« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/25

ちょっとお隣の国まで~週末一人旅~☆

venerdi, il venticinque aprile 2008
sono le nove di sera

        Ballancingontheweb

Dear my friends,

ちょっとソウルまで、これからひとっ飛びして参りますわね~shinenotes

来週の月曜日には戻ってきます~airplane 皆様も楽しい週末を~lovely

Julia

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/23

500年前の絶世の美女、シモネッタ・ヴェスプッチ

martedi, il ventidue aprile 2008
sono le ventidue e quaranta

       Hanamizuki_2 

  今日はお天気も良かったので、いつものランチお散歩コースを
歩いてみると、梅や桜と同じように、ピンクと白の花みずきが交差
するように華やかに咲いていました。ピンクの八重桜も最後を飾って
思いのほか豪華な花見ができて心も晴れやかになりました~heart04

 このような花をいっぱい付けた木々の下を歩いていたり写真を
撮っていたりすると、なにか「花の精」が本当にいるように空気が
キラキラ~shine と輝いて見えるときがあります。

 そして、ここのところお花ばかり観ていたので、ボッティチェリが
描いたフローラの世界がどうしても心を占めてしまいます。今日は、
ルネッサンス期に生き絶世の美女と言われたシモネッタ・ヴェスプッチ
について少しだけ触れてみたいと思います。

         Shimonnetta
          《シモネッタ・ヴェスプッチの肖像》
                      サンドロ・ボッティチェリ
              1480-85年

  シモネッタ・カッタネオ・ヴェスプッチは、若き人妻でありながら
時の権力者ロレンツォ・メディチの弟で貴公子ジュリーノ・メディチから
「永遠の恋人」と噂されたほど絶世の美女でありました。フィレンチェの
人々にとって、この美男美女の関係は最大の関心事だったとのことです。

  ルネサンス最大の詩人アンジェロ・ポリツィアーノがジュリアーノと
シモネッタの出会いから、ジュリアーノの死(暗殺)までを余情的に
歌った長編詩「ジュリアーノ・デ・メディチ「ラ・ジョストラ」(馬上槍試合)」
の一節の冒頭にこう書いています。

  色白の乙女(シモネッタ)、真白きロープに身を包む、
    バラと草の色どり添えて、
    花輪で飾った金色の髪を冠のように
  美しい額に控え目な誇りの影をつくる
    草の上に横たわる乙女は
    快活な気分。牧場のすべての花で花輪をつくり、
    色取り豊かなロープを飾る。
    しかし若者(ジュリアーノ)が目前を通りかかると
    おずおずと頭を上げて暫く動かない。
    ついに白い手でドレスの裾を持って
    花を抱えて愛らしく立ち上がった 
 (望月雄二訳) 

 しかし、絶世の美女は薄命と言われるだけあって、ちょうど春爛漫
の今のような季節、1476年4月26日深夜に、シモネッタは23歳の若さ
で肺結核のため惜しまれながら亡くなったようです。

 

           Simonetta01
           《シモネッタ・ヴェスプッチの肖像》   
                                   ピエロ・ディ・コジモ

  そのシモネッタが亡くなってから数年後、ピエロ・ディ・コジモが
想像して描いたのか、彼女の横顔をクレオパトラのように首に蛇を
巻かせて運命の女性のように描いています。不思議な絵ですが、
何かいろいろな思惑があったのでしょうか?ヴェスプッチ旧蔵で
あることからシモネッタであるとされているようですが、クレオパトラ
にも見立てられた彼女の美しさは、後世に残しても余りうるものが
ありますね!

          Simonetta05
               「Woman's Head」
               Leonardo da Vinci 

  シモネッタの死の翌27日、遺骸はヴェスプッチ家の霊廟
オンニッサンティ教会に安置されました。シモネッタの死を
悲しんでフィレンツェ中の鐘が一斉に鳴り響き、多くの市民
がシモネッタに別れを告げたといいます。   

  ロレンツォ・メディチはシモネッタの葬儀の様子を次の
ように書き残しています。

 「彼女は運ばれていった。顔を覆われずに家から墓所まで。
  彼女をみようと駆けつけた人すべてに、その姿は涙を催さ
   せた。彼女は人々に憐憫の情のみならず、感嘆の念をも
   呼び起こした。というのは、生前、これ以上はあるまいと
   思われた美しさを、今、死にあって彼女はさらに超えていた
   からである。彼女のうちに、ペトラルカの言葉の真実が
   あらわれていた-- 彼女の美しい顔の上では死もまた美しい
                   (大久保康明訳)

 レオナルド・ダ・ヴィンチもその葬儀中の彼女の美しい顔を
素描に描いたのではないかと言われています。

 ボッティチェリも彼女の死後描いた、「春」や「ヴィーナスの誕生」
のヴィーナスの面影は、シモネッタに似ているとの説もあって、
500年以上前のルネサンス期に愛された絶世の美女を調べて
大変面白かったです。やはり、「春」と「美女」はいつの時代も
芸術家たちを創造の世界へと駆り立てるようです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/22

