« 「女性のためのライフカウンセリング・セミナー」No.1-No.3 | トップページ | ☆ 初夏のお庭を演出~♪ ☆ Flower Arrangement »

2007/06/17

さようなら《受胎告知》ツアー by 池上先生ご引率 鑑賞会 No.17

sabato, il sedici giuno 2007
sono le ventidue e cinquanta.

     200703leonardo_top630_3
                   《受胎告知》
          レオナルド・ダ・ヴィンチ

Visiting Tour Clubのコミュニティの管理人として
美術の鑑賞会としては、今回の

    「さようなら《受胎告知》ツアー」
      
 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ ― 天才の実像

で最後となり、しばらくはお休みを頂くことになりました。

池上先生から直接にご引率されるだけあって、ご参加者も
鑑賞会メンバーと恵泉大の生徒さんと関係者の方々など
総勢30名近くいらして下さって、東博前の正門では
私達だけでもお祭りのように熱気立っておりました~☆

先生から「皆さんは、何度も《受胎告知》を観られたでしょう
から、外で少しレクチャーします!」と仰られて、東洋館
に設置してある椅子とテーブルがあるところで、私達だけ
陣取って先生から《受胎告知》についてのレクチャーを
4、50分、話して頂きました。池上先生のブログで、概略が
紹介されています
→「さよなら受胎告知」ツアー

     Lrc4
  《受胎告知》に纏わる素晴らしいレクチャー

恵泉の生徒さんたちが《受胎告知》の絵の大判図版を
手で持っていてくださって、大変だったかと思いますが、
有難うございました<m(__)m> 他にも図版を見せていただき
ながらレオナルドについて情熱を感じるくらいに次から次へと
隆々と流れるように先生はお話くださいました。

途中、お話が途切れたのは、それまで待ち時間ゼロ分
だったのが、鑑賞の方達が正門から列を成して並び
はじめ、時間ごとに動き出して歩いてくる音やその多さに
先生も皆さんもだんだんと不安顔になるほどでした。
「夜間の時間は並ぶことが今までなかったのに。。。
早く入ればよかったですね。」と先生もちょっと異例のこと
(最終週)で驚かれているご様子でした。

先生のお話は、レオナルド関連の図録やご著書に書かれて
いた内容がほとんどでしたが、特に次の点が、はっきりと
分かってよかったです。

マリア様の背後にある壁の石組みが以前から奇妙に感じて
いたのですが、半分だけ黒で角だけ石組みは、建築工法的
には、明らかに誤っているそうです。通常は、受胎告知
の図像でマリアの背後にある建物は、「キリスト教会」を
描くものと解釈されているので、イエスが登場する前の
場面というもことあり、あえて、レオナルドは「不完全な建物」
を描いたという可能性が高いそうです。

        Maria_jyutai_1
         《受胎告知》 部分


そのほかに、奥に描かれている赤いベットや白ユリの由来
などの装飾品のご説明に、今回は特に面白く感じました。
ご説明を受けている間に、風がどんどんと強く吹いてきて、
またそれに伴って、観客の方々も一目、レオナルドの作品を
観ようと途切れることなく増えてきたので、私達もここで
観ないと時間切れになってしまいそうなので、入って観る
ことにしました。
  

 Auguration_1   Lastscan_5
          本展の美しいチラシ

れにしても、先生のご本も面白いですが、ご説明は
レオナルドに対する「愛」が伝わってきて、拝聴して
いるだけで、その「愛」でこちらまで包み込まれて
しまうほどの明解で熱がこもったお話しぶりです~♪
その先生の情熱と観覧者の方が押し寄せる熱気で
ボワァ~と東博の地所内が光輝くような熱気を感じて、
不思議な興奮を覚えてしまうほどでした!

 Jyutaikokuchi_2        Eureka_2
レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知
    ユリイカ 第39巻第3号詩と批評 
岡田 温司 (著), 池上 英洋 (著)       特集=レオナルド・ダ・ヴィンチ  


やはり、《受胎告知》の会場内は大変な混雑で、今回で
7度目ですが、一番、混んでいてゆっくりと観れないのが
残念でした。それでも、池上先生と後方からご一緒に観たり
2列目に並んで、《受胎告知》の大天使ガブリエルとマリア様
にお別れを告げることができて良かったです。

          Birthday0415_1
        レオナルドお誕生日コンサート
                 (表慶館にて)


昨年の暮れに《受胎告知》が来日するとの号外版を送って
いただいてから、レオナルドのことで燃え上がっていて、
展覧会の初日ももちろん行きましたし、池上先生の講演会、
「レオナルドの誕生日コンサート」やN響の人たちが奏でる
管楽器と弦楽器のレオナルド・コンサートにも参加して、
《受胎告知》も7度も幸せなことに観ることができました!!

