« 三越美術空間 - 「ロダン展」&「小川長楽展」  | トップページ | ☆ ニースからの聖母子 ☆ »

2006/09/10

『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(I)-鑑賞会 No.21

domenica, il diechi settembre 2006,
sono le cinque e cinque.

          Catalog_2
        - 図録-(ルノワール 《ロメーヌ・ラコー》
                                                      美しい表紙)

モネの絵が3点も来るというので、大変楽しみにしていた

      クリーブランド美術館展

を森アーツセンターギャラリー(森タワー52F)まで、Visting Tour
からはKANさんがご一緒してくださいました。そして、いつもの

南翔饅頭店(ナンショウマントウテン)でランチをするというと
食いしん坊の娘がお休みなので着いてきました。

        Mochi        Brocory_1
       *もち米入り焼売*       *ブロッコリーの葉*

初日だったこともありましたが、館内は大変空いていて
いましたので、私たち3人でそれぞれの絵の前でじっくりと
立ち止まって大変贅沢な時間を過ごせました。今回は、
日本初公開の50点を含む、60点のみの展示でしたので、
会場はゆったりと各章毎に別れて絵の間隔も広く取ってあり、
フィリップス・コレクション展の時と同じような構成がされていて、
大変見やすく分かりやすい丁寧な展示となっていました。

どちらかというとアメリカ人好みの色彩が多かったようにも
見受けられましたが、印象派好きの人たちにはたまらない
ような優れた作品をみることができて幸せでした~☆
図録も今回は色もよく解説も詳しく書かれていたので、
購入することにしました。また、図版を図録から拝借して
自分の感想を交えながら、図録からも解説を引用させて
頂きます。

【1】 モネ、ルノワール、ドガ: 印象派の時代

    Mone01
             《春の花》
    Claude Monet  1864年


   このように地が黒というモネの絵は初めて
   観ました。まだ、印象派の様式に移る少し前
      の24歳頃の作品とのことです。様々なお花が
      それぞれに色彩豊かに、モネが戦地から帰って
      きて自然の美しさに再発見している感動が伝わ
      ってくる素晴らしい作品でした。観れば見るほど、
      モネの筆使いや絵の上手さに惚れ惚れとして
    きます~☆  KANさんと一緒にしばし見とれて

       おりました。
            

         Mone02_1
      《赤いスカーフ、モネ夫人の肖像》
        Claude Monet

      この作品を観ることをすごく楽しみにしていたので
   モネの最初の奥様、カミーユの表情をしっかりと
      確かめてきました。やはりこの作品が完成してから
      しばらくしてカミーユは亡くなったとのことですが、
      消え入りそうな彼女の哀しげな顔が雪の中で
      切なそうでした。余程この時の印象が強烈だったのか
      モネは生涯、この絵を手放さなかったとのことです。
      一見、華やかさがない色調ですが、ずーと観ていると
      窓枠のグレーと床の茶、雪景色のなんともいえない
      白の淡い表情とスカーフの赤の色がそれぞれ浮き
      立つかのように心の中に柔らかくその色々に包み
      込まれるようでした。 

         Mone03_1
      《アンティーブの庭師の家》
       Claude Monet  1888年

    
       3番目に展示してあった目の覚めるように明るい
       モネの絵です。晴天の日にモネが大変、気持ち
       良さそうに筆を動かしているのを感じられる安定
       した美しい風景画でした。空や雲を描く短いタッチ
       に勢いを感じるほどの印象派の様式を確立して
       自信がみなぎっていたようですね~♪

    モネの質の高い絵を3点も見れて、ものすごく
      幸せでした~☆ 

             

       Mane_3
          《ベルト・モリゾ》
         エドゥアール・マネ
           1869年頃

   娘がしばしジートこの絵の前で留まっていました。
       「すごくきれいな人!」と言って惹かれたようです。
       色調は暗めなのに、モリゾの華やかさが目立つ
       都会的な作品ですね~☆ コートの下の部分が
    マネにしては激しく荒削りだったのは彼女に対
       するただならぬ感情の表れでは?と思ったり。。

   Pisaro
         《ポントワーズの關門》
          カミーユ・ピサロ
            1872年

   
      ピサロがこのように水辺と空を明るく美しく描いて
      いる作品を始めてみました。とても穏やかな素敵
      な絵です! いつ観てもピサロの絵は心を落ちつ
      かせる鎮静作用があるような安定感を感じます。

【2】 セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン: 後期印象派    
   
   Cezane_3
           《小川》
         ポール・セザンヌ
          1895-1900年頃

   この部屋は、ゴーギャンが一枚とゴッホが2枚と
    このセザンヌ の絵が一枚の計4枚のみ展示されて
     絵の間隔もゆったり取られている贅沢な空間です。


   セザンヌは晩年近くには風景画を描いているそうで
     すが、上記のピサロと一緒に屋外にでていた頃を
     思わせる描写だそうです。あのモネからも尊敬を
     されていたセザンヌですが、孤高に閉じこもって
     静物画を描いていたのが晩年にこのような風景画
     を描いていたとは知りませんでした。しかし、タッチは
     印象派から離れて物の構造ごとに描いていますね。
     セザンヌにしては穏やかな風景画に惹かれました。

       Bonnard
            《デザート》
         ピエール・ボナール
            1920年頃

   KANさんは、ボナールがお好きのようで、
      「珍しくボナールの絵葉書があったから~!」と
      嬉しそうに言われて購入されていました。ボナール
      の最愛の妻、マルトが亡くなってからも40年以上
      立っても若く描いていたそうです。そして、中央に
      いる男性は、友人のルドンの息子さんでやはり、
      4年前に亡くなっているそうです。不思議な絵ですが
      ボナールの心の中に二人のことが永遠に残っている
      のでしょうね。

ブログ容量(記事内)がこれで一杯近くなってきたので、
この辺で第一部は終了いたします。また、近いうちに
ロダンやその他、モディリアーニと、この後に3人でお茶
をした「グランドハイアット東京」の模様をお届けします~♪

続きは、こちらから宜しかったら、どうぞ→II

        

|

« 三越美術空間 - 「ロダン展」&「小川長楽展」  | トップページ | ☆ ニースからの聖母子 ☆ »

2006年 絵画鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

Juliaさん

お久しぶりです。

「赤いスカーフ、モネ夫人の肖像」、見たことがあると思ったのですが、初来日ですか? 有名なので、本で見たのかも知れませんね。

行きたくなりました。

投稿: Ken | 2006/09/10 22:21

Kenさん

わぁ~Kenさん、ご無沙汰しておりますが
お元気でいらっしゃいますか?
早速、読んでくださってありがとう御座いました

>「赤いスカーフ、モネ夫人の肖像」、見たことがあると思ったのですが、初来日ですか?

はい、そのようです↓Fuji Art-net:
ルノワールの《ロメーヌ・ラコー》、モネの《赤いスカーフ、モネ夫人の肖像》、モディリアーニの《女の肖像》(3点とも日本初公開)等、魅力的な女性のポートレート作品が数多く含まれているのも本展の特徴のひとつです。

誤解される書き方をしてすいません
あとの2点は初来日かは定かでないので
本文、書き直しました。

>行きたくなりました。
昨年のフィリップスのようにルノアールの大作目玉商品はないですが、質的には同じ位素晴らしい作品が多かったです!
本当はもっと書きたいのですが、最初に展示してあったクールベの女性の肖像画もゾクゾクっと来る位いい感じでしたし、モディリアーニも珍しく瞳が描かれていて、その美しいこと~!

また、東京へお出ましの際はぜひご連絡くださいませ。
とらさんとでもまたこの展覧会でも他の展覧会でも
ご一緒してくださいませ。来週もウィーン美とベルギー美の
両方を見に参ります。
幸せで~す~☆

投稿: Julia | 2006/09/10 23:46

Juliaさん
こんばんは♪ モネの花の絵はとても珍しいタッチですね~、と思ったら印象派の様式に移る前の作品なんですね。その頃の作品に触れられること自体が珍しい機会ですね~。
むむ~~。行く予定はなかったのですが、行きたくなってきました。。。

投稿: ぴく太 | 2006/09/11 00:00

ぴく太さん

こんばんは~☆
早速、コメントを書いて下さって
嬉しいです~(*'ー'*)♪

>モネの花の絵はとても珍しいタッチですね~、と思ったら印象派の様式に移る前の作品なんですね。その頃の作品に触れられること自体が珍しい機会ですね~。

まさにそう~なんです!!
それも 116.8x90.5cm という大作で画面いっぱいに
お花がこぼれるように広がっていて、それもどれもこれもが
輝いて見えます~☆
モネの写実的な絵の最後辺りらしいです。これは本当に素晴らしいです~☆ 

>むむ~~。行く予定はなかったのですが、行きたくなってきました。。。

マハハ~ぜひぜひ行かれてくださいね~(^_-)-☆
水曜日はレディスディーで1000円だそうです。

そうそう~こちらはまだ空いていたこともあって、
結構、冷房がガンガンきます。ぴく太さんは特製
腹巻をされた方が~~あっしつっれいしました

投稿: Julia | 2006/09/11 00:13

いいですねえ!
特に、モネの「春の花」という作品は、とても興味があります。ぜひ行って見ます!

投稿: すた | 2006/09/11 11:11

すたさん

すたさんもモネがお好きなんですよね~(*'ー'*)♪
「春の花」は本当に眩暈がしそうな位素敵な絵でした゜・。・゜★

ぜひご覧になってくださいまっせね~☆

そして・・「クリムト」はどうします~~?

投稿: Julia | 2006/09/11 19:32

「クリムト」はまだ公開日がいつなのかもわからないので、保留です(笑)。

投稿: すた | 2006/09/13 16:30

すたさん、

公開日、決定したようですよ~(^o^)
10月28日(土)だそうです~~☆☆

投稿: Julia | 2006/09/13 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/11843180

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(I)-鑑賞会 No.21:

» 『クリーブランド美術館展』 @森アーツ(II)-鑑賞会 No.21 [Floral Musée]
先週の土曜日に見に参りました  『クリーブランド美術館展     女性美の肖 [続きを読む]

受信: 2006/09/13 22:11

» 「クリーブランド美術館展」 [弐代目・青い日記帳]
森アーツセンターギャラリーで開催中の 「クリーブランド美術館展 女性美の肖像 モネ、ルノワール、モディリアーニ、ピカソ」に行って来ました。 森美術館で開催している「BMW 革新の軌跡−ヒストリックカーでつづる発展の歴史」展を観たくて会社帰りに六本木まで。 森美術館のウリの一つは何と言っても夜間開館! 夜の8時なんて当たり前!11時まで開いていたりします。 余裕を持って出かけ、いざ会場へ入ろうとすると警備員さんに止められました。 「もう、今日は展覧会終了しました。」 って... [続きを読む]

受信: 2006/09/23 22:56

» 『クリーブランド美術館展』 (3回目)   [Floral Musée]
domenice, il ventisei Novembre 2006,so [続きを読む]

受信: 2006/11/26 23:32

« 三越美術空間 - 「ロダン展」&「小川長楽展」  | トップページ | ☆ ニースからの聖母子 ☆ »