絵画の変革が嵐のように舞う
アールデコの時代が到来したパリが最も華やかな時代だったようですね。

  ワルシャワの良家で育ったレンピッカも18歳で弁護士レンピッキ伯爵と
結婚しますが、翌年ロシア革命でパリへ亡命することになりました。

  フランスに亡命したレンピッカは、1921年頃パリのグランド・ショーミエール
美術学校でアンドレ・ロートの指導の下で、キュビスムから派生して、イタリア
のマニエリスム、フランス新古典主義の巨匠アングルの描線、そして装飾的
キュビスムのテクニックを学んだそうです。

          Pict3_2
      《タデウシュ・ド・レンピッキの肖像
  1928年/油彩・キャンヴァス/1930年代美術館蔵

  レンピッカの色彩の使い方は、特にグレーが基調となって
その対比が赤だったり緑だったりして、とにかく艶やかでいて
硬質な印象が持たれます。こちらの衣装も質感と光沢感に満ち、
対比の「黒」に何か意味を持たせているかのような輝きがありました。
背景の近代的な模様も何か危うさを表しているかのようです。

 と言いますのも、働かない旦那様で離婚を考えて描いていた
といういわく付きの作品です。指輪を描きかけていてわざと(?)
左手が未完成のまま。。という点が面白いですが、とてもハンサム
なご主人で別れがたい印象も描かれていました~
(ノ_-。) 

 この絵の横に、彼女が作業着を着て、ご主人を描いている最中の
緊張した顔の写真が展示してありました。仕事中の彼女の真剣さが
伝わってきまして、それも臨場感がありますね!

  それでもこの第1部の「狂乱の時代」は、レンピッカが社交界で
活躍していて、様々な著名人の肖像画を描いたり、ヴォーグの
口絵を飾ったりと一番、華やかな時代で色彩の美しさや絵画からも
描いている楽しさを感じられました。

         20100307_1482354

           《イーラ・Pの肖像
          1930年/油彩・板/個人蔵

 レンピッカが絶頂期の作品とのことで、好きな恋人とお花を迫力に
満ちて描いています。キュビズムでも女性を破壊することなく美しく
描いていて、特に女性の手・指の線の流れるようなリアルな表情に
感嘆してしまいましたsign03 ギリシャ彫刻の女神を現代風に働く意志の
ある強い女性にアレンジしたかのような気品と斬新さが相まって
素晴らしいですheart01 私もこちらの作品が最高、傑作に感じられました。

        Dsc_4206

             《修道院長
1935年/油彩・裏打ちされたキャンヴァス/ナント美術館蔵

 この時代の画家たちの誰もが苦しめられた第二次世界大戦が
勃発してから、レンピッカも精神を病むようになって段々と絵画も
悲しみが満ちてきました。しかし、こちらの《
修道院長》は、内面を
表した素晴らしい作品だと思いました。それまで、どちらかというと
あまり感情を表さないで、鑑賞する者を突き放すような冷たさが
ありましたが、こちらの院長の涙を観た時は、ぐっとくるものがあり
私も涙が落ちました。それほど、彼女の苦しさ、哀しさが伝わって
くるかのように静かな深さに触れることができました。

 その後、アメリカに渡ったあとは画風も変わって明るくなりましたが
最後はメキシコの地で死ぬまで絵筆を離さず、絵を描いていたそうです。

 まるで映画になりそうなレンピッカの人生を、彼女の強さと弱さを
対比させてドラマチックに展示構成した点が、作品とともに脳裏に
焼きつくように演出して素適な展覧会でした。

 マリー・ローラッサンが甘過ぎであまり好みでない方は、レンピッカの
持つ男性的で立体的で近代的な画風に挑戦していった女性スターの

ような作品に「共感」というか、「発見」をも見いだせるように思います。

  ここで、「American Idol」を引き合いに出すのもどうかと思いますが、
審査員達は、スターへの挑戦者達に昔の曲をどう自分なりにアレンジ
して新しく観客を惹きつけるか、と繰り返し述べています。商業ベースと
いうのとは違いますが、王族を顧客をしていた時代から市民を顧客に
していく時代に文化が完全に変化していったことを感じさせられました。

 5月9日(日)まで、Bunkamuraで開催しています。ぜひ、連休中に!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/04/28

パリスタイル・アレンジメント★Mother's Day★

                  Cimg1108

   今日は、お花の体験レッスンに行ってきました~note

お花が良いので、ラウンドだけのテクニックですが、とてもきれに
できました~shine  パリスタイル「母の日」アレンジですね~lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篆刻教室の忘れもの@つばめKITCHEN

                    Cimg1099_2

                    「つばめKITCHEN 丸の内オアゾ店

 昨日は、篆刻教室でいつもお世話をしてくださるT嬢と
丸の内、オアゾ内にある「つばめKITCHEN」でランチを
ご一緒していただきました~happy01

 T嬢は、お習字も素晴らしく上手なうえに、妙齢の美人で
清楚な感じの
方ですheart04 

 こちらのお店は、以前からよく娘や友人とランチや会食をしても
お手頃価格で美味しくお腹いっぱい頂けて、いつも大満足して
いました~up 今回は、私は「ウィンナー・グランタン」ランチを
頼みました
。ジャガイモと新タマネギもたっぷりと入っていまして、
ものすごくボリュームがあります。 T嬢はハンバーグ・ランチで
やっぱり美味しそうでしたlovely


  11時半頃に参りましたら、どんどん席が埋まって、12時前には
満席でした! 皆さんの食欲を満たすためにお店の方々もここが
一番の勝負時間ですよね~flair 意外なことに、今は野菜が高いせいも
あってか、管理職クラスのサラリーマンのおじ様が二人ともサラダ・ランチ
を美味しそうにいただいていたことです~。 本当にお野菜が高いから
確かに野菜不足解消に、たっぷりとこのようにランチで取るのも良い
方法ですよね~good

         Cimg1102_2

 T嬢にお会いしたのは、先日の篆刻教室で、私は印石をお教室に
忘れてきてしまっていたので、T嬢がお持ちくださったのでした~coldsweats01
お務めも丸の内近辺でしたので、こちらのお店でランチをご一緒して
いただいた、というわけです~。 T嬢、ありがとうございました~m(__)m

