« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/31

「男だけの花教室」 Nice!!

mercoledi, il trenta gennaio 2008
sono le ventitre e mezo

         Fuuka
                 男だけの花教室」 

 今朝、何気に見ていたテレビ番組で 「男だけの花教室
というのを放映していました。ご指導者は、あの~英国の
チェルシーフラワーショーで2年連続ゴールドメダルを獲得
されたという石原和幸氏(
ブログ)でした。

 石原氏は「ランドスケープアーティスト」という肩書きを
持たれて、ガーデニングの設計をされる方のようですが、
基本的にお花が大好き!でお花の輪を広げたいそうです。

 ビッシとした背広を着たサラリーマンの方5,6人の男性が
お花を選んで活けています。皆さん、初めての方ばかり
ですが、表情はとても楽しそうでした。あまり型に捉われずに
好きなように活けてよいようです。終了した後は、一人ひとり、
石原さんが型を直して完成させていらっしゃいました。

 終わった後はビールを飲んで乾杯されていましたが、皆さん
とても晴れやかなお顔でした。ここでは、ビールカウンターも
あるので、ビールを飲みながらお花に包まれることができる
ようです。行ってみたいですね~(*'ー'*)♪

 風花東京 2007年12月10日オープン!
 (住所) 東京都港区南青山3-9-1 アブリム1F

 あんまり男とか女とか意識していませんでしたが、そういえば
お花のお教室も先日のお料理教室も女性の生徒さんばかり
でしたね。。お花もお料理も感覚の勝負ですから、ぜひ感性を
高めるためにも男性も挑戦して欲しいですね!

 また、プロとなると男性が多くなるのも不思議ですが、普通の
方でもお花に触るだけで、お花の気が持つ優しさで癒されたり
して幸せな気持ちになると思います。お花の持つ生きる強さも
感じると元気がもらえると思います!!ぜひ、男性教室で最初は
抵抗なく始められると楽しいと思います。

 私も最近では、ちょっとしたお祝いに気持ちだけでもお花を
プレゼントするととても喜ばれます。それが愛する旦那様や
彼氏から作って貰った花束ならきっと奥様や彼女はすごく
喜ばれることと思います!!

 石原さんの店頭に飾ってあるお花で、どんどんご近所にも
伝わっていてお花が増えるといいと思う、と仰っていました。
本当に少しのお花でもその場が明るくなるので皆さんもこの
寒い冬のお部屋にちょっと飾ってみてくださいね~☆☆☆

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/01/28

 ☆ Chocolat Heart Cake ☆ 

lunedi, il ventiotto gennaio, 2008
sono le ventidue meno sei

             Valentaine_2
                     ショコラハートケーキ ☆

 This Cooking Studio was a very colorful and mordern style.
   We were not comfortable with it though..

 あるCooking Studioのイベントで、「ショコラハートケーキ」
を昨日、娘と一緒に作ってきました。

     Kids
          

 そこは、スポーツジムのような広ーいスタジオに沢山の調理台と
回りにはオーブンや冷蔵庫やシンクが一杯並んでいます。奥には
園児位のかわいいお子さんたちがシュークリームを習っているか
と思えば、パン、ケーキ、料理のグループとそれぞれが楽しそうに(?)
作っています。

     Oven
        壁には何十台ものオーブンが!

 調理はほとんど電気を使って作るので、ここだけで一日、
どの位の電力を消費するのかしら?と少し心配になったり。。


         Mixi

 バターと薄力粉とお砂糖をガーとハンドミキサーで混ぜ合わせて
溶かしチョコレートを混ぜいれ、最後にグランマルニエをちょっと
入れただけのお手軽ケーキです。

      Baked

 型に流し込んで、40分もオーブンで焼きます。焼きあがるまで
ボォ~と待っていなくてはいけません。いろいろと回りを見学して
いたのですが、もう一つ、作り方や先生もかなり適当~な印象を
受けてしまって、二人で早くショッピングでも行きたくなる気分に
なってしまいました。

 娘はお菓子を作るときは、できるだけ泡立器でグルグル回して
これでもか!という位しっかりと練るので、こんなに電気で簡単に
作ってしまうとなんとなく味気ないし、生地もしっとり感がなくなり
ますね。。初心者でもできるお菓子の作り方だったので、少し
物足りない感じが残って会場を後にしました。

 それにしても以前はお料理を習うとなると、結構、年配の先生が
キツイ調子で教えていて暗い感じを受けましたが、いまやお料理も
パンもお菓子もこんなに明るく軽い感じで教えているんですね!!

 確かにスタジオはカラフルだし軽快な音楽もなっていたり、手早く
簡単に作れるようになってはいますが、少し二人が求めていた
「食文化」とはかけ離れているように感じました。でも、これから
花嫁修業をされる方がお料理を習うのにはよいかも知れません
けれど。。。 なんか、ちょっと違うんだけど。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/27

伊勢丹 《 "Salon du Chocolat 2008" サロン・デュ・ショコラ》

sabato, il ventisei gennaio 2008
sono le vintuno e undici

        Bonbon
              <パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

"Salon du Chocolat 2008" at Isetan was a really powerful event!
  You can enjoy and see a lot of beautiful chocolates and famous
  meisters directly!

 年に一回のチョコレートの祭典『サロン・ドゥ・ショコラ』へ娘と
行って参りました!昨年は会議の準備で忙しくて、行けなくて
残念でしたが、一昨年のショコラティエの皆さんとご一緒に

パーティに参加させて頂いた素晴らしい思い出が甦ってきます~♪♪

 今回はこの後、二人とも偶然、歯医者の予約が入っていたので、
あまりゆっくりとは見れませんでしたが、ショコラティエの皆さんと
写真を撮らせていただいたり、サインや握手をしていただいたり
している内にだんだんと興奮して参りました~ヽ(^。^)ノ

 上記のサダハル・アオキ氏のお店は有楽町にあるので、皆さんも
よくご存知かと思いますが、私も娘と何度か一緒に入ったことがあり
ます。こちらの試食をさせていただいたら、ものすごく濃厚なお味で
また色彩の美しさが際立っていたと思います!

***

 Praryu_2   Mouseupraleu_2
         Pralus                 フランソワ・プラリュー氏

 今年も『
プラリュー』のピラミッドは健在で、プラリュー氏もハンサムだし
本当に素敵ですね!!

      Praleu
        ミニ・ピラミッドとプラリューヌ

 不思議なお菓子パンを販売していたので (きれいな奥様?)、
一つ購入しました。「
プラリューヌ」というブリオッシュでナッツ類が
砂糖をまぶされてメロンチョコパンみたいな感じで、サクサクとした
食感が楽しいです。疲れた後は、子供みたいにかぶりつくと元気
がでそうです!

いろいろな地域のカカオ豆で作ったチョコレートのミニサイズ版
「ピラミッド」を購入したので、それぞれのお味を楽しもうと思って
います~☆

***

Debailleul  She
       DEBAILLEUL                   Marc Debailleul氏

 ベルギーはブリュッセルからの「ドゥバイヨル」です。ひと際洗練された
パッケージとディスプレーの美しさはさすがに、食の芸術品と呼ばれる
だけあって、トータルな美に魅了されました。娘と一緒に写真を撮って
いただいたら、ドゥバイヨル氏はとてもにこやかな笑顔とオーラで輝いて
いました~☆

      Debileu02_2
        Ecuador Costa Rica

試食させていただいたら、とても美味しかったので、68%カカオ配合
のビター板チョコを購入してきました。サインもして頂いて嬉しかった
です!!

***

        Confiture
          メゾン・フェルベールさん

お馴染み。“コンフィチュールの妖精”のメゾン・フェルベールさんが
長い列のお客さんにサインをされているので、お写真を撮らせて
頂きました。娘が一つチョコレート味のコンフィチュールを購入して
いました。地下の食料品売場にフェルベールさんのショップができた
ようですね!!(期間限定なのでしょうか?)

