« 帝国ホテル・クリスマス・パイ & ハーブ寄せ植え ⑦ | トップページ | 築地木村屋あんぱん + LE AMARETTO »

2006/12/26

『東方三博士の礼拝』 御公現(救世主の出現)

Martedi, il ventisette Dicembre 2006

   
        86110adorationofthemagicirca1305posters_1
          
『Adoration of the Magi』
          Giotto di Bondone circa 1305

  こちらは、ジオットの『マギーの礼拝』です。マギーとは
   古くからラテン語では、マジシャンという魔術師の意味
   として使われ、それが人知を超えるような知恵や力を
   持つ存在と変わってきて、「賢者」をも表すようになった
   そうです。通称、このように 「マギーの礼拝」と呼ばれて
   いるようです。 (by 池上先生
 

   12月25日はキリストの降誕祭 (クリスマス)で一年を
      締めくくる祝祭ならば、新年早々の1月6日は御公現
      (救世主の出現)として大祝日として祝われるそうです。
  
      場面は、東方からユダヤの王を求めて星に導かれて
      やってきた3人の博士たち(カスパール、バルタザール、
      メルキオール)が、ベツレヘムの家畜小屋で生まれた
      ばかりのイエスとマリアを訪れ、黄金と乳香と沒薬を
      献じているところです(マタイ伝)。ここでは、救世主イエス
      は、羊飼いの私的な礼拝のあと、初めて公的に世界に
      認知され、身分ある人々の前に出現することになります。

   Touhou_1
              
『東方三博士の礼拝』
       ウフィッツィ美術館蔵 1481 - 1482(未完)

 
      レオナルド・ダ・ヴィンチもこの「東方三博士の礼拝」を
      描いておりますが、途中で描くのを止めてしまったよう
      です。池上先生のご講演の内容を簡単にこちらで
      まとめてありますので、ご覧下さいませ↓
   http://www.floralmusee.com/leonardo/2006/12/ii_by_1114_79f0.html
    

|

« 帝国ホテル・クリスマス・パイ & ハーブ寄せ植え ⑦ | トップページ | 築地木村屋あんぱん + LE AMARETTO »

レオナルド・ダ・ヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『東方三博士の礼拝』 御公現(救世主の出現):

« 帝国ホテル・クリスマス・パイ & ハーブ寄せ植え ⑦ | トップページ | 築地木村屋あんぱん + LE AMARETTO »