薔薇に誘われてミルトンの《詩》を・・☆

lunedi, il ventidue aprile 2008
sono le venti

      Dsc_0173_2

 今日はしみじみ健康で元気に仕事をできることって幸せなんだ!
と実感できるような一日でした~wink 
 娘がお見舞いでくれた薔薇がきれいに開花して、それはそれは
慰めてくれました~shine ピンクのグラデーションの花びらをしていて
小ぶりですが、ヴィーナスのそばのクピドに握らせると愛らしいかも?

        Jbrueghel19_3
               《嗅覚の寓意》
             ヤン・ブリューゲル(父)
 
 クピドはやっぱり白百合と赤い薔薇を手にしているようです。


 ミルトン著 「失楽園」 から

   小鳥たちも、美しい合唱曲を
 歌っていた。微風も、そうだ、春の微風も、野や森の薫りを
  まきちらしながら、木々の葉をふるわせ、甘い調べを奏でていた。
  すると他方では、万物を司るパンが、「美」の女神たちや、
  「季節」の女神たちと一緒になって踊りながら、永遠の
  「春」の女神の先導をつとめていた。プロセルピナが
  花をつんでいたとき、それらの花にも優る麗しい花であった
  彼女自身が、暗鬱なディスの手に摘みとられた(そのために
  ケレスは彼女を求めて全世界を廻り歩くという苦しみを
  嘗めなければならなかったのだ) あの艶な美しい野原も、
  ・・・・このエデンの楽園(パラダイス)に及ぶべくも
  なかった。(4巻、264-72)        

       Primavera_2
            《プリマベーラ》
            ボッティチェリ
            

   朝はすでに輝き、爽やかな野原はわれわれを呼んでいる。
  一刻を逃せば、われわれが育てた草木がどんな風に生長し、
    シトロンの樹がどんな風に花を咲かせ、沒薬樹(ミルラ)が、
    乳入樹(バーム)が、どのような乳液を出しているか、自然が
    どのように多彩な色を描き出しているか、
    また、蜂蜜が花にとまってそこに流れる蜜を
    どんな風に吸っているのか、を見る機会を失ってしまうではないか
    (5巻、20-25)

  「イギリス庭園の文化史」中山 理(著)から引用

     Minirose_2

  体調が良くなったので、春の詩(うた)を書いて見たくなりました。
  これから庭園では薔薇も咲きだして、新緑の季節に華やかさを
  増してくれますね~
heart

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

BRUTUS 5/1 638号 - 決定版!おいしいパンの教科書

sabato, il dicinove aprile 2008
sono le ventitre e dicisei

        Dsc_0156
                

 今日は娘が私のことが心配だったのか、メールやら電話があったので、
少しよくなったこともあって、久しぶりに娘のアパートへ行ってきました。
お見舞いの花束やケーキと紅茶まで用意して待っていてくれました。
やっぱり、こういうときは家族の"愛"の薬が一番ですね~heart

まだまだ、風やら雨も降ってきて天候不順ですが、強力な治療薬↓の
お陰で、随分と喉が楽になってきました。ご心配をお掛けした皆様、
すいませんでした<m(__)m>

      Brutus_magazinhouse
      BRUTUS 5/1 638号

 娘が「BRUTUSにうちの店が紹介されているの!」と見せて
くれたのですが、最新号は

  「決定版!おいしいパンの教科書

と題しているだけあって、本当にパンのことがよくでている
教科書となっています!! 記者の方々もこちらの特集の
ためにかなりパンのお勉強をされたのではないでしょうか?
パンが好きな方は必読ですよ!!

      Dsc_0148
      あんぱんマンのパンが目印です!

 編集者の方々は、売れているパンのお店を日本国中から
パリまで取材し、丁寧にそのお店の特徴まで掲載して下さって
いて、本当に素晴らしい内容ですね!! BRUTUSの編集長さんは
よほど、パン通でいらっしゃるのでしょうか~bread 感謝申し上げます。

 以下、BRUTUSよりお写真をお借りしますね。

    Dsc_0150 
     Paris 4区にある 《le Boulanger de monge

  パリで一番と評判のパン屋。
  今日も行列のようです。


  と右ページ下にはお客さんが並んでいて、左上からSaibron氏が
その様子を覗いている、という面白い写真が最初のページに
見開きで掲載されていました! このピンクの線にご注目!

       Saibron_brutus_4
      《Le Boulanger Dominique SAIBRON

・・・その店から、パリ一番のシェフが、
東京にも行列を作りにやってきた!


