« 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』 解説者:池上英洋 新刊お知らせ! | トップページ | ☆ ピアノ・コンサート&再会の喜び ☆ »

2008/09/29

「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」@Bunkamura

lunedi, il ventinove settembre 2008
sono le venti e tredici

        Img20080910_p_2
          《オフィーリア》 1851-52年 テート蔵 

週末に、Bunkamuraで開催しています

    「
ジョン・エヴァレット・ミレイ展

を観て参りました。やはり、評判とおりオフィーリアの実物は
美しくて心の中に焼きついてしまいました。

正直申しますと、私には恋多き年頃の娘がおりまして、
この死顔のような若き女性の絵を観ることは恐怖でもありました。
物語とはいえ、なんとなく健康的とはいいがたく図版で観ても
直視できないものがありました。

しかし、実際に観てみるとそんなことは飛んでしまい、ただただ
《オフィーリア》の世界に入りこんでしまったのでした。それに、
テート美術館の学芸員さんがおっしゃっていた言葉、
 「オフィーリアの顔は少し恍惚感がある表情に描かれている。」
というようなニュアンスでしたが、オフィーリアの真っ白な顔にはまだ
かすかな息をし、歌を口ずさんで天を見上げているように見えます。
思ったほど死に迫っていなくて、むしろ現実を逃避できる安らぎを
感じているように思えました。

ミレイが5ヶ月近く、川辺に座って植物のスケッチを入念に
していたそうですが、本当にどの植物も緻密に描かれていて
妖精が今にも踊りだしてきそうでした。そして、川の底へ徐々に
引き込まれていくオフィーリアを草花や水さえも暖かく包みこんで
いるように見えました。

ジョーゼットのドレスにビーズの飾りが煌いていたり、オフィーリア
の手には、ケシやヒナギクの花輪をまだかすかに握り締めている
ようなところが、彼女が息をしている証に見えます。

モデルのシゼルの存在もこのような名作を生む一つの大きな要素
になったのでしょう。当時の画家たちに詩的な感情や創作意欲を
喚起させるような霊感の泉だった彼女自身もオフィーリアのように
最後は若くして夭折してしまうとは。。しかし、神秘的で官能的で
すらある彼女はこの絵の中でまだ生き続けているようです。

そのほかの絵ももちろんよかったですが、最初に展示してあった
「ギリシア戦士の胸像」は、わずか10歳位で描いたようで、その
デッサン力には天才の力を見せつけられたようで驚きました!!

それから、スコットランドの風景画も詩的で大変美しくてよかったです。

油絵の香りが漂うミレイの素晴らしい展覧会は、10月26日までです。
どうぞこの機会に芸術の秋を楽しまれてくださいませ。
美しい《オフィーリア》を一枚観るだけでも価値があると思います。

 

|

« 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』 解説者:池上英洋 新刊お知らせ! | トップページ | ☆ ピアノ・コンサート&再会の喜び ☆ »

2008年 美術・芸術」カテゴリの記事

コメント

ミレイ展いいですよね~。

<マリアナ>、<姉妹>、<露に濡れたハリエニシダ>などが印象に残っています。

来月にでも、もう1度行こうと思っていますhappy01

投稿: えこう | 2008/09/29 22:56

本当にいい展覧会ですよねheart01
ミレイは好きな画家なだけに、多くの素晴らしい作品観れて感激でした。
たくさんの人に、特にミレイを知らない人達にもぜひ観て欲しいなぁ。
と思って、2回目は普段あまり展覧会に行かない友人を引きずって行ったら、感動したようで良かった~happy01

投稿: えりり | 2008/09/30 00:22

えこうさん

コメント、ありがとうございます~notes

><マリアナ>、<姉妹>、<露に濡れたハリエニシダ>などが印象に残っています。

ミレイの肖像画は上手すぎて、返って近寄りがたいものを感じてしまいますが、自然描写の方がなにかこちらにしっくりときて優しさが溢れているように思ったのは不思議でしたけれど。。

>来月にでも、もう1度行こうと思っています

その時は、ぜひお声がけくださいね~☆
ミレイ展の特別スイーツも美味しかったですよ~cake

投稿: Julia | 2008/09/30 07:52

えりりさん

暖かなコメント、ありがとうございます~heart04

>本当にいい展覧会ですよね
ミレイは好きな画家なだけに、多くの素晴らしい作品観れて感激でした。

本当に想像以上によい作品が多かったので
大満足でした~shine Bunkamuraの展示は
やはり一番、絵の中に入っていけるような落ち着きが
ありますね~confident

>たくさんの人に、特にミレイを知らない人達にもぜひ観て欲しいなぁ。

私も多くの人がミレイ展を観て、絵を好きになって
くれる人が多いといいなぁ~と思っていますheart04

>2回目は普段あまり展覧会に行かない友人を引きずって行ったら、感動したようで良かった~

おぉ~そうですよね~good
私もチケットが2枚あるときは、友人も誘って
観たりしていますvirgoshine

また、来月もいろいろとご一緒しましょうね~cake
寒くなってきたので、お風邪を引きませんように。。

投稿: Julia | 2008/09/30 07:59

昨日は、楽しい時を過ごさせて頂き、どうも有り難うございました。
juliaさんのように幅広くいろんな方とお知り合いになれたら、楽しいだろうなあ~と思いました。私も見習いたいです(笑顔)。

オフィーリアのこの世のものであって、どこか浮世離れしている表情は、見る人の目を惹き付けて離しませんね、ホント! 

