« ☆ 「SEX AND THE CITY」 映画 ☆  | トップページ | 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」@Bunkamura »

2008/09/27

『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』 解説者:池上英洋 新刊お知らせ!

sabato, ilf ventisette settembre 2008
sono le venti

          978488721746101
   レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明

   「機械篇」 著: カルロ・ペドレッティ
   訳: 田中久美子・小倉康之・森田学

   「飛翔篇」 著: ドメニコ・ラウレンツァ
   訳: 加藤磨珠枝・長友瑞枝 訳・解説:池上英洋
    東洋書林社、6,800円+税

 概要:
  ルネサンスの巨人レオナルド・ダ・ヴィンチの貴重な手稿400点余りを
  収めたヴィジュアルブック。科学・芸術・建築・解剖学など広範囲に
  活躍した天才レオナルドがいかに「世界」を探求したかが手に取るように
   わかる。脅威な描写力とイメージのすべてがここに。

  池上先生(ブログ)のご解説付きで、レオナルドに関する文献
の翻訳を2冊セットで新たに上梓されたとの素晴らしい記事を
拝読しましたので、こちらでもご紹介させていただきます。


 以前からレオナルドの専門書で翻訳を手がけていらしゃっると
お聞きしていましたが、2冊のご本になったようですね!!
森田先生小倉先生なども翻訳をされているようです。

Nikkiさんこと、田畑氏も翻訳のブラッシュアップ(工学)を
されていらしたとのことです。こうしてまた新たにレオナルドに
関する専門的な文献が刊行されたことはレオナルド・ファンの
一人としてとても嬉しく思います。


 図版もとてもきれいだそうですから、本屋さんでもどうぞ
お手に取られてご覧になってくださいませ

 池上先生のブログ記事から内容を抜粋させていただきました


レオナルドの手稿解読の第一人者ペドレッティと、飛翔関係の研究で知られる
ラウレンツァによる書の翻訳です。

とてもおもしろい本です。レオナルドの手稿のみを手掛かりに、実に緻密に
レオナルドの「機械」と「飛翔」について掘り下げられています。単なるレオナルド称賛
ものではなく、同時代の工学の状況を考慮しながら、その真の姿を冷静に浮かび
あがらせています。とくに、レオナルドの飛翔への情熱とその一連の挑戦の物語は、
感動的ですらあります。

レオナルドの飛翔については大変興味があるので、少し早いですが

自分へのクリスマスプレゼントととして購入してみようかしら?

と思っている所です。

===
追記:
もうクリスマス・プレゼントの先取りをしてしまいました~heart04
本当に印刷がきれいなので、手稿などが鮮明によく
わかります。ちょっとだけ、掲載させていただきます<m(__)m>

   Dsc_1886

  レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明
   「機械篇」 著: カルロ・ペドレッティ
   「飛翔篇」 著: ドメニコ・ラウレンツァ

 とてもきれいな表紙で、モダンなデザインの装丁を見るだけで、新しい
レオナルドについての見解が述べられていることを予感させます。

    Dsc_1881

        「飛翔篇」 P56,P57

 右側の飛行機の模型は、昨年の「レオナルド・ダ・ヴィンチー
天才の実像展」で、展示されていたのと同じようですね。

 池上先生のご解説は、この「飛翔篇」の最後の章、
「科学者レオナルドという存在」と題して、2冊の論評を明確に
述べられています。まずは、そちらを一気に読んでしまいました。
レオナルドについての研究がこの数年に亘って掘り下げていく
内に、レオナルドの周辺あるいは以前の技術者や科学者達など
についても発掘されて、レオナルドが急にあれだけの膨大の知識
や技術が付いたのではないことが解明されてきたようです。

 今後もますます新しいレオナルド像が浮き彫りにされていくことを
レオナルドの生涯を通して愛情のあるまなざしとともに先生の
鋭いご見解を述べているので、その章だけでも大変面白いです。