と白い線で結ばれています。とても単純な線ですが、
そこは長~くて深~い線となっていると思います。
Dominique SAIBRON氏の略歴とパンの秘密の種まで
掲載されていて、かなり詳細な記事になっています。


   Sabron

 次のページには、パンの全種類が紹介されています。
娘が造ったパンもいくつかあると思うと感激です~heart04

  また、さらに驚いたことには、もう一人日本人のシェフとして
志賀氏の店舗とパンが詳しく掲載されていることです。

    Lshigasan_2

 いつもこちらでも書いております志賀勝栄氏は娘が
Fortnum&Masonのときにパンをご指導していただいた
偉大なシェフでもありまして、現在の日本のパン業界を
リードしていくパンの神様のような方です。パリのNo.1と
日本のNo.1のシェフとご一緒にお仕事ができる娘は、
本当に幸せだと思います。志賀氏のお店、
シニフィアン・シニフィエ」とやはり同店のパンも含めて
7ページに亘って紹介されています。志賀さんのお店は
少々、不便なところにありますが、パン好きな方はぜひ
行かれてみてくださいね!焼きたてのパンを頂くと本当に
涙が出そうになるくらい美味しくて感動しますよぉ~lovely

 それから、パン屋さん情報だけではなく、私たちが
大好きな名画の中のパンについて数ページも掲載
されていて嬉しい驚きが続きます~shine

     Vermeer
     ヨハネス・フェルメール/牛乳を注ぐ女

 去年、日本にもきました「牛乳を注ぐ女」で、絵の中にある
パンはパンプディングを造る材料との説と、フェルメールが
パンでキリストの体を表現しているという見方もあるそうです。

 
この後は、『パンの基礎講座』というパンの成り立ちから
造り方や天然酵母って何か?など本当に細かくパンのこと
が分かり易く書かれていて勉強になります。

 次のページをめくると私も嬉しくなるような絵がありました!

      Lastsupper
    レオナルド・ダ・ヴィンチ/最後の晩餐

「歴史的名画でも、重要な役割を果たしているパン」
と題されています。テーブルの上にはパンが描かれていますが、
キリスト教においては、パンはキリストの肉体を、ワインは血を
示すものです。この最後の晩餐では、イエスがパンを割き、弟子
たちに与えながら、「取って食べなさい。これは私の体である。」
と告げる場面が続くそうです。

レオナルドが描くパンをじっくりと見たのは、今が初めてです。

    Caravvaggio
       カラヴァッジオ/エマオの晩餐

   イエス処刑の3日後に弟子の二人がエルサレム近郊の
エマオに向かう途中、一人の男と出会って夕食をともに
すると、その男はパンに祝福を与え、それを割いて彼らに
与えます。ついに「もしや復活したイエスでは」と気がついた
ふたりは愕然・・そんな光景を描いたカラヴァッジオの代表作
の作品です。パンを割く行為は、キリスト教の聖餐式/聖体拝領
と繋がっていくそうです。

 それから、「新時代の本当に美味しいパン、買える店、
お取り寄せできる店」52店舗が全国からシェフとパンなど
とても丁寧に紹介されています。

 この特集を制作するのに、どれだけの日数と撮影が
かかったのかしら?と思うほど気合が入っていてこの一冊が
あれば、パンの専門書など要らなくなるくらいですね!

 それから、日本のバケットを7店舗選んで、パリのバケット
コンクールの審査委員をも務めるパン通のパリジャンに評価
される企画もあったりで、かなりシビアーな結果もありましたが、
確かにバケット一つでそのお店の顔が決まる位大切なパン
ですよね!

      Picasso

     ロベール・ドアノー/ピカソのパン

  ピカソの両手がパンのようで、写真家と画家の
 遊び心がある一枚です

  あとは、ダリの写真もありましたが、ちょっと強烈
 でしたので、皆さん直接、雑誌をごらんくださいませ。

 
 上記のように、BRUTUSさんでも筆頭に上げてくださった
Dominique SAIBRONのお店ですが、手造りで丁寧に一つ
一つ造っているパンなので時間もかかります。このように
多大なる宣伝をしていただくと、行列がますます続くとお客様
にも申し分けないし、娘の体のことも心配になったりします。
今はパン屋さんも諸物価高騰の折り、閉店に追い込まれている
お店も多いようなので、売れていることはありがたいことと思わ
ないでもありませんが。。

 それにしても、今回の力が入ったBRUTUSさんのパン取材
が面白くて、私も元気が戻ってきたようで、有難うございま~す<m(__)m>

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/17

花冷えにお気をつけて。。

giovedi, il dicisette aprile 2008
sono le ventidue meno otto

        Dsc_0019

  皆さんの日記でも八重桜を楽しんでいらっしゃるご様子を拝見して
先日、掲載できなかった桜を今日は少しご紹介したいと思います。

         Dsc_0023

 新宿御苑の八重桜は、桜のシーズンとしては最後の方になるの
かもしれませんが、本当に可憐にして華やかでいいですね~cherryblossomshine

        Dsc_0066

   "桜”の美しさは一年でいっぺんですが、それだけにはかなくも
美しさも百倍に感じます。

    Dsc_0057_3

 また、来年は"桜”が咲く頃は、何をしているでしょうか?
せっかく、春を祝い、私たちの再起を祝って咲いてくださって
いる桜たちに敬意を表して、何か目標や設定を立ててもよい
かもしれませんね!

