« イヒ・フレー Lunch with Marimo san | トップページ | 素晴らしい英語のH先生@TOEICスクール »

2007/07/03

☆ SUPER 5 ☆Lunch & 森田先生の歌曲

lunedi, il due luglio 2007
sono le vetidue e mezo.

Ichi-Nさんと花子さんと12日(木)のパーティのことで
打ち合わせ会を兼ねて、青山の裏通りにあります
フレンチ・レストラン

     SUPER 5 (シュペール・サンク)」

       Super5folk
     入口にトレードマークのフォークが~☆

へ行って参りました~☆ 男性はお若いはぐれ君が
白一点で、少し恥かしそうでしたが、4人で美味しい
フレンチランチを頂きました。とても落ち着く内装なので、
ゆったりと久しぶりにおしゃべりが弾んで、楽しい時間を
過ごせました。

     Salada_5
      枝豆クリームスープとグリーンサラダ

     Chiken_1
               若鶏ロースト

 若鶏のローストは小ぶりですが鶏肉そのものがいいお味で
  ソースもとても美味しかったです!

       Bread_3
               自家製パン

 こちらも小さめながらとてもよい粉を使っていて
  イチジクでしょうか?少し柑橘系のお味がして
  真面目にパンを造っているのが分かりました~ヽ(^o^)丿

     Desert_2
          クコの実入りゼリー

 デザートも手が抜いていなくて、クコの実も入って
  いまして、とても小さい実なのに華やかに感じるほど
!!
 こちらのシェフはとても絵心がある方ですね~(*"ー"*)♪

 お客さんも芸能人の方かしら?と思うほど、なんだか
  男女ともおしゃれな雰囲気があるお客さんばかりで、
 さすが青山ですね~☆

 黒をベースにしているのか、全体的なお店の空間配置
  がとても落ち着くように、テーブルセッティングされていて
  私達もつい長居をしてしまったので、もう一つアイス・クリーム
  を頼んでみました。

      Icecream
        3種類のミニ・アイスクリーム

こちらもバニラ、ショコラ、モカの3種類のミニ・アイスが
とても濃厚なお味で、本当に見た目もかわいくて完璧
ですね!!

表参道駅から7,8分は歩くかもしれませんが、一歩入ると
とてもオシャレなレストランが続いていて、歩いていても
楽しくなりますね~(^_-)-☆

週末のランチは1500円ですが、デザートとお茶が着いて
雰囲気も少し大人っぽいので、とてもリラックスして
美味しいお料理をいただけました。外までお店の人が

見送りに着ていただいたので、私達の記念撮影を撮って
頂きました~<m(__)m>

Ichi-Nさんとはぐれさんとはこれで、それぞれお別れしてしまい
ましたが、花子さんと私は、  「青山ユニマット美術館」 で

    「
アンドリュー・ワイエス展

     Wies_1 

を観て参りました。また、これは別に書けたら。。とは
思いますが、皆さんの評判とおり、素晴らしい美術館の
展示品とワイエスの静寂な水彩画にすっかりと魂を
吸い取られたようになりました。

レオナルドの《受胎告知》を観た後は、しばらくは
「パルマ展」などを観ても何も感じることができず、
本当にレオナルドの世界に浸かっていたのですが、
ワイエスの美しい自然描写と光の中で、また絵を
観る喜びを感じることができて救われたようでした。

今は、レストランのコックさんも本当に腕を磨いていて
このような低価格で満足するお料理を作って下さったり
美しい絵に再び出合えることができて、とても楽しい
一日を過ごせました。

☆☆☆

12日(木)の森田先生を囲んでのミニ・オペラ会は
平日なので、お仕事があってご参加できないという
方が多くて、とても残念に思っています(/_ ;)

ご主催者のIchi-Nさんがmixiの日記の中で、今回
森田先生が歌われる曲の予習として、ご紹介して
下さっています。

      Hundbook
   
 歌うイタリア語ハンドブック

森田先生のこちらのご著書には、沢山の歌曲が
和訳されて、美しくて人間味のある表現が書かれ
ています。昼間、ちょっと理不尽なことがあって、
夜にションボリとしているときも、こちらの本を
そっと開けてみると人間的な情熱的な言葉で

魔法のようにその世界に入り込むことができて、
気持ちを浄化してくれる時があります。

絵を観たり、音楽を聴いたり、詩を読んだりして
文化的な部分で人間というのは五感を磨いて
成長させてくれるのかもしれませんね。


~~~~~~~~

一木さんが書いてくださった文章をここでも引用させて
頂きます。

森田先生が12日(木)に歌ってくださる内の1曲に
“O del mio doce ardor” 「ああ私のやさしい熱情が」を、
予習を兼ねまして、ぜひ皆様にご紹介したいと思います☆
(森田先生著「歌うイタリア語ハンドブック」より)

♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥

O del mio doce ardor”del Paride ed Elena
オペラ『パーリデとエーレナ』より
 

この曲の魅力は、なんと言ってもその旋律の流れが自然で
優美であるところにあります。長いフレーズをたっぷりと、
それでいて推進力を失わないようなレガートを心がける必要が
あります。

また、最後(42小節目)の十六分休符は音がないというだけでなく、
ため息のように聞こえなければ良い表現とはいいえませんし、
逆にため息の演技にこだわりすぎて声を犠牲にしてもいけません。

この曲に限らず『イタリア古典歌曲集』に収められている曲を
しっかり勉強することは歌の上達に必要不可欠であると
国際的名バリトンのレナード・ブルゾン氏は言います。
氏は、歌を始めて最初の4年間は徹底的に古典歌曲を勉強して、
声をことばと表現のことを学んだそうです。
そのようなしっかりとした基礎も、彼の長い長いキャリアを
支えている要因のひとつなのでしょう

「ああ私のやさしい熱情が」 “O del mio doce ardor”
 
 
ああ私がやさしく熱く憧れる女よ
  
 貴女の呼吸する空気を
 私はついに吸えるのだ
 
 私がどこに眼を向けても

 愛は貴女の美しい姿を

 私の中に描き出す。

 私の想いはみずからに
 
 この上無く喜ばしい希望を造り出す
  
 そして私の胸をこのように満たす
 希求のうちに、

 私は貴女を求め、貴女を呼び、
 希望を抱き溜め息をつく。

 ああ私がやさしく熱く憧れる女よ

 貴女の呼吸する空気を
 私はついに吸えるのだ。

♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥

森田先生のお優しいオーラに包まれるとどなたも
きっとホワァ~と温かい気持ちになれることと思います。

本物の歌を歌われてきた方の持つ温かい魂を感じる
だけでも先生と短時間でも過ごす価値がある機会だと
思います。

|

« イヒ・フレー Lunch with Marimo san | トップページ | 素晴らしい英語のH先生@TOEICスクール »

Lunch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ SUPER 5 ☆Lunch & 森田先生の歌曲:

« イヒ・フレー Lunch with Marimo san | トップページ | 素晴らしい英語のH先生@TOEICスクール »