« ークリスマスに歌い奏でる贈り物ー 古楽 (リラ・ダ・ブラッチョ含む)演奏会のお知らせ 12/15(土) | トップページ | * Aromatic Christmas Event * * Art Soup & Honey Candle * »

2007/12/09

"THE NOTEBOOK" written by Nicholas Sparks

domenica, il nove decembre 2007
sono le ventiuno e trentatre

TOEICのリーディングのために、とにかく英文を沢山読んで
おくことが必要なので、ペーパーバックを2週間位で一冊
読み上げました。こちらの小説ですが、「愛」がいっぱい
詰まっていて、すごく面白かったです~☆

        Spakelsbook_2
        "THE NOTEBOOK"
                  Nicholas Sparks (著)

あまり映画でも恋愛物は見ないのですが、始めはそんな
雰囲気も感じさせないような南部の片田舎の町で暮らしている
男性の話から始ります。昔の彼女のことが忘れられなくて、

まるでその回想の世界で生きているようでしたが、その彼女が
14年振りに突然、彼の元へ戻ってきます。そして、再会の喜びと
二人が本当に愛し合っていく夢のようなシーンと甘い世界に
満ち溢れている幻想的な場面が素晴らしいです~☆   

その後、妻がアルツハイマーになってしまっても主人公ノアが
彼女のそばで、いつも手を取って、二人の愛の軌跡を綴った
ノートを読み聞かせていると、時々はそれに彼女は反応します。
それは医者達がありえないことだと驚いているほどです。最後に
彼女がノアのことに気がついて、「I love you, Noah」と奇跡のように
囁く瞬間があります。二人の深い愛が彼女の記憶を一瞬でも呼び
覚ましたようで、とても感動的でした!!


作家、Nicholas Sparksの奥様の祖父母を元に描かれたお話だ
そうです。英文はとても易しく読みやすいです。ぜひ、英語が少し
できる方は英文で読まれてみてくださいね。映画でも2005年に
上映されたとのことで、映像でも観てみたくなりました!

   きみに読む物語 スタンダード・エディション
           きみに読む物語」DVD

英語なのにお話に深く惹かれて、英文でないかのような錯覚を
してしまうほど、とても入り込みやすい文章ですので、ぜひ、人生
の「愛」のテーマとして勉強になりますので、ご一読くださいませ。

すでに、邦訳本があったようです。さすが、ベストセラーは違いますね。

    きみに読む物語

        きみに読む物語
        ニコラス スパークス (原著),
        雨沢 泰 (翻訳)

  

|

« ークリスマスに歌い奏でる贈り物ー 古楽 (リラ・ダ・ブラッチョ含む)演奏会のお知らせ 12/15(土) | トップページ | * Aromatic Christmas Event * * Art Soup & Honey Candle * »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

Juliaが肉食するの?

投稿: BlogPetのJenny | 2007/12/10 11:02

こんにちは。これ、ビデオで見ました。
オープニングの真っ赤な夕日に向かって、カヌーをこぐシーンが、とても美しく印象に残っています。
劇場の大画面で見たかった映画です。
ストーリーには泣けました。

投稿: 一村雨 | 2007/12/12 05:16

>一村雨さん

わぁ~一村雨さんもご覧になられたのですね!!

>オープニングの真っ赤な夕日に向かって、カヌーをこぐシーンが、とても美しく印象に残っています。

そうなんですか~ヾ(´ー`)ノ
ぜひ観てみたくなります!
白鳥が舞っている例のシーンもきれいでしょうね~☆

>ストーリーには泣けました。

そうですね!単たる恋愛モノというより何か
生涯を通して大切な「愛」を教えてくれるようでした。
それにしても最後は壮絶ですね!

投稿: Julia | 2007/12/13 00:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "THE NOTEBOOK" written by Nicholas Sparks:

« ークリスマスに歌い奏でる贈り物ー 古楽 (リラ・ダ・ブラッチョ含む)演奏会のお知らせ 12/15(土) | トップページ | * Aromatic Christmas Event * * Art Soup & Honey Candle * »