    Dsc_0086

 次回は、薔薇が咲く頃に御苑を訪ねてみたいと思います。

 素晴らしい桜を魅せていただいて、御苑の管理者の方々にも
御礼申し上げます。

 また、花冷えの時期、私のような咳で苦しんでいる人たちも多い
ようですので、どうぞあまりご無理をなさらずに。。

続きを読む "花冷えにお気をつけて。。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/14

TOEIC 137回 結果&トルコ  ブルーモスク

lunedi, il quindici aprile 2008
sono le ventuno e venti

       Mosk
              トルコ ブルーモスク

 今日はインターネット経由でTOEIC、137回目の試験結果がメール
配信されました。結果は、以前と変わらずでしたが、Readingが少し落ちて
Listeningが伸びてすごい結果(450)でした!! Readingはあまり英文を
読んでいなかったのとPart5がいつまでも私の鬼門のようです。次回、5月
の138回目は旅行へ行くので受けれませんが、また機会があればTOEIC
受験をして、さらにスコアーアップを目指したいと思います。

   Bluemosk 
       ホテルからのモスクの眺め (友人から)

  どうして、イスタンブールのモスクかといいますと、友人ご夫妻が
昨年の忘年会でトルコ行き航空券を2枚、抽選かなにかで当たって
行かれたので、画像を送って着てくださいました。トップの画像も素晴
らしいですね!! 東西が交差する街、イスタンブールは行かれた方
皆さんが魅惑的でとてもよかった!と感激して帰ってこられるようです。
会社のYuki嬢も6月に行かれるとのこと。。いまやトルコがブームなので
しょうか?

  そして、トルコへ行かれた友人のダンナ様はアメリカ人、R.L.Howser
でTOIECの教材を書かれています。以前も書いたことがありますが、
本当に不思議なご縁なのですが、やはり教材を書かれている
宮原知子
さんと英会話の先生を探していたら、ちょうど、友人の旦那さんが、
こちらのHowser氏で英会話の先生としてご紹介されました。そして、
Howser氏は本を出版することなどが夢だったため、宮原さんを通じて
TOEICのご著書をご一緒に書くことになりました。そんなわけで、私の
ブログを見てくださった友人が私がTOEICの勉強をしているのを知って
最新のご著書を送って着てくださいました。以下に、2冊ご紹介します。

   

    51sfnmek6hl_2    
           新TOEICテスト「勝ち組」のスピード攻略
     
松野 守峰 (著), 宮原 知子 (著), ラスカイル・L. ハウザー (著)

出版社 / 著者からの内容紹介
あの60万部突破の著者が放つ5か国語対応リスニング&
リーディングの決定版!新形式の攻略のツボを短時間でつかみ、
スコアアップに直結する戦略を伝授。TOEICテスト研究23年の
著者しか書けないマル秘ノウハウ!7秒で設問スキャン→3秒で
マーク等、時間戦略がわかる!

主にリスニングを焦点に当てた攻略法が詳しく書かれて
います。”5カ国音マスター”は各国のナレーター毎に録音
が適度に配分されているので、各国のイントネーション
や癖などがとてもよく分かり易いと思います。リーディングは
とにかく時間管理をしっかりとすることが主に述べられて
います。どちらかというとリスニングの細かい対策が詳細
なので、この戦略をマスターしたらかなりな効果がでると思い
ます!!

       4875686773_s_4
 TOEICテスト でる蔵の英単語勉強法 PART別
 
松野 守峰 (著), ラスカイル・L. ハウザー (著)

作品紹介
各パートのはじめに「最新TOEICテスト出題情報」を紹介しました。
まずここでTOEICテスト問題に挑戦してみてください。そして、
「パート別に使用される英単語にハッキリ違いがある」ことに注目
してください。見出し語には、各パートの代表選手を並べました。
これらの単語を、手を使って「書き写し」、CDで「耳慣れ」の練習を
しましょう。

単語を書いたり耳から聞いて覚えるとかなりインプット効果が
高いと思うので画期的なTOEICの教材だと思います。イデオム
やセンテンスも書くようになっているので、書きながら文法も
意識してみるとより効果が上がると思います。やはり、”5カ国
音対応CD"が2枚も付いていますので、バッチリですね!

