« もっと子どもを抱きしめて上げてね! | トップページ | ☆ 「SEX AND THE CITY」 映画 ☆  »

2008/09/23

「狩野芳崖 悲母観音への軌跡」展@藝大美術館 &周辺建物散歩

martedi, il ventitre settembre 2008
sono le venti e quattorodici

            Hogai
   「狩野芳崖 悲母観音への軌跡@藝大美術館

昨日からの暗い気持ちを少し引きずりながら上野へ向かい
ました。上野駅からダァ~とすごい家族連れの人たちで
ほとんどは、上野動物園に向かっているようでした。元気な
子どもたちの笑い声や休日で穏やかな顔をしている人たち
を見て、大体の人たちはこうやって健康的に過ごしている
ことにホッといたしました。

 「 狩野芳崖 悲母観音への軌跡-東京藝術大学所蔵品」

は、会期が本日で終了でした。皆さんの評価が高いのと
狩野一派ということで、これは見ておかなければ!と
思って行きましたところ素晴らしい日本画を拝見できて
本当に良かったです。

   05_03_kano_2

    『不動明王』 明治20年作

第1展示室に展示してありました重要文化財に指定された
『不動明王』は、突然、カラフルな色彩の日本画に少々異彩
を放って見えましたが、私はどちらかというと色彩が豊かな
方が好きなので、ものすごく魅力的な 『不動明王』に観えて
しばし見つめておりました。

なんでもアメリカ人の美術史家フェノロサとう人が、日本画の
伝統に西洋絵画の写実や空間表現を取り入れた、新・日本画
の創生を芳崖に託したそうで、こちらもかなり西洋画的な手法
を取り入れているのかもしれませんね!

    4_2_2

       悲母観音
        1888年

 第2展示室の中央に大きな「悲母観音」が展示してあり
観音様が宙に浮いて、生命を宿した子どもを優しく
見下ろしているようです。精緻に描かれたお袈裟の文様
には所々金で描かれていて、それが目を惹きます。
 作品が大きくて観音様が天から私たちをも見下ろして
いるように感じます。なんとも圧倒されるような迫力で
芳崖が絶筆してしまったのが分かるほど何か魂の奥底が
感じられる芸術の最高峰を拝顔するようでした。

 羽をつけた天使(天女)や聖母マリア様を思わせる西洋絵画
を模写したような下絵の数々も興味深く観ることができました。

 「悲母観音」の下方に描かれているのは、妙義山という
ことですが、妙義山は昔、家族で遠足のように散歩コースを
登ったことがあります。かなり岩場や崖が多くて、大変な思いを
したことを思い出しました。その下絵も展示してあったので
何か懐かしさとともに芳崖が描いた険しい山が身近にも
感じたりしました。

芳崖は、藝大の設立にも関与して教壇に立つ手前で
亡くなったそうです。こうやってその藝大でいつまでも
作品を保存し展示してくださるので、芳崖も本望と喜んで
いることでしょうね。日本画の新しい画法の先駆者と
なった芳崖の作品を拝見できて藝大美に感謝いたします。

===

この後は、藝大周りの建造物を散策しながら撮影して
きました。大きな例のカメラを持っていかなかったので(笑)、
もう一つですが、いつも近所を歩いていたのに、こんなに
素晴らしい建物がそばにあったなんて知らずにいたのが
もったいないことでした。

       Kicx3498

              黒田記念館
              昭和3年竣工

   

     Kicx3492
        

             国際子ども図書館
              明治39年竣工

     Kicx3505
           
旧東京音楽奏楽堂 舞台
             明治23年竣工

  上記、2館は休館日でしたが、奏楽堂は公開日で中に入って
観る事ができました。「日本最古の木造の洋式音楽ホール」で、
いつか音の響きを聴いてみたくなりました。

 上野はやはり文化的施設が沢山あって、ちょっと散策するのも
楽しいですね~lovely 暗い事件も多いけれど、古くからの伝統的な
建物や芸術に触れると安らかな気持ちになれるようです。
       

       

|

« もっと子どもを抱きしめて上げてね! | トップページ | ☆ 「SEX AND THE CITY」 映画 ☆  »

2008年 美術・芸術」カテゴリの記事

コメント

奏楽堂は、未だに行ってないですcoldsweats02観なければ・・・。

芳崖の<非母観音>。あの観音様の慈愛に満ちた表情、なんだか救われるような気がします。

芸大つながりで、上村松園さんの<序の舞>いつ公開してくれるのでしょうか?早く観たいです。

投稿: えこう | 2008/09/23 22:45

えこうさん

もう最終日だったので、どうにか行ってきましたーhappy01

>奏楽堂は、未だに行ってないです観なければ・・・。

とても舞台は趣きがあってよかったですよぉ~shine
演奏を聴きたくなりますね~sign01
今日は「雪やこんこん」などの作曲者の中田孝直展も
開催してました。

>芳崖の<非母観音>。あの観音様の慈愛に満ちた表情、なんだか救われるような気がします。

そうですね。このような時代に観音様の絵を拝めるのは
救われる気がしますね~confident

>芸大つながりで、上村松園さんの<序の舞>いつ公開してくれるのでしょうか?早く観たいです

近美でも時々、松園さんの絵を展示していますよね!
本当に美しさでは日本一かもしれませんね~shine

投稿: Julia | 2008/09/24 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/42569562

この記事へのトラックバック一覧です: 「狩野芳崖 悲母観音への軌跡」展@藝大美術館 &周辺建物散歩:

» 貸しホールレンタル全国情報センター [貸しホールレンタル全国情報センター]
貸しホールレンタル全のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2008/10/01 22:21

« もっと子どもを抱きしめて上げてね! | トップページ | ☆ 「SEX AND THE CITY」 映画 ☆  »