 また、本文を読んでから感想もアップしたいと思います。

===

 51d3yd2t9wl__sl500_aa240__2

NHK「テレビでイタリア語」テキスト10月号

また、来月号のテレイタのテキストにも池先生がご寄稿
されています。

展覧会の紹介は、 「ブルーノ・ムナーリ」展についてです。
連載「イタリア 一歩奥へ Italia: un passo avanti」では、
怪物庭園でも有名な「Parco dei Mostri」について書かれています。
領主が亡くなった妻に捧げるために自然の地を活かして怪物の
石造を設置したりと30年間も造園し続けた過程について、領主
の哀れな気持ちや怪物群たちの過ごした年月に思いを馳せるよう
ように描かれているので、機会があったら行ってみたくなります。

あの口を大きく開けた
石造は、冥界王オルクスだったとは!

|

« ☆ 「SEX AND THE CITY」 映画 ☆  | トップページ | 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」@Bunkamura »

レオナルド・ダ・ヴィンチ 」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございますsign01
早速明日、本屋さんに行きますわ~run

投稿: えりり | 2008/09/27 23:46

 読売夕刊1面下広告でカラーで
「秋を彩るアートブック特集」で紹介されていましたね。
数多くの専門家の訳出とカラー図版と共に
最近の研究を踏まえた池上先生の「明快な解説」という
非常に恵まれた内容 と期待しています。
 良い本が多くの人と繋がりますように!

投稿: panda | 2008/09/28 00:17

えりりさん

>早速明日、本屋さんに行きますわ~

某デパートの本屋さんは充実しているから
きっともう販売していますわよねぇ~book

私も明日はミレイ展でも行けたら~早速、あの辺りで購入してこなくっちゃ~run


投稿: Julia | 2008/09/28 00:25

Pandaさん

貴重な情報をありがとうございます。
もう高い評価の広告が掲載されているなんて
素晴らしいですねsign03

また、来月、お会いしましょうね~wink

ご長女様のお誕生日もおめでとう御座いましたcake

投稿: Julia | 2008/09/28 09:53

Juliaさん、こんばんは
いろいろお世話になり、ありがとうございました。
ようやく読み終えました。
淡々とした文体の背後に、人間レオナルドが描かれており、とても素晴らしい本だと思いました。
ただ、僕は、良い読者ではないので、本質とはかなりズレた記事を書いてしまいました。(苦笑)
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

投稿: lapis | 2008/10/22 01:09

Lapisさん
コメント&TBをありがとう御座いました
こちらこそ、Lapisさんのお役に立てて光栄です。

>僕は、良い読者ではないので、本質とはかなりズレた記事を書いてしまいました。(苦笑)

いえいえ、素晴らしい内容の記事でしたsign03
その他の画家たちの図版もとても興味深く
舞台のからくりなどがとてもよくわかって
ルネサンス時代にタイムスリップして舞台を
一緒に見ているような気持ちになりました~(^o^)丿

本当にきれいな印刷で、私も先生方のサインを
頂いたのでプレミアムものですわね~lovely

投稿: Julia | 2008/10/23 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/42614114

この記事へのトラックバック一覧です: 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』 解説者:池上英洋 新刊お知らせ!:

» 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』 [カイエ]
理論を知ることなしに実践に夢中になる者は、舵もコンパスもないままに航海する船乗りのようなものであり、自らが向かう場所さえ知らないのである。                           (レオナルド・ダ・ヴィンチ『パリ手稿G』) 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』は、カルロ・ペドレッティ著の「機械篇」とドメニコ・ラウレンツァ著の「飛翔篇」の2冊で構成されている。茶色のシンプルなデザインの函に、以下のような白地にレオナルドの手稿をあしらった洒落た本が収められている。6,800円(税別)... [続きを読む]

受信: 2008/10/22 01:02

« ☆ 「SEX AND THE CITY」 映画 ☆  | トップページ | 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」@Bunkamura »