そうそう、昨日のお話で出たお店ですが、宜しかったらメールでご連絡します。メアド宛てにメールを送って頂けたら幸いです。スペイン料理のお店です。

それでは、今後とも宜しくお願いします。

投稿: alice-room | 2008/10/04 08:43

aliceーroomさんheart04

早速、暖かいコメントを頂いて嬉しいです。

>昨日は、楽しい時を過ごさせて頂き、どうも有り難うございました。

こちらこそ、昨日は短い時間でしたがとても濃密な~heart02(笑)お時間を過ごせました事を御礼申し上げます(*- -)(*_ _)ペコリ

>juliaさんのように幅広くいろんな方とお知り合いになれたら、楽しいだろうなあ~と思いました。私も見習いたいです(笑顔)。

しかし、昨日のalice-roomさんとlapisさんは
このブログ界でも知識と智恵の王者ですので、
お席に呼んでいただいただけでも光栄でした~heart

alice-roomさんも今度よろしかったら、オフ会へ
ご参加くださいませね~shine 近い所で
10日にありますので、詳しくは後ほど。。

>オフィーリアのこの世のものであって、どこか浮世離れしている表情は、見る人の目を惹き付けて離しませんね、ホント! 

本当に仰るとおりですね!
モデルのシゼルの美しさとシェークスピアの原作がミレイの芸術性を昇華させた名場面のようにも思えました。

>そうそう、昨日のお話で出たお店ですが、宜しかったらメールでご連絡します。メアド宛てにメールを送って頂けたら幸いです。スペイン料理のお店です。

わぉ~それでは、早速メールをさせていただきますね~lovely 昨日のお礼をこちらから差し上げようと
思っていましたのに、コメントをお先に頂いてありがとうございました(*^_^*)

投稿: Julia | 2008/10/04 11:17

juliaさんへ(*´∀`*)

ミレイ展は、私も2回見てきました~
ですが、オフィーリアの絵の植物を、5ヶ月もスケッチしていたとは・・・( ̄∀ ̄;)知りませんでした~ だって、5ヶ月ですよ~(笑)
虫眼鏡での観察、スケッチ5ヶ月、それゆえあのように素晴らしく緻密で美しい植物の絵が出来たのだと、改めて感動です。
私は真ん中のオフィーリアより、植物画の方に興味がありまして・・・(^_^;)(笑)

ミレイの対象物を真摯に見る眼には感動であり、描く力の確かさには、唸るほどでした。(笑)


投稿: 木の湖 | 2008/10/04 20:01

木の湖さま

よくお越しいただきました~heart
素晴らしいコメントをありがとう御座います!

>虫眼鏡での観察、スケッチ5ヶ月、それゆえあのように素晴らしく緻密で美しい植物の絵が出来たのだと、改めて感動です。

私は植物画も好きですが、ミレイは写実的に忠実に植物を愛情を込めて描いていたので、それも胸を打たれましたね!

>私は真ん中のオフィーリアより、植物画の方に興味がありまして・・・(^_^;)(笑)

実は私もそうですが、男性はやはりオフィーリアの美しさに惹かれてしまうのかもしれませんね~wink

>ミレイの対象物を真摯に見る眼には感動であり、描く力の確かさには、唸るほどでした。(笑)

オォ~素晴らしい、まさに仰るとおり!!プロの評論家のような論評でこちらも唸りました~sign03

木の湖さんのように鋭い鑑識眼の女性がどんどん増えてくださると嬉しいです~heart02

投稿: Julia | 2008/10/04 21:53

Juliaさん、こんばんは
先日は、大変お世話になりありがとうございました。
共通の趣味の方と、お酒を飲みながら話すのはとても楽しいですね!
お土産にいただいたクッキーも美味しくいただきました。
特に、紅茶のクッキーが美味しかったです。
>ミレイが5ヶ月近く、川辺に座って植物のスケッチを入念に
蠅の群れに襲われたり、オフィーリアのように川に落ちそうになったりと大変だったらしいです。
そのような苦労があっただけに、背景の植物の描写は本当に素晴らしいですね!
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

投稿: lapis | 2008/10/10 22:53

lapisさん

PCの調子が悪くて、お返事が遅くなりました。
Lapisさんの素晴らしいオフィーリアの記事へTBを
していただきまして大変ありがとうございました。

>共通の趣味の方と、お酒を飲みながら話すのはとても楽しいですね!

その節は短い時間でしたが、楽しく過ごさせて
頂いて嬉しかったです~(*^_^*)

>お土産にいただいたクッキーも美味しくいただきました。特に、紅茶のクッキーが美味しかったです。

恐れ入ります
Lapisさんのお土産も美味しく頂きました。

先生方のサイン付きのご本は、今週中にでも
お送りしますね!池先生もLapisさんのことは
いつもすごい!と褒めていらっしゃいます。

また、TBは少し遅くなるかもしれませんので、
申し訳ありません。


投稿: Julia | 2008/10/12 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/42634878

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」@Bunkamura:

» ジョン・エヴァレット・ミレイ展 [カイエ]
ミレーのオフェリヤも、こう観察するとだいぶ美しくなる。何であんな不愉快な所を択(えら)んだものかと今まで不審に思っていたが、あれはやはり画(え)になるのだ。                                          (夏目漱石『草枕』) 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」にようやく行くことが出来た。ミレイの『オフィーリア』は、最も好きな絵の一つなので、彼女との再会はとてもうれしい。この展覧会は、以下のような構成となっている。 Ⅰ ラファエル前派 Pre-Raphaeli... [続きを読む]

受信: 2008/10/10 22:45

« 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 藝術と発明』 解説者:池上英洋 新刊お知らせ! | トップページ | ☆ ピアノ・コンサート&再会の喜び ☆ »