« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/31

ハーブティ@GREEN PARK Ave

sabato, il trentuno marzo 2007
sono le ventuno e dicinove.

      Herbtea01_1
       ☆大和撫子☆の試飲@GREEN PARK Ave

      Greenpark_1  
           GREEN PARK Ave.

 近所でお花見をしてから、人形町にあるハーブティー
のお店「
GREEN PARK Ave.」へ向かいました。お肌が
美しくなる☆
Mango Strawberry☆のハーブティ、
ダイエット効果がある☆
Berry Bouquet
や胃腸の弱い母のために☆
Body Control
また、花粉症の友人に☆
Orange Honey Tea
など少しづつですが購入して参りました。

   Teas_1
    ☆大和撫子☆ と ☆Mango Strawberry☆

  こちらのハーブティーは本当にお味も美味しく、
  フルーツやベリー系が豊富で匂いも素晴らしいです~☆
  小売に近いので、10g単位でお手頃にご購入することが
  できますので、本当にお勧めです~☆

   Oil 
    ☆Rosemary Oil☆と「カモミールの石鹸

  また、マッサージ用の☆Rosemary Oil☆と
  カモミールの石鹸も2個、購入して春用に
  お肌をピッカピッカと整えていきたいと
  思ったりなんかしています~ヾ(´ー`)ノ

    Kibapark07
      都立木場公園  吊橋から  

  桜を観て美味しいハーブティも試飲したら、とても
  気分がよくなったので、美容院へ寄ってみたら
   空いていましたので、カラーだけしてもらいました。
   もちろん、自然素材の”ヘナがありますか?”と
   聞きましたら、
   ”うちのヘナは最高級です!”っていうことで、
  またまた気分が良くなって、おまけに大昔の彼氏に
   似ているイケメン美容師さんだったので、なんか~
  楽しい春の一日を過ごせました~ジャンジャン☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

☆ ご近所でお花見 "芳しい桜"☆

sabato, il trentuno marzo 2007
sono le venti e due.

    Onagiliver04
                 都立木場公園内の見事な桜の木    

今日は曇りがちの寒い日でしたが、都内では満開の桜
も散り始めていますね! 近所の都立木場公園
小名木川
沿いの桜並木を撮って参りました。

    Kibapark01_1
          元気なユキヤナギと桜をバックに~☆
         

              Kibapark03      

   今年はとても色がきれいで匂いが良いように
   思いますが、皆様はどう思われますか?

     Onagiliver01_1
                  小名木川沿いの桜並木

    本当に花酔いするほど桜の芳香をたっぷりと
    楽しむことができて幸せ~でした~☆

 

         Onagiliver07_1

       少し今日は雲っていたので、ボヤァ~として
       写ってしまいましたが、なんとか桜の芳香が
       伝わると嬉しく思います~~(^o^)丿
 

                                       

| | コメント (2) | トラックバック (2)

レオナルド誕生日記念コンサート 「レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の宮廷音楽」 4/15

sabato, il trentuno Marzo 2007.
sono le otto e quarantasei.

        Josucande
                 「音楽家の肖像」
        レオナルド工房作
            43×31センチ 1490年頃 
         アンブロジアーナ美術館(ミラノ)

4月15日は、レオナルドのお誕生日ということで
現在開催中の
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ
では、お誕生日記念コンサートがイベントの一貫
として挙行されます。


レオナルド・ダ・ヴィンチ誕生日記念コンサート
受胎告知~レオナルド・ダ・ヴィンチ時代のマリア賛歌
レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の宮廷音楽

mixiで、上記の宮廷音楽に行かれなくなった方が、
「チケットを譲ります」というお知らせを出されていて、
コンタクトを取りましたら、私が一番だったそうなので、
こちらのコンサートに行けることになりました☆(*^o^)乂(^-^*)☆ !

チケットはすでに完売とのことですので、やっぱり、
どこかでレオナルド様が呼んでくださっているのか、

この幸運にもF様に御礼申し上げます<m(__)m>

現在、斬新な古楽で人気を博している古楽団体
ヴォーカル・アンサンブル カペラ」と「アントネッロ」が、
レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代で宮廷で演奏された
古楽を演奏されるとのこと、大変楽しみです~☆
はっきりとはしていないのですが、《受胎告知》の前でも
レオナルド作詞の曲が歌われるようですので、本当に
素晴らしい記念コンサートに行けることをあとから
知りまして、レオナルドのお誕生日を祝える最良の日
となりそうです~☆゜・。・゜★

上記トップ画像は、今回の演奏会で演奏される作曲家、
ジョスカン・デ・プレ(Josquin des Prez 1455?-1521)とも
イル・モーロとも聖歌楽隊長フランキーの・ガッフリオとも
言われていて、レオナルドが描いたとされています。しかし、
私はあまりピンとこないので、きっと弟子が大部分は描い
たのかもしれません。

レオナルドと同時期ということで、フランドルから遠征してきた
ジョスカン・デ・プレは、フィレンツェやミラノで音楽家としても
活躍していたレオナルドの即興曲などから大いに影響が与え
られたそうです。美術ではレオナルド、音楽ではジョスカン・デ・プレ
がルネサンスの芸術文化を華咲かせた深い関係性も
今回の演奏曲の中から響いてくるかもしれません~♡~♬
今までにもないレオナルドの音楽性が近づくことでまた、
興奮して参りました~ヽ(^o^)丿

                          Iirs_melzi_2
            「A portrait of the Master」
             
Francesco Melzi
         ウィンザー城 (イギリス) 王室図書館蔵

レオナルドの最愛の弟子であったフラチェスコ・メルツィの
肖像画をもう一度、観てみると確かに、音楽家としての
繊細な顔立ちが浮かび上がって見えます~☆

     Lira_1
     レオナルド・ダ・ヴィンチ自作の楽器
     「アッシュバナーム手稿より」
        1487~90年頃
      パリ、フランス学院図書館

もし、レオナルドが作曲した曲を残せるような録音機を
発明していたら、彼の創作した美しいメロディーや詩も
現在、聴くことができたかもしれませんね~(^_-)-☆  

リラ・ダ・ブラッチョ》はレオナルドの自作楽器と、池上
先生のご著書である「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の画集
にも図版とともに掲載されています。

演奏にも長けて、即興歌も上手な演奏家であったので
フィレンチェ時代には「美しい声で歌が上手」な音楽家

として知られていたそうです。だんだんと音楽家としての
イメージも膨らんできましたね~☆

私は美しい人間の歌声に弱いのとそれがもしかしたら
レオナルドが作曲した詠なんて!!そして、あの美しい
《受胎告知》の面前で聴けるなんて、考えただけでも、
ロマンが広がって、また感涙となるでしょう・・・!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/03/29

素晴らしい春の一日☆「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 with 池上先生 - 鑑賞会 No.8

giovedi, il ventinove marzo 2007
sono le ventuno e undici.

       Kanban_8

レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の監修者でいらっしゃる
池上英洋先生より私のコミュニティの皆様を少人数だけ
ご案内してくださるとのご光栄なお申し出がありました。

先着順で、Ichi-Nさん、りつさん、すたさんと私の4人が
今回、参加させていただきました。また、恵泉ゼミ生の
大変チャーミングなお二人もご一緒して華やぎました~☆

   Cherry03 

この日は上野駅周辺からごった返す人たちで溢れて、
これはみんな本展に行く人たちだろうか?と一瞬、不安
になる位でしたが、なんと~お花見客の人たちでしたヽ(^o^)丿

        Cherry02

この日は、鑑賞会の前にランチをご一緒にと思いまして、
Ichi-Nさんとりつさんをお誘いしまして、「
法隆寺宝物館 」内
にある「
ホテル・オークラ」レストランで落ち着いてお食事を
しました。満開の桜がガラス窓から見晴らせて、外のテラス席
には風に舞った桜の花びらが落ちてくる、というこれからは、
素敵なお花見ランチ・スポットになりそうですね~ヽ(^o^)丿
私達は11時ちょっと過ぎに着いたのですが
、もう満席の
お客様でしたので、その後のお昼頃はかなり順番待ちになる
方が多かったです。

    Meiji_4
    法隆寺宝物館から表慶館を望む

優雅なランチ・タイムを過ごしたあとに、 ぐるっとこちらの
宝物館内も観て参りましたが、ちょっと待ち合わせの時間
がきたので、申し訳なかったのですが、すぐにその場は
引き上げでした。

    Teien01

先生と皆様とお会いしてから、会場へと向かいました。
初日ほど外へ並んでいるわけではなかったのですが、
中は初日より混んでいました。先生が《受胎告知》について

絵を観ながら壇上でご説明してくださいました。    

    Lastscan_4

レオナルドは実母に育てられなかった、という所は以前
から先生のご著書で知っておりましたが、直接、先生から
絵を前にしてお話を伺っているとレオナルドの孤独な魂が
絵の奥からジーンと伝わってきて、ちょっと涙が出て困り
ました。

それから、最前列に並んで少しだけ、観てきました。何度
観ても素晴らしいですね~☆ 

   All05

そして、今回は平成館へは中から通り抜けて行けました。
第2会場のエスカレーターの上で、「飛行機械の翼の設計案」
の再現模型が設置されていて、その窓外には満開の桜が
美しくレオナルド展をまるで祝しているようでした~ヾ(´ー`)ノ
こちらをバックに皆さんと記念撮影をしました!

池上先生とはブログを通してのご縁とはいえ2年近くもお世話
になって参りましたが、この瞬間が私にとりまして、本当の
"春"が来た様に素晴らしく幸せな頂点ともいえるべき瞬間
でした!

      Cherry11_2
      東博・庭園内の芳しい桜

第2部の方もレオナルドの天才性というものを先生の
ご解説で詳しく教えて頂いて、よく分かりました。
 

『少年のキリスト像』のお顔と『最後の晩餐』のキリストの顔
が似ていることが、改めて今回、先生のお話によって
分かったときは、とても感動的でした~☆

途中で生徒さんが、「池先生の誕生日はレオナルドと同じって
ことは、レオナルドの生まれ変わりじゃないの!」って先生に
話していたら、先生も嬉しそうなお顔をされていました~☆
(実は、少し時差があるお誕生日なのですが・・・!)

今回の展覧会でご尽力を尽くされて、また私達をこのように
懇切丁寧に案内してくださる神様のような先生は、やっぱり
国籍は違ってもレオナルドの子孫かもしれませんね~(*"ー"*)♪

先生の貴重なお時間を割いていただいて、私達にまで
レオナルドの素晴らしい画家としての精神性やそのほか
天才的な創造性にいたるまでご解説くださいまして、
ありがとうございました<m(__)m>

   Poster_6
   拙PCの横の壁は本展のチラシや
               ポスターだらけ~☆
 

  Ochashitsu
    庭園内のお茶室

この後は、私一人で裏の「庭園」へ散策して参りました。
大きな枝垂桜が見事で、本日はレオナルドの作品を
池上先生のご解説とお花見もできて本当に春を満喫
できた一日でした~\(^o^)/

    Teien03_1

尚、4月1日(日)、新日曜美術館で本展について放映され、
先生も番組中で《受胎告知》の絵の前でご解説される
そうです!!どうぞお見逃しなく!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/24

女子世界フィギュアー 美姫ちゃん&真央ちゃん、素晴らしい演技でした!!

sabato, il ventiquattro marzo 2007
sono le ventire equattrodici

          070324_oth_andomao160_1
    世界フィギュアースケート、金&銀
              
Yahooスポーツから

美姫ちゃんがついに金メダルを取りました!!
すごい頑張りましたね!!! 真央ちゃんも
SPが5位だったにも関わらず素晴らしいすべりで
堂々の2位に入りました!!

男子シングルでも高橋大輔選手が銅メダルの
演技をした時は、感動して涙がでましたが、
やはり華の女子が銀盤の上を舞うと美しくて
余計、緊張感と芸術性の高まりを感じますね~☆

      Micky
      完璧な演技を終えた後で
             毎日新聞ニュース

最終出場者の練習時間から、キレのあるすべりで
とても自信が溢れていたのを感じました~☆ 今年
から甘い物も我慢して、大分、体もしまった感じで
全身からスケートをすることの喜びさえ溢れ出て
くるように見えましたね~(o^∇^o)ノ
メンデルスゾーン第一番のドラマチックな曲に乗って
確実に、高さと速さでジャンプした快心の演技に
今まで最高の演技をしていたように見えました!

荒川静香選手と高橋大輔選手と同じコーチという
ことで、そのコーチングもずば抜けているのだと
思います!! 選手を厳しく育てつつも徐々に
内面から自信を持たせていくので、本人も意識
せずとも最高の演技ができるように、ものすごく
コーチの方は気を使って本番まで望んでいるのだと
思います。

時々、選手たちに語りかけているときは、その演技者
たちにマナーなども教えているようです。美姫ちゃんも
派手だったメイクもほとんどしなくても内面から輝いて
見えてくるほど素敵な女性になっているようですが、
まだ若干19歳との若さです!! まだまだ、これから
実力ともに素敵な女性になって、これからの日本の
スケート界を引っ張っていくような存在になって欲しい
ですね~♪

真央ちゃんも今回はちょっと惜しかったけれど、まだ
16歳だし、これからもいい演技でどんどん私達を魅了
してくださいね~☆

世界フィギュアーで1位から3位まで、アジア人が占めて
1,2位とも日本人が独占したなんて、本当に素晴らしい
ニュースで感動から涙がしばらく止まりせんでした。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/23

「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 ポスター & ハイパーテレパシー

venerdi, il ventitre marzo 2007

      Chirashib3_1
         特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 ポスター

会社に図書室がありまして、時々、美術展などのポスターが掲示
されているので、以前から本展のポスターがきたら、いただけるよう
係りの方に頼んでおきました。

昨日、このB4サイズを2つ合わせた小型ポスターを持って来て
下さって、本当に嬉しかったです~☆

思わず、「やったァ~!!」なんて仕事中なのに大きな声で
子供のように叫んでしまいました!! 昨日は朝、ぐらっと
大きな地震が来て「わあーー!!」なんて、奇声を発したら
「Juliaさんの声に驚きましたよ~!!」とみんなに笑われて
しまうほど~~(^_^;

最近、レオナルドの作品がきていることもあって、脳が少し
おかしい(以前から?)のか、ちょっとハイパー気味です。
あと、なんだか予感というか予兆というか、次に何かが

起こりそうなことが、ボンヤリと頭に描いているとその通りに
なったり~~ちょっと不思議なことが続いていますが、500年
以上前の作品が東京に来ていることで、ものすごい気の
オーラが東博から発しているのかもしれません!

マイミクさん達の異常なレオナルド詣でにもその気配を感じ
ます。どうぞ皆様、お気をつけて東博までお出かけ下さいませ。
レオナルドは確かに、東京の頭上で私達のハイパー騒ぎを
見守っているとはいえ、あまり興奮してあの通路でつまずいたり
ガラスに触ろうとしないでくださいませね~~(^_-)-☆

なんて、少しおかしいのは私一人でしょうか~??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/21

『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像展』 -鑑賞会 第7回

martedi, il ventuno marzo 2007
sono le seidici e tre.

      Leonardo01_2
   東博 本館入口にマリア様の垂れ幕が~☆

とうとう、初日の昨日(3/20)、鑑賞会の皆様と私の親友が
埼玉から朝、早く開門前から東博へ集まって下さいまして、


特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ ― 天才の実像

を観ることができました。池上先生から本展の監修をされる
と昨年末にお聞きしてから、3ヶ月余りですが、毎日、チラシと
駅のポスターなど《受胎告知》の大天使ガブリエルとマリア様
を見つめながら、早く実物を観たい!という思いばかり募って
いました。

なので、当日は息子の大学の卒業式があるにも関わらず、
会社もお休みを頂いて、もう前の日から興奮気味で眠れず
朝からなんだか浮かれだって変ですが、とにかく、東博へ
向かいました。

      Touhaku01_2

チケット購入待ちの人たちが右側にずらっと並んでは
いましたが、それほど入場待ちの人は並んでいません
でした。親友にも合って、ほどなくすると、開門しました。
KANさんと水さんが前の方に並んでいると連絡が入り、
スイートピーさんも後ろに到着して並んでいます~♪

     Touhaku02_1

ちょっとづづ前進していきます。この間が一番寒かった
けれど、私は多少興奮気味で親友と積もるお話をして
いるとすぐに時間が経ちました。

       Tohaku04_1

東博の正門にようやくたどり着き、天使ガブリエルの
垂れ幕が朝日で眩しいように光っていました~☆
寒いけど、空は真っ青で空気が澄み渡った朝でした!

        Touhaku03_1

振り返るとすごい列の人たち!でも、皆さん、なんとなく
晴れやかなお顔で順番を待っています。

       Tohaku06_1

やっと本館の玄関に辿りつくと、トップ画像にあるマリア様
の垂れ幕の下の部分が見えてきました!その奥に入ると
いよいよ特5室の右ドア前には、空港のように手荷物検査
をされて、金属探知機の中を通り抜けます。天井が高くて、
暗い室内に入ると奥に《受胎告知》が展示されているようです!

  200703leonardo_top630_1
  レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」   (1472-73年) 

最初、観た時はガラスがない!と思ったほど透明感が
あって手に取るように間近に観ることができます~♪
わぁ~きれい!!と通り過ぎながらあまり落ち着いて
観ることができませんでした。 もう一周してみようと
思って、通路に回ると水さん(ブログ)とKANさん(ブログ)が
2壇目の右端に立っていらして、
「ここから観ると遠近法がよく分かりますよ!」
と教えてくださいました。

まさに奥に描かれている山に向かって、消失点が見えて
きました。そして、大天使ガブリエルとマリア様の位置関係
や奥の自然との対比などが壇上で見ていると、すごくよく
分かりました!KANさんの単眼鏡などお借りして、肌の色
の美しさにうっとりとしていると、遅れてきたすたさんと合流!
あの壇上でまさに、レオナルドの絵を観ている時に、合う事
になっているとはいえ、急に知り合いに合えるなんて、すごく
ドラマチックな瞬間でした~☆

まだ、人通りにも余裕があるので、その壇上で6人で、
「すごいきれいだ! 衣服の質感が素晴らしい!」と
興奮しながら、宝石のように奥から煌いて何かを訴え
かけてくるレオナルドの絵に見惚れていました。

ほどなくすると、どんどん前列に人が溜まってきます。
少しずつ後にずれながら、細部まで目を凝らして観ます。
天使ガブリエルの羽がしっかりと描かれていて、今にも
天から、す~と地上に降り立ったかのような軽やかさも
感じられましたが、その目線と指先にどうしても引き付け
られていきます!


マリア様の顔が思ったより小顔で、水さんのお言葉を
借りていえば、”モダンな化粧”といえるほど、 現代的な
お顔立ちと受胎の瞬間をたじろがずに受け留めている
ところも気高さを感じました。


衣服の質感と宝石のような色彩のきらめきに、天才と
名づけられるだけの技量の高さをこの時からレオナルドは
身に付けていたようですね!


ガブリエル天使とマリア様の放つ初々しさと神々しいまでの
ドラマが背景の自然と一体となって一枚の板の上に、静かに
煌びやかに描かれているように思いました。


もっとゆっくりとじっくりと眺めていたら、きっともっと心を
清めてくれるかと思いますが、多くの人たちがこの絵を
観に押し寄せてくるので、身を引かないといけないかと
残念でした。

このあとは、一旦、外にでて平成館へ行き第2部を観て
回りました。こちらは、レオナルドが手がけたとされる彫刻
「少年キリスト像」とともに、残された手稿をもとに制作された
模型や映像など約100点が展示してありました。

特に、「少年キリスト像」のテコラッタは、左顔から後の巻き毛
にかけて大変美しくて、これは絶対、レオナルド作では!と
直感いたしました。

それと、「スフォルツァ騎馬像」の実物サイズで、前足部分が
壁から飛び出していた巨大な模型には度肝を抜かれました。


あとは、やはり朝早くから並んだのと、あまり展示物の説明が
分かりにくいというか、こちらの知識もなかったこともあって
もう一つ不消化に終わってしまいましたので、図録でよく勉強
して、精神的なことは、『ユリイカ』で続きをよく読んで学び直し
てから、再度観に来たいと思います。

KANさんも徹夜明けで参加してくださったり、水さんもこの日を
空けるのに週末返上でお忙しくされていたり、スイートピーさん
とすたさんも午後から出社だったり、親友も園長先生なのに
お休み下さって、皆さんでこの日を朝早くからご一緒に観ることが
できたことは一生の思い出となりそうです!!


本当に~お忙しい中、無理して初日にご一緒くださいまして
有難うございました<(_ _)> 

    Zuroku_3
           『ユリイカ』と『図録』

尚、4月1日(日)、新日曜美術館で本展について池上先生が
ご解説やご説明をされるそうです。そのあとは、また混むと
思いますので、その前にぜひお出かけくださいませ。
池上先生始め東博の関係者の方々、《受胎告知》だけでも
並々ならぬ展示のご苦労や気苦労があったかと思います。
とても素晴らしいイタリアの宝物を真近に鑑賞させて頂いて
感謝申し上げます。

展覧会のあと、本当はお花見する予定でしたが、もうお昼
近くになりましたので、『
韻松亭』でご一緒できる方だけ
お食事をしました。
ご覧になりたい方は、続きのページより。。

                Hanokoro

続きを読む "『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像展』 -鑑賞会 第7回"

| | コメント (10) | トラックバック (5)

☆ 息子の卒業式とイタリアン ☆

mecoledi, il ventuno marzo 2007
sono le quincidi

      Dokyp

母親が「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の初日の事で
頭がいっぱいだった昨日、息子の大学の卒業式
がありました。

単位を8単位もオーバーして取得していたらしい!

経済学部で毎週のように、起業家のゲストを迎えて
講演を聴いていたので、どうも洗脳されたのか自分
でも将来はお店を持ちたい、といろいろ本人も悩み
ながら就活もせずに卒業を迎えてしまいました。

お姉ちゃんもパン職人だし、私も食いしん坊なので、
やっぱり食べ物系で、高校の頃からイタリアンで
バイトしていたこともあり、これからもそのバイトを
続けながらお金を貯めて、イタリアン系のお店を
将来を持ちたい!と今の所、計画しているようです~ヽ(^o^)丿

「じゃ、なんか~パスタ作ってよ~!」
って今朝、頼んだら、OK!との返事。

   Itameru
   ニンニクと玉ねぎの微塵切りと魚介類
     をオリープオイルでよく炒める

  Kaminoryori
  シメジとバジリコを加えて、出来上がり~☆

「美味しいね~☆ これ、なんていう名前?」
と聞くと、

「神の料理!!」

とか言って、思わず噴出したけど、結構、美味しくて
驚きました~\(◎o◎)/!

これからは会社勤めしても、そう長くは勤められない
時代なので、確かに、お店を持ったらおねえちゃんの
パンと一緒に、イタリアン・レストランを経営できたら
いいかもしれないわね~♪

その時は、すっかり私もおばあさんになっているかも
しれませんが、皆さんも食べにいらしてくださいね~(^_-)-☆
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/03/20

いよいよ明日(20日)から開幕!& 『ユリイカ』 3月号 レオナルド・ダ・ヴィンチ特集

lunedi, il dicinove marzo 2007
sono le mezzanotte meno dieci.

    Poster_5

特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ ― 天才の実像

池上先生が本展のご監修者をされると昨年末にお聞き
してから、待ちに待ったレオナルドの《受胎告知》と
いよいよ明日、ご対面することができます!!

朝、早くから私の友人とmixiから3人の方々がご一緒に
開門前から並んでくださいま~すヾ(´ー`)ノ
ここの所、寒かったので、予定していたお花見もでき
そうにもありませんが、皆さんで本展を楽しみたいと
思います~☆

とにかく、この4ヶ月近くチラシとポスターばかり見つめて
きましたので、実際のレオナルドの作品とその精神構造が
わかるという模型の数々をシッカと見届けてきたいと
思っております!!

また、池上先生の素晴らしいエッセイが下記の雑誌に
掲載されています。

     青土社HP   『ユリイカ』3月号
     レオナルド・ダ・ヴィンチ特集号
 
      Eureka

以下、池上先生のブログより引用させて頂きました。

「アンドロギュヌスの憂鬱――レオナルドと天使と洗礼者ヨハネ」
 pp.76-87

  レオナルドの作品群に散見される「両性具有性」を、錬金術や
  ネオ・プラトニズム、グノーシス主義などとの関係性から
  探ったものです。書きたいことを好きなように書けたので、
  とても楽しめました。

「レオナルドの眼――神は細部に宿る」 小倉康之・池上英洋 
pp.167-173, 図: pp.119-134

   小倉康之さん (blog) との共著で図版解説も担当しています。

-------

池上先生はとても楽しく書かれていたようですが、
専門的なので3回ほど拝読しましたが、すご過ぎて
ちょっと感想が書けないでおります!

私の好きな天使の生い立ちがよく分かったことと
レオナルドが先生の見解のような思想で絵画を描いて
いたなんて、本当にどこまでも深みに嵌りそうで
どこまで理解してよいのやら~? とまずは、実物を
明日じっくりと鑑賞してきたいと思います!

そのほかにもこの特集は、レオナルドに関することが
それぞれの著名人がものすごく深い見解を示して
います。特に、レオナルドが自然も動物も人も宇宙
までも一連で繋がっているという理論の元で、人物は
さらに穏やかな表情をして描いているのは、やはり
永遠性のある素晴らしい哲学的な画家であったことを
述べています。

レオナルドを知ることは人類と自然との総体性を
を理解することに繋がり、また、明日、実際に観る
《受胎告知》のような神秘性から神を宿す瞬間を
描いた彼の内面性を少しでも発見できたら、と
思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/18

実家で過ごした春☆お袋の味♪

domenica, il diciotto marzo 2007
sono le dicinove e quarantasette.

     Stock
      千葉のストックと庭で咲いているクリスマス・ローズ

今日は、「レオナルド・ダ・ヴィンチ特集」がBSで放映されると
いうので、実家へ前からビデオを録らせてもらう約束して
いました。しかし、BSでもハイビジョンは契約をしていない、
とのことで残念でしたが、とにかく、弟の誕生日なので、
「お赤飯を炊いたからいらっしゃい!」と母のお赤飯は
美味しいので、それに釣られて、久しぶりに都内にある
実家へ向かいました。

風は冷たくて、まだ、桜が咲く気配も感じさせないような
寒い日でしたね~(/_ ;) でも、実家に着くと小さな庭先
には春の訪れを感じさせるお花がいっぱい~☆

  Sumire 

        Tulip0318    
         チューリップの花ももうすぐ~☆

   Violet2 
    色とりどりのパンジー

     Siklamen_1
     去年の暮れ、プレゼントしたシクラメンが見事に~☆

今年の冬は暖かったこともあり、スミレのお花が家々の
庭先や玄関先で、その色彩を誇るかののように小さな
花びらなのに、存在感の強さを感じさせる程ですね~☆

    Vegitable

お赤飯も美味しかったけれど、母が作ってくれた
野菜料理は、お味もばっちりで簡単のようでいて
長年作ってきた人の塩・酸・醤油加減のどれを
とっても最高でした!!

レオナルド特集は見れなかったけれど、実家で
過ごした春の訪れとお袋の味に幸福感で満た
された一日でした~ヾ(´ー`)ノ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パティシエ 辻口氏と故郷 七尾の小学生 ☆七尾どらやき☆ NHK 

domenica, il dicisette marzo 2007

     Cakes_4
    パティシエ 辻口氏と故郷 七尾の小学生

土曜日の朝、時々、このNHKの番組、

   「課外授業 ようこそ先輩

を観ています。今回は、先日も「ブレッド&スイーツ・ツアー」
でみなさんとご一緒したお店、「
マリアージュ・ド・ファリーヌ 」 
や「
自由が丘ロール屋」のオーナーパティシエ、辻口博啓氏
が故郷の能登半島は、七尾の小学校で六年生と一緒に
七尾の特産品を使ってお菓子を作ろう!という企画でした。

課外授業 ようこそ先輩「ふるさとをもって世界を制す
「再発見 ふるさとの食」
石川県七尾市立小丸山小学校

概要:
パティシエの辻口博啓さんは、今回の授業で子どもたちに
故郷の食材を再発見してもらおうと考えている。どんな食材
を選べば世界に通用するお菓子が出来るのか、一緒に
知恵を絞る
。  
  
七尾市には、「
辻口博啓美術館」というお菓子の美術館が
建築されたように、地元でも辻口氏の世界的パティシエと
して誇りを持って、彼を称えているようですね~☆
 
元々、七尾市の和菓子屋さんの息子として生まれた
辻口氏は、現在でもお菓子を造っているのは、
「七尾に自分のルーツがあること。七尾の素晴らしさは、
かけがえのない財産だ!七尾のスゴイものでスィーツを
作ろう。」と今回も地元に戻って子供達に、商店街を回って、
七尾の特産品を集めてくるように伝えます。また、その
素材に対して愛情を持つことで、理解度も深まっていくので、
それらを使ってお菓子を造ることを一緒に考えていきます。

古くからのお豆腐屋さんから豆乳を頂いてきたり、
カキモチやお醤油や七尾市でしか栽培していない
という「七尾菜」などを19品集めてきます。そして、
どんなお菓子を造りたいかを絵に描いて説明させます。

小学生の皆さんは、物怖じしないで自分の意見を
それぞれ辻口氏に伝え、それを辻口氏は一晩考えて
一つの作品を案します。

      それは、☆七尾どらやき☆でした!

    Dorayaki
   このような~どらやき~☆

小さなどらやきの皮は、粉に豆乳やお醤油も混ぜて
造り、400枚、ホットプレートで子供達に焼かせます。
そして、クリームには、苦味の強い七尾菜を汁状に
したのを混ぜます。その「苦味をクリームの中で
飛ばしていくのが、プロの仕事だ!」と大きなボールの
中で混ぜて行きます。それから、餡子の上にクリームを
少し乗せて、また皮で挟むと200個のどらやきの出来
上がりです!

それを商店街で素材を分けて下さった方達や地元の
方達にリヤカーに乗せて、子供達が配っていきます。
地元の人たちは「とても美味しい!七尾菜の風味がする!」
と喜んでいました~☆
このように地元に対する愛着を持っていると、将来
何があっても原点に立ち戻ることができるようです。
子供達にとってもいい番組ですね!!

   Cakes_6
    「マリアージュ・ド・ファリーヌ 」  


☆辻口氏のHPです。
ショップリストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

☆ FRANTIC ☆ 映画

sabato, il dicisette marzo 2007
sono le otto meno sette

      T_cinema_03_16_1830_g
     フランティック

フランス映画祭」の映画を観たかったのですが、
やはり本日はもう完売でしたので、日仏学院で
開催中のイベント、
特集・特別企画 
世界の映画と共にある都市、パリ
の中で上映している

   
フランティック』 

を観て参りました。20年前の米・仏合作のサスペンス
仕立ての映画でした。監督は、世間を騒がしてきた
ロマン・ポランスキーでしたので、中々、見応えがあり
ました!英語とは言え、ハリソン・フォードがパリで
奥さんが事件に巻き込まれて、誘拐されてしまうのを
見つけ出すというお得意のアクションと緊張感がある
表情に最後まで楽しめました。

      Ford

パリで知り合った謎の女役、エマニュエル・セニエ↑
の魅力に悩殺されそうでした。この映画を撮った
一年後に、ポランスキー監督と結婚したそうですよ~☆
やはり、フランスの女優さんて世界一、魅力的ですね

     Frantic_1  
      『FRANTIC

DVDも出ていますので、ちょっとパリの街をみたく
なったり、ビデオ屋さんでみかけたら、お暇な時に
ご覧になってみてくださいね~☆

自分自身もパリで、若い頃に知り合いと待ち合わ
せて会えなかったときに、少し事件に巻き込まれ
そうになったことがありました。そのときも、英語が
全然通じないし、電話のかけ方はわからないしで
すごくパニックになったのを思い出しました。旅先
で巻き込まれる可能性のある恐怖!少しブルっと
くる映画でした~(~o~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダ・ヴィンチ「受胎告知」、荷解き 20日から公開 - Asahi.com & 公式HP

sabato, il dicisette marzo, 2007
sono le mezzogiorno e sette
.

        Iidabashi

     昨夜、日比谷駅飯田橋駅構内で新しいポスターを見かけ
   ました。最初のチラシのデザインで、大変美しかったです~☆

   Iidabashi_right
   実物のマリア様を拝見できる日ももうあと4日!!


公式HPに、実物の到着する様子が詳しく掲載
 されています。

 ダ・ヴィンチ展開幕直前レポート1(2007.3.14)

 ダ・ヴィンチ展開幕直前レポート2(2007.3.16)

■[荷解き]の記事がAsahi.comに掲載されていました。
以下、引用させていただきます。

--------------------------------------------

ダ・ヴィンチ「受胎告知」、荷解き 20日から公開

2007年03月16日16時01分

 ルネサンス期の天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの
初期の傑作「受胎告知」(1472~73年)が16日、
東京・上野公園の東京国立博物館(東博)で優美な姿を現した。

              Nitoki0316_1 

 同作品は、イタリアのフィレンツェ市にある
ウフィツィ美術館が所蔵する。20日から6月17日まで、
東博で開かれる
特別展「
レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像
(朝日新聞社など主催)に出品される。日本初公開となる。

 展示室で運搬ケースから取り出された作品は、学芸員ら
によって状態が点検された後、今回の展示のために作ら
れた特製のケースに収められた。

-----------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/16

《受胎告知》無事到着&池上先生 ご解説 6時間特番 BSHi (3/18) !!

venerdi, il quindici marzo 2007

    Gougai_5

こちらの号外版を手にしてから、4ヶ月、待ちに待った
《受胎告知》が無事に、東博に着いたとのことです。

池上先生のブログでそのニュースを拝読してから、
とても嬉しいような緊張感が走りました~☆
世界の遺産ともいえる大事な作品が東京まで
はるばる飛んで来て下さいました!

いよいよ、その偉大な作品を観れる日もあと5日に迫り
ました。当日は、私の親友とmixi仲間の人たちと何人かで
朝早くから並ぶつもりです!!

池上先生も今、その開館に向けて、大変お忙しい、と
コメントを頂きました。また、池上先生はこの18日(日)に、
レオナルド関連の番組で、ご出演されるとのことです。
先生のブログ記事を以下にご引用させていただきました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

番組の放送予定その1です。

 NHK-BSHi

 318日(日)

 12:0016:00 「名画来日!レオナルド・ダ・ヴィンチを堪能する 第一部」

 19:0021:00 「同 第二部」

実際に作品の前で収録します。

第一部にも第二部にも出させていただきますが、もちろんずっと私が
出っ放しというわけではありません。全部あわせるとなんと
6
時間(!)という
特番ですし。

~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/13

☆ フランス映画祭 2007 ☆ 3/15-20

martedi, il tredici marzo 2007
sono le undici e sei.

        French
         「フランス映画祭

「フランス映画祭」は、下記の短い期間ですが開催されます~☆

東京/六本木] 3月15日(木)~18日(日) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
[東京/お台場] 3月17日(土)~18日(日) お台場シネマメディアージュ
[横浜] 3月17日(土)~18日(日)TOHOシネマズ ららぽーと横浜


スケジュールはこちらから

   Deneve
    フランス代表団 団長
         カトリーヌ・ドヌーブ


「フランス映画2007」のフランス代表団団長に
選ばれたのが、カトリーヌ・ドヌーブです~☆
3月15日(木)に、フランス代表団による盛大な
オープニングが開催されるので、ドヌーブも
参加することでしょう!!

レッドカーペット 17:15 六本木ヒルズアリーナ

オープニングセレモニー+輝ける女たち 
18:15 TOHOシネマズ六本木ヒルズスクーン

  Catholine_1
   『輝ける女たち』 

大好きなドヌーブさんを一目みたいと思いますが
映画でお会いするしかないでしょうか~?


今回、東京・横浜・大阪の3都市で、開催されて
長編16作品と短篇8作品の最新フランス映画を
観ることができま~す♪

  Hohoemi
   『石の微笑み』

なんだか魅力的ですね~↑
こういう映画祭のチケットはすぐに売り切れるらしいのですが
私もレッドカーペットは無理にしても、1つ、2つでも映画を観れ
たらと思います~☆

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/03/11

映画 『パフューム』@ラゾナー川崎プラザ

domecina, il undici marzo 2007
sono le nove di sera.

