« ②ジオットとその周辺について - 池先生ご講演 土曜講座から | トップページ | マーラー交響曲 第9番 & アルマ・マーラー »

2006/11/22

- Permaculture Education - ①

mercoledi, il ventidue Novembre 2006,
sono le ventidue e trentatre'.

      Plantingdouglas_1
     Eco Designer&Consultant をされている
          Douglas先生

Douglas先生に昨年、英語をお習いしていたのですが
今年の春、トロントへ帰国されて「Permaculuture」の
デザイン事務所をこの夏より立ち上げられたと拙ブログ
へもコメントをくださったことがありました。

■先生のホームページ、EcoEdge Design のURLは↓
http://www.ecoedge.ca

■ブログも書かれていますが、英文で専門的です。
Permaculture Reflections 


「Permaculuture」って聞きなれないのですが、自然と
人間が一体となって地球上にエコロジカルに暮らす、
と今のところ解釈しているのですが、Douglas先生は
その教育とガーデニングから農園に至るまでの自然
環境のデザインをして実地に作物を植えるまでを
お仕事とされているようです。

先週、ばったりと本当に偶然、スクールで先生に
お会いして、来年の1月まで東京に一時滞在される
というので、英語のレッスンも急遽取ることができて
再会できたことをとても嬉しく思いました。

来週、彼のクラスでこの「パーマカルチャー」の基礎的
なことをお習いする予定ですので、もう少しお勉強したら
皆様にもご紹介いたしますね~☆

ある生徒さんは、引退後にご主人と一緒に沖縄に移住
されて、そこで家庭菜園を造りたいので、先生から
どのような自然農園が良いのかと、お聞きするそうです。

トロントに本拠地は置かれているようですが、この先は
オーストラリア、東京など世界各地で、「パーマカルチャー」
の指導に当たったり、造園設計など事業を広げて行きたい
とのご意向でした。

日本にはもう10年近く住んでいらしていたようですが、
合気道も黒帯クラスですし、大変落ち着いていてまるで
昔の日本男児のようです~☆ 私とはあまり日本語で
話したことがないので、どのくらいお話できるのかは
分からないのですが、大変きれいで分かりやすい英語
を話されます。

もし、お家に少しでもお庭のスペースがあり、良いお野菜
やお花や植物がプロのデザインによって元気に育って、
それが周りの環境にもよい影響を与えるとしたら素敵では
ありませんか? 来年の1月まで東京へ滞在されるので、
ご興味があるかたは、私のアドレス(プロフィール内)か
mixiか、先生の下記、アドレスまで、お問い合わせ下さい

e-mail: dbarnes@ecoedge.ca

もし、通訳をした方がよろしければ、私が拙いながら
ボランティアをさせて頂きます。なんて、相当お勉強
しないと無理かもしれませんが、元々、環境問題には
興味があり子供が小さい頃は、かなり食べ物など気を
使っていたのですが、だんだん、仕事をしだしてから
本当に忘れてきてしまったようです~~゚゚・(×_×)・゚゚


    Mone_yard_1
             「モネの館」の庭

 モネのお庭はエコロジカルに設計されているかどうかは
  分かりませんが、モネが全てお花の配色にあわせて
  何をどこへ植えるかなど庭師へ指示していたそうです。
  モネの絵が好きなのもやはり私自身も外光溢れる植物
  の美しさに惹かれているのかもしれません。

 こちらから、モネの館の庭が良く分かるイラストがあります。
 
http://www.fondation-monet.com/uk/plan/index.html
 Maison et Jardins de Claud Monet

  また、Dauglas先生のリンク先にCecilia MacaulayのHPが
  あってまたまた、新しい発見で驚きでした~☆ Ceciliaは
  東京で何度も合ったことがあるからです!とても家庭的な
  エコロジーを実践されていて、またエコ・イラストレターでも
  いらっしゃるようです~♪ とても美しい方でシンデレラの
  ようで、日本の男性はすぐにセシリアーにポォ~となって
  しまうようでした。このような柔らかいイラストがスラスラ~
  と描けるなんて、やはり外国人(オーストリア人)の方の
  発想には何か違う  文化を感じてしまいますね~☆ 
  ぜひ、下記のHPもご覧くださいませ。

Cecilialogo
  Cecilia Macaulay

 ☆お宅訪問 セシリアさん

 今度、Visiting Tour Clubでも興味がある方は
  「パーマカルチャー」の講義をして頂いて、お話を
  皆さんで伺ってもいいかしら?なんて思っています。
  英語が話せるメンバーの方々も多いので、恵泉の
  学生さんもいかがでしょうか? セシリアさんも日本
  へはよくいらしゃっるそうですので~☆

  来週、もう少し詳しくお勉強して、私も知識を付けて
  またこちらでもレポートできるようにしたいと思います。
 

|

« ②ジオットとその周辺について - 池先生ご講演 土曜講座から | トップページ | マーラー交響曲 第9番 & アルマ・マーラー »

Ecology」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/12786316

この記事へのトラックバック一覧です: - Permaculture Education - ①:

« ②ジオットとその周辺について - 池先生ご講演 土曜講座から | トップページ | マーラー交響曲 第9番 & アルマ・マーラー »