Ras先生、Kawaちゃん、本当にいつも有難うございます。
素敵な画像と役に立つ教材を送ってくださって感謝致します。
私も夏のTOEICに合わせて、少しずつこちらの教材で勉強
させていただきますね!

お二人ともいつまでもお幸せに~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

新宿御苑 - 最後の桜乱舞

domenica, il tredici aprile 2008
sono le mezzogiorno

       Dsc_0092
                               カンザン

 今日はお天気も春らしい陽気で、新宿御苑の八重桜が一番の
見ごろとのことで、同じカメラの機種の師匠がカメラの指導をして
下さって、苑内の桜を100枚以上、とり巻くってきました~camerashine

  上が本日のナイスショットだと思っていま~す! レンズの絞り方を
教えて頂いたら、素晴らしく絵のような一枚が撮れました。

    Dsc_0017
                 カンザン

   カンザンの大木が見事に咲き誇っていて、これだけ自然のままに
樹木が残されている所って、ここしかないかもしれませんね~heart04

 

   Dsc_0040_2

   とにかく雄大な桜ばかりで撮りながら、ため息の連続です~heart02

   Dsc_0049 
               ハナカイドウ

  バラ科だそうで、華やかな南国的な春のお花ですね~note

        Dsc_0052_2

  今回、一番色彩的にゴージャスな桜とヤマブキの組み合わせで
通りかかる皆さんが 記念撮影していました~lovely

   Dsc_0027  
       水に映る桜も風情を増しますね~shine

       Dsc_0090     

   
                 Dsc_0068               
            カンザンはアップでも魅力的~heart

    Dsc_0086

     都会にいながらにして、それも新宿の直ぐ脇に、このような
  雄大な自然が楽しめるなんて、久しぶりに来て本当によかったです。

        Dsc_0081

  お師匠さん、半日、ご指導いただいて感謝申し上げます。
私は各分野、優秀なお師匠さんがいて幸せです~~heart02   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/04/11

☆ Nikon D40 ☆ So Nice!

venerdi, il undici aprile 2008
sono le ventidue e quaranta

      Shidare080411

 いつものランチお散歩コースの桜が先日のひどい雨で
どうなっているか見て来ましたら、やっぱりメインの桜は
かなり散っていました。。が、枝垂れ桜はかすかに花びらが
残っていました。

 この写真をご覧になっていつもの写真より少しグレードアップ
されている、と気づかれた方は鋭いです~flair

 実は、念願だった一眼デジカメをやっと購入できました~heart04
NikonCANONのデジカメの新製品が先月末に出たので、
この機種は、かなりお安く・・半額位でゲットできたので~すlovely

     Nikond40
                   Nikon D40

  思ったよりも軽いし、レンズを絞るときやシャッター音の感触は
やっぱり一眼レフのカメラならではの味わいで、いいですね~scissors 
大満足ですsign03

  月末に韓国や来月は山梨までバラ摘みツアーへ行ったりと
出かける機会が増えましたので、思い切って購入してみました~bellshine

 明日は、同じ機種をお持ちの方がご指導がてら新宿御苑
まで、八重桜を撮りに参ります。まずは、この一眼デジカメを屈指
して、このブログでももうちょっとだけグレードアップしたお写真
をお届けできれば、と思っています~shine 

 皆様もどうぞこの芳しい春の時期を外に出て、日増しに生長
していく木々やお花たちを楽しまれてくださいね~cherryblossom

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/09

あんぱん一期一会セット@築地木村屋

lunedi, il nove aprile 2008
sono le ventuno e quattoro

             Anpan
                     あんぱん一期一会セット@築地木村屋

 いつも帰りがけに寄るスーパーの前に、ワゴン車でアンパンを販売
していて、あんぱんをいくつか購入するとカードを一枚いただけます。
カードを5枚ためるとあんぱんをプレゼントしますよぉ~bread と聞いて
いたのですが、3個セットになったあんぱんをプレゼントしてくださる
なんて、思わずホロッと着てしまうほど(笑)、嬉しくなりました~happy01

        Ringo
          はちみつりんご あんぱん

 なんていったって、この「はちみつりんご あんぱん」は一個
230円もする高級あんぱんだけあって、白あんとシャキシャキ
りんごをはちみつで合えてあるので、もう最高~ですよぉ~んappleshine

  上にくるみが乗っているし、ちょっと酒種の香りがして、ほんと~
あんぱんの中でも絶品の部類にはいるかもしれませんね~lovely

 お店は、築地の場外にありますが、会社からも近いので、
時々、会社の人たちもお土産で買出しに出かけたりする位
こちらのお店のあんぱんは人気があります~shine

 会社でクタクタにいろんなことで疲れきって、帰ってきた後に
こんな豪華なプレゼントをしてくださると救われる気分です~heart
  販売している男女の方もいつもすごく感じがよいので、あんぱん
は本当に人を幸せにするのかもしれませんね~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