    Pefume
     『パフューム - ある人殺しの物語』   

今日は娘がお休みを取れたので、以前から観にいって
みたいと二人で言い合っていた『
パフューム』の映画を
観て参りました。川崎駅前が変わったというので、

ラゾナー川崎プラザ内の映画館で待ち合わせました。
新しい街、川崎の巨大なショッピング・モールはまるで
海外へ来たかのようで天井も高く、通路も広々と取って
あり、とても開放感に満ちているように感じました。

  Kawasaki

 外国へ来たかのような巨大なショッピング・モール
             
ラゾナー川崎プラザ

  Jawasaki2

『パフューム』の原作がドイツ人の作家、パトリック・
ジュースキントで、瞬く間に全世界45カ国で発売され
1500万部を超える超ベストセラーになったことなど
前知識は全然なく、ただ、殺人シーンがあって恐い
部分もあるけれど、調合師のストリーが美しい映像で
描かれている、という位の情報で観に行きました。

   Beauty
    美女が次々と。。。

アロマを一年半ほどお習いしたので、香りの調合の仕方、
映画の題材でどのようにその香りを表現するのか、なども
興味がありました。でも、最初の画面からちょっとすごい!
ショックの連続でした。こんなに醜悪なことがあって
いいのか?と思うような生い立ちから彼の謎の死まで、
その人生のなんと孤独で悲惨なことでしょうか!!

この世に、彼独自の香りを残したい!という思いがマニアック
な匂いを蒐集していく要因となり狂気の世界へと走り出して
行きます。舞台はパリ、グラースなど中世のヨーロッパの
街並みで、水の中に溶け込むような詩的な映像となって
酔いしれることができます。しかし、その底には、深い
人間の
悲しみなど孤独感が常につきまとっています。



  Handkerchief
   彼の作る匂いが人々を天国へと誘う・・・

主役の天才調合師役は、無名の若手俳優ベン・ウィショー
で、監督から気に入られて抜擢されただけあって、素晴ら
しい演技力です。天才的な嗅覚の持ち主であることや、
動物的な激しい動きなどを本能的に演じ、狂気な世界へと
観客を演技だけで惹き付けていきます!

調合師の師匠役のダスティン・ホフマンとのカラミの
シーンなど唯一、人間的に交わる部分ですが、そこが
一番の見所かもしれません~☆ ダスティン・ホフマンも
少し年を取ったように見えましたが、若手を引っ張って
いきながら、またベン・ウィショーの方でも激しい気性を
露わにし、名優を圧倒させるかのように若さの火が爆発
するようでした!

昔、「コレクター」という若い女性ばかりを自宅に監禁
する猟奇的な映画をテレンス・スタンプが彼、独特の
演技で演じていた印象が強烈に残っています。
今回のベン・ウィショーはもっと肉体的にも体当たり
な激しくも内に秘めた情熱を貫きとおすという強さを
表に出してはいますが、二人とも少し似ているのでは?
と作品の特殊性もあるかもしれませんがそう感じました。

素晴らしく良くできた作品でもありますが、残虐なシーン
も想像以上に多いので、毒々しい香りも含まれている
こともお忘れなく・・・。 

 

    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/03/10

西武池袋の魅力的な催し2展~☆

sabato, il dieci marzo 2007
sono le dieci di sera.

     Hanaten_1
   

ヴァン クリーフ&アーペル 100年 永遠の煌き展
が西武の池袋本店より、この21日(祝)から30日(金)まで
開催されます。(開催時間などはご確認くださいませ)

 Oriental_1
  オリエンタル (HPより)
   
   20世紀初頭、東洋とエジプトのモチーフはフランス人
  にとって大きな影響があったそうです。その頃の
   ジュエリーなども展示されます。

          Jewely_1

  19世紀初頭のベルエポック時代の華やかだった
  オートクチュールの世界はジュエリーにも影響を
  与えたとのこと。。リボン、レース、襟、ボタン、
  ファスナーなど、ヴァン クリーフ&アーペルが
  ファッションの世界にインパクトを与えた数々の
  作品も展示されるとのことです。あの画家たちが
  貧しかったベルエポック時代しか思い描けません
  でしたが、  このような瀟洒なおしゃれな世界も
  展開されていたようですね~☆ 


 パリ本店所蔵の歴史的作品(ミュージアムピース)や、
  資料として価値の高い数々の写真、映像などを8つの
  テーマで構成された本展は、パリのこの100年の歴史
  を具間見るのにも面白そうです~♪

 また、同時に『お招きの花展』も21日(祭)から26日(月)
  まで開催されます。

        Ticket_7     

 mixiのうめさんからまたチケットをいただける事になって
  本日、両展の素敵なチケットが届きました~☆

 花展には20人のフローラル・アーティストがホームパーティ
  など春の華やかなお花の演出をするそうです~♪

  うめさん、いつも素敵なチケットを有難うございます~ヾ(´ー`)ノ
  娘と一緒に春の一日を西武で過ごしてみたいと思います。
  桜の花柄の便箋もかわいかったです~ヽ(^o^)丿
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆ 自由が丘編 - 鑑賞会 No.6

giovedi, il otto marzo 2007
sono le ventuno e venti.


      Paissevieyu_2
       「Patisserie Paris S'eveille」

奥沢から自由が丘まで10分位歩いて、「Trainichi」でしばらく
小物屋さんなどを見てから、フジ子姫とT嬢と合流しました。
みなさんとご一緒に自由が丘で一番、ケーキが美味しい
パティストリー、

  「Patisserie Paris S'eveille」

に行きまして、それぞれお好みのケーキとお茶をご注文
されました。ケーキの名前が娘でないと分からないの
ですが、以前、頂いた時のケーキも下記に掲載します~☆

  Chocla

               Mossue
                 ムッシュ・アルノー
                 

  Gatto

                 Paris

皆さんが口々に「美味しかったです~~\(^o^)/」と
仰っていて、本当にこちらのケーキの濃厚な美味しさは
他では味わえませんね~☆ カットしても美しい層が
現れて、いろいろなお味がハーモニー感を醸し出します~☆

真ん中にある「ムッシュー・アルノー」が私は一番好きです。
金子シェフは15歳の時に「ルノートル」で修行を始めてから、
杉野英実氏に師事されて、代官山「ル・プティブドン」では
シェフ・パティシエを務めた後、1999年に渡仏されました。
パリ「ラ・デュレ」、「アルノー・ラエール」など、数々の名店で
研鑽を積まれたそうです。そして、2003年に自由が丘という
都内でも有名なケーキ屋さんが集まる地に当店をオープン
されたとこのとです。

    Seveill   
    パンもとても美味しいです~ヾ(´ー`)ノ

ケーキを堪能してから、ここで花子さんはお帰りになりまして、
私達6人で、無料巡回バスに乗って、深沢ハウスへ向かい
ました。深沢ハウスの外観は、下のページに掲載しましたが、
大変モダンでスタイリッシュな感じがして素敵な所ですね~♪


     マリアージュ・ド・ファリーヌ  

   An1_1
   下見に行った時に沢山並んでいたパンを再現

着いたときが午後4時近かったので、もうパンはほとんど
売り切れていて残念でした~(/_ ;) しかし、お店の雰囲気は
味わっていただけたかと思います。

   Fujiko2
    おしゃれなクッキーも販売されています~☆

   Cakes_3
   ケーキもほとんど売り切れ状態でしたので、
                   前回ので再現します~♪

皆さんと楽しく過ごしたブレッド&スイーツ・ツアーでしたが
また、自由が丘にバスで皆さんは戻って行かれて、私は
駒沢公園からバスで渋谷に向かうので、ここでお別れしました。

いつになく娘がメールで、「すごく楽しかった!パンを
いっぱい見れて勉強になったよ!!これからも美味しい
パンを造れるように、頑張りま~す☆」と書いて送って
くれました。