 芸術家の高潤生先生は、わざわざ三重から東京まで教えにいらして
下さって、本当に二人ともありがたいことと感謝の気持ちを述べ合い
ました。また、こちらのお店で、ウィンナーでもつまみながら高先生と
お教室の後にbeer来たいですね!と言いながら、短いランチ時間でしたが
素適な美人とのひと時を楽しめました~heart04

  次の篆刻教室は、6月5日(土)になります。どうぞご興味ある方は
ご見学にいらしてくださいね~shine 午後一時から5時までの間にどうぞsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

薔薇尽くしの1日@「Marunouchi Flower Weeks 2010」

                      Cimg1044

                     新丸の内ビル内

 昨日まで「Marunouchi Flower Weeks 2010」が開催されていましたので、
丸の内近辺を散策して、ミニ・ブーケをお習いしてきました~lovely

  Cimg1045  Cimg1043
   
 新丸ビルの1F通路には、「5人の薔薇職人」の薔薇ディスプレーも
豪華できれいでした~shine

 Cimg1048  Cimg1049

   丸の内ビル内の1Fも各ブースのお花がまっ盛りでした~shine

      Cimg1058_3 

江口美貴 Flower Salon Miki Art School」主催の「パリスタイル」ブーケ
をお習いしてきました。ミニ・ブーケでしたが、とても楽しかったです~heart04
10年前に一生懸命、お花をお習いしていたことを思い出して、これからも
少しでもお花の世界に関れれば~と思ったりもしているのですが~coldsweats01

 Cimg1052 Cimg1053 

丸の内ビルの脇でセリイチが開催されていて、すごく面白かったですlovely

     

       Cimg1063_2 

 楽しそうな皆さんの様子に私もつられて、最後に「2千円!」と
叫んでしまい、こんなに薔薇を購入していました~happy01

  

Cimg1064  Cimg1067_2

 左は、息子の彼女に、右は実家の母にそれぞれブーケを作って
プレゼントしたら喜ばれました~note

 お花好きな方はもちろんですが、来年のフラワーイベントは皆さんも
楽しくて綺麗なので、ぜひ、いらして下さいねup さすが、丸の内のお花
は違いますsign03 

 これからは、薔薇の季節なのででまた、薔薇を求めて各地へ出かけて
みたいと思いますshine

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

American Idol Season9★Top 9

                  Boys

  週末はよいお天気でしたね~(*^_^*)

 American Idol Season 9も昨日、Top9が決まりました。
一番美しくも輝かしいディディ・ベナミィが落ちてしまいましたconfident
選曲が自分の思い入れが強すぎて彼女の良さが出なかった
のかもしれませんね。。 でも、Top10入りしたので、これからも
たまにはメディアに出てくることでしょう。

 娘がいるときはいつも一緒に見ていますが、審査員がいい!
という評価の時は、「そうかな~?」と首をかしげたくなる時が
二人であります。そういう時は、欧米人との感性とか感覚の違いを
感じます。サイモンは本当に酷評で嫌味と思う時もありますが、
それだけ、ショービジネスの厳しさを教えているのかもしれませんね?

 息子がアッシャーのファンだったので、よくCDで聞かされていましたが
彼でさえ、舞台で踊りながら歌うとちょっと音程が??がと思ってしまうし
その他、ゲストでスターと呼ばれている人達も音程が完璧でないように
感じたりしますが、それでもスターの輝きがあるのでしょうね~shine

         51slugiwpcl__sl500_aa300__2

     フォー・ユア・エンターテイメント
      (初回生産限定盤)(DVD付)

 それにしてもSeason8で準優勝したアダム・ランバートの活躍は
本当に目覚ましいですね! 初アルバムも全米一位に輝いたそうですねsign03
これから、ヴォイス・コーチや歌も披露してくれるそうで、楽しみですshine
  同じくSeason8で活躍された女性シンガー、
アリソン・イラヒタと全米ツアー
に出るそうで、こちらも観に行ってみたくなりますねlovely アリソンもすごい
歌唱力でアダムと二人で熱唱していましたものねnote

  今回は、女性はクリスタルは絶対だと思いますし、男性ならアーロンか
ケーシィが最後まで残って欲しいと思っています~up

  アーロンも若いこともありますが、少し疲れている様子で声が出ていない
所が残念ですが、最後まで頑張って欲しいですね!

  ケーシィやリーは実力があるので、これからもレコード・デビューして
いくことと思いますshine

  これから歌い手が少なくなって寂しいですが、実力のある人たちが
残っているようなので(ティムを除いて~wobbly)、素晴らしい歌唱力を
聞かせて欲しいですね~notes  この番組でとても良いのは、昔の歌を
聴けることですが、その当時の懐かしいシーンも思い出せることですheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/21

新緑が美しい@『六義園』

     Cimg1040_2  Cimg1041

今日は駒込に用がありましたので、日本庭園で有名な
    
            『
六義園

へ寄って参りました。 大きな枝垂れ桜で有名らしいのですが
もう散ったあとで残念でした~confident  しかし、久しぶりに初夏のように
晴れ渡たり、新緑が一気に芽吹いて美しかったです~lovely

    Cimg1028

   ここは、東京なの?と思うほど大きな木がゆったりと茂って
います。江戸時代の風情を感じる「回遊式築山泉水庭園」も
見ごたえありますよ!

     Cimg1037

       大きな鯉とカメが悠々と泳いでいました。

     Cimg1031

  これからツツジが小山全体を華やかに包むそうです~shine

   Cimg1039 

  1695年から7年の歳月をかけて、造園されたそうです。
最近は、日本の庭園で物見遊山しているととても落ち着いて、
静けさと優雅さに気持ちが癒されます。

        ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

  
     また、駒込(南北線)辺りは、わりと美味しそうなレストランも多く
おしゃれな雑貨屋さんも立ち並んでいて、ビックリとしました。

       Cimg1024

  こうさぎ」屋さんという和菓子屋さんに入ったら、可愛らしい
こうさぎのお饅頭とモナカを販売していたので、娘にお土産を
購入しました。 餡がとても美味しくて、モナコの柚子餡が最高
でした~lovely なんだか、最後は花より団子ですかしらね~coldsweats01

  

       

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/19

「マネとモダン・パリ」展@三菱一号館美術館

                     Cimg0992

          「マネとモダン・パリ」展@三菱一号館美術館

  昨日、ランチを友人をするときに、最初に向かいましたのが、
三菱一号館美術館内にあります「
Cafe 1894」です。 すでに
40分待ちとのことで諦めましたが、室内は天井も高くさすがに
重厚な趣きが漂っていて、次回は平日でも行ってみたいですrestaurant

 さて、先日から美術館周りの美しさを写真でアップしておりますが
肝心の展覧会については、まだ書いておりませんでしたcoldsweats01

 マネの描いたモリゾは、以前も「オルセー美術館展」で拝見して
釘付けになったことがありますshine また、今回もモリゾに再会できる
ことがとても楽しみでした。

  マネは、坂本竜馬と同じ年頃(4歳違い)だったそうで、同じ動乱期を
生きていたようですね。マネが、普仏戦争で防援軍に参戦していた
そうですが、以前、何かの展覧会で、その頃の帆船(?)が真っ黒で、
砲弾から火を吹いているマネの絵を観たことがあります。その時は、
本当にマネが?と目を疑ったのですが、戦争画のような激しさが
その黒に現れていて印象に残っていました。

      Cimg1005

      「横たわるベルト・モリゾの肖像」(部分)
         エドゥアール・マネ
       1873年 マルモッタン美術館

  モリゾの肖像画が5枚も展示してあるお部屋がありまして
そこがやはり一番心に残りました。モリゾ自身も大好きな作家
なので、マネとの距離がとても気になるところです~wink
「黒」の衣服は、モリゾを一層美しく際立たせ視線の強さもこちらに
語りかけてくるようで、魅力的ですよねlovely 

           0401_2

             すみれの花束をつけたモリゾ
            1872年 オルセー美術館

   今回は、何といってもこちらのモリゾはやはり絶品ですね!
画家としてのモリゾの力量を尊重しているかのように凛とした
女性に描いているところが素敵ですshine 実際は背景からブルー系
の逆光が彼女の右ほほにうっすらとかかっていて、それがすみれ
の濃淡に微妙に反射していくようで、絵の中に物語性を感じたりします。
小さい絵なのに、彼女のまなざしで見つめられると強烈でクラクラと
してきます。
  マネが彼女の若さと画家としての輝きの両方を感じとり、ミューゼ
としても感銘を受けている気持ちが伝わってきます。 

           Cimg1012_2
        「サン=トーギュースタン聖堂
          ヴィクトール・バルタール
           オルセー美術館

 設計案などもいくつか展示してありまして、どれもこれも息を
のむほど精緻で美しく描かれていました。建築がお好きな方は
このコーナーだけご覧になるだけでもきっと感動されると思いますsign03

         Cimg1006_2

         「パリ、セーヌ川とノートル=ダム大聖堂
          1864年  ヨハン・バルトルト・ヨンキント
 
  こちらの絵葉書の色が悪いので残念ですが、空がとても澄み渡った
空色できれいです~shine この絵を観た途端、パリへ飛んで行きたくなるほど
パリそのものを表わしている感じがします。 ヨンキントはオランダ人で
モネの「師匠」とも呼ぶべき印象派の先駆けになった画家だそうです。
 

     Cimg1008

      「ル・ペルティエ街のオペラ座の稽古場
                    オルセー美術館
         1872年  エドガー・ドガ

 ドガのバレエ・シーンはいままでも何点も観てきていますが
こちらの絵ほどハッとするほど美しい絵は初めてです~lovely
 踊り子さん達の緊張感が伝わってくるようでいて、映画の中
のワン・シーンをカット割したような音楽も聞こえてきそうですねnote
  すごく丁寧に優しいタッチで、踊り子さん達を包みこむように
描かれているのが暖かい気持ちにさせてくれます。

 
    他にも今まで観たことがないようなマネの俊悦な作品も
多かったのですが、以上、絵葉書とともにご紹介させて頂き
ました。

  マネは、「近代絵画の父」と言われていますが、もう少し詳しく
お知りになりたい方は、三菱一号館美術館館長の高橋明也氏
が刊行されました下記のご本をご参考くださいませ。

      5126ojq3jjl__sl500_aa300__2  

     もっと知りたいマネ―生涯と作品
       
高橋 明也 

目次
Prologue 誕生、そして少年時代(1832~1849)0歳‐17歳
1 画家としての出発(1850~1862)18歳‐30歳
2 落選者から革命家へ(1863~1866)31歳‐34歳
3 パリの近代を見つめて(1867~1873)35歳‐41歳
4 自身の絵筆を信じて(1874~1883)42歳‐51歳
Epilogue パリとともに生きた51年の日々

 上記の本を編集されたのは、アロマテラピーを教えて頂いている
橋本先生のお妹さんで、橋本ゆうこ様とのことです。
高橋明也氏から絶大な信頼をされているので、いつもお妹さんに
ご編集を一任されているそうです。

          Bnr_02_on

  

         

       

| | コメント (0) | トラックバック (1)

素晴らしい地中海Lunch@「ANTIBES/アンティーブ」

                        Cimg1015

    昨日、友人とご一緒したレストランは、「丸の内ブリック・スクエア」2F
にあります地中海料理 「
ANTIBES」です。

  シェフはアメリカ大統領就任式パーティでも腕をふるわれた山本秀正氏で
当店のレシピをプロデュースされたという名店でした~lovely

   週末パスタ・ランチを頂いたらとても美味しかったです~heart02窓からも新芽も
芽生えた新緑も美しく見えて、コーディネートもモダンに美しいレストランでした。

   まずは、サーモン・カルパッチョ・サラダにヴィシソワーズ・ソースがとても
絡み合って、さっぱりした美味しさでした。パン
はフォカッチャで温めてあって
質が高ったです。
シトラスハニーホイップバターも美味でヘルシーさがここでも
きわめ感がありますね~shine

