« ☆ VIRON@Marunouchi - Blogger Mini Party ☆ | トップページ | アーティストユニット flugsamen展 - 鑑賞会 No.16-2006 »

2006/07/02

現代植物画の巨匠展 -ボタニカル・アートのルネサンス(2回目)-鑑賞会No.16

domenica, il 2 luglio 2006

      Botanical_1

 

 『現代植物画の巨匠展
    -
ボタニカル・アートのルネサンス-』  

4月22日(土)の開催日にも一度、鑑賞(No.1)しに行きましたが
名古屋からハミガキさん がいらして、この植物画展をご覧になり
たいとのことでしたので、Nikkiさん(レポート
No.1, No.2)と私の3人
で再度、昨日鑑賞して参りました。

Nikkiさんもハミガキさんも始めて鑑賞会にご参加して頂いた
のが、昨年の10月15日、「
プラート美術の至宝展 
会場も同じ「損保ジャパン東郷青児美術館」だったことも
ありまして、なんとなくその時のことも思い出されて懐かし
かったです
~(*"ー"*)♪

前置きが少々長くなりましたが、二回観てもやはり今回の
植物画は素晴らしいと溜息が出るほど、水彩で描く植物の
線と色の美しさにうっとりの連続でした。

       Saboten2_1
     
 『ギリノカリキユム・フレイスケリアム』
          クリスバル・キング 水彩

 Nikkiさんも今回、このサボテンが気になったようですが、
  私も今回このお花がとても鮮やかでいて色彩が特に
  美しく感じました。やはり、今や季節も夏に移ったので、
  夏らしい植物に目が留まるのでしょうか?アロマでも
  サボテンエキスから取れる成分は、お肌の乾燥を防ぐ
  ので、 アロマオイルで使うとツルツルしてきます~(*^-゚)♪

       Saboten
        
『フェルトハイミア・ブラクテリア』
          レイモンド・ブース  油彩


 
こちらも夏っぽい植物ですが、原産はアフリカでユリ科
   に属しています。今回の作品はほとんど水彩で描かれて
   いましたが、こちらの作品だけ油彩でしたので、光沢感や
   質感も高く感じられました。ボタニカル・アートとは、植物学
   の記録の手段としてその構造を正確に描写する絵なので、
   こちらの絵のように、一部分ではなく全体を正確・精密に
   種(しゅ)を固定するための特徴を強調する花茎や根が
   描かれているので、植物画のお手本とも言えます。

  植物の持つ葉や蔓の伸びやかさや時間の経過によって
   花の形や葉の色も変わって、花が朽ちたり枯葉になるまで
   の生命の時間的流れの尊さや儚さが一枚の絵から感じら
   れて、同じ地球上に生きる生命体としても考えさせられる
   素晴らしい植物画の展覧会でした。

 シャーリー・シャーウッド博士が1990年より世界各地の
  植物画家を発掘、支援して(30カ国・200人以上の植物画家
  の600点のコレクション) いる中で、今はまさに植物画が
  ルネサンス(再生)の時期を迎え益々それが世界的な規模
  に広がっているとのことです。植物の恩恵は測り知れない
  ので、このような植物画を観る事で科学的な植物の構造や
  あわせて芸術的な鑑識眼もアップすることでしょう。

 本日がこの展覧会は最終日となってしまいましたが、
  今やまさに華盛りなNikkiさんとハミガキさんのような
  美しいお二人と再度、この華麗で精緻な植物画をご一緒
  に鑑賞することができて幸せでした。選ばれた美という
  ものは植物でも人間でも神様が与えるようですね~☆

     Zenmai
   『ディクソニア・アンタルクティカ』
            ステファニー・バーニ 水彩
       
        今回の展覧会のチラシにもなったオーストラリア
    原産の木生羊歯 (10mにもなる)や、植物の種の絵も
        沢山観た所で、次なる展覧会場へ行きましたら。。。
        (また続きます→)

 

☆ハミチャンが名古屋からお持ちくださった
   きれいなお菓子です。紙風船が付いていました。
 また、いつかご一緒に展覧会へ行きましょうね~☆

        Okashi_1

    

|

« ☆ VIRON@Marunouchi - Blogger Mini Party ☆ | トップページ | アーティストユニット flugsamen展 - 鑑賞会 No.16-2006 »

2006年 絵画鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

Juliaさん、先日はありがとうございました。
ご丁寧に、おいしそうなお土産までいただきまして!

トラックバックをしたのですが、うまくとばせなかったようなので
URLの欄にかいておきました。

投稿: hamigaki | 2006/07/03 00:54

ハミガキさん

先日は東京までお忙しい中、いらしてくださって本当にうれしかったです~☆

ハミちゃんも東京へ住んでいらしたらもっといつもご一緒できるのですが、またいつか何かの機会にぜひ展覧会へ行きましょうね~(*'ー'*)♪

頂いたお菓子に紙風船が付いていたのととてもきれいだったので、ちょっと掲載しました。何時も本当にありがとう~ヾ(´ー`)ノ

投稿: Julia | 2006/07/03 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/10760778

この記事へのトラックバック一覧です: 現代植物画の巨匠展 -ボタニカル・アートのルネサンス(2回目)-鑑賞会No.16:

» ボタニカルアートのルネサンス [モナリザのハミガキ]
JuliaさんとNikkiさんにご一緒していただいて、 現代植物画の巨匠展を見に... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 00:48

» ボタニカルアートのルネサンス [モナリザのハミガキ]
JuliaさんとNikkiさんにご一緒していただいて、 現代植物画の巨匠展を見に... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 00:50

» お花屋になってみる? [おまけでドットコム]
誰でも、明日からお花屋になれる方法を公開しています [続きを読む]

受信: 2006/07/24 00:12

» 2006年 美術展 ベスト10 [Floral Musée]
sabato, il ventiquattro Dicembresono l [続きを読む]

受信: 2006/12/25 21:25

« ☆ VIRON@Marunouchi - Blogger Mini Party ☆ | トップページ | アーティストユニット flugsamen展 - 鑑賞会 No.16-2006 »