池上先生と皆さんとで《受胎告知》を鑑賞して外へでると
もう真っ暗でした。もう会期も明日(17日)で終了してしまうか
と思うと一抹の寂しさも伴うものですね。。

その後も、皆さんと「池先生のご慰労会」と称して、先生を
囲んで、みなさんと楽しく素晴らしい時間を過ごすことが
できました~☆

     Lec5
     皆さんと贈った色紙

私はちょっと忙しくなるので、これで、しばらくは、
鑑賞会の管理人としてはお休みを頂きますが、一応
最後にこのように盛大な会がもてた事と、池上先生や
森田先生はじめNikkiさんなどお優しくて、時々、暴走する

私を親身にご心配下さる方々と出会えて、ものすごく幸せ♪
と心から感動とともに、レオナルド展と過ごしたこの
半年間の全てに感謝したい気持ちが沸いて参ります。

        Allabout_4
 東京堂出版 『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界

   池上先生ご編纂、森田先生、田畑氏(Nikkiさん)
   その他、 ご共著

池上先生は全くお疲れのご様子も見せずに、私達と
いつも楽しく過ごせるように考えて下さっています。
一昨年の秋から先生とご一緒に活動して参りました
鑑賞会も引き続きNikkiさんが管理人を引き受けて
下さいましたので、また先生とともに絵を見る機会を
作ってくださるとの温かいお言葉を頂きました。

昨夜は、レオナルド展の「さようなら《受胎告知》ツアー」
を飾るべき盛大なお別れ会ができて、ご一緒に過ごして

下さった皆様にも御礼申し上げます。

|

« 「女性のためのライフカウンセリング・セミナー」No.1-No.3 | トップページ | ☆ 初夏のお庭を演出~♪ ☆ Flower Arrangement »

2007年 美術鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

初めて参加させていただいて、とても有意義な時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。
Juliaさんのまとめ記事を拝見して、内容を再確認しました。
キリスト教会の「不完全な建物」という箇所はやはり印象に残っています。
それにしても、「レオナルド展」は入場規制ありで物凄い盛況ぶりでしたね。

投稿: kyou | 2007/06/17 11:31

Kyouさん

コメント、有難う御座います
コミュの方にもご参加いただいて、有難う御座います。

Kyouさんは素晴らしい植物画を描かれるので、
レオナルドの博物学的な植物の描き方にも
ご関心を持たれたのではないでしょうか?

>キリスト教会の「不完全な建物」という箇所はやはり印象に残っています。

そうですね。。あの壁がどうしてあのような不思議な
描き方をしていたのか、ずっと謎だったのですが、
本を読んでいてもなんとなく頭に入っていなくて
先生のお言葉で説明していただけると大変理解できます。

>それにしても、「レオナルド展」は入場規制ありで物凄い盛況ぶりでしたね。

そうでしたね!! 日本人の方達ってとても整然と列を
なして、前に進む足音だけが響いてきて、少し恐い位
でしたが、レオナルドの絵を一目観ようとした方々が
最後にいらしてくださったようですね!!

また、先生のツアーでぜひKyouさんにもお会いいたしましょうね~o(*^▽^*)o~♪

投稿: Julia | 2007/06/17 11:51

参加させていただき ありがとうございます。
池上先生のお話しは心に響くお話しで、参考になりました
きっと池上先生のレオナルドに対する熱い思い「愛」が心に響かせるんでしょうね。
池上先生にお話しを伺ってから「受胎告知」を観ると感動がひとしお! 息が止まるかと思いました(本気です)。

Juliaさんとお会い出来たことも嬉しかったです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
ミクシィの日記に書こうと思ったのですが
あまりにも感動の中にいて 頭の中がまとまりません。
もう少し落ち着いてから日記に書きます♪