        Cimg1016

 パスタは少し太めの麺で長いリングイネに、モッツアレラと
トマトソースが素晴らしくて、ランチでこれだけ丁寧に作って
下さると嬉しいですね~wink

           Cimg1017_2

 デザートも完璧!ミルクチョコラ・ムースに桜ゼリーが添えてあり
なんとも春らしい一品ですね~shine

  あとは、コーヒーも付いて大満足でした~heart04

  お店のスタッフの方々もとても素適で、余裕があれば夜に来て、
ディナーでも味わって見たいと思えるほどでした。

  友人も遠くから来ていただいたので、こちらのレストランで
ご満悦して下さって、良かったです~sign03 お勧めしますheart

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/18

「丸の内ブリック・スクエア」&皇居広場の『櫻』

     Dsc_4184_2    

 丸の内ブリック・スクエア辺りがすっかりと気に入ってしまったので
本日も友人とランチをこの辺りですることにしました。友人が到着するまで
また、中庭内を撮ってみました~
shinecamera

          Dsc_4177_2

  三菱一号館美術館」は、本当に絵になりますよね~shine
確かに、今日はスケッチブックを持って絵を描かれている方が
何人かいらっしゃいましたよぉ~
art

     Dsc_4181_2

  美術館の赤レンガと緑のオブジェがマッチしていて、完全に
魅せられています~
lovely

      Dsc_4178

 「眠る女」だと思うのですが、女性の豊かなラインが安心感を
齎せますね?

   ~~~~

   Dsc_4189_2  

     ランチの後は、皇居広場でお花見をしてきました~cherryblossom 

       
Dsc_4185

  今月は寒かったので、八重の桜が今頃、満開できれいでした~shine

   Dsc_4191

桜並木の下には、ベンチが置いてあるので、しばらく風に散る華吹雪を
楽しんだり、お散歩したりジョギングしたりしている健康的な人々を眺め
ていました~note

      Dsc_4186

 今週位までは、持ちそうですので、丸の内近辺にいらした方は
二重橋前駅から上がった所で、お花見を楽しんでくださいね~lovely

             Dsc_4173_7

         昨日、作りました『』の印も最後に。。

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

P021

東京 丸の内フラワーウィークス2010
 2010/04/20~04/25

今週は、丸の内辺りがお花でより一層華やかに飾り立てられるようです~notes
私もワークショップに参加しようと思っていますnote

    

 

    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『櫻』印&『春光萬里』@高潤生氏 篆刻教室

          

                     Dsc_4172_4

   昨日は、2ヶ月振りに高潤生先生篆刻教室がありました。
「葉書きに、好きな印を押して楽しみましょう」 というお題でした。

   私は「お花シリーズ」を作っているので、今回も散りかけては
いますが、「」を印してみました。

   高先生が最後に、『春光萬里』(しゅんこうばんり)という中国
の漢文を横に書してくださいました。意味は、
春の到来を喜ぶ気持ちで、
暖かい春の日ざしがあまねく万里の大地を照らしている」とのことです。    

   桜も一輪、墨で描いて下さって嬉しかったです~cherryblossom

   今月から新しい方が3人もお入りになって、賑やかに楽しく
過ごせました。ご
高齢のご婦人の方が入られて、
      「とても素適な先生に教えて頂いて幸せです。
        文化的な優雅な時間を過ごせますね!」
と仰っていました。初めての作品は、聖書の言葉で

         『光あれ

を印されて、とても良くできたので喜んでいらっしゃいました。

   今はインターネットで文字も書いたりメッセージも伝えて
しまえますが、時には、こうして昔からの古語の言葉を手で
掘ることで、心が豊かになるような気がします~heart01

       Dsc_4173_5 

「桜の木の下で、二人が寄り添ってお花見しているようですね。」

と高先生もよくできました、と仰ってくださいました。

 だんだんと葉桜になり、今年の桜も終わりに近づいていますが
今年は長い期間、私達の目を楽しませて下さった感謝の気持ちを
込めて作ってみました。

 6月は、5日(土)午後一時からお教室があります。

◆高先生の名古屋のコラボ展覧会は、6月から以下の境内であります。

会場 三河のあじさい寺、深溝松平家菩提寺「本光寺」宝物殿 地図
    (愛知県額田郡幸田町大字深溝内山17)
会期 2010年6月土日のみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/16

「三菱一号館美術館」 et 「一号館広場」

         Cimg0992_2

   「マネとモダン・パリ」展@三菱一号館美術館

 寒い日が続いていますが、皆様、お元気でしょうか?
私は昨日、以前から楽しみにしていました上記の展覧会を
丸の内に新しくできました三菱一号館美術館で観て参り
ました。美術館とその前にあります緑のスペースがとても
きれいでしたので、お写真をまずは紹介したいと思います。

       Cimg0999_2         

 初めていく美術館は、少し緊張してドキドキしますが、こちらは
中庭からして彫刻が設置してあり、赤レンガ造りの建物とマッチして
まるでパリに来たかのような雰囲気が漂います~shine すごくセンスが
いいですね~lovely 

Cimg0988 Cimg0989

おしゃれな「丸の内パーク・ビルディング」と「美術館」の間には、
このような「一号館広場」がありまして、新緑や噴水などの合間に
彫刻がアートな雰囲気を盛りたてています。

      Cimg0997

 噴水の前には、ゆったりとした女性の彫像が設置してあって
このような素適な空間が東京にできたことをとても嬉しく思いました
shine

 OZMallさんのサイトより以下を引用させていただきましたm(__)m
 
 三菱一号館美術館の魅力のひとつが、レトロモダンな重厚な建物。
この建物は1894年にイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計
したもので、当時は丸の内最初のオフィスビルだったそう。今回の
復元にあたり、約230万個の赤レンガを積み上げた外観をはじめ、
天井、柱、階段の装飾、窓枠、暖炉、ドアノブ・・・と、細やかな部分
も再現。建物のそこかしこから明治期の薫りが漂ってくる。クラシカル
な雰囲気の中で美術を楽しめるのもここならでは。三菱一号館美術館
でしか体験できないアート鑑賞に浸ってみたい。

     Cimg0995

 東京では古い建物をどんどん壊して、新しい無機質なビルに
建て直してしまいますが、このように手間をかけて改築して下さって
美しい外観とともに内装の重厚さを観ることができて幸せでしたheart04

      Cimg0994

3Fの渡り廊下から新緑が美しい広場を撮ってみました。
「丸の内パーク・ビルディング」との間に桜の木も植えて
あって、丸の内がまた一段と輝くようなスポットになり
ましたねshine  

    Cimg0990_2

  エントランスも新旧を感じさせられます。
一つ一つのお部屋は狭いのが残念ですが、それぞれのお部屋には
暖炉や意匠がそのまま残されて、とても美しく磨かれていました。

    こちらのヨーロッパ的な建物と広場を含めて、マネとその他の作品
を鑑賞して、すっかりとパリに飛んで行きたくなりました~airplane

   展覧会も素晴らしかったので、また後で拙いながら書かせて
頂きます。 

   ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

      Cimg1004

 昨夜は、また娘がアンリー・ルルーさんのお菓子を頂いて
きたので、ますますパリへの想いが募りました~heart02

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/13

Italian Tour 2010☆息子のツアー・アルバム

       P1000552 

   息子のイタリア・ツアーのアルバムを簡単に作ってみましたcamera

          Italian Tour 2010

   私は地名はイマイチ、把握できていないのですが、ボチボチ、
タイトルを付けていければ~とは思っています~coldsweats02

      上の写真は、アマルフィの手前の町だとか?すごい断崖に
家が建っているものですね~smile でも、とても地中海が綺麗ですねshine

      P1000621

 アルベロベッロまで行ってきたそうです~lovely  世界遺産のトゥルッリの
家並みも見られて良かったですね!

      P1000619

 実際にまだ人が住んでいて、財産価値としてはかなり高額なんだ
そうですshine

           Dsc_4153_2

  右下は、トゥルッリの刺繍がしてあるコースターをお土産で
買ってきてくれたのですが、豊洲ららぽーと内にあります
フォカッチャ専門店(
Revello)で販売しているメレンゲのお菓子
が三角屋根と似ていて、とてもカワイイですよheart        

      P1000623

           マテーラの洞窟住居 (世界遺産)

      P1000614

 ポンペイ遺跡も歩いて回ったそうですnotes 後ろはヴェスビオ火山です。

        P1000627

 バチカンのドォーモ内も見学したのですが、ここではあまりガイドさんも
説明してはいけないような厳粛な場所なので、何が何だかさっぱりと
分からなかったそうですが、とにかく、凄かった!!と申していました。

     P1000639 

 10日間で一日だけ雨が降ったのが、フィレンチェだったそうです。
私の憧れの地は、その雨の為に、もう1つピンとこなかったとか?
贅沢なことをヌカしていました~wobbly

        P1000636

  この彫刻だけ由一、きれいに撮れた芸術作品ですshine

      P1000644   

 最後は、ミラノのピザ屋さんで、ピザを作らせてもらったそうです
大きな石窯がありますねsign03

 楽しく実りある10日間のツアーで、またイタリア語を勉強して
少しは現地の人達と交流したいそうです。とても親日的で
フレンドリーなイタリア人の方々の暖かさに触れて、最高だった
ようです~heart04 

 宜しかったら、こちらのアルバムからご覧になって下さいませ↓
     Italian Tour 2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/12

 「片岡鶴太郎展 春小路 春の宵」@目黒雅叙園

         Dsc_4145   

 先週の土曜日はお天気が良かったのと、チケットを頂いていたので、
目黒雅叙園で11日まで開催していた

   「片岡鶴太郎展 春小路 春の宵

を観て参りました。 

     Dsc_4146   

 すぐ近くを流れる目黒川沿いの桜並木も満開で、歩道を歩いて
いる人達も多くて、この辺りの賑わいは凄かったです。

  HPのみどころから:
    絵画に限らず、墨彩や書、陶芸、漆器、着物まで、さまざまな
    分野で創作活動を繰り広げる片岡氏の作品と、百段階段の
    壮麗な空間との見事なコラボレーションが圧巻です。

百段階段」は、昭和の保存建築で、ケヤキの階段を踏みしめて
少しづつ昇ると7つの部屋があります。それぞれの部屋の壁絵や
天井絵は目を見張るほどの豪華な日本画が描かれていて、素晴
らしかったですshine

こちらは、本当に一見の価値がありますね!!
ただ、土曜日で結婚式の参列者を含めて、鑑賞する人達で
階段も部屋の中もいっぱいで、あまり落ち着いて見ることが
できないのが残念でした。

平日にゆっくりとご覧になると、日本建築や日本美術の良さを
じっくりとご堪能できるかと思いますsign03

     

     Dsc_4149

 中庭には滝が流れていますが、桜がなかったのはちょっと
淋しいですね。。

  週末だけかも?しれませんが、目黒駅から送迎バスが出て
います。

  鶴太郎さんの展覧会は、昨日で終了しましたが、目黒近くに
いらしたら、ぜひ、「百段階段」をご覧になってくださいね!     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母娘の固い絆は、ママロハ・マッサージから♪

                  Dsc_4142

日は冷たい雨が降ってしまったので、桜の花びらも大分散って
しまうでしょうね‥‥rain

 アロマプレッシャーの「ママロハ・オイル」をリピートして下さるお客様
から素適なメッセージが届きましたので、ご紹介させていただきます。

 「American Idol」を観ていても子供を応援する親子の情に、涙を誘う
場面が多いです。愛する娘さんのお腹に、「ママロハ・オイル」を塗りながら、
命の繋がりの尊さに涙するお母様の感動的なメールを頂いて、こちらまで、
もらい泣きしてしまいました。

       Dsc_4097

  •    
    又…お世話になります(^O^)
    出産までに後②ヶ月になりました。
    ママロハの香りに包まれて…ママもベビーも
    優しい出産が出来れば幸せです(*^_^*)
  • 娘が側を通るとママロハの香りがするので、
    思わず抱き付きたくなる位…癒されるほっこりする
    香りですね(笑)
  • 大阪の方でも、講習会が有ると良いなあうと思います(^_^)v
    飛んで行くのにな(^-^)
  • いつも、心がホッとする写メを添付して
    頂き有難う御座いますm(_ _)m
    四季折々…日本に生まれて良かったと思いますね☆ 

  とても心温まるメールをいただいたので、私もHさんとお嬢様の
    「ママロハ・オイル」をプレゼントのようなラッピングをさせて
     頂きましたpresent↑ また、到着するとすぐに、下記のお返事を
     頂いて、このような素晴らしい方とお知り合いになれる
     お仕事ができて、私まで幸せな気持ちになりました~heart04

    Dsc_4139

    

   S様の優しさが滲み出たラッビングと見てるだけで笑顔になれる
      可愛らしい石鹸のプレゼントを有難う御座います。

   本当に…ママロハを知って、S様と知り合えて幸せでいっぱいです。

   少し気持ちが通じ合わなかった母娘でもありました。でも、娘は今、
      若くしてママになろうとしています。
    そして…私は1人になり、ケンカをしながらも娘との日々が大切
      だった事を今更ながら噛み締める毎日が続いています。

   ママロハを知って…この優しい香りで娘とベビーに話しかけ
      ながらマッサージをしていると、強い強い繋りを感じて涙が出ます。
      周りの空気も風も心も素直になれる自分がいます。
   勿論…娘もベビーも感じているでしょう


   ママロハを作ってくれて…先生本当に有難うですshine

 ~~~~

      Dsc_3870

   Hさん、私までもらい泣きしました~confident
      命の繋がりって不思議ですが、Hさんのようにお嬢様と
      生まれる前のお孫さんにまで愛情を持って接することが
      できる「ママロハ・オイル」の大きな暖かな力に感激でしたlovely

      新緑が美しい季節に、元気な赤ちゃんがお生まれになり
      ますことを心よりお祈りしております。

   大阪で先生達のセミナーがいつか開催できると良いですね!

   暖かなお言葉の数々に御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/10

息子がイタリア・ツアーを大満喫!!

                 Dsc_4122

  息子がイタリアから戻って、お菓子を色々とお土産で買ってきて
くれましたlovely

  初めての一人旅で、それもイタリアへ10日間も行くので少し心配
していましたが、帰国した顔は一回り大きくなったような感じがして
大満足の旅だったようです~sign03

  デジカメの写真を見せてもらったら、美しい街並みや荘厳なドーム
など卒倒しそうなくらい綺麗でしたshine 今まで、池上先生の講演会で
よくイタリア各地のスライドを見せて頂いていたのを息子がしっかりと
現実に観てきたことに羨ましさと興奮とで心臓がしばらくバクバクとして
いました~heart01

  肝心のピザは、ナポリが一番、美味しかったそうです~happy01
ミラノのピザ屋さんでは、ピザを焼かせてもらって、上手く言ったので
   「キミ、ここで働いたらどうだ~!!」
とシェフに半ば、本気で言われたとかで、自信を持ったみたいですwink

  15都市も回ってみて、一番好きなのは、ゴミゴミとしておっかない
ナポリが良くて、また行ってみたいそうですshock アメ横みたいに、
エネルギーが溢れているのと、ナポリ城から見下ろした海が絶景で
また、戻りたいそうですwave

  もっとイタリア語ができたら、ピザを食べたときに、現地の人達と
楽しく会話できたのに。。と少し残念そうでしたが、また、勉強して
ぜひ、イタリアの人達と触れ合ってみたい!と親日的で友好的な
暖かなイタリア人の人達が大好きになったようですheart02

  ヒップホップ大好きで、アメリカの方が良かったかな?なんて
行く前日まで言ってましたが、すっかりとイタリア文化の素晴らしさに
感動したようです。また、反対に移民の人達の目に余る犯罪も
見たりして、社会勉強にもなったようでした~good 

 デジカメの画像も取り込めたら、今度、こちらでも掲載しますねcamerashine 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/09

「ロテスリー・レカン」でフェアウェル・ランチ~☆彡

                   Cimg0977

   いつも仲良くして頂いたF姫が、しばらくまた日本を離れるそうですweep
東銀座の「
ロテスリー・レカン」でお別れフレンチ・ランチをしました。

  まずは、ニンジン・ポタージュはボリュームもあって美味しかったですshine

       Cimg0979

メインは、ユメカサゴとジャガイモのフリット サラダ添え バルサミコ風味
のドレッシングでしたwink カレー味がほんのりとついて上品なお味でしたnote

       Cimg0981_2
  
   デザートは、牛乳プリンとベルベーヌのゼリー、イチゴと
ハチミツのアイスクリーム添えでした。 春らしい爽やかな酸味に
ハチミツが軽やかな甘さを演出していて、素晴らしかったです~lovely

     店内は女性のお客様で満席の賑わいでした~restaurantshine

   F姫は新天地でまた新しい生活が始まるようですが、ご主人と
可愛らしいプリンス君と、お元気で楽しい生活を送って欲しいと
思っています。

   友人が近くにいなくなるのは、寂しいですが、今度会う時は
プリンス君も大きく成長されることを楽しみにしております~heart04

  

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/07

ソメイヨシノの美と香りで癒される~(*^_^*)

            Dsc_40

昨日はお天気も良かったので、「浜離宮恩寵庭園」に行って参りました。
桜の花びらも散りかけていましたが、東京湾から海水の汐入り池に浮かぶ
大振りのソメイヨシノは、美しかったです~shine

     Dsc_4074

       汐留辺りには新しいビルがどんどん建ちますねbuildingbuilding


          Dsc_4077
      
                      こちらのソメイヨシノは香りがとても良かったですlovely

     Dsc_4066      
 
 江戸時代の代表的な庭園と近代的なビルもなぜか不思議に合いますねconfident 

         Dsc_4067
   
  今年はまだ、八重の桜が少ないように思ったのですが、こちらは
 とても可憐で枝が切られた先から新しい命を咲かせたようですshine


    春は別れもあり出会いもありで、私の周りでもお別れすることが
多いです。桜の美しさが悲しさも癒してくれるようですね~cherryblossom

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/05

「キャリア・オイル」 & 「もっと知りたいマネ―生涯と作品」

      Cimg0887_3

  先月、gatto アロマテラピー・スクール橋本先生のお宅で、
キャリアオイルについてお習い致しました。キャリア・オイルは、
精油を希釈し、作用を穏やかにしたり、精油の揮発を抑えて
持続性を高めたりします。

 ホホバ・オイル、ファーナス・オイル、ローズヒップ・オイル、
アルガン・オイル、カロフィラム・オイルについて成分を詳しく
ご説明していただきました。

  いつもお教室では、美味しいハーブ・ティーを入れて頂きまして
和やかな雰囲気の中、キャリア・オイルと皮膚の浸透性などについて
ご教授頂きました。

  それぞれのキャリア・オイルの香りなどを確認して、自分の
肌にあうようなキャリア・オイルとシア・バターを入れて、クリーム
を作りました。

 Cimg0888_2 Cimg0889_2

 キャリアオイルとシアーバターを合わせて30ml、精油は6滴入れて
クリームを作りをしました。電子レンジであらかじめ溶かしたシア・バター
の中に、キャリアオイルを入れて混ぜ合わせます。

     Cimg0890   

 普段は、フラワー系の香りが好きなのですが、少し香りが強い
オイルを選んでしまったので、カレーのような香りがするクリーム
が出来上がりました~bleah  でも、3月から今まで寒かったので、
こちらのこってりとしたクリームを手足に塗布するとホワッとしてきて、
乾燥肌も防いで身体が温まってよかったです~lovely

 これからの季節は、シアバターは少し油っぽいかとは思いますが、
足のかかとなど乾燥しそうな部分には、絶対、いいですよね~wink

  ロクシタンでもシア・シリーズがブレイクしたようですものね~up

      Cimg0884_2

   音楽機能付きアロマミスとディフューザー YUN 

 とてもよい音楽がこちらのディフューザーから時々、流れて
来ました。癒しの曲が内臓されているそうで、ビックリとして
お写真を撮らせていただきました~camera

 ガラス瓶からミストがホワッホワッと出てきて、素適ですね~shine
木製のボディがまた落ち着き感があって、インテリアにもなり
ますね~note アロマの世界も技術が日々進化してスゴイですsign03

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

        51qtwyvqevl__sl500_aa300_

     「もっと知りたいモネ―生涯と作品
     
安井 裕雄 (著), 高橋 明也 (監修)

目次 

序章 ノルマンディー時代 1840~1858(0歳~18歳)
1章 パリへ―若き仲間との交流 1859~1871(19歳~31歳)
2章 印象派への道 1872~1882(32歳~42歳)
3章 ジヴェルニーへ―旅の時代、連作の時代 1883~1898(43歳~58歳)
4章 「睡蓮」の時代 1899~1926(59歳~86歳)
終章 没後の再評価から現代へ―モネの遺産

      5126ojq3jjl__sl500_aa300__2  

     もっと知りたいマネ―生涯と作品
       
高橋 明也 

目次
Prologue 誕生、そして少年時代(1832~1849)0歳‐17歳
1 画家としての出発(1850~1862)18歳‐30歳
2 落選者から革命家へ(1863~1866)31歳‐34歳
3 パリの近代を見つめて(1867~1873)35歳‐41歳
4 自身の絵筆を信じて(1874~1883)42歳‐51歳
Epilogue パリとともに生きた51年の日々

 上記の本、2冊の編集をされたのは、橋本先生のお妹さんとのことです。
高橋明也氏から絶大な信頼をされているので、いつもお妹さんにご編集
を任されていらっしゃるそうです。とてもよいお仕事で羨ましいですが、
編集はとても根気のいる地味なお仕事なのだそうです。大好きな画家二人
なので、私も近い内に購入しようと思っていますsign03

          Bnr_02_on

 明日(6日)から「三菱一号館美術館」が開館されて、その記念展
として「
マネとモダン・パリ」展が開催されるようですね!

  こちらの美術展は必ず、近い内に鑑賞する予定ですsign03 ベルト・モリゾ
を描いた絵に再会できるようでワクワクしますね~heart04

  高橋明也館長がこちらの美術展の開催に合わせて、2冊、刊行された
ことになります。

  美術館の建物とともに展覧会も楽しみに、行ってみたいと思っていますlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

American Idol Season 9 Top12決まる!!

    Girls_2

  昨夜、American Idol Season 9Top12が決まりましたねsign03
娘もこの番組の大ファンになって、二人で土曜日と日曜日の夜は、
テレビの前にお茶やミニ・スイーツを準備して、しっかりと見ていますlovely

  全米10万人の中から12人がこれで絞られました。来週から、
国民の投票で一番、低い人が男女関係なく一人づつGoing back Home!
になってしまうそうです~weep

 Season8のゲストが呼ばれてパフォーマンスをしていますが、前回は
本当に迫力ある歌手が多かったように思いますsign03 歌うことが楽しくて
エネルギッシュに満ちていますshine 厳しい業界でしょうから、スターの道を
歩いているとはいえ、日々、実力をキープしてヒットも飛ばさないと行け
ないので、心身ともに強くないと生き残れないでしょうね~up

  全米の視聴者による電話投票によって、実力ある人も落ちてしまう
悲しさはなんとも毎回、胸が痛みますdown あとは、どうしてもマイノリティ
の数も関係していると娘とも話しています。リーさんも個性が光って
いましたが、万人受けするかというと難しいのですが、きっとどこからか
お声がかかるように思いますnote

 FOX JapanのHPからお借りした上記二人の女性は、今後も勝ち残って
行きそうですね!!クリスタル・パウワーソックスさんは優勝候補の一人
ですが、少し身体が弱そうなのが心配です。双子のお兄さんは、とても
優秀で普通のお堅い仕事をされてるとか・・・。きっと、彼女はアーティスト
として歌の神様から天性の歌唱力を頂いたのかもしれませんね~notes

 ディディは美しくて繊細な感じがいいですね~heart04 あとは、元気で明るい
シボォーンに、高校生で残っているケイティがすごく実力があります~sign03
 

  娘は、最初に落ちてしまったジョー・ムニョス君の歌は抜群に上手
だったので残念と言っていました。日本側の司会をしているAIちゃんも
ムニョス君と昨日、落ちてしまったトドリックには残念がっていました
   司会のAIちゃんになってから、また一段と愉しい番組になりましたよねlovely

           Elen0306thumb

 審査員もポーラからエレン・デジェネレスに替わって、最初は少し
違和感がありましたが、今は、彼女の優しさとプロフェッショナルな
語り口が番組を盛り上げているように思います~note ティム君の歌が
上手だったので、ハグしに駆け寄ったりして、人間味ありますねheart04
彼女の目がいつも真っすぐできれいに輝いているのが、スゴイですshine
  ティム君の歌に、今回は本当に私も感激しました~heart  これからも
頑張って欲しいですup

  カーラもマイケルの歌に泣いたりしてこの頃、何かあったのかしら?
と思うほど、前回のアメリカン・ウーマンを代表するようなゴツイ・カーラが
女性的にきれいになって驚くばかりですshine

  審査員も司会者も一流だし、出演者は毎週、懸命に闘っている姿に
毎回、釘付けになります~heart01 本当はアメリカのサイトで少し先は、
分かっているのですが、やっぱり、落とされる瞬間やその後に歌う姿は
今まで見慣れたきた若い男女が去ってしまう寂しさや悲しさに、とても
心が揺りうごされる番組です。

  これから夏までトップに登りつめる彼らを見守っていきたいと
思いますlovely

 画像は、FOX JAPANサイト様よりお借りしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

ミニ・シュークリーム with Orange

        Dsc_4059   

 娘が従妹のところへ行くので、ミニ・シュークリームを作りました~lovelyshine

本当はお花見に行くところだったらしいですが、今日は寒くてちょっと
パスしたみたいです~coldsweats01

   今夜もAmerican Idol、男子の歌が楽しみですね~heart04
それにしても昨夜のクリスタルさんの素晴らしい歌唱力には、サイモン
にダントツだと言わせる実力を見せつけましたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

満開の桜にハッピィ~(*^_^*)@新宿御苑

              Dsc_4033 

   今日はお花見日和でしたが、皆様もどちらかお出かけでしたか?
私は実家へ行く途中に、「
新宿御苑」で満開の桜を楽しんできました~cherryblossom

        Dsc_4047

 今日は雲間からお日様が顔を見せて、少し暖かくなったと思ったら
また、曇ってしまい中々、桜の表情が上手く撮れなかったです~think
桜をきれいに撮るのは、難しいですね~coldsweats01

      Dsc_4054_4 

   これは、晴れ間が見えた時に撮ったら、桜の花びらも一気に
広がって咲いたんです~
shine

       Dsc_4056_2

  この桜並木の下は、お花見客でいっぱいで、ハッピーな感じで
盛り上がっていました~lovely

  午後はもう入園券売り場も長蛇の列で、入園するだけでも時間が
かかりそうでした~coldsweats02

   これから、枝垂れ桜もさきだすとますます華麗な桜の園となりますねheart04
皆様もこの麗しき桜の時期をお楽しみくださいませ~cherryblossomcherryblossomcherryblossom

   

         

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「想いを入れる ふたもの展」 高潤生 先生コラボ展 ご案内 4/17まで

  Futamonotendm 
            「想いを入れる ふたもの展」 

     篆刻教室でいつも楽しく教えて下さる高 潤生先生
若手陶芸家14人の方々とコラボレーション展覧会が開催されています。

会場には、多くのご来場者様がご鑑賞にいらして下さっているそうです。
     11111

                        222221

 
高潤生先生の素晴らしい書と篆刻(20点)の美も
ご堪能できることと思います。


会場と会期のご案内は、以下のとおりです。

その1
会場 ギャラリー東櫻 
地図
会期 2010年4月2日~17日(11日と12日はお休みです)
時間 11時~17時 
主催 ギャラリー東櫻
     ヒューマンフライト(H.F)

その2
会場 三河のあじさい寺、深溝松平家菩提寺「本光寺」宝物殿 
地図
    (愛知県額田郡幸田町大字深溝内山17)
会期 2010年6月土日のみ

※会期17日まで、トップページとさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

桜の花とお菓子で癒される(^u^)

              Cimg0961

 お天気がパッと晴れませんが、今日から4月になりました。
私は昨日で5年間、お世話になった会社を退職致しました。
今はいろいろな重荷をおろして、ホッとしています~lovely

       Cimg0963

 引き継ぎをしていたら、
「大変な仕事をして下さっていて、ありがとうございました。」
と引き継がれた方から思わぬお礼を言われて嬉しかったです。
5年間も同じ仕事をしていると瞬時に軽々と作業は終了しますが
確かに人それぞれ、見えない所で苦労している部分があると
思います。

 それでも、何も大きなミスもなく平和で無事に終了したことは
とても良かったと思っています。

         Cimg0964_2

 近くの川沿いにある桜並木のトンネルの下を散歩してきました。
まだ、7分咲きでしょうか? 桜の花びらもまだ心なし寒そうに
咲いていました~cherryblossom

  これから、少し自分の好きなことを勉強がてら、お仕事は
ボチボチとできたらよいかしら?と理想なのですが、今は
そんな風に思っています。

  新年度を迎えて、新しい方達とまたお仕事したりお勉強したりと
皆様もお体に気を付けて、ご活躍くださいませ。

      Dsc_4028

 娘がイタリアのお菓子やフォカッチャ(Revello)を頂いてきたり、
私もチョコレート・ケーキを近所で買ってきたので、二人で今後について
おしゃべりしながらオヤツをたくさん頂きました~heart04 
幸せなひと時でした~shine

  これから、ちょっとのんびりとした内容になるかもしれませんが
宜しかったら、たまには覗きにいらしてくださいませねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »