« Basic Permaculture Knowledge ② | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチ III-②(最後の晩餐) by 池上先生 »

2006/12/02

☆ お花の効用 ☆

sabato il due Dicembre 2006,
sono le mezzogiorno e quarantadue.

        Firm05
            エキナセア - 山梨ハーブ園にて

昨日、「permaculture」について書いていましたら、
なんだかとても自然に触れたくなったので、最近
撮影したお花だけでも集めて見ることにしました。

まずは、山梨県のナード研究所のハーブ園で
咲いていた大きなお花の「エキナセア」です。
エキナセアは、ギリシャ語の「はりねずみ」という
意味だそうです。抗ウィルス作用が強いので
インフルエンザなどこれから風邪を引いたときなど

ドライハーブにして飲むと良いようです。煮出して
化粧水のようにつけると吹き出物にも効果がある
ようです。うがい薬としてもよいので、抗菌作用に
ばっちりですね~☆

    Florist
       中目黒のお花屋さん内で~☆

来週から大きな会議があって、また、マユリンちゃん
が通訳さんで少しだけヘルプに来てくださるようになり
今日も打ち合わせでお会いできました。相変わらず、
とても華やかな雰囲気がして女性的ですね~(*'ー'*)♪ 
また、来週から少しだけお願いします~ヨロシクネ

    Hasu_3
     大賀ハス - 川村美術館庭園

マルちゃんとご一緒した川村美術館で、庭園を散策して
とても気持ちが良かったですね~☆

   Roses_meguro
      お見舞い用のミニブーケ

 父のお見舞い用に上記のお花屋さんで作ってもらい
  持って行きました。先々週、無事退院できて良かったです。
  父の入院から退院の日まで、自分でも不安な気持ちが
  付きまといナーバスになっていました。普段、親孝行でも
 ないけれど、やっぱりどこかで親を頼ってきた大きさを
  知りました。
 

    Ayame
        菖蒲 - 根津美術館

連休中でしたか、根津美術館がしばらく閉館になるというので
お庭も散策したら、菖蒲が満開できれいでした~♪

    Roses_music
     Yukkiちゃんに頂いた色とり取りの薔薇

今日も会議用にまだ練習室にお花が残っているからと
Yukkiちゃんより沢山、分けていただきました。でも、
この時の薔薇が一番、きれいだったのでもう一度アップ
しま~す☆

今週は、何かと忙しくて体が分解しそうでしたが、偶然
帰りがけに、T氏と地下鉄でお会いしたら、とても良い
お話を聞いてビックリしたり嬉しくなったりと、目先の
忙しさでちょっとイライラしていた自分が恥かしくなるほど
男性の懐の大きさな深さに感動でした~☆☆☆
 

 週末はどこか紅葉でも観に都内の公園か横浜まで
出かけて見ましょうか~?

|

« Basic Permaculture Knowledge ② | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチ III-②(最後の晩餐) by 池上先生 »

Flower」カテゴリの記事

コメント

お花はいいですねえ。

ぼくも1年半ほど前、かなり精神的に荒みましたが、庭で花をいじっているとなんか心がなごんできました。丸くなったって言われます。え?それは体のこと??(爆)

投稿: すた | 2006/12/02 23:28

すたさん

コメントありがとうございま~す☆
そういえば、検査の結果・・・拝見しましたが、
大丈夫ですか~??

>ぼくも1年半ほど前、かなり精神的に荒みましたが、庭で花をいじっているとなんか心がなごんできました

すたさんでもそのようなことがありましたか~?
まだ、お子様が小さくてかわいいのでご家庭も平和ですが、
だんだん、思春期になってくると勉強ともに精神面でも
大変になってきますが、そんな時はお子さんとご一緒に
お花いじりをされると良いかも知れませんね~☆

それから、mixiコミュの案内、ちょっとご覧くださいね!!

投稿: Julia | 2006/12/02 23:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ お花の効用 ☆:

» おしゃれとグルメと芸術の中目黒 [トレンディーなキーワード]
中目黒はゆったりとしていて、おしゃれで、グルメもあり、素敵な町ですね。 いつか住んでみたいものです。 [続きを読む]

受信: 2006/12/02 12:50

« Basic Permaculture Knowledge ② | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチ III-②(最後の晩餐) by 池上先生 »