« 敬愛なるベートーヴェン@日比谷シャンテ | トップページ | シスターとの至福の時間 (キリスト降誕のミニチュア) »

2007/01/08

告知: パーマカルチャーmeeting in English 開催 1/12 & 26

lunedi, il otto Gennaio 2007
sono le cinque e nove.

        Rose071_1
          真冬なのにきれいな薔薇が~☆

今日は成人式で、あちらこちらで晴れ着に着飾った若い
お嬢さんたちを見かけました。今年は、わりと着物も
それほど派手ではなく、お嬢さんたちもこの日ばかりは
大変しっとりとして見えて晴れやかでしたね~♪

さて、帰宅してみますと、去年、英語を短期間だけお習い
していたDouglas先生からメールが来ていまして、先日も
お習いしました「
パーマカルチャー」についてのセミナーが
今月、2日間も開催されるとの嬉しいニュースが入って
いました(*'ー'*)♪


           
           Tsubomi     

詳しくは、Permaculture-logさんのサイトでご紹介して
いますが、こちらにも引用させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1月12日(金)/26日(金)に
パーマカルチャーmeeting in English
を開催します。

パーマカルチャーやエコな暮らしの話を英語で聞いてみよう
という試みです。


進行役は英語教師の傍ら、パーマカルチャーコンサルタントを
なさっているカナダ人のDouglasと、同じく日本で英語教師を
する傍ら、ニュージーランドでパーマカルチャー・ゲストハウスの
運営を現在計画しているアメリカ人のScottoのお二人です。

パーマカルチャーmeeting in English
【日程】 2007年1月12日(金)
【時間】 6:30pmより開始 9:00ころ終了
【場所】 
NOAH'S CAFE@中野
【メンバー】 Douglas、Scotto、阪野、他参加者
【内容】 パーマカルチャーの概要と冬をあったかく
      過ごす暮らしの事例(予定)

【お問い合せ】
info@permaculture-log.com←参加お申し込みもこちら☆ 
お名前・参加のきっかけをご記入の上、お申し込みください。

NOAH'S CAFEさんの場所は
こちら
JR中央線 中野駅から徒歩20分、東中野駅から徒歩15分。
東京メトロ東西線 落合駅から徒歩10分のところになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1/2にTBSの「地球新世紀」という番組をみていた息子が
「お母さん、面白いのやってるから観てみたら!」
と居間に来て教えてくれたのですが、確かに
地球の自然に対する壮大な番組でした。

シリーズ第2話 「水と土の循環
マヤ文明の栄枯盛衰を詳しく、番組で紹介していました。
そして、ケルト民族の「ケルズの書」に描かれている
装飾模様は水の循環を表していたり、
ダグラス先生
教えてくださったのですが、土にワカメを撒くといい養分に
なるというのが、実際に現在も海から取れたワカメを
じゃがいも畑に撒くと、いいじゃがいもが生育すると農家
の人(ケルトの末裔?)は話しながら巻いていました。

それから、有機農業の第一人者金子美登(よしのり)さん
の土作りは、ダグラス先生が教えてくださった土と全く
同じ方法でしたので、鶏小屋に藁を敷いて、そこに鳥が糞を
するので、その糞と藁と一緒に森の落ち葉を混ぜて、人工的
な温度で暖めると最高の腐葉土ができると説明していました。
並々ならぬ有機農業を実践されているので、金子さんのところ
へはこの土作りを学びにいつも何人もの若い人たちが泊り込み
で習いにきているそうです。

2月12日午前9時55分から第3話、「日本再発見」を放映
するそうですから、こちらも楽しみですね!

東京は今はビルばかり建てて、繁栄しているかのようですが、
上記のマヤ文明のようにもっと自然を取り戻さないと、きっと
同じ様に自然からしっぺ返しがきて街が滅びていくように思い
ます。自然農園は無理としても、もっと緑を多くして、江戸時代
のように水路を巡らし水の循環を潤す街になるといいですね!

ダグラス先生の教えは、この地球規模で破壊されていく環境
を防ぐための第一歩をみなさんと共有したいのだと思います。
レオナルド・ダ・ヴィンチが自然を愛して、やはり地球の水の
循環などを研究し、人間の人体もその水と同じ循環である、
と手稿にも残しています。現在の悪化する環境に対しても
少しだけでもご興味をお持ちの方は、上記のセミナーに
ご参加されてくださいませね!

上記2日間とも少し遅れるかもしれませんが、私も参加する
予定ですので、宜しかったら皆さんも英語のお勉強がてら
いらしてくださいませ。

|

« 敬愛なるベートーヴェン@日比谷シャンテ | トップページ | シスターとの至福の時間 (キリスト降誕のミニチュア) »

Ecology」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/13389657

この記事へのトラックバック一覧です: 告知: パーマカルチャーmeeting in English 開催 1/12 & 26:

« 敬愛なるベートーヴェン@日比谷シャンテ | トップページ | シスターとの至福の時間 (キリスト降誕のミニチュア) »