Ichi-Nさんもmixiの日記には、学生の頃からパンが大好き
だったので、今回のパン屋さん巡りで美味しいパンに出会
えた喜びを私もよりもずっと上手に熱く語って下さいました。

他の皆様からもパンやケーキやランチもどれも美味しくて
楽しい時間を過ごせたことなど、メッセージを頂きました。
家には、もう日曜日に購入したパンは無くってしまいまして
ちょっぴり寂しいのですが、また、足を伸ばして、シェフたち
の元気なお顔を見れたら、と思っています~☆

ご参加してくださった皆様、当日はいろいろと忙しかったかと
思いますが、楽しい一日を過ごせて感謝いたします<(_ _)>
美味しい食べ物は、私達を心から幸せにしてくれるようですね~♪

今回の☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆ の関連記事
下見ツアー  
奥沢編  
深沢ハウス景色編  

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆深沢ハウス景色編 - 鑑賞会 No.6

giovedi, il otto marzo 2007

    Fukasawa_2
        深沢ハウス

日曜日の☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆の後半が
中々、書けないでおりますので、深沢ハウスの周辺の画像
だけお届けしたいと思いますヾ(´ー`)ノ

どこをとっても大変美しいので、下見の時と合わせてこちらに
アップいたします。

  Fukasawa_3
     マリアージュ・ド・ファリーヌ

巡回バスに乗って、深沢ハウスに降り立つと、驚くほどの
美しい建物の景観に戸惑って、一瞬、このような住宅地に
パン屋さんが~?と思ってしまうほどです。それほど、
おしゃれな外観と内装の店舗なので、こちらに見学する
だけでも楽しいかもしれません~☆

  Fulasawa02_1
   通路兼中庭も素晴らしく美しい~☆

 この中庭のような通路を挟んで、お隣にジャムのお店、
 「
コンフィチュール アッシュ」 があります。

   Confiture
   スタイリッシュでオシャレな外観にジャムの瓶が美しく~♪

      Confiture2
    Confiture H の素敵なパッケージとクッキー☆

Ichi-Nさんからかわいいクッキーのお土産を頂きましたヾ(´ー`)ノ

今回の皆さんがお買い求めになられたパン袋の大集合です~☆  

   Bags
    沢山の美味しいパンを詰め込んで~~(*^_^*)

 
  Komazawa
       ☆帰りがけに見た駒沢公園の夕日☆

 
     Kazaripan_1

  最後に、娘が造った「パン飾り」をお店の人が春らしく
  店頭に飾ってくれたそうです~☆ 横浜、Landmark Tower
  にお越しの際は、Fortum&Masonの店頭に展示してある
  そうですので、宜しかったらご覧くださいませ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/06

☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆奥沢編 - 鑑賞会 No.6

lunedi, il cinque marzo 2007

    Cupid02_1
   ARTISAN BOULANGER CUPIDO (クピド!)

昨日は、私自身も楽しみにしていた
☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆の本番で
[Visiting Tour Club]の企画として、皆さんでご一緒して
参りました~♪

昨日は最高に良いブレッド&スイーツ日和のぽかぽか
陽気だったので、張り切って、沢山のお店を巡ってきました!
ご参加していただいた花子さん、Ichi-Nさん、スイートピーさん
と娘に、いつものスイート仲間のフジ子ちゃんとお友達の
T子さんも自由が丘からご一緒していただいて、本当に楽しい
一日を皆さんと過ごせて有難うございました~(o^∇^o)ノ

大体、コースは先週の下見と同じですが、それにランチの
La Lumiere」のフレンチとケーキは、「Pari Seveille」を
追加しました。沢山書くことがあるので、本日は奥沢編だけ
お届けします~☆

最初は奥沢の駅で待ち合わせて、Ichi-Nさんが素敵な
トレンチ・コートにVironのパン袋を抱えていらして、
「パンが大好きなので楽しみにして参りました~☆」と
気合い十分な第一声で、こちらまで嬉しくなりました~♪
花子さんも素敵な花柄のスカートにグレージャケットと
春らしい装いでした~☆ 程なくすると、スイートピーさんと
娘が集まって、まずは「クピド!」に向かいました。

   Cupid03
    ミートパイ キッシュ ・・・ 菓子パン

ARTISAN BOULANGER CUPIDO (クピド!)」
のお店の前で記念撮影などして、店内に入ると
わぁ~☆と歓声が上がるほどでした~♪ 焼きあがった
パンが美味しそうに並んでいて、昨日は、シェフ自ら(トップ写真)
販売に立ち会ってくださいました。一人ひとりお好みのパンを
簡単に何が入っているとか、にこやかに説明してくださいました。

「日曜日は外人さんのお客さんが多いので、このフロマージュ
ブランは特に人気があって、すぐに売り切れてしまいます!」とか、
「この五穀米入りカンパーニュは美味しいですよ!」とか。。娘が
パンを造っている、というと、「女の人がパンを造っているって、
尊敬します!ほんとー、パンを造るって大変な仕事だから~!」
と仰ってくださって、そのようなおしゃべりの一時も楽しい時間
ですね~☆ 

  Cupid5_1
        ☆美しいパンの成形☆              

それに、シェフがご自身で造ったパンを自信を持って、
お客さんに勧めるなんて、とても素敵なお仕事ですよね~☆ 
確かに、パンは朝早くから時には夜中から造り始めたり、
また、天然酵母を使っているとそれを管理するために
24時間体制で酵母造りをしなければならないようです。

     Cupidmagipan_1
    飾りパンも決まってますね~☆

こういう小さくても造り手の顔が見えて、美味しいパンを
購入できるのは理想のパン屋さんですね~(*'ー'*)♪ 
帰宅してから、写真を撮っている間でも次々と味見を
してしまいましたが、どれも大変美味しくモチモチ感が
あって、しっかりとした味わいがありました!!近くに
このようなパン屋さんがあったら、毎日でも通い詰めて
しまうかもしれません~☆

そのあとは、奥沢駅に戻り、線路を渡って以前も母
ランチをした「
La Lumiere」へと向かいました。

    Kaapacho
    オードブル アジのカラパッチョ

         Loast   
            メイン  国産豚肩ロース肉のロースト ガーリック風味

    Preu
            デザート 

                 Stawbery   
                

美しい彩りのお料理ときめ細かいソースの味付けなど
本当に手間隙かけて、素晴らしいですね~☆
こちらのお店では、ゆっくりと皆さんとおしゃべりが弾み
まして、娘も自分の気持ちを素直に皆さんと話すことが
できて、心温まる一時を過ごすことができましたヾ(´ー`)ノ

やっぱり、美味しいお食事で改まった席でお話すると
また普段と違った会話が楽しめるものですね~☆
幸せな一時をご提供いただいたこちらのシェフと
お店の方に感謝申し上げます。

それから、いよいよ自由が丘へ向かいました。
また、続きをお楽しみくださいね~☆
        

続きを読む "☆美味しいブレッド&スイーツ・ツアー☆奥沢編 - 鑑賞会 No.6"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/03/04

A Happy Sweets Hinamatsuri Day!

sabato, il tre marzo 2007
sono le ventitre' e veticinque.

         Venetian
       ヴェネチアン・ガラス? Torattoria Da Marco

今日はひな祭りでしたが、皆様はどのようにお過ごしになり
ましたか? 私は娘が離れて住んでしまったので、同じく
娘さんたちが独立された友人と東武船橋店のイタリアンで
「お雛さまランチ」を頂いてきました。パスタにハマグリと
菜の花を少しクリーム味の味付けしてあり、美味しかったです~☆
シェフが、ヴェネチアから来た方らしく、天井を見上げたら
素敵なヴェチアン・ガラス風のライトがきれいに灯っていま
した~☆

                        Dolce_4   
            ドルチェもヴェネチア風~?

