« de la Rose... | トップページ | 2回目 「パウル・クレー展 -線と色彩-」 No.4 »

2006/02/25

歌劇『トゥーランドット』で華麗に舞う荒川静香選手 - Gold Medalist

 shizuka   photo by 時事通信 
                     
                

荒川選手の優勝とエキシビションの映像が朝から
テレビで放映されていて、美しく安定した舞いに
今日は一日中、魅了されておりました。エキジビション
は荒川選手のオリジナルだったと、mixiのすたさんが
書かれていました。のびのびとしたすべりにあの優雅な
イナバウアーを再度、拝見できて素晴しかったですね!


また、以下のページでも映像 (動画)をご覧いただけます。

Shizuka ARAKAWA - Olympics 2006 FS Gold Medal

2006 Torino Olympics Exhibition Gala Shizuka Arakawa

イタリアの全スポーツ紙の一面を飾った女子フィギュア
ですが、日本人の女性が優勝したことが海外の新聞
に掲載されるなんてとても嬉しいことですよね!!
「パラベラの氷が新たな女神を生んだ。日本語を話す
東洋の女神だ」 そして、「彼女はまるで(北斎が描く)

日本のタンチョウのように優雅だ。」と「ガゼッタ・デロ・
スポルト」のスポーツ紙一面に賞賛されていたようです
(読売新聞)。

荒川選手がオリンピック会場に着いてから、空いた時間
にはストレッチをし、内面をコントロールする精神力も
ついてきて、とにかく自分のスケートをしよう!と心
を落ち着かせていたようですね。

実は、わが愚娘も彼女と同じ歳で、同じ身長です。
私と違って、娘は細くてやっぱり手足が長いです。
きっとこの年齢辺りからぐっと日本人のスタイルが
変わってきたのかもしれません。
娘もこれまでは結構、
パンを造る仕事で、早朝or夜中と男性並みの仕事を
こなしてきまして、ここの所、ようやくシェフに認められ
自信も少しついてきたようです。きっと今まで体も大人
に成長して行く上で、心もそれに伴い揺れ動いていた
のが、体のほうもしっかりとしていつまでも若いばっかり
ではない、と後輩の10代のアルバイトの女の子達を見て
いても頑張らねばと自覚してきたのかもしれません。
オリンピック選手と比較するなんて申し訳ないのですが、
ふと同じ年頃に育った二人の心身の成長に思いをはせました。

小さい頃から天才スケーターとして育て来たご両親も
普通のお家のようには行かなかったでしょうから、
ご両親にも金メダルを同じ位差し上げたいですね。

~~~~~~~

   
   opera 
         The Metropolitan Opera
      taken by Julia on Feb. 11, 2005

優勝した時に荒川選手が選んだ曲は『トゥーランドット』
ですが、昨年NYへ行ったときに、メトロポリタン・オペラ
でそのオペラを観劇したのを思い出しました。ただ、
着いた当日の夜に観に行きましたので、私はほとんど
夢の中で、しかも一番大事な第3幕のアリア部分で引き
上げてしまったことを今にして思えば後悔しています。
あまり感想らしいことは書いておりませんが、劇場と舞台
が素敵だったことは本当に印象強く残っています。
いろいろとその歌劇について詳しく説明しているページに
リンクしてありますので、よろしかったらご覧くださいませ↓


  The Metropolitan Opera - 歌劇『トゥーランドット

  met002
     正面玄関前は噴水とオペラ・ハウス
      の輝く光で幻想的です。

  プッチーニ作曲の『トーランドット』の甘美な曲に
 乗って氷上の舞姫となった荒川静香さん。
  一番、好きな曲を選択されたことで美しいスケート
  を見せてくださって、ありがとうございます!!

 そして、心より金メダルを獲得されたことを日本より
  お喜び申し上げます。

turandot Giacomo Puccini (1858 - 1924) DVD: Turandot

|

« de la Rose... | トップページ | 2回目 「パウル・クレー展 -線と色彩-」 No.4 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

早速お邪魔します(笑)。

冬季五輪でも、やっぱりフィギュアスケートは別格で、見ていてとても気持ち良い競技です。そういう競技で、日本人が真ん中に立っているというのは、またすごく誇らしい気がしますね。

「トゥーランドット」は近年三大テノールが来日した際に知った曲で、とても気に入っています。NYでオペラをご覧になったとか。うらやましいです。

投稿: すた | 2006/02/26 22:17

すたさん

>早速お邪魔します(笑)。

  まぁ~~~すたさん、速攻でしたね!!
  コメントありがとうございます~☆
  
>日本人が真ん中に立っているというのは、またすごく誇らしい気がしますね。

  本当ですね~!! なぜかオリンピックになると愛国心がムクムクと沸いてきますよね!村主さんも次のオリンピックを目指すと宣言されているのですから、荒川選手もまだまだこれからも頑張って欲しいですね~☆

>NYでオペラをご覧になったとか。うらやましいです。

  でもかなり夢の中で聴いていたり、アリアを聴き逃したので本当はDVDでも購入しなければと思っています。あとで、ちょっとご紹介がてらアップしておきますね! 

  プッチーニの甘美な世界を荒川選手の流れるようなスケーティングで魅了してくださってこれ以上、優美な芸術は中々ないかもしれませんね!!素晴しかったです。

投稿: Julia | 2006/02/26 23:03

荒川選手、きれいでしたね^^

それはそうと、バスキアの記事にコメントいただきありがとうございました^^
コメント遅くなってしまって申し訳ありません!
今後ともヨロシクお願いいたします<(_ _)>

投稿: silver | 2006/02/27 14:02

silverさん、

コメントありがとうございます!

バスキアのように自由に絵を描ける雰囲気はNYならではですね!

もしかしたら、silverさんのお知り合いに私のお知り合いの方がいると思いますが、また、これも何かのご縁かもしれませんので、また遊びにいらしてくださいね~(^_-)-☆

投稿: Julia | 2006/02/27 20:28

「トゥーランドット」、おすすめのCDとかってありますか??TSUTAYAで探してみようと思っているんですが。。。

ああ、完全にはまってしまった。。。

投稿: すた | 2006/03/02 15:20

すたさん

>ああ、完全にはまってしまった。。。

  あのアリアの部分は特別、華麗な曲ですものね!!

>「トゥーランドット」、おすすめのCDとかってありますか??

 こちらのページの方がとても詳しく書かれています↓
 http://www.d1.dion.ne.jp/~t_imac/turandot.htm

Puccini - Turandot / Zeffirelli, Levine, The Metropolitan Opera

王子カラフ    プラシド・ドミンゴ テノール 

メトロポリタンの生録らしくて、他のブログの方もご推薦されていました↓

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/6301880447/floralmusee-22/503-1456779-4099940

私も今度、購入してみようと思います~ヾ(´ー`)ノ


投稿: Julia | 2006/03/02 23:12

みなさんが推薦されているということは、かなり良い演奏なんですね。
今度、探してみます。ありがとうございました。

投稿: すた | 2006/03/04 00:01

すたさん、

いつもコメントをありがとうございます!!

「アラカワ・バウワー」っていう名前がつけられるとか~w(゜o゜)w  とても名誉なことですね! 

スタさんもとてもロマンチストなんですね~☆

投稿: Julia | 2006/03/04 00:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇『トゥーランドット』で華麗に舞う荒川静香選手 - Gold Medalist:

« de la Rose... | トップページ | 2回目 「パウル・クレー展 -線と色彩-」 No.4 »