「ぐるっとパス」受け渡しオフ会

martedi, il otto aprile 2008
sono le ventitre

         Pass_5
               ぐるっとパス 2008

 「ぐるっとパス 2008」が4月から発売されたので、
「ぐるっとパス」コミュのリーダーであるYouchanさんが
まとめて何十冊かご購入していてくださっていたので
その受け渡しオフ会をYouchanの会社関係のお店で
楽しんで参りました~beer

 15人以上も集まって、とても賑やかに過ごせました。
初めて合う人もいれば、すたさんのように一年振りの
人とも再会できて嬉しかったです~happy01

  デザイナーの方が個展をしたり、銅版画を習っている人
  の展覧会があったり、Bunkamuraで作品が販売展示される
  人などアーティストの方々も何人かいらして、皆さんが案内
  の葉書を見せてくださって本当に素晴らしいですね~☆

   「ぐるっとパス」は全部で61ヶ所の施設が無料または割引
  になります。今年からチケットは、ハンディサイズに変身して
   いました。

  久しぶりに大勢の人達と会っておしゃべりしたりして楽しい
  時間を過ごせました~heart04 Youchan, 毎年お世話になります<m(__)m>

  ***

  風が強かったこともありますが、早めに帰宅したら、やはり
「ぐるっとパス」コミュで知り合ったUmeさんから素敵なプレゼント
  が届いて感激でした~lovely

     Stamp_2
          きれいなお花の切手ですね~shine

        
                 Umesan 


  可愛らしい封筒と便箋に、Umeさんの方が体調が悪いでしょうに
    私のことを気遣ってくださっているようなお優しいお手紙が添えて
    ありました。なんて~お優しくて素敵な方なのでしょう~heart04 
     Umeさん、どうぞ体調がよくなるまでゆっくりと静養されて下さいね。
   Umeさんのような気遣いできる人は、女性の鑑とも言えるかもしれ
    ませんねcrown  どうもありがとうございました。 とても嬉しかったですshine 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/07

「神か女か」 ウルビーノのヴィーナス - 新日曜美術館&国際シンポジュウム

domenica, il sei aprile 2008

      Im_venere080304_01
   《ウルビーノのヴィーナス/Venere di Urbino》
          ティツィアーノ  1538年頃
         ウフィツィ美術館

 今朝の「新日曜美術館では、解剖学者の養老孟司氏が        
ゲスト出演されて、大変明解なコメントを次から次へとお話し
されるので、司会者の壇さんは「へぇ~!」と何度も目を丸く
されて驚かれているご様子は、失礼ですが、ちょっと面白かった
です~confident 私も驚くことばかりでしたが、当時は解剖学の本
が初めて刊行されていたこともあり、画家はもちろん解剖に
ついて詳しく工房などで勉強をしていたとのことでした。
そうでなければ、あのような美しくて生々しい裸体が描けない
そうです。

 また、当時のヴェネチアが絶頂期で繁栄していたからこそ
このような裸の女性の絵を描いても許されるような状況だった
ことや、ティチアーノが何度もこの絵の下絵を描いたり周到に
時間をかけて研究するように描いていたのではないか、と
養老氏は言及されていました。

 ティチアーノのヴィナースは、「プラド美術館展」のときに
「ヴィーナスとオルガン奏者」を初めて観ましたが、ヴィーナス
の不思議な絵が強烈ながら、後ろの背景の庭園も魅了された
のは言うまでもありません。そのときに、同じく展示してあった
大作「フェリペ2世」の犬を伴えて勇ましい肖像画が強く印象
に残っていました。

      Poster

 今回の「ウルビーノのヴィーナス展」でのヴィーナスは、
全体的な色のトーンが素晴らしくて、色香が漂う独特の
ティチアーノの世界が浮き彫りになっています。観ているだけで
バラの香りが漂ってくるようで、その妖艶なヴィーナスの前に
いると、自分が女性なのに、甘く包み込まれるような陶酔感を
感じてしまうほどでした。

 また、本展は美しいギリシャ・ローマ彫刻の作品が展示されて、
ヴィーナスが持つ恥じらいや女性的な美の美しさが最大限に
表されています。さすがに欧州の「美」に対する審美眼というのは
昔からこのような彫像から画家たちはインスピレーションを得て
作品を描いていったのではないかと思えるほど、神々しい完成
された美に360度魅入るように鑑賞いたしました。

 以下は、少し調べたことから書いてみます。

 ギリシャ・ローマ神話などの神々の話が土台となって造られた
ヴィーナスの彫刻ですが、その元は旧石器時代の「地母神」から
女性というものが、人類と動植物など繁栄の守り神のようにして
造られ信仰像として崇められていた影響を受けています。