感動、感動の「受胎告知」ともお別れかと思うと寂しいです。

投稿: うめ | 2007/06/17 20:11

うめさん

お忙しい中をいらしてくださって、有難う御座いました
本当に初めてうめさんにもお目にかかれて大変嬉しく思いましたo(*^▽^*)o~♪

>きっと池上先生のレオナルドに対する熱い思い「愛」が心に響かせるんでしょうね。

うめさん、さすがですね~キャーq(≧∇≦*)
先生は何事にもハートがあるし、直球なので
それが私達に「愛」となって投げ込まれて
次々とご自身のファンも作ってしまうのかも
しれませんね~☆☆☆

>池上先生にお話しを伺ってから「受胎告知」を観ると感動がひとしお! 息が止まるかと思いました(本気です)。

オォ~w(゜o゜)w うめさんも感受性が強い方なのですね~☆
今日は、「パルマ展」を観て参りましたが、あの全作品をあわせても
レオナルドの《受胎告知》に叶う絵がなくて残念でした。

その後、東博の前まで行きましたが、午後5時頃で20分待ちとのこと。。さすがに、ちょっと無理と思って諦めました(/_ ;)

今頃、壁から外されているのでしょうか?
池上先生、東博の関係者も本当に最後のお別れを
告げていらっしゃるでしょうね。

私達に感動を与えてくださったレオナルドの《受胎告知》ですが、
いよいよお別れですね~。゚(゚´Д`゚)゚。

感動し過ぎると、中々、感想なんて書けないので、
どうぞ感動のお気持ちのままでも~~大切に
なさってくださいませ。

投稿: Julia | 2007/06/17 22:05

こんにちは。
恥ずかしながらトラックバックさせていただきました。

投稿: kyou | 2007/06/20 20:22

kyouさん

素晴らしい記事へTBを有難うございました

こちらの方が、恥かしくなるくらいプロフェッショナルな
記事ですね~ヽ(^o^)丿 また、どうぞ遊びにいらして
くださいませ。

投稿: Julia | 2007/06/20 22:49

おつかれさまでした。いろいろとありがとうございました。

なんだか感慨深いものがあります。

また平穏な日常が戻ってきます。またのんびりとイヴェントを続けてまいりましょう!

投稿: ike | 2007/06/24 13:59

ike先生、

興奮状態の6ヶ月間で、レオナルドの作品とともに
池先生と関われた全てのことに感謝申し上げます

先生のレオナルドに対する叡智と造詣の深さより
素人の私達も多くを学べて、最高の時を過ごすことが
できました。

>なんだか感慨深いものがあります。

はい、展覧会場から《受胎告知》が外されたら、どんなにか
寂しいことでしょうね。。ウフィッツィ美に無事に戻った
ようですね。。


>またのんびりとイヴェントを続けてまいりましょう!

わぁ~有難うございますo(*^▽^*)o~♪
皆さんからも、「次は何ですか?」と質問されるので
少しご静養されてから、またご一緒して
くださいませ 楽しみにしております!!

近い内に、こちらのブログよりレオナルド総集編で
アルバムを作成しますので、その時はお知らせを
致します。先生のブログでも拙コミュをご紹介頂いて
嬉しかったです。これからもどうぞよろしくお願い致します。


投稿: Julia | 2007/06/24 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/15460511

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら《受胎告知》ツアー by 池上先生ご引率 鑑賞会 No.17 :

» 美術館訪問記録-[さようなら《受胎告知》ツアー] [Megurigami Nikki]
domenica, il 17 giugno 2007 sono le ventuno  3月20日から東京国立博物館で公開されていた『レオナルド・ダ・ヴィンチ - 天才の実像展』も、今日で終わり。ウフィッツィ美術館からレオナルド・ダ・ヴィンチの《受胎告知》を借り出すという歴史的なイベントで、近年でも最大規模で話題性のある展覧会でした。『ダ・ヴィンチ・コード』で高まった「レオナルド熱」が、2005年の『レスター手稿展』や『ミラノ展』等を経て、本展で最高潮に達したという感じでしょうか。 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/17 22:03

» [展覧会]見納めの覚書 [徒然日記]
先日、「レオナルド・ダ・ヴィンチ ― 天才の実像展」の日本側の監修者でいらっしゃる池上英洋先生を招いての「受胎告知」鑑賞の集いに参加させていただいた。 幸運にもマイミクさんに声を掛けていただいて、とても有意義な時間を過ごすことが出来た。 もう展覧会は終わって... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 20:18

« 「女性のためのライフカウンセリング・セミナー」No.1-No.3 | トップページ | ☆ 初夏のお庭を演出~♪ ☆ Flower Arrangement »