« 映画 『グレン・グールド 27歳の記憶』 生誕75周年企画  | トップページ | 川合玉堂展 没後50年@山種美術館 »

2007/10/27

映画: 『グレン・グールド 27歳の記憶』 レビュー+ Upcoming 『マリア』&『レンブラントの夜警』

sabato, il ventisette ottobre 2007
sono le dicisei e tredici

先日お知らせしたグールドの生誕75年周年企画の映画

 グレン・グールド 27歳の記憶

を、「銀座テアトルシネマ」で観て参りました。

  Gould_2  
  Golden Gould~平野啓一郎と辿るグレン・グールドの軌跡
  グールド(グレン) (演奏)


Off the Record /  On the Record」
と題してドキュメンタリー的な2作品で構成されています。
最初は、グールドが子供の頃に家族と過ごしたという
トロント郊外にある小さな町の別荘内での演奏と犬と
別荘の周りを散歩している自然な姿を写しています。
グールドが練習するのに一番落ち着いているというのは、
このようなきれいな湖畔のそばで緑溢れる場所であった
のを見ることができて、とてもよかったです!

その時に弾いたバッハの「フーガの技法」は本当に魂が音に
吸い込まれていくように美しく荘厳でした。確かに、人は彼を
変人と見なすかもしれないけれど、幼い頃過ごした両親の
思い出や愛が残っている静かな湖畔で一人静かに演奏する
ことが、一番落ち着いて彼の演奏スタイルを高めていったのが
分かるほど、そのピアノ室に溢れる陽光と湖畔の水の輝き
から感じ取れました。

2つ目は、New Yorkのスタィンウェイ内にあるプロのピアニスト
専用室でピアノで音を試していたり、CBSでの録音風景などを
映し出していて、貴重な映像だったと思います。1960年代の
活気溢れるNYの街並みに、なんていうか全然、服装もヨレヨレ
な風貌と毛糸の手袋をして、彼専用の折りたたみ椅子を持ち
歩く姿はクラシック界の人らしくない感じですが、またその飾ら
ない姿も見れてよかったです!

バッハのイタリア協奏曲を録音直後のことですが、彼自身も
快心のできだと思ったのか、普通は手をものすごく大事に
しているので人と握手することを拒否している人が、自ら手を
ディレクターに差し伸べて握手をし、成功を喜んでいる姿が
胸を打ちました。

確かにピアノの弾き方は、小さめの椅子でピアノに埋まって
しまうように弾くので、見ていて決して美しくはないのですが、
3歳から絶対音感が備わっていて、一日中ピアノを引き続け、
11歳でもうプロの域に達していると見なされる神童であったのが
そのまま成長し、「卓越した技術+神の音」に近づこうとして
心からピアノを演奏していることが伝わりました。

短いドキュメンタリー映画ですが、グールドの音の原点に
なるべく練習風景と録音現場の2ヵ所を見れたことは
これからもグールドのピアノを聴いていく上でも私の心に
深く残っていきそうです。

-----

そして、映画館においてあったチラシでこれから上映される映画で
気になった映画を2つご紹介します。

 Maria_2
    マリア

 キリスト誕生の裏にあった、ひとりの女性の物語
 『最後の誘惑』『パッション』『聖衣』…イエス・キリスト
 を描いた映画は数々あるが、キリスト誕生に至る
  母マリアと父ヨセフの物語は今までほとんど映画化
  されることはなかったそうだ。マリアがひとりの女性
  としてどう葛藤し、妻としていかに愛を育み、母として
  どう決心したかをつぶさに描き出している。

  シャンテ・シネ、テアトル タイムズスクエアほか全国にて
 12月1日(土)上映されるそうです。クリスマスにはピッタリ
  の映画ですね!

-----

 Yakei_2   
 レンブラントの夜警

美術史に燦然と輝く画家レンブラントの最大の謎――
なぜ、莫大な富と名声を極めた画家が、転落の人生を
歩んだのか?謎を解く鍵は、オランダの至宝で門外不出
の名画「夜警」に隠されていた……

2008年1月12日(土)ロードショー
テアトルタイムズスエアなどで上映されます。

新年早々、レンブラントファンにはたまらない映画が
上映されますね!

|

« 映画 『グレン・グールド 27歳の記憶』 生誕75周年企画  | トップページ | 川合玉堂展 没後50年@山種美術館 »

▲2007年 映画」カテゴリの記事

コメント

うわお~~~!!!
この2作品、まったくノーチェックでした!
見に行かないと~~~。

情報、ありがとうございました!

「レンブラントの夜警」はツアーにしましょうか?

投稿: すた | 2007/10/29 11:42

すたさん

コメント、ありがとうございます~☆

>情報、ありがとうございました!

いえいえ~こちらこそお役に立てて嬉しいです~ヾ(´ー`)ノ

>「レンブラントの夜警」はツアーにしましょうか?

おぉ~いいですね~!!
新年早々ですが、すたさんが大好きな「レンブラントの夜警」ですものね! 新年会を兼ねてツアーで観るのも楽しそうですね~\(^o^)/

投稿: Julia | 2007/10/29 21:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画: 『グレン・グールド 27歳の記憶』 レビュー+ Upcoming 『マリア』&『レンブラントの夜警』:

« 映画 『グレン・グールド 27歳の記憶』 生誕75周年企画  | トップページ | 川合玉堂展 没後50年@山種美術館 »