 その素朴だったオリエントの地母神のイメージからギリシャ人が
ギリシャ神話を信仰として書いて読み継がれているうちに、もっと
洗練された美しいヴィーナスとして、女性の美しい理想像に近く
なるように造形美としても昇華していったようです。

 そしてプラトンの「饗宴」のなかで、アプロディテを高貴で神聖な
愛のアプレディテ・ウラニア(天上の愛)と、情熱的ですが低俗な
アプロディテ・バンデモス(世俗の愛)の二種に分類していたそう
です。アプロディテは、聖俗の二面性を持ち、人間の高貴な愛の
女神であると同時に、娼婦の守り神としても崇拝されていたことが
後の芸術家たちを刺激して行ったようです。

 このように昔からヴィーナスは「神性」と「世俗性」の二つの面
を見せる作品が描かれたり彫刻で彫られたりするのが伝統の
ように芸術作品には多く残されたようです。


          Ikesensei_2
  ルネサンスのエロティック美術」@国際シンポジウム

 今回のティチアーノの作品でいろいろと議論が分かれている
ようですが、これは、結婚記念画なのか、エロティックな関係を
示すのか、私的な作品なのか、ということで、先週の土曜日も
国際シンポジュームでは、池上先生はイタリア語で
ヴィーナスの変容ーヌード、バラ、復活と五感」という主題で
発表をされていました。先生のお話が大変興味深かったので、
書き留めておきたいと思います。

 当時、ヴェネチアに6800人もの娼婦がいた、と言われていますが、
モデルはその中の高級娼婦が描かれていてもおかしくはない、と
のことです。

 のちのウルビーノ公、グイドバルド・デラ・ローヴェレと結婚する
后はまだ当時、10歳そこそこの少女だったこともあり夫から妻へ
夫婦教育のために、ティチアーノに依頼して描かせたのではないか
とも言われています。

 画中奥、左の少女は頭を半ば、カッソーネ(衣装箱)につっこむ
ようにして覗いているのは、何か不自然なのですが、当時は
この中にはエロチックな絵が描かれていたそうなので、それを
好奇心で覗いていたのではないか、とのことでした。

 それから、池上先生は、ヴィーナスが右手に持っている赤い
薔薇は、ヴィーナスと聖母マリアのシンボルであることを雅歌の
一節と「閉ざされた庭」の図版とともに図像伝統の内容を詳しく
説明してくださいました。

 「閉ざされた庭」では、サクランボやスズラン、ユリ、アイリス
が描かれていますが、それは聖母マリアの純潔と無垢を象徴
するとのことでした。

 バラは元々、棘がなかったのですが、アダムとエヴァの原罪
から棘が出来たのですが、逆に聖母マリアを<イバラの無いバラ
としてみなす無原罪の伝統ができてきたそうです。

 それから、バラは聖母マリアの王冠や背後に描かれるように
重要なマリアの図像となってきた、とのことでした。

 また、<五感の寓意>の”嗅覚”としての花と、もう一つ
図像伝統である<ヴァニタス>の寓意から、花はいつかは
枯れるので、<はかなさ・虚栄>のモチーフとして使われる
ことが多かったそうです。

     Kyuukaku  
            「嗅覚の寓意」
           ヤン・ブリューゲル (父)
           1617~1618年
 

 私はアロマテラピーを趣味として時々、お習いしていますが
そのときも文献などで見かけたヤン・ブリューゲル(父)作
嗅覚の寓意>の作品をご紹介してくださいました。先生は
画中の<嗅覚>として描かれてた裸婦の女性は、クピドを連れて
いるのでアフロディテの図像を受けているとお話をされました。

 ギリシャ神話でもアフロディテはバラによって象徴される
女神のエピソードが、キリスト教の聖母マリアのイメージと
連なっていくことをバラの白と赤の色でご説明されました。

 もっと詳しくご解説いただいたのですが、その辺は省略
させていただきます。バラを握り締めたヴィーナスのそば
には、「肉欲と忠誠」の象徴である「犬」がいたり、奥には
「ギンバイカ」という常緑樹である「死と永遠」の象徴である
アトリビュートが置かれていたり、三人の女性がいることは
「三世代の寓意」ヴァニタスを表すなど、この作品が
エロチックな作品なのか、結婚記念画であるのか一方を
決めることはできない、との結論でした。

 バラの図像伝統がこのように、女神から聖母マリアに繋がって
いるなんて非常に面白くて、シンポ以来、いろいろと文献も漁って
みましたが中々、見つからずにおりました。池上先生のご専門家
としてのこのような発表が拝聴できたことはやはり国際会議なら
ではの素晴らしい内容だったと思います。

 一気に思い出しながら書いてしまったので、間違っている部分も
あるかと思いますが、どうぞご指摘くださいませ。

 ヴィーナスというのは、文学的にも絵画的にも宗教的にも
大いなるバックグランドを持つ存在であることが、このシンポ
のあとに本を読んだりしても分かりました。

 展覧会は5月18日まで西洋美術館(公式HP)で開催されています。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2008/04/06

最後のお花見@木場公園

domenica, il sei aprile 2008
sono le quindici e sei

          Shidaresakura01_2

  今日は近所の木場公園で最後のお花見を楽しんできました。
枝垂れ桜が満開で、今年は見事に咲き誇っていて、とても美し
かったです~heart02

 家族連れが沢山、この枝垂れ桜の下でお花見をしていました。
木場公園は下が土なので、小さなお子さんも安心して転げ回って
遊んでいました~bleah 健康的でこのような春は平和でいいですね~cherryblossom

        Shidare03_6

 今日は快晴だったので、元気に花びらを開花させていました~notes

Cherry01_2 Chery

 ほかの桜は、もう満開を通り過ぎて、どんどんと散り始めていました。

    Cherry03
          
      葉桜になりかかりのサトザクラも本当に美しかったです~heart01

    Lylack  

     ライラックも一斉に咲いていて、こんなに大群(?)で
         咲いているを観るのは初めてでした~wobbly

           Lyluck02_2

  

続きを読む "最後のお花見@木場公園"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/05

桜湯☆桜の香りで幸せに~♪

sabato, il cinque aprile 2008
sono le otto e ventitre

      Kisakurayu_3
                    * 桜 湯 *

 芳しい桜の塩漬け一輪をお茶碗に浮かべて、お湯を注ぐと
ほわぁ~と桜のいい香りがしてきます~note

 桜はバラ科なので、気持ちをリラックスさせてくれる成分が
入っているので、優しい気持ちになれますね~heart02

 今日もお花見がてら都心まで家族と天ぷらを食べに行って
きます。日本人に生まれてよかったと桜を愛でながら、天ぷら
などつまんで参ります~cherryblossomshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

* 枝垂れ桜 * 

giovedi, il tre aprile 2008
sono le ventidue e trentasette

     Shidare080403   

  会社の近所のお散歩道に咲いている「枝垂れ桜」が満開で
可憐に美しく咲き誇っていました~shine
 今年はピンク系の桜がひときわ美しいように感じます。

    Cherry0403_2 

 こちらは、春先も梅の紅梅がきれいに重なって咲いていましたが、
桜も白の八重桜とピンクの枝垂れ桜がうまい具合に交差するように
咲いています。植林した植木屋さんてかなりハイセンスな腕前ですね!

 気温が低かったせいか、今年は桜も長期間、花を咲かせ続けて
くれて、私たちに春の再生と喜びを教えてくれます。今週末まで
楽しめそうですね~happy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/01

テレビでイタリア語 - NHKテレビ4月号 池上先生ご寄稿

martedi, il uno april 2008
sono le sette e ventitre

    112e1d1ds_2 
       
NHK テレビでイタリア語 2008年 04月号

今日から4月ですね!
早くご紹介しようと思っていたのですが、昨夜、つまり月曜日の夜
深夜(午前0時~0時25分)に放送されるテレビのイタリア語の
テキストに、池上先生がご寄稿されています。私は今夜からと
思っていたので、昨夜見逃してしまったのですが、再放送は
金曜日の午前6時から6時25分に放映されます。

池上先生もブログでもう少し詳しくご紹介されています。

先日の国際会議のシンポジュームでも池上先生が「ウルビーノの
ヴィーナス」について掘り下げてお話なさっていましたが、内容が
とても濃いので簡単に書けないでおります。ヴィーナスが持っている
薔薇についてギリシャ神話から聖書にいたるまで、「閉ざされた庭」
の絵をご紹介されながらアトリビュートの持つ深い意味を教えて
くださいました。また、後日その辺りを書かせていただけたらと思い
ます。

本書でも一ページだけですが、「ウルビーノのヴィーナス」展について
書かれています。 シンポジュームでお話しされいた概略のようで、
先生の文章がとてもきれいで吸い込まれます。毎月、美術の話も
こちらに掲載されるようですから楽しみですね!

「イタリア 一歩奥へ」は、「恋する二人 Verona」(イタリアの美術・歴史紀行)
では、ロミオとジュリエットの舞台になったヴェローナについて、
地理、産業など歴史も交えてご紹介され、二人の悲恋物語の
発祥をあらゆる作家と当時の派閥構成など大変詳細にわたって
書かれていて素晴らしいです!!

昨夜は見逃してしまったテレビ放送でしたので、金曜日の朝は
早起きしてみなければ!と思っています。もしかしたら、6月に
ヴェネツィアへ行く機会があるかもしれないので、初回の
ヴェネチィアの紹介放送を楽しみに拝見してみます~lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »