« 「花畑生キャラメル」 & 「らいちの金平糖」 美味しいお土産(*^_^*) | トップページ | 『ワイルド・スピードMAX』 by nifty 試写会 »

2009/09/30

『ばなし展』@日本橋ナンワギャラリー

           Panashiten
                        ばなし展』@日本橋ナンワギャラリー

先週の日曜日のことになりますが、「ぱなし展」を旧友と
ご一緒に観て参りました。

 「美術館を旅するノート」 ぱなしの編集長の納富さんより
高先生の篆刻教室で「ばなし展」の案内状をいただいていたので、
楽しみにしておりました。

ぱなし」は美術・芸術・文筆・編集・出版・イラスト等で活躍
されている方の作品やちょっとしたエッセイが満載ですが、
現代アートの感覚で楽しい読み物です。

そのアーティスト達が今回の展覧会に作品を持ち寄って
「ばなし」の冊子から飛び出すように展示されていたので
現代的な感覚が溢れる展示会でした。

        Dsc_3446
                     「ぱなし表紙原画」   池永 康晟 

 「ばなし」の表紙を飾る日本画家の作品が最初に展示されています。
実際には、精緻に彩りよく描かれていて素晴らしい作品であることが
分かって驚きました。図版が暗くなって申し訳ないですが、女性の
リアル感がなまめかしくも美しいですshine

     ---

            Dsc_3448
               「」 高 潤生
 
 篆刻教室でいつもパワフルに篆刻を教えてくださる
高 潤生先生の書のお作品です。
「ばなし」にも毎月、
先生が「書」とエッセィをご寄稿されています。

        Dsc_3381
          「ぱなし9月号」 高 潤生

 「ぱなし」の9月号にも大きく掲載されています。高 潤生先生が
特別に、甲骨文字の「康」の意味を教えてくださいました。すごく
心に響きますね!

 三千年前の殷商時代の人々も、心の健康をより重視しているようだ。
右の墨書は甲骨文字の「康」である。四つの点は楽器の振動音を表し、
そのほかの部分は両手で揺れ動かす楽器である。このような楽器は
祭祀のときに用いられ、安らかな雰囲気を醸し出すものと思われる。
「康」は「心の楽しみ」との意味であり、これこそ健康維持の原点であろう。

     Dsc_3450

また、周りに書かれている書は、高先生流の高潤生流の
金石風行書とのことです。もう少し分かり易く教えて下さい
ました
    

「心を楽しむべし」。

これは、現代風の享楽的な楽しみを言っているのではない。
「古書を読み、古人の詩歌を吟じ、古い名筆を写した册子を
見て遊び、山水を眺め、月花を愛で、草木を慈しみ、四季の
景色を楽しみ、酒を少々たしなみ、庭の野菜を煮るのも、
みな心を楽しませる」と、益軒は精神的な高い境地の楽しみを
提言している。心が穏やかになれば、血液が正常に流れ、
食べたものは滞らず、病気にならない。


このような生活がゆっくりとできたら理想的ですね!
高先生は心を豊かにすることが大事なことである、と
いつも中国の古語などで教えてくださいます。

健康の「康」の字には、音楽を神様のために奏でる、という
意味が含まれているとは!三千年前の文字に、なにか
深く癒されるようなキラキラとした鈴や笛の音が聞こえてくる
ようですね~shine

五十鈴塾左王舎(三重県伊勢市)で、9月20日から22日まで
先生の個展は開催されたそうですが、連休中だったので、
お伊勢参りの観光客の方達が大勢、個展に寄って下さった
そうです。

   ---

         Dsc_3453
               青木 修

 フリーランサーの青木 修氏の油絵が展示されて、
会場に明るい雰囲気をかもし出していました。人の
表情がそれぞれ面白いと思いました。

       Dsc_3455
 
会場には、美味しい中国茶とお菓子を用意してくださって
友人と美味しく頂戴しました。納富さんは中国茶もご趣味と
いうか詳しくてご本も書いていらっしゃるそうです!

    Dsc_3454
         「墨絵と書」   祥洲

 祥洲氏の「」という書がとても素敵で、友人といいわね~!
と言い合っていました。私も熱海に行かなければ所望していた
かもしれませんが、今月はちょっと残念です。。weep

   Dsc_3457

祥洲氏の墨絵入りTシャツが各種類、販売されていました。
かなりパワーが溢れていますね!!!

     090912_1536101 

  以前、高先生の篆刻教室に、祥洲氏が遊びにいらして
下ったときに携帯ですが、お二人を撮らせて頂きました。
20年以上のご友人同士だけあって、お二人の掛け合い
漫才のような楽しいおしゃべりも息が合っていましたheart04
関西の「書」を代表するアーティストがお二人いらっしゃるだけで
ものすごい気迫で、教室中が圧倒される雰囲気が漂います!

10月2日で終了とのことですが、明日、明後日とお時間が
ある方は、ぜひ、下記の会場までいらしてくださいませ↓

2009年9月24日(木)~10月2日(金)(9月27日は休廊)
・11時~19時 入場無料
・場所:日本橋ナンワギャラリー
・東京都中央区日本橋室町 4-2-16 楠和日本橋ビル 1F

 
 納富さん、展覧会はとても明るくて楽しくていい感じでしたsign03
また、3日のお教室でお会いしましょう!

  

 

 

   

            

 

   

                  

                

|

« 「花畑生キャラメル」 & 「らいちの金平糖」 美味しいお土産(*^_^*) | トップページ | 『ワイルド・スピードMAX』 by nifty 試写会 »

2009年 美術と芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/46356981

この記事へのトラックバック一覧です: 『ばなし展』@日本橋ナンワギャラリー:

« 「花畑生キャラメル」 & 「らいちの金平糖」 美味しいお土産(*^_^*) | トップページ | 『ワイルド・スピードMAX』 by nifty 試写会 »