« 特別展「文豪・夏目漱石」-そのこころとまなざし- @江戸博 | トップページ |  「血みどろの西洋史狂気の一〇〇〇年」池上 英洋 (著)読後に、分かった「ムンク」展 »

2007/11/04

矢野沙織 サックス奏者 - NHK「一期一会」 

domenica, il  quattoro novembre 2007
sono le nove e tre quarti

         Cocb53685
          矢野沙織(HP)/Little Tiny
          2007年11月21日発売

昨日、MHKテレビで「一期一会 キミにききたい!」を偶然
見ていたら、「ジャズサックス奏者xスタイリストの卵」という
取り合わせで、サックス奏者の矢野沙織さんのことを初めて
知りました。

スタイリストの卵の方はアシスタントとして一年半ほど働いた
けれど、人間関係のことや仕事に自信がなくて仕事を辞めて
落ち込んでいる所に、21歳にしてもうニューヨークの大御所と
レコーディングするほどのプロとして誇りを持ってプレーして
いる矢野さんに合い、3日間の間に矢野さんの話を聞いている
内に、また、自分も頑張る!と最後は瞳を輝かしていく、という
とてもいいお話でした。

  Disco11
  -- '07.06.20 Release --
  2nd single

  I & I  
*花王 “ASIENCE” CM曲

花王“ASIENCE”のCMにも彼女の新曲とともに
ご出演されていたそうですね!あまりテレビを
見ないので残念でしたが、いつもアジアを代表
するような女性を起用しているようです。

--
矢野 沙織 Saori Yano (Biography)
1986年東京出身、9歳のときブラスバンドでアルト・
サックスを始める。チャーリー・パーカーに衝撃を
受けジャズに傾倒、14歳でビリー・ホリデイの自叙伝
に感銘し、自らジャズクラブに出演交渉を行って
ライブ活動をスタート。ジャズの名門SAVOYレーベル
日本人アーティス第2弾として2003年9月、16歳で
センセーショナルなデビューを飾る。
--

NHKの番組内でもニューヨークで一緒に演奏した
大物プレーヤーが「毎日、まじめに練習していて
とても謙虚なのに教えられ、自分もまだまだこれから
なので、ただひたすら練習して謙虚に頑張ってサックスを
弾いていく。」と仰られていました。弱冠21歳なのに、
「これで、飯を食っている。」と言う言葉に感動しました!

また、とてもオシャレなんですね!アーティスト系の人たち
の魅力が放つオーラを十分兼ね備えて、このように21歳に
して、「飯を食う」という凄みもある彼女にこれからも素敵な
演奏をし続けて欲しいと思います。ただ若くてきれいな子が
演奏している、というマスコミに呑まれないよう実力のある
プロのプレヤーとして活動できることを、陰ながら祈って
おります


矢野沙織 オフィシャル ブログ

☆☆☆

         Favarite
        My Favorite Things
         
John Coltrane

サックスといえば、アルト・サックスの名手、ジョン・コルトレーン
ですが、私は若い頃の彼氏がジャズファンだったので、よく
この「
My Favorite Things 」を一緒に聴きました。
キャー ヾ(≧∇≦*)〃すごい大昔のことですが懐かしいです~☆

サックスの持つ哀愁を帯びたバラードなども心にジーンと
きますが、この「
My Favorite Things」は今でもあの3拍子の
リズムと最後のトリルで高らかに盛り上がっていくエンディングは
素晴らしくて今でも心の中で鳴り響いています~~♪♪

----
音楽は人間の心の表現、あるいは人間そのものの表現であり、
まさにいま起こっていることを表現するものだと思う。それは
すべてを、人間のすべてを表現するものだろう。
/ジョン・コルトレーン

|

« 特別展「文豪・夏目漱石」-そのこころとまなざし- @江戸博 | トップページ |  「血みどろの西洋史狂気の一〇〇〇年」池上 英洋 (著)読後に、分かった「ムンク」展 »

+2007年 美術・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/16969047

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野沙織 サックス奏者 - NHK「一期一会」 :

» 矢野沙織関連サイト [矢野沙織web]
矢野沙織に関する情報ページです。 [続きを読む]

受信: 2007/11/25 17:12

« 特別展「文豪・夏目漱石」-そのこころとまなざし- @江戸博 | トップページ |  「血みどろの西洋史狂気の一〇〇〇年」池上 英洋 (著)読後に、分かった「ムンク」展 »