« 受胎告知@砂の美術館 - 鳥取砂丘 | トップページ | 映画 『マリー・アントワネット』 - 女監督が描いた王妃の悲劇 »

2007/01/23

「受胎告知」の出品履歴を修正 イタリア大使館

martedi, il ventitre Gennaio 2007
sono le otto

asahi.comによると、

  「受胎告知」の出品履歴を修正する

との驚愕なニュースが掲載されていましたので、
以下、引用させていただきます

asahi.com: http://www.asahi.com/culture/update/0122/012.html

拙ブログ内、訂正いたしました。

----------------------------------

asahi.com 2007年01月22日18時51分

イタリア大使館は22日、3月20日から東京・上野
の東京国立博物館で開かれる
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」
に出品されるレオナルド作「受胎告知」(1472~73年)
の出品履歴を修正する、と発表した。

 同大使館によると、同作はこれまで
「1867年にフィレンツェのウフィツィ美術館に収められて
以来、初めて館外に出品される」としていたが、第2次大戦
以前、35年にパリ、39年にミラノの展覧会に出品されていた。
日本への出品にともなう調査で分かった。同展は同大使館など
が組織する「イタリアの春2007」実行委員会や朝日新聞社、
NHKなどが主催する。

    ◇

 朝日新聞社は同展を主催するにあたり、これまで同作を
「ウフィツィ美術館に収められて以来、一度も館外に貸し出
されたことはなかった」などと報じてきましたが、今後は、
今回の調査結果に基づいた紹介、報道をします。

|

« 受胎告知@砂の美術館 - 鳥取砂丘 | トップページ | 映画 『マリー・アントワネット』 - 女監督が描いた王妃の悲劇 »

レオナルド・ダ・ヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

へえ。。。出品つったって、ご近所じゃないですか。。

まあ、戦前の話ですから、そんなに気にはしませんし、「受胎告知」がはるばる地球の裏側まで来てくれることの方がずっとうれしいことなんですが。。。。でも、人によっては、大騒ぎする人もいるかもしれませんね。。

投稿: すた | 2007/01/23 14:18

すたさん、

こちらにもコメント、Thank♪v(*'-^*)^☆You!

>へえ。。。出品つったって、ご近所じゃないですか。。
そうですね!昔はパソコンなんてなかったから、
何がどこへ行ったかなんて、記録を付けていなかった
かもしれませんね。。(>。☆)

>「受胎告知」がはるばる地球の裏側まで来てくれることの方がずっとうれしいことなんですが。。。。
そうですよね! 「板絵」というのは移動すると
かなり傷むそうですよ。もしかしたら輸送中に
割れたりすることも考えられますものね!
(日通さん、宜しくお願い致します
イタリア国内では、外に出すことにかなり反対されたそうですから
来てくださるのはありがたいことです。

>でも、人によっては、大騒ぎする人もいるかもしれませんね。。
そうかもしれませんが。。まぁ~ちゃんとこうやって、
朝日新聞が公にしたこともすごいですね!

関係者は大変でしょうね。。ウフィッツィ美術館って
とにかく長い歴史があるから、いろいろと管理も大変
なのでしょう。

投稿: Julia | 2007/01/23 21:01

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「受胎告知」の出品履歴を修正 イタリア大使館:

« 受胎告知@砂の美術館 - 鳥取砂丘 | トップページ | 映画 『マリー・アントワネット』 - 女監督が描いた王妃の悲劇 »