***

       Cagi
            Cagi de reves

鍵の形をしたチョコレートで有名な『キャギ ドレープ』は日本製と
いうこともあり一番お手頃のお値段で購入できます。幾何学模様
のオシャレなチョコなので、こちらも娘は購入していました。数が
あるので、会社のギリチョコ(笑)用にピッタリかもしれません~(^_-)-☆

***

     Leu
              Henri le Roux

 大人気のルルー氏は今年もサインを求めるファンで長蛇の列でした
ので、今回はサインをいただけなくて残念でした。娘がキャラメルを
持って行ってしまったので、明日、取りに行ってきます!! ルルー氏
の溶ろけるキャラメルのお味を知ってしまったなら来年は、貴女(男)も
サインの列に並ぶことでしょう♪ 信じられない位まろやかでソフトで
濃厚なキャラメルをほおばると幸せがお口いっぱいに広がります~☆

              Lulu
                 宝石のようなルルー氏のキャラメル

 今年はセミナーなどのイベントには参加できませんでしたが、
ショコラティエの方々と少しでも触れ合えるだけで、カァ~とした情熱が
伝わってきて素敵な瞬間を分かち合えます~☆ いつも研究し創作
している人たちは、素朴ですが強いエネルギーと自分の仕事に誇りを
持っていることが、その一瞬の触れあいで感じることができ、こちらにも
そのパワーをいただけるようで、素晴らしい機会をもたらしてくださいます。

 28日(月)までで終了なので、ぜひお出かけになって、本物のカカオ
の味とショコラティエの持つ温かくて大きな愛情に包まれてくださいね!
お値段は少々お高いですが、娘も一年に一度だから!と沢山、購入
していました。本当にこのチョコの祭典はスゴイと思います~ヽ(^。^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/26

「川畠成道ニューイヤーコンサート2008」 with Emi-maru san

venerdi, il venti cinque gennaio 2008
sono le ventitre e mezo

           2008newyear_s_2
          川畠成道ニューイヤーコンサート2008

 昨年もご一緒した川畠成道氏のニューイヤーコンサートに
本年もEmi-maru さんと「
紀尾井ホール」で昨夜、拝聴して参りました。

Emi-maru さんとは一年振りでしたが、すっきりとダイエット
されて魅惑的な笑顔で迎えてくださって、嬉しい再会でした。

「紀尾井ホール」は私は大好きな演奏会場でして、小さいながら
シャンデリアのデザインがとても素敵で、いつも天井を見上げて
しまう位ですが、出演者と会場をほどよく包み込む音響効果は
音楽が本当に好きな人には最適なホールではないかと思います。

今回も川畠氏の心から流れ出す繊細な旋律が、ピアノ伴奏者の
ロデリック・ジェームス・チャドウィック氏の華麗なピアノの音と重な
って会場に反響し、私達の心の奥底へ音が入り込んでくるかのよう
でした。芳醇なワインを味わってうっとりとするような感覚に酔いしれ
ました。

 プログラム:

  • ベートーベン: ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調「春」
  • モーツァルト: ヴァイオリンとピアノのためのソナタ変ロ長調
  • ピアソラ: エクアーロ (鮫)
  • ピアソラ: オブリヴィオン
  • リムスキー=コルサコフ: 熊蜂の飛行
  • グノー: アヴェ・マリア
  • サラサーテ: ツィゴイネルワイゼンOp.20 他

アンコール曲も5、6曲弾いてくださって感激でした!
特に、映画「ひまわり」の主題歌は素晴らしくて、始め聴いている
ときは「ひまわり」とははっきりとは題名がわからなかったのですが、
目をつむっているとひまわりの情景が浮かんできました。あまりに
情感がこもっているので、最後の余韻まで聴き惚れてしまって、
息ができないほどで、会場の人たちも同じようで演奏が終わっても
拍手できないように、5,6秒間沈黙が続きました。本当に心を
打たれた演奏を聴くと音に、魂が吸い込まれてしまうかのようですね!

成道氏、お得意の「熊蜂」や「ひばり」は、テクニックとともに快速
走行という感じで、日々、鍛錬されているのか楽々とあのスピード
ある曲を引き上げていらして、それはそれはスゴイです!!

第2部のピアソラからきれいなスカイブルーのシャツに着替えて
いらして、タンゴ風の曲がより鮮やかさを増すかのようでした。
伴奏のチャドウィック氏も昨年よりも演奏がまろやかで表情が豊かに
成道氏との演奏と奏であって素晴らしかったです。ピアノ演奏も楽しむ
ことができて、今回は本当に大満足の演奏会でした!!

***

   Avemaria
   「川畠成道 アヴェ・マリアでつなぐチャリティコンサート」

子供さんたちへのチャリティーコンサートが東京オペラシティ
コンサートホールで、3月29日(土)にあります。

プログラムもグノー、シューベルト、カッチーニのアヴェマリアを
弾かれるそうですから楽しみですね!!

***

続きを読む "「川畠成道ニューイヤーコンサート2008」 with Emi-maru san"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/25

☆ Mini Sushi Party ☆ 

venerdi, il venti chinque gennaio 2008
sono le dicinove e quattoro

           Gochiso

   My parents came to my daughter's apartment and we had
   sushi lunch together. It's like a second Oshougatsu!!

今日は、娘のアパートに私の両親が引越し祝いに来てくれました。
寒風すさぶ中でしたが、ランチを一緒にして親子3代、ワィワィと
楽しく過ごせました~(#^.^#)

      

続きを読む "☆ Mini Sushi Party ☆ "

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/23

東京に雪が~☆ 

mercoledi il venitre gennaio 2008
sono le otto meno dieci

        20070408195204_2   
                       かささぎ (La Pie)』 
                 クロード・モネ
              1869年    オルセー美術館                                 

 今朝、寒くて目が覚めて外を見たら『雪』が降っていた!!
東京では珍しいので、ベランダのハーブを軒下に入れながら
雪が舞い散るのをしばし眺めていたが、やっぱり寒い~(>_<)

 雪の絵で思い出すのが、昨年のモネの「大回顧展」で展示
されていた『かささぎ』の大きな作品(89×130cm)です。

 モネが30歳の頃、エトルタ滞在時に、寒さを堪えながら
外にイーゼルを出して描いた大作のようです。雪の研究を
していたそうなので、雪の色にもいろいろな色があったり表情が
あって素敵な作品ですよね! 左の柵の上にちょんと「かささぎ」
が留まっているのが印象的です。

 モネの雪の絵はとても心が温まるような温もりがあって大好き!
です。モネが寒いのにイーゼルを立ててこの情景を描いていたら
偶然「かささぎ」が飛んで来て印象的だったのでしょうか?

 東京地方の皆様はこれから、ご出勤ですがお足元にお気をつけて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/22

resonance@TOKIA Marunouchi

lunedi, il ventuno gennaio, 2008
sono le venttre e trentatre

       Resonance02
               resonance@TOKIA Bldg. Marunouchi

I went to a french restaurant "resonance" in Marunouchi
with my old friend yesterday. You may enjoy Marunouchi
Ligh-Up View there in the night time if you can affort it^^;

昨日、友人が急に会いたいとのことで、ちょっと依頼事でも
あったので、お席の余裕がありそうなレストランでランチを
することにしました。

       Pccw

丸の内のTOKIAビルにあるフレンチ・レストラン
resonance」のお店は、縦長、前面ガラス張りで天井も高くて
すごい設計ですね!私達の座った目の前は、娘が以前勤めて
いたPAUL本店があるPCCWビルでした。また、すぐ目の前には、
JRの線路が通っていて、新幹線もすべるように走っています!
夜の方がきっとライトアップされて丸の内周辺が美しく見える
かもしれませんね~☆


続きを読む "resonance@TOKIA Marunouchi"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/01/20

☆ラザニア&鉢植え☆手作りの幸せ

domenica, il venti gennaio, 2008
sono le ventuno e trentasei

      Rose02_2 

  昨日、娘の家へ薔薇を持って行き、ランチをしてきました~ヾ(´ー`)ノ
「ラザニア」を一緒に作りましょう!と言っていたのですが、
私は先日購入したハーブの苗やお花の植え付けをすることに
なりました~☆

   Raza06  
           美味しくできた「ラザニア」 

         Silver    
        ハナカンザシとラベンダーの鉢とパンジーと
                                   シルバードロップ・ユーカリの鉢 

それぞれの作り方は次のページに書いてありますので、ご興味が
ある方はどうぞ↓

続きを読む "☆ラザニア&鉢植え☆手作りの幸せ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/18

Hot Sweets Week with New Three Brides!!

venerdi, il vintiotto gennaio, 2008
sono le ventidue e ventiotto

         Gattochocola
             ガトーショコラ@カフェ 「

It's so cold today, wasn't it?
I went to "Cafe Lin" with my colleague today.
The above 'Gateau C
hocola au Noia" was a really good stuff!!

今日は東京も最低気温が6度も下回ったとか・・・以前、
真冬にNew Yorkへ行ったことがありましたが、風の冷たさが
似ていました。でも、空気が澄んでいて、東京の街は返って
浄化されるように思います。

この寒い中でもやっぱりスイーツは欠かせないので(笑)
同僚の女性と銀座の和光の裏にあるカフェ「」へ
行って参りました。個室が空いているとの事で、一時間半
ほど無料なのでお借りして、二人で親密トークができました~☆

彼女も家の娘や先日のフジ子姫と同じ位のお歳頃で、
年内に挙式をされるそうで、本当におめでとうございます!!
最近、周りにはホットな女性達が多いので、少し当てられ
ますが、それでも彼女達の真剣愛には胸が打たれます。

3
人ともとんとん拍子に結婚へお話が決まったようなので、
お嫁さん同期 (←新語?)のようですね~☆(*'ー'*)☆
愛する人と一緒に住むには、女性は親元を離れて、仕事も
時には捨てないといけないことがありますが、それでも好きな
人とともに生活を築いていくという希望で、其々が輝いて
見えます~☆゜・。・゜★

今週は、娘が引っ越してきたことで、家中、大騒ぎでしたが、
偶然ですが、同期花嫁さんお二人とお茶ができて、幸せを
いっぱい分けていただいたようで、寒いけど心が暑くなって
幸せな気分になりました~(#^.^#)
3人共、どうぞ末永くお幸せに~☆☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ららぽーと豊洲 - イタリアン・カフェ

giovedi, il dicisette gennaio, 2008
sono le ventitre e dicinove

         Italian
     フォルマジョ・フォカッチョ@『REVELLO

TOEICのテストが日曜日に終わってから、娘が引っ越してきた
こともあり、今夜も娘と「
ららぼーと豊洲」まで行って、ショッピング
をし毎日のように一緒に楽しんでいます~ヽ(^o^)丿

REVELLO』というフォカッチョ専門店で、フォカッチョとチョコを
頂いて休憩しました。お味はまぁまぁ~ですが天井が高くて
開放感もあって、昼間なら運河沿いの中庭に面しているので
とても明るいでしょうね!

    Italian2

インテリアがとてもイタリアンで雰囲気はばっちりですので、
ゆったりと寛げると思います~☆

---

          Morita_3
         音楽用語のイタリア語
          
森田 学 (著)

イタリアンのカフェに来たので、イタリア語の本を持っているのを
思い出して、娘におもむろに持ってもらって写真を撮りました(^o^)丿
森田先生のイタリア語に関する第2冊目で、とてもハンディにできて
いるのですが、音楽用語とその語彙の説明が非常に分かりやすくて
初心者にも簡単に理解できます。また、ラテン語やギリシャ語の語源
など書かれていて興味深く面白い内容です。

娘も音楽はかなり長くお習いしていたのですが、
「メッツォピアーノ、ってイタリア語なの?」と興味深けにパラパラと
読んでいました。後ろに、文法の説明も掲載されているので、少し
復習がてら私も読んでおきました。

         Diefeenfront_thumb_2

森田先生は2月の17日(日)にワーグナーの『妖精』というオペラで
王様の役と演じられます。詳しくは先生のページからどうぞ

---          

また、ららぽーとの話に戻りますが、昼間は海が目の前にきれいに
見えるそうです!!私はまだ昼間は行ったことがないのですが、
レストランも運河に面しているので、デートスポットにはなかなか
おしゃれな場所だと思います~(*"ー"*)♪

ららぽーと豊洲で雑貨屋さん(「MOMO NATURAL」素敵なお店です)

などを見てから、近くのガーデニングセンターへ行って、娘がハーブを
植えたいというので、ハーブと土と植木鉢など二人で抱えきれないほど
どっさりと購入してきました~☆
ハーブを自分で選んだりすると愛着が沸くので、きっと春までには
根付いて生長していくのでは、と二人で期待しています。

あと2週間近く、娘がお休みなものですから、このような感じで楽しんで
いこうと思います。英語はちょっとだけ見直しています(^_^;
TOEICの検索で沢山の方がご訪問いただいているのに申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

CAFE FREDEY ☆ フレンチ・トースト with Fujiko-san

mercoledi, il seidici gennaio 2008
sono le ventitre meno cinque

           Choco
                  Choco Ice Sweets@CAFE FREDEY

今日の会社の帰りは、Cafeフレンドのフジ子姫と銀座でスイーツを
ご一緒しました~☆ フジ子姫のご紹介してくださるお店はいつも
素敵で美味しいのと彼女の美しい笑顔を拝見しながらのスイーツ
はもう最高です~ヽ(^o^)丿

    Orange_2
     オレンジ・フレンチ・トースト&ジャスミン・ティー

銀座の松屋前の「シャネル」で待ち合わせて、その奥の銀座
一丁目にある可愛らしいカフェ「
CAFE FREDY」へ連れて行って
頂きました。フレンチ・トーストで有名なお店とのことでした。私は
オレンジが好きなのでオレンジ味のフレンチ・トーストと右の
ジャスミン・ティーを頼みました。お写真がイマイチでしたが、もう
ちょっとオレンジ色が鮮やかで、さっぱりとしたフレンチ・トースト
でした。

     Settea
            ジャスミン・ティー

ジャスミン・ティーはフルーツが沢山入っていてフルーティーで
香りもよく満足致しました。

フジ子姫と過ごす時間はホンワリ、ユッタリとしていつも癒され
ます~(^o^)丿 昨年暮れに、ご結婚されたこともあり、ますます
美しい笑顔で落ち着いて素敵で輝いて見えます~☆☆☆
本当にお幸せそうで、おめでとうございます~☆゜・。・゜★

       Koreannori      

ご主人が韓国の方なので、韓国海苔をプレゼントしてください
ました。いつも私が購入する安物と違って、こちらのお海苔は
すごく美味しかったので、帰宅すると娘が来ていたこともあり、
早速家族でご飯と一緒に頂いたら、もう最高でした~ヽ(^o^)丿 

韓国のお料理は本場はとても美味しそうで、焼肉などは
日本で食べるのと味が違うとのこと。。一度、行ってみたく
なりました。春に、フジ子姫の結婚式にご招待されたこともあり、
娘も「BB」という今流行のクリームも調達したい、と言っていたので、
一緒にご参列させていただくかもしれません<m(__)m> 

3月には、ソウルの方に移るそうです。なんだか、スイーツ
仲間がいなくなるのは寂しくなりますけれど、愛する旦那様
といつまでも仲良く幸せにと心よりお祈りしております。

シスターのように歳が上の人でも、フジ子ちゃんのように
歳が下でもいい方はどこか品があって、お優しくやっぱり
マリア様のような光が差しているように感じます。女性の
よい友人を持てることはとても幸せなことですね~(^u^)

また、来月、ソウルへ引越しする前にスイーツをご一緒できれば!
とお約束をしてお別れしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/15

娘がそばに引っ越してきた~☆

martedi, il quindici gennaio 2008
sono le venti e dieci

          316
             『引越しケーキ』

 My daughter moved to near my home today.  She will work for
a new
boulangerie from next month!  Also she starts her new life
privately!

娘が今日、家のそばへ横浜から引っ越して帰ってきました~ヾ(´ー`)ノ
桜木町のランドマーク・タワーにある「Fortnum&Mason」も
退職することになりました。お店の人には、盛大に送別会
もしてくださったそうで、本当に有難うございました。横浜も
のんびりとしていて、とても住み心地はよかったようです。

    Sweetshouse
          『お菓子の家 Christmas 2007』 

チョコレートを回りにコーティングした「お菓子の家」です。
昨年のクリスマス時に店頭に飾る最後の「飾りパン」となりました。
サンタクロースが右下にいるのですが、ちょっとシャイなのか隠れ
てしまっています~(*"ー"*)♪

もうFMのユニフォームも着ることもないのでしょう。。朝早くから
(3時起き)よく沢山のパンを焼いて娘ながら頑張ったと思います! 

来月からは、日本橋の三越デパート店でチーフだった方の下で
赤坂にある新店舗で働きます! 大分、公表はされていますが、
また正式に働くようになったらお知らせ致しますね!!前チーフは
彼女を指導してくれた素晴らしいシェフの方で、忍耐強く教えて
下さったそうです。優秀なシェフなので、彼女もまたそちらへ
着いていきたかったようです。新しいパンを造ることも魅力に
感じるそうです。

Fortunm&Masonのパンをご購入して頂いて、有難うございました。
また、新店舗のパンもこれからご紹介して参りますね~☆
パン好きな方は、どうぞお楽しみになさってくださいませ。

***

      

続きを読む "娘がそばに引っ越してきた~☆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴェラスケス 『鏡のヴィーナス』 スペインへ凱旋帰国! 

domenica, il sei gennaio
sono le undici e quaranta

       Venusmirrors_3
          『鏡のヴィーナス(The Toilet of Venus)』
          ディエゴ・ベラスケス(Diego Velazquez)
   
              
1599 - 1660  

Since taking TOEIC test yesterday, I've been feeling some kind of
stress. So, I am very sorry that I was rude to my frind's mail.
 

TOEICテストを受けた翌日は、心身共になんだか宇宙をさ迷っている
ような気分であまり動けないでいますが、今日がお休みでよかったです。
こんな日は、ちょっとしたことで、キー(~o~)となってしまうので、当たって
しまったマイミクさん、申し訳ありません<m(__)m> なので、絵もボンヤリ
した方が気持ちが落ち着くみたいです~(^_^.)

こちらのヴェラスケス作、『鏡のヴィーナス』は少し変わっている絵でしょう?
女性が背を向けて寝そべり、天使に鏡を持たせて、自分の顔を映していま
すが、こちらにも視線を向けているような?でもボンヤリとしていますよね?

池上先生がいつも教えてくださるヴァニタス(blog記事)の象徴でもある
「鏡」ですが、今、若くてきれいに映っていてもすぐに歳を取ってしまうので、
一日一日を大切に生きなさいよ。人生は、かようにはかないので。。という
警告のメッセージを表しているそうです。私なども本当にあっという間
に歳を取ってしまって、年賀状には友人が孫の写真を掲載していたり。。
若かった私達もいよいよ~おばあちゃんかぁ~と今日も溜息でした。。(^_^;

このヴェラスケスの作品は、普段はロンドンの「ナショナル・ギャラリー」に
展示してあるのですが、一昨年、日本に素晴らしい作品を貸し出して
くれたプラド美術館が10月に新館をオープンさせた記念に、スペインへ
凱旋帰国したようです。
2007年11月20日から2008年2月24日まで開催
されているそうです。

詳しくは、下記のAFPニュースをご覧くださいませ↓
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2314712/2372159

17世紀に活躍したベラスケスの作品を中心にした展覧会
Velazquez's Fables. Mythology and Sacred History in the Golden Age 
(ベラスケスの寓話:黄金時代の神話と秘史)」は、
2008年2月24日まで開催され、同画家の28作品が展示される。

展覧会にはほかにも、同時代からそれよりも少し前に活躍した
ティツィアーノ(
Titian)、カラヴァッジオ(Caravaggio)、ルーベンス
Peter Paul Rubens)、ニコラ・プッサン(Nicolas Poussin)、
エル・グレコ(
El Greco)の作品、合計24点も展示される。
ポルタス氏によればベラスケスは、欧州の絵画、ベネチア絵画、
ルーベンスらフランドル派の画家と比較することにより、その
真価がわかるという。



豪華な展覧会で飛んで観にいきたくなりますね

----

      Titian1555_venus_with_a_mirrors
          『Venus at her Toilet』
           ティツィアーノ(Titian)
             1555年

ヴェラスケスは、ティツィアーノのこちらの作品と今度、来日する
ウルビーノのヴィーナス』に影響を受けたそうです。
ヴェラスケスが唯一描いた女性の裸体の絵ということですが、
とてもきれいで、私は大好きです!!プラド美術館のこの展覧会
にある作品が何点か日本へ貸し出されるのでしょうか?
ヴィーナスは永遠の美の象徴であり、私達を魅了し続けますね。

ヴィーナスの話題を書いていたら、少し元気になってきました。
やっぱり、芸術が一番癒してくれるようです~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

TOEIC 第136回 終わりましたね!

domenica, il tredici gennaio 2008
sono le ventidue e quaranta e sette

            Convention080113_2
                 レセプション・ホール@東京ビックサイト

How was your TOEIC test of today ?
It was so cold and windy day, so I had put Hokkaron on my BABA-shirt!!


TOEICを本日受験された方、お疲れ様でした<m(__)m>
今日は晴れると言う予報の天気予報でしたが、すごく寒く
風も強くて、おまけに会場が湾岸にある東京ビックサイトの中
だったので、この階段を降りるときは、吹き飛ばされそうな位
冷たい強風が吹いていました~(>_<)

前回の会場がちょっとひどかったので、コンベンション・センター
で大勢の人と試験をしてはどうでしょう?なんて提案めいたこと
を書いたら、本当に大きな会場で5, 600名は受験者が入る位
すごく大きなホールでした!! さすがに、設備は素晴らしくて
休憩するロビーもゆったりとして、お手洗いも広くてきれいで今回
の会場は申し分なしでした~(*'ー'*)♪

肝心のTOEICのテストですが、先ほどまで「TOEIC Britz Radio
を拝聴していたり、また他のサイトでも答え合わせをしていたりで
まだまだ興奮さめやらずといった所ですが、今回は、前回と比べて
難しいような気がしました。始めは簡単なんですが、それぞれの
パート毎にだんだんと難しくなっていくようでした。

リスニングは、ホールの高い天井に女性の高い声が響いてしまい
Part 2の短いフレーズが聞こえないときがあって、あれはちょっと
困りました~(^_^; Part 4の最後から2つめの問題も男性の声が
少し小さいようで聞き取りにくく、あれは録音ミスかしら??なんて
思ってしまうほどでした。Part 3とPart 4は、かなり聴いていないと
普通の人は難しいと思いますが、スクールの特訓のお蔭で上記を
除いては、ほとんど理解はできたと思いますが・・・?

私のテストは、シールがブルーでC2の方なので、答え合わせを
している所を見る限りでは、少数派のようですね!でも、いつも
とにかく早く読もうと焦っていたのですが、今回は、聴くのも読む
のもしっかりと聴いて、読んで回答しようとコントロールしました。
なので、終わったのもちょうど終了5分前でしたので、ピッタリな
時間配分だったかと思います。

リーディングは、Part 5の後半の語彙が、合っているかどうか
心配です。文法的にはじっくりと考えたので、以前よりは、
ひっかけ問題には気をつけてできたかもしれません。長文も
ダブルパッセージなどは簡単で最後は助かりましたが、同じ
語彙の選択問題がいくつか出たので、それが合っているかどうか?
というところです。TOEICらしい回答がやっと身についきたので
以前よりはリーディングは取れたかもしれません。

できたと思っても前回もあまり点数が上がりませんでしたので
今回もどうなるかわかりませんが、スクールで演習するのとは
全く違って、本番で違う環境の中、全く一人で受けるテストと
いうのは、英語力というよりも自分自身の中身も試されている

ようでたまに緊張する場に身を置くのもいいですね!

それでもTOEICばかりですと、幅広い語彙や文学的な味わいなど
が欠けてしまうので、これからは、TOEFLや英検など、その他の
資格も取ってみようと思っています。スクールの方はまた、3月に
戻るかもしれませんが、今まで習ったことを復習しておきます。

本日、お寒い中、TOEICの試験を受けられた方、本当にお疲れ様
でした!! これからも皆さんもお勉強、頑張ってくださいね!
たまには、このブログも覗きにいらしてくださったら幸いですヾ(´ー`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/12

[TOEIC Blitz Radio] 1/13 PM6:00-8:00☆神崎・前田・Jay先生 ネットラジオでTOEICテストをご解説!

sabato, il dodici gennaio 2008
sono le dieci e mezo

        Kasasagi
                 『カササギ』
                モネ

According to the weather forcast, it is supposed to be snowy today,
but it is just rainy today. However, it will clea up in the day of TOEIC, tomorrow!!

明日は、TOEIC136回目のテストがあります。
先月からあまり勉強しておりませんでしたが、今週になってから、
さすがに猛勉強で今までの復習をしております! 昨日は、

エッセンスの花田先生より3時間ちかく「TOEIC直前対策授業」
を受けまして、素晴らしいご解説でした。まだまだ、分からない
部分も多くてお勉強していかないと行けませんが、スクールの方は、
本日のリスニングが終了したら、少しお休みを致します。
エッセンスの先生の皆様には大変御世話になりまして、
感謝申し上げます<m(__)m>

ところで、本題ですが、TOEICの講師でも超活躍されている
次の先生方が、明日、TOEICが終了した日に、ネットRadioで
リアルタイムにご解説してくださるそうです!!TOEICのテスト
が終わると回答できたかどうかすごく心配で、ネット中情報を
集めますが、このような素晴らしい機会を設けていただけて
すごく嬉しいです!! 

企画をされたのは、TOEIC、英語の神様みたいな神崎正哉先生です。

   
TOEIC Blitz Blog

神崎先生のTOEICのご著書は、こちらから

以下は、神崎先生のブログより引用させていただきました。

放送用URL:
http://203.131.199.131:8050/toeicblitzradio.m3u

または
http://203.131.199.131:8050/toeicblitzradio

掲示板URL:
http://jbbs.livedoor.jp/study/9131/#1

掲示板はもう書き込み可能です。


TOEIC満点トリオ:

ヒロ前田(
TOEIC対策疑問ひたすら100連発 ←現在、炎上中!)

Jay(
今日から始める英語トレーニング

常野雄二郎(
常野雄二郎が英語学習について書くブログ

スペシャル・ゲスト(学習者代表):

masamasa(TOEIC征服日記

--

神崎先生、前田先生、Jay先生にはセミナーで直接お会いした
ことがありご教授も賜りました。 多分、常野先生もスクールの
どこかでお会いしたかもしれません。また、masamasaさんも~?

すごく楽しみにネットの前で控えておりますね!!
その前に、しっかりとテストも受けてこなければ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/10

☆サロン・デュ・ショコラ☆2008年@伊勢丹新宿店 1/23-1/28

giovedi, il dieci gennaio 2008
sono le ventuno e ventitre

        Img_01_2
       フランスの人気ショコラティエ10名の新作セレクション

今年も新宿の伊勢丹では、ショコラの祭典サロン・デュ・ショコラ
1/23(水)-1/28(月)期間、開催されます~☆

        Img_main

期間が短いので、アットという間に終わってしまいます。
上記の図版は、
HPからお借りした物ですが、こちらを拝見
するだけで、ショコラ好きとしては手を伸ばしたくなりますね!!

東京では6回目の開催となりますが、13か国の約50ブランドの
チョコレートが紹介されます。初来日するパトリック・ロジェ氏など
約30人のトップショコラティエが来場されます。ショコラティエや
パティシエによるセミナーやデモンストレーションが連日開かれる
ほか、ジャン=ポール・エヴァン氏らショコラティエによる作品が
楽しめるスペシャルプレビュー(前夜祭)が22日夜に開かれる、
とのことです。

-*-*-

      praryu
        
『プラリュ』2006年

フランソワ・プラリュ氏の特別セミナー&パーティ
 2006年

                 Evin_thumb2
            
『ジャン=ポール・エヴァン』2006年

---

    Cover

HANAKO」の最新号(1/10)にも特集記事として掲載されていました。
 ・What's Hot Special!! 東京の流行りモノ 今年も熱いショコラの祭典
    がやってくる! 伊勢丹新宿店「サロン・デュ・ショコラ」直前ガイド

こちらのダイエット特集もすごいですけど、ショコラの誘惑に勝てません(/_ ;)
 ・この1冊でもう誰も太らない!
   愛されるカラダのためのダイエット

---

続きを読む "☆サロン・デュ・ショコラ☆2008年@伊勢丹新宿店 1/23-1/28"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/09

[Dear Mr. Henshaw] written by Beverly Cleary

martedi, il otto gennaio 2008
sono le ventitre e quranta sette

        Henshaw_2
       [Dear Mr. Henshaw]
      
Beverly Cleary (著)
    「ヘンショーさんへの手紙」


年賀状が遅配らしくて、今日もそれで何件か知り合いとメールで
やり取りしていますが、皆様のところではいかがですか?

本日は、児童書なのですが、講談社のワールドブックス・シリーズ
で図書館で見つけた 「ヘンショーさんへの手紙」という本のご紹介です。
作者は、Beverly Cliearyさんというアメリカでも人気のある児童文学
作家で、本書で「ニューベリー賞」(毎年、児童文学で与えられる最高の賞)
を受賞しました。

小学2年生がお気に入りの作家へ手紙や日記を書くようにして
自分の気持ちを素直に表しています。離婚した両親への切ない思い、
愛犬がいなくなったときの悲しみ(電車で読んでいて思わず、涙が
出そうになって、隣のおじさんが覗き込んできたら、その隣りの
おじさんまでが覗きこんできました(笑))、ランチボックスのアラーム
セットの愉快な話、有名な作家に、自分の作品を褒めてもらう話、
ママとパパはどうして?と質問したり、最後は希望の光が見えた話、
などなど、実際の子供が書いているような視点でこちらの心へ響いて
きます。

     Mrhenshaw
           [Dear Mr. Henshaw]
    
Beverly Cleary (著)

両親が離婚した少年が一人で夜、家にいることがどんなに寂しいか
をこの小説で教えてくれます。でも、小説家になりたくて、好きな作家
に手紙を出すことで、文章が上手になり応募した短篇が、ある女性
作家より「あなたも作家よ、頑張って書き続けてね!」と褒めてもらえる
ことで、両親もとても喜んでラストはとてもよい雰囲気になります。

 A real writer called me an author.

 
You wrote like you, and you did not try to imitate someone else.
  This is one mark of a good writer. Keep it up!


もし、孤独で生きていかなくてはいけなくても好きなことで何か磨いて
いけば、将来、道が拓けてきますよ。と作者は語りかけています。

邦訳本もあります↓
       ヘンショーさんへの手紙
             [ ヘンショーさんへの手紙 ]
             B.クリアリー (著), 谷口 由美子 (邦訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

2008年 新春の美術展情報

lunedi, il sette gennaio 2008
sono le sette e dicisette

       Sweetpy_3

今日は小雨降る暗い一日でしたので、花屋さんの前を通ったとき
パァ~と明るい色につい手が伸びてしまったスイートピーでした~☆

さて、本日は新春から催される美術展・展覧会のお知らせをチラシ
とともにご紹介したいと思います。といいましても、私の興味ある
西洋(かぶれっぽい?)の方だけになるかもしれませんが・・・。

      Anker04_3
        アンカー展』@Bunkamura

先日も拙記事でレポートを書きましたが、とても丁寧で優しい絵が
沢山展示してありま
す。20日までBunkamura ザ・ミュージアム
開催しておりますので、ぜひ、ご覧になってくださいね!!

 ---

この「アンカー展」の後に、同館で2月2日より『ルノワール+ルノワール展』
があります。

           Renoir_2
          
 『ルノワール+ルノワール展

+会期は、2月2日から5月6日まで。
+展示概要 (
HPより)

印象派を代表する画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、
彼の息子であり、偉大な映画監督であるジャン・ルノワール。
ルノワール+ルノワール展は、歴史に名を残した二人の巨匠
に焦点をあて、父の絵画と息子の映画を同時に紹介します。
2005年パリで開催され、大きな反響を呼んだ展覧会を、
オルセー美術館の総合監修のもとお届けするものです。  

スペシャル・チケットなども販売さています。
展覧絵紹介のページには、父ルノワールの絵画と
   息子で映画監督のルノワールの映画の場面が対比で
   掲載されていて、面白いです!

ルノワールの絵は、だんだん自分が歳を取ってくると、
その描いている人間の暖かみが分かってくるので、
この頃、惹かれてみるようになりました。楽しみですね!


 ---

       Louvre   
      ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美

■東京都美術館
■会期: 1/24 - 4/6
■公式HP: 
http://www.asahi.com/louvre08/ 

18世紀のフランス宮廷時代の宮廷人が使用していた装身具や
美術品が約140点も展示されるそうです。とくに、マリー・アントワネット
の使用した装身具や化粧道具など興味がありますね~♪

イベントもなんだか、華やかな感じですので、何か参加できれば
と今から楽しみです。


 ---
      Rotolec
     サントリー美術館 開館記念特別展
ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて


■会場: サントリー美術館
■会期: 1/26-3/9
■概要:
   油彩画、素描、ポスター、版画、関連資料など約250点により、
  19世紀末パリの大衆文化に活躍した画家・ロートレックの多彩
   な活動を紹介します。オルセー美術館からの本邦初公開の
   油彩画、水彩画、素描を含むロートレックコレクションを
   はじめ、サンパウロ美術館など国内外の美術館から集めた名品、
   作家としても円熟期を迎え活躍した晩年10年間の版画、ポスターなど、
   ロートレック芸術の全てをご紹介いたします。

ロートレックのポスターや素描もいいですが、油絵もとても
大胆な構図と人間味が感じられて驚くほど素敵ですよね!
こちらもかなり力が入った回顧展なので、非常に楽しみです。


  ---
           Venus
            『ウルビーノのヴィナース展

■会場: 国立西洋美術館
■会期: 2008年3月4日(火)~5月18日(日)
■概要: 
 本展では、古代、ルネサンス、そしてバロック初めに至るまでの、
   ヴィーナスを主題とする諸作品を展示します。ヴィーナスの神話が、
   いかに古代の芸術家の霊感を刺激したのか、そして古代文化が
   再生したルネサンスにおいて、どのようにヴィーナスの図像が復活、
   発展したのかを、約70点の絵画、彫刻、工芸品等によって辿ります。
■公式HP:  
http://www.venus2008.jp  

ティツィアーノのヴィーナスの展示は、今年一番の美しい女神を
崇められそうで、また、日本中が沸き立つでしょうね!!その他
のヴィーナス像も拝見するのがとても楽しみです!!

  ---

           Derwin
                      『ダーウィン展

■会期: 2008年3月18日(火)〜6月22日(日)
■会場: 国立科学博物館
■概要:
 本展は、ダーウィンの人生をたどりながら、彼が生み出した
   偉大な業績に迫る展覧会です。会場では、ダーウィンの進化論
   の着想のもとになったガラパゴス諸島の生物のはく製から、航海
   に使った「ビーグル号」の模型、航海日誌、身の回りの品々など、
   様々な資料を展示します。

「種の起源」の進化論とは何であるか?様々な展示を見て
自分の生い立ち(?)の起源を探ってみる展覧会なので
お子様とご一緒にご覧になるのも楽しいかもしれませね!!


  ---

上記のように、新年から楽しみな展覧会が多いので、今年も
ブログ界の美術愛好家の皆様は、休日もゆっくりと寝ている
暇もなさそうですね!

会期日時に関しては、再度、HPなどでご確認くださいませ。
来場者が多いと会期が延長することが多々ございます。

では、今年も美術とともに、美味しいスイーツやブレッド、アロマ、
たまに音楽、お勉強のことなど頑張って書いて行けたらと思い
ますので、よろしくお願いいたします。尚、こちらのブログはTBの
受発信がよくできないものですから、ご迷惑をお掛けしますが、
コメントにリンク先のURLを書いていただければと思います。
まだ、寒い日が続きますが、美術館でも行って身も心も暖まり
ましょうね~(*'ー'*)♪             

     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「『ダ・ヴィンチ・コード』誕生の謎」 written by Lisa Rogak

domenica, il sei gennaio 2008
sono le ventitre

            Davinci
            「 『ダ・ヴィンチ・コード』誕生の謎
                   ライザ ロガック (著)

昨年の暮、図書館で面白い本を見つけました。
   「 『
ダ・ヴィンチ・コード』誕生の謎」という『ダ・ヴィンチ・コード』が
どのように書かれる様になったかを作者のダン・ブラウンの生涯
をとおして綴られています。

内容:

暗号を解くのが好きだった子供時代、音楽に没頭した学生時代。
やがて教師となったブラウンは、音楽と同じくらい好きだった
“書くこと”にのめり込む。デビュー作での苦労、担当編集者の
退社によるトラブルや出版業界の裏話、そして作家としての命運
をかけた『ダ・ヴィンチ・コード』の執筆秘話など、ダン・ブラウンの
波乱に満ちた半生をたどる。

      Davicidode
       「ダ・ヴィンチ・コード(上)」
        
ダン・ブラウン (著),

2003年の3月に「ダ・ヴィンチ・コード」が出版されてから、44ヵ国語に
翻訳され、全世界で4900万部を超える大ベストセラーとなりました。

それとともに、レオナルド・ダ・ヴィンチ旋風が巻き起こりました。
本書ばかりの影響とは思えませんが、レオナルドの展覧会が各地で
開催され、映画化もされたり、日本へも初めて《受胎告知》が到来したり
して、どこまでダ・ヴィンチ・ブームが続くの?っていう位、ここ3,4年
凄かったですね!

池上先生のご講演を何度も聴いたり、鑑賞会で作品を観たりして
いる内に、レオナルドがすっかりと身内のように感じるほど心の中に
大きく占めて生活を共にしていた感がしばらく続きました。今でも
レオナルドの作品が観たくてたまりません。何故ゆえに、こんなに
引き付けられるのか不思議ですが、それを知るためにもこちらから
絵を観に会いに行かないとならないかもしれませんね!

続きを読む "「『ダ・ヴィンチ・コード』誕生の謎」 written by Lisa Rogak"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

* Galettoria * Gallette et Crépe Déjeuner

domenica, il sei gennaio 2008
sono le ventuno e tre

         Galettoria02_2
                    * Galettoria *

娘が知り合いと渋谷で合うと言うので、ランチだけ一緒にすること
になって、Bunkamuraから松涛美術館へ向かう途中の坂の中ほど
にありますガレットとクレープ専門店  * Galettoria * に行って
参りました~(*"ー"*)♪

         3   
         番号札も洒落ていますね~☆

蔦の絡まった外観もフランス的ですが、店内も素晴らしい内装で
さすがに、本店がフランスのインテリア雑貨、家具、衣料品の
輸入会社「
マニー」さんだけありますね!!(Map)

    Main_2   
           アップル・シードル&ガレット

ランチ・メニューで私は、ブルーチーズと卵と胡桃とリンゴが入った
ガレットを頼みました。まるでクリスマスのリースのようなトッピング
で思わず歓声ヽ(^o^)丿を上げてしまった位、美しいデコレーション
といいますか、盛り付けですね~☆☆☆

    Shiobatter
           塩バターキャラメル・クレープ

娘が「塩バターキャラメルのクレープは美味しいよ!」というので、次に
クレープを頂くと、本当にバターとメープルシロップがほどよく溶け合って
Ce trebon!! でしたヽ(^o^)丿 とっても色合いがきれいでなんとも美しい
クレープですね~☆☆☆

インテリアもとても素敵で、2階は特に日が当たって自宅にいるような
寛げる雰囲気がします。置いてあるフランスのインテリア雑誌も趣味
がよくて、娘と大満足のランチでした~(*'ー'*)♪

ただ、まだ開店して間もないのか、あまり接待してくださる方は慣れて
いないようで、もうちょっとキメ細やかさがあったら最高でしたが、あれ
だけの雰囲気と味なら今後も人気が高まるでしょうね!!

アップル・シードルが結構、量があったせいか、帰り際に少しフラフラ~
と渋谷まで歩いて行ったので、まだまだお正月気分は抜けていませんが
素敵なガレット&クレープランチを娘と過ごせて幸せでした☆。・・゚♪☆('∇^*)☆♪。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/05

『アンカー展』@Bunkamura

sabato, il cinque gennaio 2008
sono le dodici e ventisette

          Anker04
             アンカー展』@Bunkamura

というわけで、3日の日はVTCツアーの一貫でもありましたので、
La Saison のパン屋さんから明治神宮でお参りをして、ランチを
いただいてから、Bunkamuraで開催している 『
アンカー展』を
最後に、わん太夫さんmiemieさんとご一緒に観て参りました。

    Anker03
       『おじいさんと2人の孫』1881年
          油彩・キャンヴァス
         ブロッハーコレクション

スイスの自然主義の画家アルベール・アンカー(1831-1910)については
3人とも知りませんでしたが、とても優しいタッチと「光」の美しさが際立って
いて、鑑賞した後は口々に、「とても穏やかな気持ちになれるいい展覧会
でしたね!」といい合えるほど、優しさが画面いっぱいに溢れていました。

老人と幼い子供たちを写実的で卓越した精緻な画風で描いています。
上記の絵は、特に、優しいバロック調のラ・トゥールの光にも似ていて、
少女と赤ちゃんに焦点を当てた光が崇高さを表しているようでした。

  Anker_2 
          《おじいさんとおばあさんの家》 1892年
                           油彩・キャンヴァス
             ラインハルト美術館

3人が一番感激したのは、こちらの暖炉の前に腰を降ろしている
おじいさんと幼い孫が二人とおばあさんが背を向けている絵です。
暖炉の暖かなわずかな光に照らし出される平和に満ちた静寂な
世界が人間の本来の安らぎに通じているようで素晴らしいですね!

       Anker01_2
          《窓辺で編み物をする少女》 1885年
                           油彩・キャンヴァス
                個人蔵

窓辺の光が照らし出す美しさは、北方絵画の特色ですが、
少女の金髪と白いブラウスに当たる輝きは、詩的で永遠
の時が流れているかのようです。髪の毛の一本一本、服地
の縞の線もどこまでも精緻に描き込まれています。全体から
醸し出す上品な柔らかさに包まれて夢のような世界です。
アンカーがお気入りのモデル、グッガー姉妹のお姉さんか
と思いますが、わが娘も少女のときにこのような表情をする
時期があって何かに夢中になっている時はこちらも惹き付
けられるものですね。

       Mary
                     『マリー・アンカーの肖像』 1881年
              油彩・キャンヴァス
                             ベルン美術館蔵

最後にですが、娘さんを描いた作品です。とても知的に描いて
やはりどこか村の子供たちと一線を引いているように感じます。
アンカー自身は秋から春だけパリに過ごし、夏だけスイスの
故郷に戻って絵を描いていたそうです。娘さんはパリのリセに
でも通っていたのかもしれませんね。お嬢さんの顔にだけ
ハイライトを付け、キリットした面持ちで都会の雰囲気が感じ
られて、私は好きでした。

牧歌的な作品も様々な光が、中世からのバロック的だったり
北方絵画特有な窓辺の灯りだったり、バルビゾン派の柔ら
かな陽射しだったり、ときに印象派の明るい外光を取り入れ
たりと様々に時の流れを感じさせて、やはりヨーロッパの中
ほどに住んでいる文化圏の多様性のある豊富な味わいが
絵から感じ取れました。

僕のピアノコンチェルト」というスイス映画を昨年観ましたけれど
言語が主にドイツ語で、時折、フランス語やイタリア語や英語も
混ざって会話していたので、スイスの多言語国家としての影響が
絵にも表れるようで、とても面白い感慨を持ちました。

私は光溢れる印象派の絵も大好きですが、室内や暖炉や蝋燭
から灯される内省的な柔らかい絵も好きですので、お正月草々
このような素敵な絵を拝見できて、優しさに満ちた気持ちになれ
幸せでした。

半日ほどのツアーでしたが、この後、ドゥ・マゴ・パリで一杯づつ
ワインとビールで乾杯し、美味しいスイーツで、参拝から絵の
鑑賞までご一緒できたお二人と談笑してお別れをしました。

お二人のお優しさにも感激した年初めを迎えられて、今年一年も
大変なこともあるかもしれませんが、アンカーの絵のように穏やか

な気持ちを持ち続けられる日々を送れたらと思っています。       

続きを読む "『アンカー展』@Bunkamura "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/04

 明治神宮へ初詣  1/3 '08

venerd, il quattoro gennaio 2008
sono le venti e trentaotto

              Meijijingu
                         南神門  明治神宮

お正月、3日目で、お天気がよいこともあって、日の光が透き通って
清々しい初詣日和となりました\(^o^)/

わん太夫さんが、『西参道』から入ると本殿まで近いのでと、道中、
東京乗馬倶楽部ウマ、代々木ウマポニー公園、オリンピック選手村走る人
代々木公園などを軽くガイドしていただきながら通り抜けると
西参道口』に着きました。

      Nishikamimon
                   西神門

明治神宮へは大体、菖蒲園を観る頃に行くので、お正月の混雑は
あまり体験していませんでしたが、「西神門」辺りはそれほどでも
なかったです。し・・しかし・・・!

      Meijijingu03
                 明治神宮  本殿

原宿の『表参道口』から着た人たちが、上記の「南神門」の所で
入場制限されているではありませんかっ!! 大勢の人たちが
まだ、ズラーと並んでいるようでした。 『西参道口』から入ると
こんなに簡単に本殿にたどり着けるなんて、わん太夫さんに
教えて頂いて大変助かりました~\(^o^)/

本殿の前にシートが敷かれているので、端からお賽銭を投げて
お参りをしてきました。お天気も大変よかったこともあり、抜ける
ような青空の中を、いつもと違うルートを歩いてきたのと、すごい
人たちが本殿に集まっていたり、おみくじも普通と違う文言だった
りで、いつもと違う「初詣」のような感覚がしました。明治神宮は
ほかの神社と桁違いにスケールの大きさが違うからかもしれま
せんね~☆

それから、NHKの前を通り過ぎ、TOBU HOTELで3人で新年会
ランチをして、お互いにお正月に過ごしたことなど話し合って
ホッと一息~(o^~^o)

それから、Bunkamura に向かい、いよいよ「アンカー展」を
観ることになりましたヽ(^。^)ノ

続きを読む " 明治神宮へ初詣  1/3 '08"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブーランジュリー ラ・セゾン@参宮橋

venerdi, il quattoro gennail 2008
sono le dicisette meno nove

    Lasaison
           ブーランジュリー ラ・セゾン@参宮橋

3日(木)、明治神宮に初詣に行くために、小田急線の参宮橋駅で、
わん太夫さんとmiemieさんと待ち合わせをしました。わん太夫さんが、
  「近くに可愛らしいパン屋さんがあるので、ちょっと行きましょう。」
ということで、1分も歩かない所の半地下に当店がありました。

娘の師匠である志賀氏のお店「シニフィアン・シニフィエ」も半地下
でしたので、パン屋さんは半地下の方が、酵母などの保存状態が
よく保たれるのでしょうか? 

     Bread_2

お店の方に許可を頂いて、パンのお写真を撮らせて頂きました。
店内はそれほど広くはないのですが、上と下の写真のとおりに
コの字型に、美味しそうなパンが並べられています。

     Bread2

奥には大きな窯(パンを焼くオーブン)があって、シェフの方(?)が
パンを焼いているのが見えます。上の写真の右奥に王冠付きガレット
が販売されていました。

        Deroi_pic
          HPからお写真と記事を拝借しました。

ガレット・デ・ロワはイエス・キリストが神の子と
して見い出された公現祭、1月6日に食べるという
フランスの伝統菓子です。
パイのサクサク感としっとりとしたアーモンド・
クリームのガレット・デ・ロワをお楽しみください。
かわいい陶器人形フェーブと王冠がセットになって
1,800円(税込)です。1月31日までの限定販売、
ご予約も承っております。

この時期だけの限定なので、近くでしたらミニチュアと
一緒に購入してみたいです~☆

「栗の入ったパンが美味しいですよ!」とわん太夫さんが
二人にプレゼントしてくださいました<m(__)m>

私も他にもパンを購入して家で頂いたら、すっごく美味しかったです!!
シェフは、
浅野屋さんで修行された方なので、さすがにパンの
美味しさを引き出していて、どちらかというと日本人向きに少し
甘く柔らかく作ってありますので、お年寄りの方も食べ易いかも
しれませんね~(^O^)/

外観も素敵でしたけれど、このようなアットホームな感じな
パン屋さんを将来、娘が持てたら最高ですね~)^o^(

この後、3人で明治神宮まで、テクテクと向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/02

☆ Star Herb Cookie ☆

mercoledi, ile due gennaio 2008
sono le undici e sei

       Suisen_3

お正月二日目も穏やかで、いい日和ですね。
水仙が活き活きとしてまだきれいに咲いています!

二日目も娘がクッキーを作ろう!ということになって
粉と格闘していました。クッキング・シートをどこか奥に
しまってしまったので、テーブルの上で直接、バターと
粉と卵を混ぜ合わせて、生地だけ作ってくれました。

   Cookie_2

                Cookie2

    Kijicookie_2

ただ今、生地を冷蔵庫で寝かしています。
これから、実家へ行って新年の挨拶をしてきてから、
私一人で焼くので、ちょっと心配ですが、上手く焼けたら
また、この後にアップしますね~~o(*^▽^*)o~♪

       Futuka

お節もだんだん残り少なくなってきました。暮に築地で
購入した蒲鉾やイクラや数の子に栗きんとんもすごく
美味しかったので、やっぱり今年の暮も築地まで買出し
することに決めました!! 残りご飯でドリアも作ったら
美味しくできたので、ちょっとアップです~ヾ(´ー`)ノ

---
というわけで、実家に行きまして、またお節料理を
頂いて参りました。やっぱり、母の年期が入った煮物
には敵いません。

       Bachan_2

そして、駅で降りて改札を出ると、「Julia(仮)さ~ん!」
と声をかけられたので、振り向くと以前住んでいた所の
下の階のご夫婦に呼び止められました。お互いに子供
二人が近い年齢でしたので、よく一緒に遊んでは食事
をした仲でした。思い出話をしているとなんだかジ~ン
ときちゃって、涙がボァ~と出てくる始末・゚゚・(×_×)・゚゚・。
バブルの頃でちょうど豊かに過ごした子供たちももう
それぞれ成人して働くようになったのですね!

家に到着すると、すぐにクッキーの生地を取り出して
焼いてみました。ラベンダーとローズマリーを少し
トッピングして焼いてみましたので、大人の味わいが
します。

     Herbcookie 
        スター・ハーブ・クッキー

娘はこちらの本の「パート・サブレ」のレシピをお手本に
したようです。

    Basicfrench
    フランス菓子基本の基本―ル・コルドン・ブルーに学ぶ
    ル・コルドン・ブルー東京校

細かいところまで図版を何枚も使って、作る工程が分かり
やすく書かれています。語源なども書かれているので、
さすが、フランス菓子の名門校らしい教科書となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cake a l'orange fraiche - 初オレンジ・ケーキ

martedi, i uno gennaio 2008
sono le undici e quattoro nove

        Cake090101
     フレッシュ・オレンジのパウンド・ケーキ with my herb

娘の話題が増えます、と書いた途端ですが、元旦から明日
まで娘が遊びにきていますので、早速、ケーキでも作ってみま
しょうか!!となって、二人で作りましたのが上のケーキです!

バターとオレンジが足りなかったので、近くのスーパーに
行ってみるともう元旦から営業しているなんて、ちょっと嬉しい
驚きでしたが、無事、オレンジとバターと生クリームまで調達
できて、助かりました~ヾ(´ー`)ノ

    Kiji
      オレンジの皮と果肉が入った生地

バターをあわ立て器で白っぽくなるまであわ立て、
砂糖を加えてさらにあわ立てます。そこへ卵を入れ、
粉とベーキングパウダーを2、3回に分けてさらに
混ぜ合わせていきます。娘は、これでもかと言うほど
「暑い!暑い!」と言いながらグルグル、あわ立て器
で白くなるまで粉を混ぜ続けていきます。

私はその間、オレンジの皮を薄く剥いて、千切りに
したり、オレンジの果肉を切ったりとオレンジ担当です!

そして、上記の生地とオレンジを混ぜ合わせて、パウンド型
に生地を入れて、180度のオーブンで約40分焼きます。

      Shittori

生クリームも泡立て、以前から作っておいたラベンダー・
シュガーと混ぜ合わせます。早く食べたいので、上に
ドサッと生クリームとオレンジの果肉を乗せてしまったので
少し、不恰好になってしまいましたが、しっとりととても美味しい
オレンジ・パウンド・ケーキができました~☆

だんだん焼きあがってくると、オレンジの香りが家中に
広がってとても幸せ感を感じま~す(*'ー'*)♪ 新年早々
娘と一緒に作ったオレンジ・ケーキは格別の美味しさでした(^O^)/

このオレンジ・ケーキのレシピは、次の本を参考にさせて
頂きました。

    Kobayashikanae
        「マドレーヌを焼きにパリへ
    小林 かなえ (著)

内容:
はちみつのマドレーヌ、抹茶のフィナンシエ、ガトー・ショコラ…。
本場「ホテル・リッツ」や「オテル・ド・クリヨン」、三ツ星レストラン
の厨房で学んだお菓子の数々を、パリの雰囲気たっぷりに
紹介する。

    Book
    本書のオレンジ・ケーキ

娘が作りながら言っておりましたが、
「お菓子の本は、簡単に作り方が書いてあるけれど、
粉一つ混ぜ合わせるだけでもコツがいるので、
何度か失敗してみて、成功するんだけどね!」と。
確かに、私もよく膨らまないケーキを作ったりしたの
ですが、あのホィップの時間が長いのには、やっぱり、
日頃からパン造りで鍛えているカンと腕の筋力が
物がいいそうです~(^_-)-☆

元旦から一緒にケーキ造りをして、楽しかったです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

Happy New Year 2008!!

martedi, i uno gennail 2008
sono le uno e quindici

      Kiyomizudera_4
          = 京都 清水寺の朝焼け =

 新年明けましておめでとうございます。
  本年も何やかや好きなことを書いて参りますので
  よろしかったら、こちらまでたまにはお立ち寄り
  下さいませ。

 今月の半ばに、娘が近所に戻って参ります。
  また、娘の話題が増えるかと思います~☆

 本年もブログやmixiの皆様とも仲良くお付き合い
  くださいますようお願い致します<m(__)m> 

  - 2008 元旦 -

  Julia

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »