« 素晴らしい京風料理@「しゃくしゃく」 | トップページ | PALE ALE@23番地カフェ & 浅草イタリアン »

2010/03/18

池田満寿夫の著書、やはりスゴイです!!

               
        Cimg0808

              池田満寿夫氏 著書5冊

 先月のことですが、Kさんという方が拙記事を読まれて、池田満寿夫氏
の「
親しい友への手紙」をぜひ読みたいのですが。。とメールを
下さいました。

大変きれいな文章で、きちんとした方というのが文面からも感じられたので、
所有者のT氏に伺うことにしました。即座に「OKですよ!」という
お返事でした。まとめて5冊も拝借して、送らせていただきました。 

 返却されてから、私もむさぼるように、下記の3冊を読ませていただき
改めて、池田氏のマルチ・タレント性と芸術家が書かれる激しい文体に
ゾクゾクしながら一気に3冊を読み上げてしまいました。

        Cimg0902

  ただ、「親しい友への手紙 (1980年)」には、以前も読んでおりますので
読みたいページだけ何度か読み返してみると、語り口調で書かれた友への
書簡集は、ご自身の心境と各地域の芸術性が鋭く描かれていて、また
新鮮な気持ちに包まれました。よろしければ、以前に書いた
拙ページ
ご覧くださいませ。

  ニューヨークやパリやモスクワやギリシャなど、あの当時は地球を
秒速のように駆け巡り、作品作りの合間に映画も撮ったりエッセイも
書かれたりとスーパーマンのように活躍されたマルチ・タレントの
池田氏は、本当に生き急いだ、としか思えないような生き方がこちら
の本を読んだだけで分かります。

      

      Cimg0900

    「私のピカソ 私のゴッホ (中公文庫)」        

内容(「BOOK」データベースより)
ピカソ、ゴッホ、そしてモディリアニ。青年の日に深い衝撃と
決定的な影響をうけ、今なお心を捉えて離さない天才たち
の神話と芸術を、自らの青春と重ね合わせて描く白熱の
エッセイ。

  現代作家についてお知りになりたい方は、ぜひ、こちらを
読まれてくださいませ!ピカソについて、熱い口調で語る
池田氏の文にグィグィと引きこまれて行きます!確かに、
ピカソの「青の時代」とご自身の若い頃にお金のない芸術家
同士が共感するような描き方は、真実味を増していて
良かったです。

「アヴィニョンの娘たち」からキュビズムに入っていく考察が
素晴らしくて、そうだったのか!と難解なキュビズムへの
移行がよく分かるように書かれています。

 ピカソは独自の様式を破壊して、次の様式へと移行するのは
何故か?という解明には目を見張ってしまいました。

  ゴッホ、モジリアニについても初めて知るような研究発表の
ようによく調べられていて、とても勉強になりました。

   天才ピカソの生き方に自らを合わせみるかのような
池田氏の豪快な芸術生活も尊敬に値するものがありますが
享年63歳という若さで急死されてしまったのが本当に残念です。

       

       Cimg0903

    「男の手料理」 (中公文庫BIBLIO) 

 内容(「BOOK」データベースより)
とびきりの美食だけが料理の醍醐味ではない。機転の有無が
男の料理の決め手となる。その時々の素材、季節感、時間的
制約などに応じて自由に考えながら作る、楽しくてオイシイ、
男のための料理エッセイ。  

お料理本としてというよりも池田氏のエッセイの面白みが
満載です。読んでいて、池田氏のモシャモシャ頭とニコニコした
笑顔を思い起こさせる楽しい本です。本当に、文章が
上手なんですよね!!

少し明るい気分になりたい方は、ぜひ、おつまみの1つも同時に
覚える感覚で読まれて見て下さいね!

この頃は、佐藤陽子さんと一緒に住まれて、こちらのエッセイの
原稿も陽子さんが見直したり味見をされていたりとその掛け合い
がとても楽しくて幸せなお二人の様子が目に浮かぶようです。

最後に陽子さんが「池田満寿夫の手料理」と題して書かれて
いるのですが、ある時、池田氏の生まれ故郷である中国の
張家口に行かれて、その郷土料理のお味が池田氏の作る
お味と同じだったこと。。もし池田氏が亡くなってしまっても
こちらへ来れば、「舌だけは満寿夫に逢えるんだ」、と思ったら
とめどもなく涙が出てきたそうです。池田氏が余命少ないことを
芸術家の陽子さんも感じていらしたのかもしれませんね。。
とても印象的でぐっと来てしまいました。

このように、最愛の女性と知り合えて、日本で活動拠点を
しっかりと腰を据えたところでしたのに、ご本人もさぞや
無念だったことと思います。

また、T氏ともこのように、本をお借りするきっかけを齎して
くださった素適なKさんにも感謝します。もちろん、T氏にも
ですが・・・

|

« 素晴らしい京風料理@「しゃくしゃく」 | トップページ | PALE ALE@23番地カフェ & 浅草イタリアン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田満寿夫の著書、やはりスゴイです!!:

« 素晴らしい京風料理@「しゃくしゃく」 | トップページ | PALE ALE@23番地カフェ & 浅草イタリアン »