« ニューヨーク・バーク・コレクション展 -4回目 | トップページ | [風の琴 ― I . 十二の肖像画による十二の物語] 第八話まで II  »

2006/03/07

三月大歌舞伎 - 歌舞伎座 

1月に信長のお芝居を観に行った後すぐに
ミュージカルを観に行く予定でしたが、仕事の
関係で急に行けなくなったりしていたので、
今回(日曜)も、両親が
歌舞伎に誘ってくれました。

    t_b

若い頃も現在も職場がすごく近くにある
歌舞伎座ですが、国立劇場の方で短い
歌舞伎を観たことがありましたが、今回
歌舞伎座で歌舞伎を観たのは初めてだった
のでとても興奮しました***ヾ(≧∇≦)ノ"***♪

歌舞伎座に行く前に、上野のバーク展
日本美術を堪能して参りましたので、緞帳が
開いて、舞台の背景画というのでしょうか?
それがまるで今、まさに観てきたばかりの世界
が大きく描かれていたのでそれだけで感激でした。


特に、酒井鶯蒲の玉川のきれいなブルーが
目に焼きついていたので、舞台も同じ様に
大きな河が流れていて、奥に富士山が描かれ
ていたので、同じような画に眩暈がするほどでした。

  takano
  酒井鶯蒲 『高野の玉川』

 お能は伯母が一年に一回位誘ってくださるので
 何度か観ておりましたが、歌舞伎は舞台セット
  も何度か変わって、お囃子も豪華なんですね!
 この歳になって初めてみるなんて日本文化に触れ
  なさ過ぎておりましたが、ここのところ日本の美術
  の素晴しさを再認識しているところです。少しだけ
  内容をご紹介させていただきます。

 1.近頃河原の達引

    上記に述べたとおり、悠々と流れる河原が描かれた
       元で、恋人同士が遭うシーンから始まり、殺人、結婚
       へとストリーが展開されていきます。操り人形の猿が
       二匹、踊ってコミカルに二人を祝うシーンもありました
       が、結婚して実家を出て行く新婚の二人を見送る目の
       見えない母と兄が別れを悲しげに見送ります。

 2.二人椀久

       遊女役の菊之助の美しさに舞台下から登場した
       瞬間に歓声が上がりました。私も初めて観るその
       女役のしなやかな踊りや豪華な衣装など身を乗り
       出して魅入っておりました。  冨十郎の踊りの素晴
       しさもあって、二人の妖艶な舞いに酔いしれること
       ができました。

 3.水天宮利生深川

   現在、住んでいる深川の話なので、とても身近に
       感じまして、幸四郎があまりの貧乏から気が
       触れたり、子役の二人があどけなくて可愛らしく
       奮闘していました。

☆詳しいストリーはこちらの「みどころ」からどうぞ・・・

一番良かったのは、尾上菊之助の女形の舞いでした。
私は宝塚の男役はちょっと弱いけど、歌舞伎の女形は
きれいで女性よりもより艶かしい感じがするのはどうして?
と思うほどでした。伝統芸とはこのように美形の女形に
よっても次々と受け継がれて行くのでしょうね。舞台芸術
の美しさもさることながらこのような本物の芸もたまには
鑑賞しないといけない!と心が日本美で満たされた一日
でした。



☆こちらも日本の食の美~♪

               kabuki_bento                       
                
幕間で頂いた幕の内弁当が
                   とても美味しかったです~☆

|

« ニューヨーク・バーク・コレクション展 -4回目 | トップページ | [風の琴 ― I . 十二の肖像画による十二の物語] 第八話まで II  »

2006年 演劇鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

きのう歌舞伎座で、結婚しなかった?
玉川へ歌舞伎座は感じも関係したかも。

投稿: BlogPetのJenny | 2006/03/08 10:38

歌舞伎、いいですねえ。
ぼくも一度は見てみたいです。

投稿: すた | 2006/03/08 23:42

すたさん

コメントありがとうございます~♪

特に女形の踊りは最高ですので、ぜひごらんくださいね!!

すたさんの広重のレポを読んでいたら、観に行かなければと思ったのですが、ちょうど浮世絵の世界が舞台では大きく描かれている感じがするので感激しました(o^∇^o)ノ
すたさんも一度観たらはまりますよぉ~!
音羽や~~!とか掛け声もすごいです!!

投稿: Julia | 2006/03/09 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/8991889

この記事へのトラックバック一覧です: 三月大歌舞伎 - 歌舞伎座 :

« ニューヨーク・バーク・コレクション展 -4回目 | トップページ | [風の琴 ― I . 十二の肖像画による十二の物語] 第八話まで II  »