« ☆ Cafe Montana ☆  | トップページ | ◎ Easter Egg ◎ »

2006/04/18

* 花のレクイエム *  辻 邦生

昨日、辻 邦生氏の本を2冊もT氏が貸してください
まして、それもとても素敵な内容でしたので、また
皆様にご紹介いたします。

  Flower
    花のレクイエム    新潮文庫
  辻 邦生 (著), 山本 容子 (版画)

     

  Nitomonogatari  
    私の二都物語―東京・パリ    中公文庫
    辻 邦生 (著), 小瀧 達郎 (写)

 
    辻氏の「風の琴」を読んでから、こちらで3回
    紹介したのですが、辻氏の文章にぐぃぐぃと
    惹き込まれて行かれるので、もうたまらない魅力
    があります。また、辻氏の文章は大変、描写が
    鮮やかでまるで絵を観ているような心象風景が
    浮かんできます。

    画家のマティスとかクレーとかを「色の魔術師」と
    呼びますが、辻氏はまさに「言葉の魔術師」ですね!
    お写真も拝見したら、品の
あるお顔立ちでますます
    ファンになりました。

    今夜は、「
花のレクイエム」だけお届けします。

  内容(「BOOK」データベースより)
  憧れの年上の人が鋏で切ってくれた山茶花(一月)。
     難民の少女が希望のしるしとしたライラック(四月)。
     放浪癖のある兄が好きだった向日葵(八月)、明治
     維新のとき自害した女の前で咲き乱れていた萩(十月)…。
     十二ヶ月の季節の花に導かれて生み出された辻邦生
     の短い物語十二編。そして、そのひとつひとつに添えら
     れた山本容子の美しい銅版画。文学と絵画が深く共鳴
     しあう、小説の宝石箱。

     目次
    山茶花   アネモネ    すみれ
    ライラック  クレマチス    紫陽花
    百合     向日葵     まつむし草
    萩      猿捕茨     クリスマス・ローズ

  『花のレクイエム』は、1995年に雑誌『挿絵』に
     『十二の花物語』のタイトルで、山本陽子さんの
     版画とともに、見開き2ページの構成で連載され
     ていた、と作者のあとがきに書いてありました。
    
  また、辻氏は今まで文学、音楽、文学と絵画を
    組み合わせてその両ジャンルから生まれる独特

    の効果を楽しむというジャンルを超えた芸術空間
    を試みてきた、と書かれているように版画家の方
    とはお話の中身については触れずに、お互いの
    独自の幻想世界を作ることに努めたそうです。

  表紙の山茶花も山本容子氏は白の山茶花で
     お話の内容では赤い山茶花でした。この最初の
     一話の山茶花に絡む憧れの人が結婚していき
     そして死に至ってしまった悲しいお話にはぐっと

     くるものがありました。真実のお話かどうかは
     分かりませんが、主人公が庭でお花の手入れを
     していた美人の高校生から山茶花を一輪、手渡
     してくれるところから物語が始まるのですが、お花
    と美しい少女が花嫁姿になる華麗な過程が見事です!! 

  Anemone アネモネ』
               山本容子

    次の「アネモネ」のお話も地味に生活していた
    伯母だったのですが、昔、アネモネに纏わる
    忘れられない恋愛をしていたことを知る主人公
    とそのアネモネを抱えてダンスする伯母の姿が
    絵のように浮かんできて素晴らしいのですが、
    とても切なく悲しくなります。

  
    そのほかのお話も含めて全12話ありまして、
    とても簡潔に書かれてはいますが、まるで
    絵の中の世界へ入っていくような夢幻な境地
    にさせられます。本屋さんで見かけたら、ぜひ
    一話だけでも読んでみてくださいね! その
    鮮やかな世界に惹き込まれてしまうことでしょう。

|

« ☆ Cafe Montana ☆  | トップページ | ◎ Easter Egg ◎ »

辻 邦生」カテゴリの記事

コメント

きょうJuliaで、タイトルは紹介した。
そしてJuliaが希望したかったみたい。

投稿: BlogPetのJenny | 2006/04/19 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/9658437

この記事へのトラックバック一覧です: * 花のレクイエム *  辻 邦生:

« ☆ Cafe Montana ☆  | トップページ | ◎ Easter Egg ◎ »