« 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(I)-鑑賞会 No.21 | トップページ | 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(II)-鑑賞会 No.21 »

2006/09/11

☆ ニースからの聖母子 ☆

lunedi, il undici settembre 2006
sono le ventitre e trenta

   Madonna
                小椅子の聖母
          Raphael Santi  1514年 (部分)

本日、9月11日は、New Yorkで同時多発テロが起こって
から丸5年経った日です。mixiの友人登録している二人
の女性がこの日にちょうど遭遇されてしまったとの衝撃的
な日記を読んで、驚くとともにそれでも被害に遭われた
関係者の方々のご冥福を改めてお祈りいたします。

        Raffaello01
            《大公の聖母》
              1504年

 日曜日にニースから友人が一時帰国のため東京へ
  滞在されているので、ランチをご一緒しました。まだ
  生まれて6ヶ月しか立っていない小さな可愛らしい
  赤ちゃんを連れてきてくれました。友人は元々、スラー
  として美しい方でしたが、今回お会いした時は、大分、
  お母様の貫禄がついたようにふくよかになって
  会った瞬間、 ”母の笑顔”で輝いていました~☆

     Present_1
         - コルシカ島のお土産 -

 ご主人はコルシカ島の生まれなので、ナポレオンの
  血筋に近いお嬢様ですね~☆ 本当に可愛らしくて
  おとなしくて笑顔がチャーミング~☆ 最近、あまり
  赤ちゃんをダッコしていなかったので、ちょっと抱かせて
  頂いたら、もうかわいくてかわいくて~☆゜・。・゜★

 ラファエロの描く聖母子は、母性に近い優しさが
 
溢れ出ていると言われますが、友人もとてもいい
  お母様になられて幸せそうなので、二人を見て
  いたらラファエロの図像が浮かんできました。


        rapha_tenpi 
          
 《テンピのマドンナ》
              1508年

 母と子の姿がこのように美しく神々しいものだとは
  久しぶりに自分が子育てを離れてみて客観的に
  観ることができました。子供を一丁前にするまでは
  ある意味、日々格闘でもあります。私も本当に夢中
  で、2, 3年前まではお母さんをしていましたが、もう
  今では絵の方にシフト替えです...(^_^;
  画家の多くが宗教的な意味合いで聖母子像を描くこと
  が多いのでしょうが、家族の母子でも絵に描いて
  みたくなる気持ちがとてもよく分かりました。

 M子さん、暑い中、私にお会いしてくださって本当に
  ありがとうございました。久しぶりに赤ちゃんを抱か
  せて頂き、こちらまで幸福感を分けていただいて
  嬉しかったです~☆ 

|

« 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(I)-鑑賞会 No.21 | トップページ | 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(II)-鑑賞会 No.21 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ ニースからの聖母子 ☆:

« 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(I)-鑑賞会 No.21 | トップページ | 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(II)-鑑賞会 No.21 »