« 映画: 『グレン・グールド 27歳の記憶』 レビュー+ Upcoming 『マリア』&『レンブラントの夜警』 | トップページ |   ☆ ゆずでツルツルお肌に (*゚ー゚)♪ ☆ »

2007/10/29

川合玉堂展 没後50年@山種美術館

lunedi, il ventinove ottobre 2007
sono le ventuno e quattrosette

            Gyokudo_2

         

久しぶりに上記のしっとりとした日本画を観て参りました。

     川合玉堂展 没後50年@山種美術館
    

川合玉堂氏の作品はどこかで拝見していて、とても心に残った
こともあってチケットを譲ってくださる方がいたので、楽しみに
週末に観て参りました。

     Exh_0709_pic6
              《早乙女》 1945年

鳥瞰的な構図で働く女性と自然が調和していて素晴らしいと
思いました。特に一人女性が立って、後ろの手ぬぐいを直して
いる細かい描写に人間愛を感じます。畦道に沿って描かれて
いる葦の色使いもとてもきれいでした。

    Akibare
             《秋晴》  昭和10年頃
              川合玉堂

今回、こちらの作品がぐっときました!とてもシンプルだけど
手前の紅葉した葉と水辺の細やかな線だけですが、とても
清々しくて秋の澄み渡った空も見えてきそうですね!

先日、グールドの映画を観にいったときも湖畔でインタビュー
を受けていましたが、グールドもこちらの絵がきっと気に入る!
と瞬時に思いました。

    Kawai
           《渓雨紅樹》 1946年
            川合玉堂

こちらは旅人が霧深い中、渓谷を番傘を差して歩いています。
広重の世界を思わせますが、風車に流れ打つ水とと手前の
紅葉した木々の何気ないコントラストが美しいと思いました。

その他も自然が遠近法を使って描かれているので、日本画
のような西洋画のような新しい画法を感じさせます。レオナルド
が開発したスマフートのような技法も使われていたそうで、霧が
かかった野山が淡く表現されていて、心が吸い込まれそうでした。

このような優しい眼を持った画家がいたことにものすごく感銘
を受けました。日本が失いつつある日本の故郷の心と原点を
拝見できて、少し心が揺らいでいる日でしたので、絵から受ける
優しさのオーラに包まれて、そのままなんだか両親に合いたく
なり、実家へ帰宅してしまったくらいです。日本人に生まれて
良かった!と思える絵を拝見できてとても嬉しかったです。

11月11日(日)までの会期ですので、ぜひご覧になって下さい。

 

|

« 映画: 『グレン・グールド 27歳の記憶』 レビュー+ Upcoming 『マリア』&『レンブラントの夜警』 | トップページ |   ☆ ゆずでツルツルお肌に (*゚ー゚)♪ ☆ »

+2007年 美術・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/16914714

この記事へのトラックバック一覧です: 川合玉堂展 没後50年@山種美術館:

« 映画: 『グレン・グールド 27歳の記憶』 レビュー+ Upcoming 『マリア』&『レンブラントの夜警』 | トップページ |   ☆ ゆずでツルツルお肌に (*゚ー゚)♪ ☆ »