« 皆既月食 8/28 Lunar eclipse 2007 | トップページ | 「マロー・ブルー」に魅せられて~☆ »

2007/08/28

☆ 恋する乙女の美とパワー ☆

martedi, il ventotto agosto 2007
sono le ventuno e tre-quarti

         Tisaneria
      抹茶ラテとグレープフルーツパイ

今夜は残念ながら、皆既月食は東京では観られなかった
ようですが、北海道や各地で幻想的なオレンジ色した「月」
が見られたと、ニュースで先ほど拝見しました。

今日は久しぶりに前職でご一緒して美しい娘のようなF姫
と先日もわが娘と行きましたティサネリーアで楽しい時間を
過ごして参りました。

    Monrow 
        F姫のモンローバック

私の娘もそうですけれど、女性は本物の恋をすると
内面から美しくなるというか、何も言わなくてもパワ~が
ウワァ~と力強くみなぎっていて、こちらの方がその気力
に圧倒されそうになります~(*^_^*) 

   Roseup


「Juliaさん、結婚するようになったら遊びに来てくださいね!」と
嬉しいことを仰って下さいました。彼女は小さい頃から海外の
各地で暮らしているので、やっぱり異国の人と気が合うようです。

不思議なことに、二人の娘ともお相手が思春期に幼馴染で、
昨年、十何年振りに再開したことがきっかけで、このような
ご縁となったようですが、なにか赤い糸が結ばれていたのでしょう。

親バカだけど、やっぱり恋している年頃の娘たちは魅力的で
美しいですね!!この暑さと二人の娘達の熱き思いでこちらまで、
心臓がバクバク、カッカー!!として息苦しい位になってしまった
けれど、本物の「恋」とか「愛」は、健康的で輝いていて素晴らしい
ものですね~ヾ(´ー`)ノ

恋する乙女達の永遠なる幸せを祈って。。

Rose20

****

ソネット第18番


ウィリアム・シェイクスピア
戸所 宏之 訳

君を夏の日にたとえようか。
いや、君の方がずっと美しく、おだやかだ。
荒々しい風は五月のいじらしい蕾をいじめるし、
なりよりも夏はあまりにあっけなく去っていく。
時に天なる瞳はあまりに暑く輝き、
かと思うとその黄金の顔はしばしば曇る。
どんなに美しいものもいつかその美をはぎ取られるのが宿命、
偶然によるか、自然の摂理によるかの違いはあっても。
でも、君の永遠の夏を色あせたりはさせない、
もちろん君の美しさはいつまでも君のものだ、
まして死神に君がその影の中でさまよっているなんて
自慢話をさせてたまるか、
永遠の詩の中で君は時そのものへと熟しているのだから。
ひとが息をし、目がものを見るかぎり、
この詩は生き、君にいのちを与えつづける。


|

« 皆既月食 8/28 Lunar eclipse 2007 | トップページ | 「マロー・ブルー」に魅せられて~☆ »

cafe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/16270296

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 恋する乙女の美とパワー ☆:

« 皆既月食 8/28 Lunar eclipse 2007 | トップページ | 「マロー・ブルー」に魅せられて~☆ »