« 「受胎告知」の出品履歴を修正 イタリア大使館 | トップページ | △ 不都合な真実/An Inconveninet Truth ▼ presented by AL Gore »

2007/01/24

映画 『マリー・アントワネット』 - 女監督が描いた王妃の悲劇

mercoledi, il ventiquattoro Gennaio 2007
sono le ventuno e trentanove

    Ma_wp03s_1

娘のお休みと合わせて、先日、日劇PLEX

      『マリー・アントワネット

を観て参りました。11Fの一番大きな会場で大画面で
観たので、映像、音楽ともに大変楽しめました~☆

多分、男性諸兄はもう一つ甘ったるくて観ていられ
ないかとは思いますが、いつも美術をご覧になって
いる方々は、絵の一部分を切り抜いて、連続に
繋げた様な美しい映像美にうっとりとされるかも
しれません~♪

マリー・アントワネットのことをあまりよく書く人は
いませでしたが、エヴリーヌ ルヴェ (Evelyne Lever)
女史が書いた

   『王妃マリー・アントワネット
   Erube_3
    Evelyne Lever(著)

を読んで、ソフィア・コッポラ監督がマリー・アントワネット
という心を描いた王妃について自分も映画化
したい、と
すぐに製作に取りかかったそうです。

出版社/著者からの内容紹介
その美貌と気品を讃えられ、一度はパリの民衆を熱狂
させながら、ついには革命の嵐にまきこまれ、断頭台の
露ときえた悲劇の王妃マリー・アントワネット。母マリア・
テレジアの外交戦略、夫ルイ16世の身体上の欠陥、
美貌のスウェーデン貴族フェルゼンとの恋、革命をめぐる
さまざまな思惑……。すべての要素がからみあい、ひとり
の美貌の女性を悲劇のレールへとみちびいていく。近代
ヨーロッパ史上、もっとも劇的な生涯を送った王妃の全生涯。

   Mary03_1  
    王妃役を演じたキルスティン・ダンスト

脚本を書く段階で、すでにマリー・アントワネット役は、
キルスティン・ダンスト (ドイツ系アメリカ人)がはまり役と
思い描きながら書いていったので、現代的な王妃役と
しては清潔感が合って、とても良かったように思いました。

   Maryyard
      『プチ・トリアノン』の庭園で

撮影もフランスの全面的協力でルーブル宮殿をフルに使用
できたそうなので、宮殿内の内装と庭園の美しさなど本当に
豪華でした!! 特に、子供を産んでから『プチ・トリアノン』
という郊外に小さな宮殿をプレゼントされるのですが、その
郊外の草花のきれいなこと!! また、上の図版のように
天使のような少女が登場してきて、これだけでも絵の一枚
になりそうですね~ヾ(´ー`)ノ

高階秀嗣先生の『歴史の中の女たち』の中でも、マリー・
アントワネットについては同情的で、フランス語も勉強して
宮廷内で話せるようにしていたとか、問題になった大きな
ダイヤモンドなども陰謀説があるとのことで、彼女を悲劇
の王妃として書かれたように記憶しています。

女性の監督だけあって、女性好みにシルクのドレスや
色とりどりのスイーツやお花やモーツアルトの歌劇など
女性的な華やかさで表面的には全体を覆いますが、
監督が描きたかったことは、王妃が14歳という年齢で
異国の地へ嫁いで、宮殿の慣習の中での孤独な心を
表したかったのだと思いました。

それは「何不自由もなく暮らしている宮殿の中でさえ
孤独というものはあるのだ。」という女性の悲しみを
通して、女性の監督だからこそ描けたのだと思います。

最後に、民衆が攻め入ったときに、逃げずにルイ16世
のそばで最後まで付いていた彼女も偉かったと思います。
バルコニーから民衆に向かって、頭を下げた時には
ちょっと涙するものがありました。史実かどうかはわかり
ませんが、後半は結構悲しみに満ちていると思います。

ただ、やっぱり英語だったことが少しこの映画を軽く
見せていると思います。全部ではなくても王との会話
や舞踏会などへ出たときなど少しでもフランス語が
混ざるともう少し臨場感がでたのではないかと思います。

女性監督が描いたロックのバックミュージックで舞う
現代的な悲劇の王妃は、中々良かったです~☆

 

|

« 「受胎告知」の出品履歴を修正 イタリア大使館 | トップページ | △ 不都合な真実/An Inconveninet Truth ▼ presented by AL Gore »

▲2007年 映画」カテゴリの記事

コメント

イメージの出来上がった人物を、こういう違う視点で描かれた作品って大好きです。主演のキルスティン・ダンストがいい感じ!

ぜひとも見たいと思っています。

投稿: すた | 2007/01/25 09:51

すたさん

どうもいつも有難うございます~☆

>イメージの出来上がった人物を、こういう違う視点で描かれた作品って大好きです

さっすが、上手いこと仰いますね~♪
あの「守護神」を観た会場でしたが、前方を覗いて
ほとんど一杯でしたよ!

すたさん、一人で行かれると女性ばっかりだから
ちょっと恥かしいかも?(笑

でも、主役のお嬢さんが若い頃のキャメロン・ディアス
みたいにキラキラ☆していて素敵でした~☆
すたさんの感想もぜひ~(^_-)-☆

投稿: Julia | 2007/01/25 19:20

見てきました。

感想は、mixiのレビューに書きました(長いのでこちらでは引用しませんが。。)。

とても良い映画でしたね。
マリー・アントワネットって、ものすごい悪妻というイメージがありましたが、かなり変りました。原作は、歴史文学作家がリサーチを元に書いているんだそうですね。確かに、よくよく考えてみると、たかだか14歳で政略結婚させられた女の子なんですから、未熟でもしょうがないでしょうし、いろいろ苦しいこともあったんでしょうねえ。。そういう世界だったということでしょう。

他の方の感想を拝見すると、衣装がすばらしかったということなんですが、ぼくは全然興味ないし、わからないので、良さがイマイチ分からず。。。(笑)。

投稿: すた | 2007/01/31 09:59

すたさん

こちらにも感想いただきまして、感謝です~☆
すたさんのレビューも拝見しましたが、よく書かれていて
さすがです~(^o^)丿

>原作は、歴史文学作家がリサーチを元に書いているんだそうですね。

そうだったんですね!娘もマリーアントワネットに興味があるので、
この本を購入しなくては!と思っていたところです。

>たかだか14歳で政略結婚させられた女の子なんですから、未熟でもしょうがないでしょうし、いろいろ苦しいこともあったんでしょうねえ

そういう風に男性に受け留めてくださるととても嬉しいです!!
それにルイ16世もアメリカに支援するための助成金をかなり
税金で徴収していたなんていうのも初耳だったので、そちらの
方が本当が額として大きいと思います。

どちらにしても朝目覚めたら、あんなにお付きの人たちが
そばにいたら、ストレスたまりますよね~(^_-)-☆

PS:
昨夜の新年会に出席できなくて申し訳ありませんでした。
『パリ・ルーヴル美術館の秘密』ルーヴル・DNPで
23日(金)18:30-20:00 鑑賞する予定です。
http://museumlab.jp/event/0701/index.html

すたさんも宜しかったらどうぞ~☆

投稿: Julia | 2007/02/03 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/13645556

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『マリー・アントワネット』 - 女監督が描いた王妃の悲劇:

« 「受胎告知」の出品履歴を修正 イタリア大使館 | トップページ | △ 不都合な真実/An Inconveninet Truth ▼ presented by AL Gore »