« よく使う用語 と 規則動詞の活用形 - Italiana No.3 | トップページ | 美味しい表現と色の単語 - Italiano No.4 »

2006/07/05

「幻想の肖像」 澁澤龍彦著 - 『鏡を見るヴィーナス』 ベラスケス

mercoledi, il 5 luglio 2006

会社でお世話になっているT氏が澁澤のエッセィを
貸してくださいました。いつもありがとうございます。



    Shibusawa
       幻想の肖像    河出文庫
   渋澤 龍彦 (著)

内容(「BOOK」データベースより)Yahoo
透徹した独特の審美眼によって、シュールレアリスム
の作品をはじめとする幻想絵画について詩情あふれる
エッセイを発表してきた著者が、愛好するヨーロッパの
36の名画をとりあげながら、描かれた女性像をめぐり、
そのイメージにこめられた女性の美やエロス、また魔的
なるものなどについて、博識に裏打ちされた鋭利な
印象批評をくりひろげる、魅力あふれる芸術エッセイ集
。 

あとがき」から
昭和45年1月から47年12月の3年間を「婦人公論」の
巻頭の口絵の解説を書いていたそうです。自分で好きな
角度から自由に言及するので、楽しい仕事であった。」と
書かれています。  肖像画ばかりでないが、意識して
女性像、しかも美しい女性像を選んだつもりである。。とも。

         

東美で7/2まで開催されていた「プラド美術館展」へ4回
(レポート
2回4回)も行ったのですが、そのときに初めて
鑑賞して感銘を受けたのは、ベラスケスが人間の内面性
を描き出していた艶やかな絵画でした。

澁澤は上記の本文中で、そのベラスケス作、
『鏡を見るヴィーナス』について書いているのでご紹介
したいと思います。 

    Vinus_2
       『鏡を見るヴィーナス』(ロークビーのヴィーナス)
    (Venus del espejo) 1648年頃
    122.5×175cm | 油彩・画布 |
        ロンドン・ナショナル・ギャラリー

ベラスケスはその生涯に少なくとも5点の裸婦像を描いた
とのことですが、残っているのは、このロンドン・ナショナル・
ギャラリー所蔵の『鏡の前のウェヌス』だけだそうです。

17
世紀のスペインであれほど優れた画家がいたにも関わらず、
ヌード画というのがほとんど見あたらず、これはベラスケスが
描いた珍しい裸婦像というだけでなく、スペイン絵画史上に
おいても珍しい裸婦像とのことです。

この絵は、ベラスケスが2度目のローマ滞在の間に描かれて
いたので、ティツィアーノが何度も描いた有名な「横たわる
ウェヌス像」に刺激されたか、ヴィラ・ボルゲーゼのヘルマフロ
ディトゥス(紀元前3世紀)の姿態からヒントを得た(ケネス・
クラーク郷)とも友人のルーヴェンスの影響とも言われている
そうです。


そして、また、ロココ時代以前の、うしろ向きのヌード像という
のも珍しくクピド(キューピッド)がいなければ、この若々しくて
痩せ過ぎの女性があの美と愛の女神であるとは、誰にも
考えられない、とのことです。ティツィアーノやジョルジョーネの
豊満なウェヌスとは違ったいかにも親しみが持てて近代的な
ウェヌスに見える、とも書かれています。

また、ヨーロッパで美人の条件として珍重されている「ミカエル
の菱形」と命名されるおしりの上にあるえくぼのことで、この
ウェヌスのように「ミカエルの菱形」がくっきりと露われている
美しい婦人像は非常に珍しい、と渋澤らしいご見解ですね!

1914年に、ある婦人参政権論者の女性によって、この絵は
7カ所も傷つけられたそうです。ウーマン・リブの女性は何を
もってして、この美しい絵の女性を傷つけようとしたのでしょうか。。
渋澤は「嫉妬」したのかもしれない。。と書かれていましたが。。


皆様はどう思われますか? 

  ☆ベラスケスについて、今年の始めに雨の降る寒い中、
  観にいきました
映画の記事で少しまとめてあります。

 

|

« よく使う用語 と 規則動詞の活用形 - Italiana No.3 | トップページ | 美味しい表現と色の単語 - Italiano No.4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「幻想の肖像」 澁澤龍彦著 - 『鏡を見るヴィーナス』 ベラスケス:

« よく使う用語 と 規則動詞の活用形 - Italiana No.3 | トップページ | 美味しい表現と色の単語 - Italiano No.4 »