« 「安藤忠雄 建築展 -【挑戦ー原点から】-」@ギャラリー「間」 六本木アート No.1 | トップページ | 「ゲルニカ ピカソが描いた不安と予感」 宮下 誠 (著) »

2008/11/05

「ミッドタウン・ガーデン」&「ピカソ展」&「アネット・メサジェ展」 六本木 No.2

martedi, il quattoro novembre 2008
sono le vintuno e quaranta

   Dsc_1991 
          

1日の続きですが、「イル・ヴィゴーレ」を出まして、ミッドタウン
に向かう途中、すぐ左手にミッドタウン・ガーデンがあります。
下記でご紹介した安藤氏の設計
  <21_21 DESIGN SIGHT
も公園中ほどに位置し斬新なデザインが光っています。

     Dsc_1996

そのミッドタウン・ガーデンでは、石の彫刻が数点、展示されて
いました。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/garden.html 

INADA Stone Exihibition> は、ちょっとユーモラスで
ユニークな温かみのある石の彫刻が数点設置されていて面白いです。
カメラの絞りの設定が良くなかったのか、彫刻と公園の写真がよく
撮れていなくて、がっかりでした~coldsweats01
会期は、11月5日(水)までとのことです。


お天気がよくて芝生も丁寧に手入れされ、噴水のある小川も流れていて
散策すると気持ちがよかったです~☆

    Dsc_2003 
     東京ミッドタウン   

===
   

   Pss1 
   
 《自画像》             
  1901年 油彩/カンヴァス

 それから、「サントリー美術館」で開催されています
巨匠ピカソ 魂のポートレート」展を観てきました。

 フランス国立ピカソ美術館が改装しているので、世界中に
同館にあるピカソの絵を貸し出しているそうです。日本では
国立新美術館とサントリー美術館の2館で同時展示されて
います。

  皆さんのブログを読むと、2館に分けなくてもよかったと
書かれているコメントを多く目にしましたが、私はまだ
「サントリー美術館」だけですが、作品数が少し少ないことと

時代ごとに分けるならもう何点かでも作品があれば理解
できそうな気がしました。

  ピカソという人は本当に豪放で精力的に絵を描いたり、
私生活も女性遍歴は嵐のようでしたが、私は純粋にピカソ
の絵はやはりすごい生命力が溢れていると感じています。

 特に「母子像」や人物画などはしっかりとした確かな線で
ストレートに描いて色付けも鮮やかで何点か好きな作品が
あります。スペイン人独特の明るい色彩と情熱が絵の中
から湧き上がってくるピカソならではの表現力と男性的な
力強さは素晴らしいと思います。

 今まであまり理解することなく見ていたピカソの絵は、特に
キュビズムの破壊されたような女性の顔はあまり好きでは
なかったのです。しかし、最近、いろいろな女性たちの相談事
(どうも先天的に私はセラピスト的な雰囲気があるようです)や
私自身も苦しい事などが身に降りかかってきて、その破壊
されて分裂されたような幾面の顔から、それぞれの感情が
ほとばしり出てくることが分かってきました。

     
 ピカソの絵に沢山の人が魅了されているようで、みなさんが
食い入るように熱心にご覧になっていたのには、少し嬉しいような
驚きでした。キュビズムでもいい作品があったからかもしれませんね!
確かに、色彩の妙意と圧倒するような豪放さという点でも近代絵画の
巨匠たる所以の一端は感じますが、何か少し焦点がぼやけたような
展示だったような印象が免れません。以前、現代美術館で展示して
いた膨大な作品数が脳裏に焼きついていたので、尚更、少ないように
感じたのかもしれませんね。。

 私は今回、シュルレアリスム時代の油絵「彫刻家」とペン、墨で描いた
「彫刻家とモデル」が良かったです。ピカソの各時代を理解するには
自分自身も勉強しなければ追いつかないかと思いますが、やはり
ピカソの絵をまとめて観ると当時のことや現代に通じる社会性も
見えてくるのかもしれません。

会期は、12月14日までです。

   0810_h
     
チラシ

==

それから、マイミクさんから頂いた森美術館で3日まで開催していた
アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」展を見て参りました。

かなり異色な作品群ですが、森美術館の展示スペースを広く使って
彼女の芸術性をアッピールしていた大がかりな展覧会でした。

女性や動物たちの苦しみを表現したかったこともありますが、少々、
私には刺激が強すぎました。でも、最後の映像でメサジェさんが
一つ一つのぬいぐるみを大事に展示していたことは、なにか
彼女の訴えたい事は社会がもっと平和になって、悲しむ女性や
弱い動物たちが犠牲にならないように願いを込めていることが
分かってきました。

上のピカソと関わった女性たちも悲運の最期を迎えてしまいますが
メサジェのメッセージで、暴力が引き起こす悲しみが伝わるとよい
ように思いました。

マイミクのEririさん、チケットをありがとう御座いました<m(__)m>

===

沢山、展覧会を観て回って足が大変疲れましたが、とても充実
していました。東京は本当によい芸術作品の器の受け入れが
広くてすごいですね!!私たちはその恩恵を受けていることに
感謝しなければと思います。

|

« 「安藤忠雄 建築展 -【挑戦ー原点から】-」@ギャラリー「間」 六本木アート No.1 | トップページ | 「ゲルニカ ピカソが描いた不安と予感」 宮下 誠 (著) »

2008年 美術・芸術」カテゴリの記事

コメント

沢山回られて充実の1日ですね~shine
チケットも使っていただいて嬉しいわhappy01

東京に住んでると当たり前のように感じてしまいますが、良いものを次々とたくさん観られるという事は本当に恵まれてますよねsign01

投稿: えりり | 2008/11/05 22:51

東京ミッドタウンから、六本木ヒルズって思ったより距離ありますよね。

六本木ヒルズの屋上?へは、行かなかったのですか?(新たにチケット購入しないといけないのかなぁ?)

投稿: えこう | 2008/11/06 01:07

>えりりさん

もんぶらん君のハノイ日記、毎日楽しみですshine

>沢山回られて充実の1日ですね~
チケットも使っていただいて嬉しいわ

お陰さまで六本木界隈を楽しめました~lovely
メサジェ展は、すごいインスタレーションの数々で
本当に驚きと共に何か観てからも胸にズシーンと
残るいい展覧会だったと思いますheart

>良いものを次々とたくさん観られるという事は本当に恵まれてますよね

本当に幸せなことですね~heart02
また、えりりさんとも何かご一緒に絵を観たりスイーツしましょうね~cakelovely

投稿: Julia | 2008/11/06 07:59

>えこうさん

メッセージ、ありがとうございます~lovely

>東京ミッドタウンから、六本木ヒルズって思ったより距離ありますよね。

そうなんですよね~weep
裏から回ったらよけいに遠回りになってしまって~coldsweats02
でも、たまにはいい運動でした~shoe

>六本木ヒルズの屋上?へは、行かなかったのですか?

その日は、チケット売り場もすごい行列で廊下まで
並んでいたので止めたんです。。
でも、展覧会場からチラッと下を見渡したら
お天気が良い日はさすがに見晴らしが素晴らしいですね~sunshine

投稿: | 2008/11/06 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/43012424

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッドタウン・ガーデン」&「ピカソ展」&「アネット・メサジェ展」 六本木 No.2:

« 「安藤忠雄 建築展 -【挑戦ー原点から】-」@ギャラリー「間」 六本木アート No.1 | トップページ | 「ゲルニカ ピカソが描いた不安と予感」 宮下 誠 (著) »