       ****

   
             Kazaripan070303_3
       飾りパン made by mia figlia

先ほど、娘から写メールで、
「今日は居残って、《飾りパン》造ったの~☆」
と書いてありました。職場ガFortnum&Masonなので
紅茶ポットをデザインしたみたいですね~(*'ー'*)♪
Landmark Towerの3Fのお店に、きれいに焼けたら
店頭に飾ってあるかもしれないので、お近くにいらしたら
ご覧になってくださいね~(^o^) 

   ****

   Ryotgrad    
 お赤飯と [Sieges Kranz]のロール・ケーキ

息子は本日、無事、大学を卒業できた、と大学まで
確認してきたようです~(*^^)v なんだか、嬉しい
けれど、これで親の勤めも本当に終りかしら。。
とちょっぴりと寂しいような春を迎えました。

しかし、明日は「ブレッド&スイーツ・ツアー」がいよいよ
本番です~☆ お天気が良いようなので、すこし
欲張ったコースですが、ボチボチ、皆さんと楽しみ
たいと思いま~す(*^-゚)vィェィ♪

続きを読む "A Happy Sweets Hinamatsuri Day!"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/03/02

「千住博展―フィラデルフィア「松風荘」襖絵を中心に―」@山種美術館

venerdi, il due marzo 2007
sono le sette e mezo.

     Senjyu_1
       「松風荘 襖絵」

昨日は、「オルセー美術館展」を鑑賞した後に、

千住博展―フィラデルフィア「松風荘」襖絵を中心に―」

のチケットを頂いていたので、山種美術館へ寄って参りました。

       Nanohana

途中、お堀端にはもう菜の花が咲いていて、春の訪れを告げ
ています。

道すがら、とてもいいお天気なので、コートを脱いでしまうほど
で、山種美術館まではいつも九段下から歩いていくと、季節の
移ろいを感じて、子供達とお花見をしたことなどをよく思い出し
ます。

と。。前置きがながくなってしまいましたが、本展はテレビで
放映されていたせいか、前日も大変混んでいたと「オルセー
美術館展」をご一緒したチェ~さんもおしゃっる程、人気が
高くて混雑していると聞いておりましたが、昨日は、それほど
でもなくて襖絵をぐるっとじっくりと見渡すことができました。

千住博氏が自らライティングをし設営していただけあって
とてもすっきりと美しく襖絵を観ることができましたが、もっと
天井が高かったら、滝の流れ出る空間が広がって観れたの
ではないか。。と少し残念でした。

特に、トップの図版の襖絵は、滝の水しぶきと流れ出す精霊
のような水の清さを豪快さとともに壮麗感もあって、素晴らしい
作品だと思いました。バックの茶系と水の白とのコントラスト、
滝が落ちた時に浮かびあがる水しぶきも非常に美しかったです。

そして、千住氏の妹さんが千住真理子さんというバイオリニスト
ということもあるでしょうか。。弦楽器のソロ、バッハの音色や
雅楽の笛の音などが呼応するように滝の合間から静かに深く
聴こえてきたことは、いつも身近に音楽を聴かれている方の
リズムが流れだしているようにも感じました。

千住氏は、ニューヨークのアトリエで、ジムでトレーニングを
しながら本作品を制作されたということで、現代的なシャープ感
漂う日本画は、また西洋の硬質感をも感じさせる和と西が
融合しあうような素敵な襖絵になっているのを見ることが
できて、とても良かったです。

昨日は、思い切ってお休みを頂いて、朝一で「オルセー美術館展」
を間近で作品を観れたり、千住氏の襖絵も観ることができて、
チェ~さんとうめさんのお陰で春を感じたアートのよい一日を過ご
せましたことを御礼申し上げます。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/01

『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像展』 New Information!!

giovedi, il uno marzo 2007
sono le dicisette e trentacinque.

        070301
           いよいよ看板が!!

今日は、mixiの方から「オルセー美術館展」のチケットを
急にいただけることになったので、ご一緒に鑑賞させて
頂きました<m(__)m> 朝9時前より都美の正門前には、
もう30人位の年配の方々が並んでいらっしゃって、
さすがですね~!! 途中、オルセー展の横にいよいよ、
ダ・ヴィンチ展の看板が設置されているのを見かけて
感動しました~!!

オルセー美術館展」は、これで3度目なのですが、
本日は朝一で観にいっただけあって、一階だけは少し
混んでいましたが、あとは目の前で絵とじっくりと
対面したり後ろに下がって観たりと本当に堪能する
ことができました。やはり素晴らしい作品は、何度
観ても素敵です!!特にモローの《ガラテア》は魂を
吸い取られて、じっくりと観た後は、フラフラ~です。
また、まとめていつかレポートを書いてみたいと思います。
(半分、言葉にならない感動が続いていて、実は、胸の中に
秘めている部分が大きいこともあります。)

       ------

        Chirashi_5 
             A4サイズ チラシ   

3月に入った途端に、レオナルドの情報が満載です~☆
まずは、都美で見つけたA4サイズのチラシです。最初に
配られていたA4サイズ2枚版に比べると、紙質や印刷も
劣るように見受けられますが、それでも《受胎告知》が
いよいよ、東京へやってくるという身近さも感じられて
きました~☆

-------------

そして、Asahi.comで見かけたニュースですが。。

「受胎告知」ケースは独製 ダ・ヴィンチ展

 レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作「受胎告知」の日本初公開
まであと1カ月。3カ月に及ぶダ・ヴィンチ展の会期中、イタリア
の至宝ともいえる絵画を安全に保管・展示するため、ドイツ製
の特注ケースが手配されるなど、準備が着々と進んでいる。

 「受胎告知」は500年以上前、板に油彩で描かれた。
木材は環境の変化で収縮しやすく、絵の具に亀裂が生じる

可能性がある。変形を防ぐには、温湿度を一定に維持する
気密性の高いケースが必要となる。そのケースには有害
物質を出さず、光の透過性に優れ、照明の反射を極力抑えた
ガラスが欠かせない。検討を重ねてドイツのメーカーが選ばれた。

 1月、ウフィツィ美術館に日本とドイツから関係者が集まり、
作品を壁から外し、ケースへの取り付け方法などを検討した。
東京国立博物館の神庭信幸・保存修復課長は「何より事故
なく公開を全うし、返却したい。作品の魅力を余すところなく
伝えたい」と語る。

 ダ・ヴィンチ展は3月20日から東京国立博物館で。
前売り券(一般1300円など)を発売中。   

Chiket_4

--------------------

ドイツ製でできた強固なガラス・ケースの中でしっかりと
守られて、《受胎告知》がパリから東京へ無事に到着
することを祈っています。

~~~~~~~

そして、フリー雑誌、「大人の上野ウォーカー」でも
はなちゃんと一緒にダ・ヴィンチ展について掲載
されています~)^o^(

    Walker_2
    もうすぐ上野にも桜が咲き出しますね~☆

        Hanachan_1

 はなちゃんは新日曜美術館で昨年度までアシスタント
  をされていたほどアート好きなお嬢さん~ヾ(´ー`)ノ
  特に、仏像展を楽しまれたり東博にはよく足を運ばれる
 そうですので、芸能界でも指折りの東博通とのことです。
 
  桜の花がレオナルドの《受胎告知》を迎えるように、春も
  もうすぐですね~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »