« ☆ 息子の卒業式とイタリアン ☆ | トップページ | 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 ポスター & ハイパーテレパシー »

2007/03/21

『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像展』 -鑑賞会 第7回

martedi, il ventuno marzo 2007
sono le seidici e tre.

      Leonardo01_2
   東博 本館入口にマリア様の垂れ幕が~☆

とうとう、初日の昨日(3/20)、鑑賞会の皆様と私の親友が
埼玉から朝、早く開門前から東博へ集まって下さいまして、


特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ ― 天才の実像

を観ることができました。池上先生から本展の監修をされる
と昨年末にお聞きしてから、3ヶ月余りですが、毎日、チラシと
駅のポスターなど《受胎告知》の大天使ガブリエルとマリア様
を見つめながら、早く実物を観たい!という思いばかり募って
いました。

なので、当日は息子の大学の卒業式があるにも関わらず、
会社もお休みを頂いて、もう前の日から興奮気味で眠れず
朝からなんだか浮かれだって変ですが、とにかく、東博へ
向かいました。

      Touhaku01_2

チケット購入待ちの人たちが右側にずらっと並んでは
いましたが、それほど入場待ちの人は並んでいません
でした。親友にも合って、ほどなくすると、開門しました。
KANさんと水さんが前の方に並んでいると連絡が入り、
スイートピーさんも後ろに到着して並んでいます~♪

     Touhaku02_1

ちょっとづづ前進していきます。この間が一番寒かった
けれど、私は多少興奮気味で親友と積もるお話をして
いるとすぐに時間が経ちました。

       Tohaku04_1

東博の正門にようやくたどり着き、天使ガブリエルの
垂れ幕が朝日で眩しいように光っていました~☆
寒いけど、空は真っ青で空気が澄み渡った朝でした!

        Touhaku03_1

振り返るとすごい列の人たち!でも、皆さん、なんとなく
晴れやかなお顔で順番を待っています。

       Tohaku06_1

やっと本館の玄関に辿りつくと、トップ画像にあるマリア様
の垂れ幕の下の部分が見えてきました!その奥に入ると
いよいよ特5室の右ドア前には、空港のように手荷物検査
をされて、金属探知機の中を通り抜けます。天井が高くて、
暗い室内に入ると奥に《受胎告知》が展示されているようです!

  200703leonardo_top630_1
  レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」   (1472-73年) 

最初、観た時はガラスがない!と思ったほど透明感が
あって手に取るように間近に観ることができます~♪
わぁ~きれい!!と通り過ぎながらあまり落ち着いて
観ることができませんでした。 もう一周してみようと
思って、通路に回ると水さん(ブログ)とKANさん(ブログ)が
2壇目の右端に立っていらして、
「ここから観ると遠近法がよく分かりますよ!」
と教えてくださいました。

まさに奥に描かれている山に向かって、消失点が見えて
きました。そして、大天使ガブリエルとマリア様の位置関係
や奥の自然との対比などが壇上で見ていると、すごくよく
分かりました!KANさんの単眼鏡などお借りして、肌の色
の美しさにうっとりとしていると、遅れてきたすたさんと合流!
あの壇上でまさに、レオナルドの絵を観ている時に、合う事
になっているとはいえ、急に知り合いに合えるなんて、すごく
ドラマチックな瞬間でした~☆

まだ、人通りにも余裕があるので、その壇上で6人で、
「すごいきれいだ! 衣服の質感が素晴らしい!」と
興奮しながら、宝石のように奥から煌いて何かを訴え
かけてくるレオナルドの絵に見惚れていました。

ほどなくすると、どんどん前列に人が溜まってきます。
少しずつ後にずれながら、細部まで目を凝らして観ます。
天使ガブリエルの羽がしっかりと描かれていて、今にも
天から、す~と地上に降り立ったかのような軽やかさも
感じられましたが、その目線と指先にどうしても引き付け
られていきます!


マリア様の顔が思ったより小顔で、水さんのお言葉を
借りていえば、”モダンな化粧”といえるほど、 現代的な
お顔立ちと受胎の瞬間をたじろがずに受け留めている
ところも気高さを感じました。


衣服の質感と宝石のような色彩のきらめきに、天才と
名づけられるだけの技量の高さをこの時からレオナルドは
身に付けていたようですね!


ガブリエル天使とマリア様の放つ初々しさと神々しいまでの
ドラマが背景の自然と一体となって一枚の板の上に、静かに
煌びやかに描かれているように思いました。


もっとゆっくりとじっくりと眺めていたら、きっともっと心を
清めてくれるかと思いますが、多くの人たちがこの絵を
観に押し寄せてくるので、身を引かないといけないかと
残念でした。

このあとは、一旦、外にでて平成館へ行き第2部を観て
回りました。こちらは、レオナルドが手がけたとされる彫刻
「少年キリスト像」とともに、残された手稿をもとに制作された
模型や映像など約100点が展示してありました。

特に、「少年キリスト像」のテコラッタは、左顔から後の巻き毛
にかけて大変美しくて、これは絶対、レオナルド作では!と
直感いたしました。

それと、「スフォルツァ騎馬像」の実物サイズで、前足部分が
壁から飛び出していた巨大な模型には度肝を抜かれました。


あとは、やはり朝早くから並んだのと、あまり展示物の説明が
分かりにくいというか、こちらの知識もなかったこともあって
もう一つ不消化に終わってしまいましたので、図録でよく勉強
して、精神的なことは、『ユリイカ』で続きをよく読んで学び直し
てから、再度観に来たいと思います。

KANさんも徹夜明けで参加してくださったり、水さんもこの日を
空けるのに週末返上でお忙しくされていたり、スイートピーさん
とすたさんも午後から出社だったり、親友も園長先生なのに
お休み下さって、皆さんでこの日を朝早くからご一緒に観ることが
できたことは一生の思い出となりそうです!!


本当に~お忙しい中、無理して初日にご一緒くださいまして
有難うございました<(_ _)> 

    Zuroku_3
           『ユリイカ』と『図録』

尚、4月1日(日)、新日曜美術館で本展について池上先生が
ご解説やご説明をされるそうです。そのあとは、また混むと
思いますので、その前にぜひお出かけくださいませ。
池上先生始め東博の関係者の方々、《受胎告知》だけでも
並々ならぬ展示のご苦労や気苦労があったかと思います。
とても素晴らしいイタリアの宝物を真近に鑑賞させて頂いて
感謝申し上げます。

展覧会のあと、本当はお花見する予定でしたが、もうお昼
近くになりましたので、『
韻松亭』でご一緒できる方だけ
お食事をしました。
ご覧になりたい方は、続きのページより。。

                Hanokoro

 韻松亭』は、東京カレンダー↓
http://www.tokyo-calendar.tv/backnum/bnview.cgi?id=10869
 説明に引かれて予約しておきました。

 昨年秋、上野公園内にある『韻松亭』が生まれ
変わった。明治8年に建てられた当時の面影を残すべく、
柱や基礎となる床は残したものの、一から設計図
を引き直しての大改装。京都や滋賀から古材を集め、
日本建築の粋を見事に再現した館内は、代々大切に
継承されてきた料亭の趣を湛えている。その上、
全面ガラス張りのカウンター席や座敷など、
上野の眺めを借景に取り込んだ造りが圧巻。特に
これからの季節は、満開の桜に囲まれ、雲の上の
心地を体験することができるだろう。

と、桜を観ながらお花見ランチを期待していたのですが
まだご覧のとおり、窓辺からみた桜は蕾のままでした。

      Inshoutei04_1

でも、京風味付けの『花のころ』というお花見お弁当は
いろいろな具が詰めてあって、美味しかったです☆
ダ・ヴィンチ展を記念して、お花見弁当のつもりでちょっと
奮発したデラックス・ランチでしたが、たまにはこういう
人間的なリラックスした時間も必要では?と思いました。

  Inshoutei Dango
  3段重 『花のころ』        本物の笹の葉に蓬饅頭

水さんが建築について、いろいろとお話をして下さいました。
このテーブルは椋の木でできているとか、今、接着剤は
規制が厳しいのであまり強力なのが使えないとか、ガラスの
材質とか。。さすがです~ヽ(^o^)丿
☆水さんのブログで詳しく書かれています。

友人は保母さんなのですが、最近のお母さん方はどんどん
変わってきて、子供を愛せない、面倒が見れない。。と
悲しい現実を話してくださいました。

鑑賞会の良い所は、本当にいろいろな職業の人たちが
集まって、自分の職業について悩んでいることや抱負を
語っているときに、絵画の感想だけではなく様々な人の

お話を聞けることだと思います。

レオナルドの天才魂を見た後は、とにかく宇宙の中に
いるようなちょっと現実に戻れないような世界へ浮遊
してしまいますが、彼もそんな私達を天から見守って
下さっているかと思います。

|

« ☆ 息子の卒業式とイタリアン ☆ | トップページ | 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 ポスター & ハイパーテレパシー »

2007年 美術鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
念願の「受胎告知」とのご対面、そしてjuliaさんの感動がよーく伝わってきました。
ご一緒できなかったのは残念でしたが、素敵な鑑賞会になったようで何よりです!

>レオナルドの天才魂を見た後は、とにかく宇宙の中に
いるようなちょっと現実に戻れないような世界へ浮遊
してしまいますが・・・
↑私もこうなることうけあいです(笑)

遠い遠い昔に描かれた一枚の絵が、今もこんなにたくさんの人を感動で満たすことができるなんて、本当に素敵ですねo(*'-'*o)
きっとレオナルドも天から、juliaさんの感動ぶりに嬉しそうに微笑んでいると思います。

投稿: marimo | 2007/03/22 01:18

展覧会の初日に行ったのは初めてでした~~(笑)
うまく合流できず、何度も電話してしまいました。。すいませんです。。

ぼくは思ったより混んでいてちょっとびっくりです。まさか金属探知機などまであるとは予想もしていませんでした。。

それにしてもすばらしかったですね、「受胎告知」。

昼食会にご一緒できず、残念でした。

投稿: すた | 2007/03/22 09:58

>Marimoさん

コメント有難うございます~☆

>念願の「受胎告知」とのご対面、そしてjuliaさんの感動がよーく伝わってきました。

ホントですか~(^o^) なんだか、ズラズラ長ったらしく書きましたが、
初日の様子を自分でも覚えておきたかったのですが、少しでも感動が伝わっていただけて、嬉しいで~す(*'ー'*)♪

>遠い遠い昔に描かれた一枚の絵が、今もこんなにたくさんの人を感動で満たすことができるなんて、本当に素敵ですねo(*'-'*o)

そうですね~!!仰るとおり、5百年前に板の上に描いた絵がまだ
残っていること自体、奇跡に近いですよね! 思っている以上に
繊細で美しくて華麗な絵でした~☆ 

>きっとレオナルドも天から、juliaさんの感動ぶりに嬉しそうに微笑んでいると思います。

有難うございますヾ(´ー`)ノ
でも、最近、なんとなく自分自身がとてもピュア~でいられて、
起こることが見えるといいますか、こうなるのでは?なんて
想像していると現実に起きてきます。なので、レオナルドの絵とか
思想などに近づくと、何か想像力が増してくるのかもしれません。

不思議ですが、レオナルドの影響力は今後も引き続いて大きいと
思いますね~☆

投稿: Julia | 2007/03/22 21:28

すたさん、

素晴らしいレポート、先ほど読ませていただきました~☆

>展覧会の初日に行ったのは初めてでした~~(笑)
うまく合流できず、何度も電話してしまいました。。すいませんです。。

初日ってなんだか、美術館側も慣れていなくて、絵もまだ
ピッカピッカしていて、とても新鮮な印象を受けますよね~ヽ(^o^)丿
すたさんとあの壇上で合えた時は感動ものでした~!!

>ぼくは思ったより混んでいてちょっとびっくりです。まさか金属探知機などまであるとは予想もしていませんでした。。

Takさんの情報で知っていましたから、心の準備(笑)がありましたけど、知らなかったら、ホント~ちょっと驚きますね! でも、あのおかげで、ガラスを厚くしないでよかったそうです。
NYで「自由の女神」に乗る船着場で、危うく下着になるほど
ほとんど脱がされた時には、ほんと~どうなるかと思いましたよ~w(゜o゜)w

>それにしてもすばらしかったですね、「受胎告知」。

そうですね~☆☆☆☆☆
あまりに華麗な絵なので、あれでは、イタリアの人たちも
外へ出すのを反対するのが分かりました! よく貸してくださった
と感謝したいです。

>昼食会にご一緒できず、残念でした。

久しぶりに和食ランチでゆっくりとした気分に浸れました。
すたさんともまたいつかご一緒しましょうね~☆

本当にあの日は朝、早くからお疲れ様でした(_ _(--;

投稿: Julia | 2007/03/22 21:38

いの一番の鑑賞会、お疲れ様でした。

500年前の作品なのに、その前に立つと、

物凄い臨場感が感じられました。

大天使ガブリエルのささやきが、

目の前にいるわん太夫の耳にも聞こえてくるようでした。

Juliaさんのお写真を拝見すると、かなりの盛況のようでしたね。

わん太夫が行った時は、人影も見えず、2日連続の「坊主」かと思いました。

逆に、東博の方の方が多いくらいでした。

帰りは、正に「ナイトミュージアム」の世界で、ちょっと焦りました。

投稿: わん太夫 | 2007/03/22 22:56

わん太夫さん

昨日、《受胎告知》をご覧になれて本当によかったです~ヽ(^o^)丿

>500年前の作品なのに、その前に立つと、
物凄い臨場感が感じられました。
大天使ガブリエルのささやきが、
目の前にいるわん太夫の耳にも聞こえてくるようでした。

おぉ~わん太夫さんは10回以上もまるで独占したかのように
じっくりとご覧になられたようなので、「ささやき」も
聴こえてくるようでしたか~? 素敵ですね~☆

今度、観にいったら百合の花のボリュームもしっかりと
確かめてきたいと思います~☆

明日はデパートの展示会へ行ってきます!!

わん太夫さんは明日も行かれるとのこと!また、2回目の感想も
聞かせてくださいませ。

投稿: Julia | 2007/03/22 23:42

こんにちは。
ダ・ヴィンチ展-韻松亭の組合せは良かったですね。
これで桜があれば完璧でしたが、それはまた別の機会の楽しみということで。
どうもありがとうございました。

投稿: mizdesign | 2007/03/26 11:12

mizuさん

コメント&TBを有難うございました~☆

>ダ・ヴィンチ展-韻松亭の組合せは良かったですね。

mizuさんがもしかしたら、一番気に入って
下さるかと思って、あのお店を選びました~ヾ(´ー`)ノ

また、来年でも桜が咲いたら、他の部屋から眺めて
みたいですね~☆ ほんと、楽しかったです~(*"ー"*)♪

投稿: Julia | 2007/03/27 00:33

Juliaさん、こんばんは
ご無沙汰しております。
ようやく、僕もこの展覧会に行くことが出来ました。
本当は4月に行く予定でしたが、2回とも急用が入り、中止になり、ひょっとして、今回はダメかと諦めかけたら、予想外に急に予定が空きました。まったく持って計画性0なので困ってしまいます。(苦笑)
「受胎告知」、予想以上に素晴らしかったので、感動しました。
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

投稿: lapis | 2007/05/13 22:56

Lapisさん

コメント&TBを有難うございました~☆
Lapisさんはどうしていらっしゃるのかしら?と
ちょっと気になっていたのですが、ご覧になられて
良かったです~(*'ー'*)♪

でも、Lapisさんとお会いできるかと思って
いたので、ちょっと残念でした~(/_ ;)

また、何かの機会にはぜひ東京のファンは
Lapisさんをお待ちしております~(^o^)丿

TBはまた後ほど、お伺いします。

投稿: Julia | 2007/05/14 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/14339206

この記事へのトラックバック一覧です: 『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像展』 -鑑賞会 第7回:

» 『受胎告知』レオナルド・ダ・ヴィンチ [翠松庵no散歩道]
金曜の夜に「今年、この絵を観ずして何を見るか!」の 『レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像』を見てきました。 実際ダヴィンチを見るのは初めてで 天才と言われる多彩な才能は一般常識としてしか知らず 転職の折の履歴書は「〇〇出来ます」とい云う羅列の最後...... [続きを読む]

受信: 2007/03/25 23:46

» 上野の杜 韻松亭 [柏をたのしむ@水上デザインオフィス]
 ダ・ヴィンチ展の後は、「上野の杜 韻松亭」へ。公園の桜を借景に花見弁当を楽しも... [続きを読む]

受信: 2007/03/26 11:08

» 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京国立博物館で明日から開催される 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」《受胎告知》本邦初公開の 内覧会に行って来ました。(マイミクのSさん感謝感謝) 明日から公開の「受胎告知」一足早く観て参りました。 結論から先に。 絶対に観に行くべきです。 「フィレンツェで観たから」とか 「どうせ混んでいるから」と言わずに是非。 私も数年前ウフィッツィ美術館でこの「受胎告知」を観て 横長の画面全体から伝わってくるアウラのようなものに打たれ また随所に用いられてい... [続きを読む]

受信: 2007/03/27 00:15

» 素晴らしい春の一日☆「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 with 池上先生 - 鑑賞会 No.8 [Floral Musée]
giovedi, il ventinove marzo 2007sono l [続きを読む]

受信: 2007/03/29 22:56

» 「レオナルド・ダ・ヴィンチ ――天才の実像」展 [カイエ]
天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」&... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 22:46

« ☆ 息子の卒業式とイタリアン ☆ | トップページ | 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 ポスター & ハイパーテレパシー »