«  * お花見 * Akasaka to Yotsuya | トップページ | 映画/ジョニー・デップ主演映画 「リバティーン」 »

2006/04/01

若冲 「花鳥」第一期 - 皇居内お花見

宮内庁三の丸尚蔵館で第5期に亘って
若冲の描いた作品を鑑賞できるとのことで
お花見がてら大手町まで出かけてきました。

花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>

      Jyakuchu_1

宮内庁三の丸尚蔵館に入ったのも初めてでしたが
若冲の描く花や鳥の強烈な絵から今にも踊り出し
てきそうな命が溢れていて、華やかでいて絵の中で
収まっているのが苦しいかのように、強い生命力を
感じ、観ているとこちらの息が苦しくなるほどでした。

     Gunkei_2
      もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品
     佐藤 康宏 (著)

 バーク・コレクション展で上記の本を購入しました。
  今回、「南天雄鶏図」として実物を拝見しました。
 闘鶏用に飼われていた鳥なので、ものすごく力強く
  今にもこちらに飛びかかってきそうな勢いを感じ
  ました。とにかく緊張のある迫力に圧倒されます。

 そのほか、「椿花図譜」もいろいろな種類の椿が
  丁寧に一花一花、花びらの色形が描かれていて
  欲しくなってしまうほど鮮やかに描かれていました。

 修復がされたということですが、所々、若冲では
  ないような線が感じられたので、やはり修復する
  のにも若冲では、それ以上の高度の技術が要求
  されるので仕方がありませんが、色彩はきれいに
  なってよいかもしれませんが、線はできるだけ
  残して欲しいようにも思いました。

 詳しい会期などはこちらからー→ 

昨日と違って、穏やかな天気で暖かく絶好のお花見
日和となりました。こちらから日本庭園を見たのも
初めてでしたので、きれいに桜が満開だったことも
あり、嬉しくて子供のように桜のお花の写真を撮って
きました。また、何枚かご紹介しますね(゚-^*)ノ 

  Cherry002_3

  Cherry005_1

  Cherry007_1

  Cherry004_2

  皆様はどんなお花見を過ごしましたか~?

|

«  * お花見 * Akasaka to Yotsuya | トップページ | 映画/ジョニー・デップ主演映画 「リバティーン」 »

+2006年 文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

JUliaさん
お久しぶりです。PCがいろいろ問題有りでJuliaさんを覗くことが難しくて、そのままになっていました。

4月1日私も皇居東御苑でお花見、そして三の丸尚蔵館へ、若冲を観に行ってました。すれ違いのようですね。

若冲についてこのところ気になって昔のBTを引っ張りだしてみたりしていたところでした。

「櫻」美しかったですね。
同じアングルを私も写していました。

また時々拝見させていただきます。

投稿: Chisen Furukawa | 2006/04/02 11:38

こんにちは。
オーストラリアもいいでしょうが
やっぱり日本の桜でしょう!!

そして若冲まで見られるなんて
幸せですよね~

投稿: Tak | 2006/04/02 13:02

Chisenーさん

お久しぶりです~ヾ(´ー`)ノ
もしかしたら、展示会などの準備でお忙しいのかと
思っておりましたが、またコメントいただいて嬉しいです。

>4月1日私も皇居東御苑でお花見、そして三の丸尚蔵館へ、若冲を観に行ってました。すれ違いのようですね。

 Chisenさんのようなアーティストは若冲を観ると
どのような印象を持たれるのかとても興味があります。
 また、お暇な時でもぜひ感想を書かれてくださいね。

>「櫻」美しかったですね。
同じアングルを私も写していました。

 ええ~!!もう昨日は、満開であの池のところに咲いている桜が一番、大きく美しく感じました♪

 どうぞまた遊びにいらしてくださいませね!!


投稿: Julia | 2006/04/02 16:57

Takさん

コメント&TBをありがとう御座いました。

>オーストラリアもいいでしょうが
やっぱり日本の桜でしょう!!

 お察しの通り、今日もお花見をしてきまして
 オージーについてアップするのがどんどん
 遅くなっています(^_^;)

>そして若冲まで見られるなんて
 幸せですよね~

確かに、日本人に生まれてこの季節が一番
 幸せに感じますよね!さらに、若冲の強烈な
絵を観てしまったからには・・w(゜o゜)w

投稿: Julia | 2006/04/02 17:05

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若冲 「花鳥」第一期 - 皇居内お花見:

» 花鳥ー伊藤若冲《動植綵絵》第1期 [Art & Bell by Tora]
 昼休み、しだれ桜の美しい大手門をくぐって、伊藤若冲の動植綵絵を観にいった。最近6年間にわたる修復が完成したとのことである。全30幅のうち6幅づつ展示である。スペースが狭いので現在の場所では無理であるが、東京国立博物館などを利用して30幅を一堂に集めらなかったのは残念である。そうすれば「鳥と花の博物館である」と世界に自慢できるのに・・・。  今回は第1期で、次の絵が展示されていた。1. 芍薬群蝶図、2. 老松白鶏図、3. 南天雄鶏図、4 .雪中錦鶏図、5. 牡丹小禽図、6. 芦雁図 それ... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 10:57

» 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」第1期 [弐代目・青い日記帳]
宮内庁三の丸尚蔵館で開催されている 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉」展に行ってきました。 展覧会を観に行く予定の前の晩にワクワクして 寝つきが悪かったのはもしかして初めてかもしれません。 (決してディズニーシーへ行った余韻ではありません。決して) フェルメールの作品を観に行く前の晩とは また違った心が落ち着かない感覚でした。 今日は心待ちにしていた伊藤若冲の「動植綵絵」に逢える日です。 (「動植彩絵」ではなく「動植綵絵」です) 「動植綵絵」が三の丸... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 13:03

«  * お花見 * Akasaka to Yotsuya | トップページ | 映画/ジョニー・デップ主演映画 「リバティーン」 »