« 花冷えWeek & 若い男の味!? | トップページ | 大回顧展 『モネ展』印象派の巨匠、その遺産 - 鑑賞会 No.9 »

2007/04/08

☆ Fairy ☆ 妖精画の放つやすらぎ~☆゜・。・゜★ 

domenica, il otto arile 2007
sono le mezzojorno e cinquatadue.

         Safair_1
          "Take the Fair Face of Woman..."
                  Sophie Anderson

先週は、風邪菌が中々、出て行かなくて久しぶりに
風邪らしい風邪を引いてしまいました~・゚゚・(×_×)・゚゚・。

しかし、昨日はモネ展の初日ということで、どうしても
モネ好きの私としては、早めに見たい心が抑えられず、
また、モネが大好きなミズシーさんもご一緒してくださる
とのことで、観にいって参りました。それはそれは~☆
素晴らしかったことは言うまでもないので、また、レポート
は後ほど・・・。 

        9347areyouafairyposters_3      

           Are You a Fairy?
             by Ida Rentoul Outhwaite

風邪菌と戦っている時に、ネットで妖精シリーズの
サイトを観ていたら、とても心が安らぎました~ヾ(´ー`)ノ
画像は、AllPosters.comより拝借いたしました。

       1612820midsummerevec1908posters_1
        Midsummer Eve, c.1908
             by Edward Robert Hughes

私の子供の頃は都会に住んでいたとはいえ、まだ
地面は土のままで、木が生い茂っていたり、ご近所も
お庭があってお友達と泥んこになって遊んでいました。
なので、結構自然は身近で、蟻や昆虫や蝶やカエルや
カタツムリなど季節ごとに、庭の草花と一体となって
生きていたようです。でも、今はどこに行ったのでしょう?

        Ballancingontheweb_2_thumb_1
             Fairy Tightrope
                by
Ida Rentoul Outhwaite

昨日も国立新美術館で絵を観たあとに、東京ミッドタウンまで
行きまして、六本木界隈の再開発に目を見張るようでしたが、
なぜか心から安らげる場所ではないように感じました。

      Wil9340a_3_1649_1
       Catching the Moon
          by Ida Rentoul Outhwaite 

そんなに高層ビルばかりでなくて、子供たちが泥んこに
なって遊べるスペースをどうして作れないのか?といつも
思ってしまいます。

          Pf_1115748
          The Wild Cherry Blossom Fairy
                    by Cicely Mary Barker

桜が咲きだすと日本中の人たちが桜の開花に喜び満ち
溢れています~☆ なので、もっと実のなる木や花の咲く
木々を東京のあちらこちらに植えたら、どんなに人々が
それで潤った気持ちになれるかと思います~♪

      Wil9343a_2_4758
       The Dragonfly Fairy
          by Ida Rentoul Outhwaite

勝ち組ばかり優先される世の中ですけど、足元を見て
みると子供たちが悲鳴を上げています。自然が少しで
も東京に戻れば、その植物の匂いや風を受けてもっと
バランスのよい生活を送れるように思います。

      Wil9345a_2_574_1
         A Garland Swing
           by Ida Rentoul Outhwaite

ちょっと心身ともに落ち込んだ時に、「妖精画」が
小さい頃の自然な自分を思い起させてくれました。
また、弱者に対する優しさが都会ではどんどん
消えていくことが悲しくなって、「妖精画」に大事な
何かを教えてもらったようです。

|

« 花冷えWeek & 若い男の味!? | トップページ | 大回顧展 『モネ展』印象派の巨匠、その遺産 - 鑑賞会 No.9 »

Angel」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
妖精絵画つながりでTB送らせていただきました。
本当に、今の開発都市は物が豊富で溢れすぎて、そのせいで一番大切なものが欠けている気がします。juliaさんのおっしゃる通りです。
今の都市の生活に必要なのは土と草、木や花なのかもしれないです。

風邪の調子はいかがでしょうか?
今日はお茶会とっても楽しませていただきました☆
juliaさんにお会いできなかったのは残念でしたが、今日のような貴重な一日をおくるきっかけをつくっていただいたことに、本当に感謝いたします。
ありがとうございました。
ご一緒された方たちも皆素晴らしい方ばかりで、juliaさんの人望が手に取るように分かる気がしました。

また近いうちぜひお会いしましょうね♪
モネ展のレビュー楽しみにしております。

投稿: marimo | 2007/04/08 21:18

Marimoさん

早速、暖かいコメントとTBをしていただいて
有難うございました。

Marimoさんの選ぶ妖精の方が大人っぽいですね~☆
私はなんとなく子供チックです~(^-^)

>今の都市の生活に必要なのは土と草、木や花なのかもしれないです。

女性の都知事が生まれれば!と思うのですが!
男性だとやはり営利主義一点張りになって
しまいますよね~?

>風邪の調子はいかがでしょうか?

ご心配ありがとうございます
もうブログもかけるほど回復いたしました。
と思って安心しているとまたぶり返す今年の
風邪はちょっと長期滞在型のようです~ヾ(*´Д`*)ノ ~

>今日はお茶会とっても楽しませていただきました☆
ご一緒された方たちも皆素晴らしい方ばかりで、juliaさんの人望が手に取るように分かる気がしました。

楽しかったとのこと、本当によかったです~ヽ(^o^)丿
参加できなくて、結構、家でスネっていましたが、
皆様と楽しいお時間を過ごせて何よりです。
それにお若いのに、こうして暖かいメッセージを書いて
くださるマリモさんにも感動いたしました
こちらこそ、有難うございました。

>また近いうちぜひお会いしましょうね♪
モネ展のレビュー楽しみにしております。

さっそく、書き上げた所ですが、イマイチ、頭が
ハッキリとしないので、フラフラな文章かと思い
ますが、なんとかお読みくださいませ。

Marimoさんもきっとお楽しみできることと思います。
できれば、21日もミズシー氏オフ会にご参加くださいませ。
本当にモネ博士です!驚きました!!

投稿: Julia | 2007/04/08 23:19

体調いかがですか・・・お大事に。
私は田舎育ちなので妖精がたくさんいそうな、山の中で毎日遊んでいました。
こちらでは考えられない贅沢だったと最近は感じています。
妖精の絵を見ながら、あらためて皆に優しく・・・と思いました。

投稿: うめ | 2007/04/08 23:37

うめさん

暖かいメッセージを有難うございます。

>体調いかがですか・・・お大事に。

はい、大分よくなったのですが、ボチボチ頑張れねば!と
いう感じです。
うめさんも週末出勤でお疲れ様でした

>私は田舎育ちなので妖精がたくさんいそうな、山の中で毎日遊んでいました。
こちらでは考えられない贅沢だったと最近は感じています。

私も一時、九州の山奥で過ごしたこともあり、その時の体感がどうしても自然志向になっているのかもしれませんね~☆ ただ、美術館は東京に集中しているので、その恩恵はフルに利用させていただいています。
もうちょっと建物が規制ができないかな~?とガラスの大きな建物をみるにつけ思うこの頃です。

>妖精の絵を見ながら、あらためて皆に優しく・・・と思いました。

おぉ、素敵なお言葉ですね~ヽ(^o^)丿
私も皆に優しく、といつも思ってはいるのですが~~まだ未熟者ですが、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Julia | 2007/04/09 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/14604459

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ Fairy ☆ 妖精画の放つやすらぎ~☆゜・。・゜★  :

» 妖精画廊 [MARIMO]
妖精の描かれている絵には魅力的なものがたくさんあります。 「Spirit Of The Night」 John Atkinson Gimshow 絵本の挿絵から、精巧な絵画まで、「妖精」が主役になっている絵には物語性の強い不思議な魅力があると思います。 神話や伝記な...... [続きを読む]

受信: 2007/04/08 21:07

« 花冷えWeek & 若い男の味!? | トップページ | 大回顧展 『モネ展』印象派の巨匠、その遺産 - 鑑賞会 No.9 »