« △ 父との下町ツアー ▼ | トップページ | ☆ Cafe Montana ☆  »

2006/04/16

ブリヂストン美術館 - 雪舟からポロックまで 

昨日 (4/15)は、ブリヂストン美術館で土曜講座も
聞いて参りまして、そちらはまた後日レポートを書く
つもりでおりますが、今回の企画展、

    
「石橋財団設立50周年記念
         雪舟からポロックまで」

について拙いレポートを書かせていただきます。

    Brigestone_1

今回の企画展は、かなり力が入っているようで
ものすごく見応えがありました。この頃、どの
美術館もとても展示作品の質が向上している
ので、美術愛好家にとっては本当に幸せな日々
を提供していただいて美術館関係者の方々には
御礼申し上げます。

    Back_1

 チラシの裏の図版をご覧頂いても↑お分かりか
  と思いますが、通常の常設展にちょっと企画作品
  を足しているいつもの企画展と違って、東京と
  久留米の石橋美術館コレクションでも宝物を
  全部、170点ほど放出している感じがします。


  ですので、いつもの常設に展示してある印象派
  の作品が移動して絵の間隔も狭いので、かなり
  違った印象を受けるかもしれません。それに、
  国宝クラスのコーナーだけが仕切られている
  第2章 に展示してある作品には腰を抜かしそうに
  なる程、素晴らしい屏風絵や墨絵や器物が、
  ガラス棚というのでしょうか? ミニ・バーク・
  コレクションのような展示場でした。今まで観た
  ことないような東洋美術にまたもや日本美術の
  奥の深さを開眼させられました。

 雪舟の『四季山水図』も4枚の墨絵を間近く観れて、
 狩野典信の『墨松墨梅図』の迫力ある屏風絵には
  梅の木の太い幹から気が発せられるのではないか
  と思うほどの力強さで、墨絵の持つ豪放さというもの
  に圧倒されるものを感じました。これは、本当に必見
  です!!

 円山応挙の『牡丹孔雀図』の孔雀の羽の美しさには
  見事ととしかいいようがありません。

 私の好きな鈴木其一が描いた『富士筑波山図』は、
  いつもより落ち着いた風情があって、ここで其一さん
  の作品に遭えるなんて感激でした!

 いつもはあまり器物には興味がないのですが、中国元
  時代の『飛青磁花瓶』(重要文化財)は色、形といい
  このような完璧な造形美には神秘的な感じさえしました。

 日本の画家では、黒田清輝の『針仕事』の女性が
  光が溢れるばかりに美しく描かれていて、この絵に
  今回は一番、魅了されたかもしれません。

 思わぬところで、青木繁の『海の幸』や
  『わだつみのいろこの宮』なども観ることができて
  幸せでした。

  こちらのピカソの作品は落ち着いているので
  5点ほどありますが良かったです。

 藤田嗣治も今、近美へ皆さん行かれているようですが
  こちらの猫が描かれているのが2点あって、それも

  見応えがありました。

 なんと、今まで見逃していた、ザ・ウォーキーの
  『07.06.85』と『風景 2004』の素晴らしい色彩の詩が
  弾けていうような2作品を観ることができて、こちら
  にも魂が吸い取られそうになりました。

 私は「グルッとパス」を持っていたので、こんなに
  すごい作品をそのパス券で無料で鑑賞できたので
  申し訳ない気がするほど、今回の力の入った展覧会

  には、大盤振る舞いといった感じがしますが、ぜひ
  皆様もご覧になってくださいね!!!

 会期は6月4日までで、夜間も日曜・祭日以外は開いて
  おりますので (お出かけの際は再チェックください)、
  会社の帰りがけに間に合う方は、ぜひお出かけください
  ませ。印象派から東洋の美術から現代の作品まで、
  ご満足されることと思います。

 開館時間
 火曜〜土曜  10:00 - 20:00
 日曜・祝日   10:00 - 18:00

|

« △ 父との下町ツアー ▼ | トップページ | ☆ Cafe Montana ☆  »

+2006年 文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

わお!こんな企画展をやってるんですか!行かなきゃ!
ぐるっとパスでは必須な美術館ですよね。

投稿: | 2006/04/17 11:14

いけね。。。名前書くの忘れてポストしちゃいました。
上記発言はぼくです。すいませ~~ん。。

投稿: すた | 2006/04/17 11:15

僕も先週行ってきました!スゴく良かったですね。応挙の孔雀の羽の青色はホントに綺麗でした。茨城県出身としては富士と並んで筑波山が描かれていて、なんだか嬉しくなってしまいました。あと何回か行きたくなる展覧会ですね。後でコミュの方にも書き込みます!!

投稿: high-lucky | 2006/04/17 15:26

>すたさん

 コメント、サンクスで~す☆

ぐるっとパスでは必須な美術館ですよね。

 ホント~!私はぐるっとパスはブリジストン美術館へ行くために購入してようなものです~♪

 でも、今回はぐるっとパスでチケット代を払わないのが申し訳ないくらい素晴らしい展示作品が多かったです!!
 ぜひ、すたさんも行かれてくださいね!!

投稿: Julia | 2006/04/17 20:19

>high-luckyさん

やっぱりすごく良かったですよね~!!
ブリジストン美術館にはよく行きますが、今回が一番素晴らしかったように思います!!

>応挙の孔雀の羽の青色はホントに綺麗でした。茨城県出身としては富士と並んで筑波山が描かれていて、なんだか嬉しくなってしまいました

筑波山が描かれていたなんて、さすが地元の方ですね!私はちょっと気がつきませんでしたが。。(^_^;)
というか、あの孔雀の羽模様に釘付けでした!!

後ほど、私もコミュに書き込みしますね~☆

投稿: Julia | 2006/04/17 20:24

私もこの展覧会観たいと思っているんですよ
モローの化粧?が出ていると聞きました

こうしてまたjuliaさんの記事読むと
「他のも良さそう」とますます行きたくなります(^^)

投稿: えみ丸 | 2006/04/17 21:59

Juliaさんこんばんは!
ようやく一息ついてきましたので、
久しぶりにゆっくり拝読させて頂きました♪
東洋美術の素晴らしさが伝わってきますね。
東西問わず、色んなものに刺激を受けたいと思います。
28日も行けるように今から準備万端予定を考えなきゃ。笑
それでは、またちょくちょく拝読させて頂きますね。

投稿: koji | 2006/04/17 22:26

>えみ丸様

 こんばんは~(o^∇^o)ノ
 コメント、ありがとうございます。
 
>こうしてまたjuliaさんの記事読むと
「他のも良さそう」とますます行きたくなります(^^)

 いやぁ~皆さんをそそのかしてすいません~(笑
 4月29日から出光美術館でも40周年記念展を
 開催するそうですから、そちらと2本立てで
 鑑賞されると夢のような展覧会日和になるかも
しれません!!
 
 私もえみ丸さんの熱がこもったイサム・ノグチ展
 のレポ読んで、本当に行きたくなりました!
 帰りは近く感じそうですよね~(^_-)-☆
 


投稿: Julia | 2006/04/17 23:46

Kojiさん

コメントありがとうございます~☆
今月は大変お疲れ様でした<(_ _)>
Kojiさんが頑張っているときに私はいつも
絵を観て楽しんでばかりで、すいません~(_ _(--;

>28日も行けるように今から準備万端予定を考えなきゃ。笑
 
 ええ!!ぜひ、Kojiさんともお会いしていろいろと
 業界のことなどお聞きしてみたいです!
 上記の映像業界のすたさんもご一緒ですので、
 楽しい集まりになりそうですね~(o^∇^o)ノ

投稿: Julia | 2006/04/17 23:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン美術館 - 雪舟からポロックまで :

« △ 父との下町ツアー ▼ | トップページ | ☆ Cafe Montana ☆  »