« 「シャルロッテ・コルデーの肖像」 - ムンク@出光美術館 | トップページ | ことばとイマージュの交歓 - 宗像 衣子 (著) »

2006/02/06

「レンブラント・フェルメールの時代」小林頼子氏 - 絵画(講演)鑑賞会 No.3 

今年に入って絵画鑑賞会も皆様とご一緒しまして
3回目(
1回目2回目)になりました。昨日(2/4)、
先週も拝聴したブリジストン美術館の土曜講座で、
フェルメールのご研究家では日本では第一人者で
いらっしゃる小林頼子氏より

 レンブラント・フェルメールの時代
           ーオランダの光を訪ねて」

2時間半に亘る大熱演のご講演を一番前の席を
私たちで陣取って拝聴して参りました。鑑賞会の常連で
いつもきてくださる
とらさんNikkiさん、ミズシー(mixiの
印象派リーダーさん)とぴく太さんがいらして下さいました。
それから、Takさんのオフ会でお知り合いになった花子さん
もいらしていて嬉しい再開でした!!講演会の後は、展覧会
を観てからこちらの6人でお茶を飲むはずでしたが、不思議と
みなさんビール!に変わっていました。講演会が素晴しく熱
が入ったお話だったこともあり、そのお茶(酒)会ではみなさん
がワィワィともう大変な盛り上がりようで、やっぱり、絵の
好きな人たちが集まるとなんだかすごいオーラがその回りに
包まれるみたいですね(*'ー'*)♪
できたら、NYへアート・ツアーに行きましょう!!と
最後は本気だか皆さん、ノリノリでした(゚-^*)ノ 

もちろん、そのほか、フェルメール卿のTakさん
ご夫妻と「オランダ・バロック絵画館」のToshi館長ご夫妻
も見えていらっしゃいました。

小林先生はパソコンの映像処理も抜群で、画像をひっくり
返したり、ポイントもまとめて書いてくださったので、とても
拝見/拝聴しやすかったです。また、お話のリズムとテンポが
抜群なので、素人愛好家の私などでも全部理解できたことが
嬉しかったです。2時間半途切れることなく、お話続けるって
すごいパワァ~だし、私たちにどうやって絵をみることが大事
かという点を所々、教えていただいたのが大変印象に残りま
した。

長く書くと思いますので、あまり画像は今回入れると容量が
オーバー(一記事毎)しそうですので、とりあえず、拝聴した
ことを拙いながら書かせていただきます。(もし、ご一緒した
方でなんか、それは違う!っていう点がありましたら、ぜひ
お知らせくださいませ。)

まずは、オランダっていう国はヨーロッパのどこに位置
していて、大きさは、日本の九州と同じ位の大きさです。
と出だしからとても丁寧な説明でありがたかったです。
16世紀の頃は、南部のベルギー辺りまでネーデルランド
で、当時はハプスブルグ家が支配しており、毛織物業
が盛んだった北部地方の冨を吸い上げていました。
宗教もスペインのカトリックをオランダのプロテスタントに
改宗するように迫ってきたので、ハプスブルグ家に反発
するようになり1568年に、対スペイン独立戦争が始まり
ました。

1.17世紀オランダ

1)王・貴族が不在の市民国家

1648年に、オランダ連邦共和国として独立するように
なると、富裕な市民層達が議会政治にも権力を持つ
ようになり、オランダ総督フレデリック・ヘンドリック公
などの文化教養も第一級の知識人が市民社会を形成
していくようになります。

2) 経済の隆盛

スペインに占領されたアントウエルペン(貿易港)から、
商業資本がアムステルダムに移動してオランダの
経済力が発展し、日本とも貿易を出島に交易を開始
します (それが、
バーク・コレクション展で観た時の
「南蛮屏風」の絵に繋がってくるわけですね~♪)。

3)宗教改革

上記のとおり、16世紀のスペインではカトリックの宗教
を強要してきたので、オランダ側は反抗ののろしを上げ
ました。オランダとして独立してからプロテスタントを選ぶ
ようになったので、教会に展示してあるカトリックのあら
ゆる美術を破壊してしまいました。壁は真っ白に塗られて
しまいましたが、漆喰の壁などには隠されている絵がある
そうです。この宗教改革の結果、画家達は大口の注文主、
教会と王族・貴族からの依頼が全く無くなってしまいました。

2.17世紀美術を考えるキーワード

<日常に向けられた視線>
     肖像画 
    今までは王・貴族しか描かせなかった全身の
    肖像画を富裕の市民たちも描くようになった

<写真的なジャンルの勃発>
   資本主義の走り
   自由市場で競争も激しくなりマーケティングが
   必要になった
      美術市場に向けてストックの必要性があった
      (市場経済にもまれていた)

  • 風景画(17世紀はオランダだけ)の成立
     建国の背景がある
      教会での宗教画の展示は禁止
      オランダを作ったのはオランダ人である
      独立の歴史は市民の誇りである
  • 風俗画
     日常を描く (テルボルフ: 朝の身支度 1660)
  • 静物画
      写真的な描写

       
      flower
      ラヒェル・ライス 《花の静物》

    この図版だけでもどうしても欲しかったので、
    とらさんからBBS経由で送っていただいて
    助かりましたヾ(´ー`)ノ
    14人のお子さんをお持ちのお母さん画家
    だったのですが、先生もお花の部分を
    アップしてくださって大変、写実的で
    テクニックも高いよい作品だと褒めて
    いらっしゃいました。

<当時のモラルの反映>

   ヤン・ステーンの酒場の騒ぎを描いている絵を
      ご紹介くださいましたが、
その片隅に、子供が
      シャボン玉を吹いているようなヴァニタス的
      メッセージが見えないように描かれています。

      デ・ホーホの《母の義務》では、母親が子供の
      頭のしらみを取っているが頭頂部を描くことは
      勤勉であって理念が働いていることを表して
      いるそうです。

      写実画には理念がないと言われているそうですが
      細かい所に暗示的に描かれていたようです。 

<マーケットの事情>
     1630年代になるとヤン・ファン・ホイエン
     《川のある風景》に観られるように、オーカー系
     で全体に色彩を1、2色しか使わずモチーフで
     遠近法を出すようになります。
                 ↓
      沢山描かないと食べていけない
      スピードを要するために色数を減らす
      1つの型を作るなどマーケットの要因がある

  ヤーコプ・ファン・ライスダール『ベントハイム城』
     は一番良い風景画を描く画家でした。山という
     理念を構想、操作しながら描きました。

ここまで書いているだけでもちょっと大変ですが(^_^;
小林先生はそれを何もあまり観ずに次々とご説明
されていくので、それだけでも素晴しい!と感激なの
ですが、いよいよ、レンブラントとフェルメールの時代
へと入っていきます。

3.レンブラント(1606年-1669年)は、
17世紀のオランダ黄金時代の良い時代を過ごした
画家でした。以下、箇条書きでご紹介します。

1925年6ヶ月間  レイデンで絵の修行をした
                      (いつかアムステルダムに行く!という
                        野心家だった)

1627-28年    独自の様式と型を見つけた
           模倣と創作に貪欲だった
           カラバッジョの絵から光・闇・大きなモチーフ・
           空間・全体のまとめ方などを模倣しながら
                       基本のオリジナルを造って野心的に活躍する
                       隠れ教会(カトリック)・家の中での宗教画を
           沢山描いて、宗教画家としての道を選んだ
                       光と影を自由自在に描き出し、自分のブランド
                       を造り、マーケットを開拓していく

1634年      結婚 人気画家として活躍
1639年      大きい家を買う (13,000ギルダー)
           経済がとても良い
           利息だけ払うが元金は払わない
           コレクションを沢山する
1952年      仏・英国など周りの国が力をつけてくる
           第一次英・蘭戦争 → 負ける → 不況
           元金の返金を求められる
1956年       破産をする
            アムステルダムの西側に移る
            孫の貯金まで手をつける
1966年       死亡

   ph_amsterdam    
 
  《青年期の自画像》1629年頃
     レンブラント・ファン・レイン
   アムステルダム国立美術館蔵

  レンブラントは沢山の自画像(50~60枚)を描いたことで
    有名ですが特殊な顔に大きく関心があって、自分の顔を
    使って表情の研究をしていたそうです。

    エッチングを多く手がけていましたが、それは、油彩だと
    最後の部分しか仕上がりが分からないが、銅版だと
    制作の過程が後から観ることが出来たり、リサイクル
    をして銅版画をまた使うことも出来たからだそうです。

  沢山のレンブラントの図版を見せていただきましたが
    それはここでは長くなりすぎるので控えます。それから
   ブリジストン美術館所蔵のレンブラントの絵画についても
    グレーゾーンであるとかルーベンスの作品の真贋問題に
    ついても述べられていましたが、それも私たちの自身の目
    でもよく観て確かめてください。とのご意見でした。
    それは研究家の間でも大変難しい判断を伴うようです。

      

4.フェルメール

レンブラントが長かったのでフェルメールにはあまりお時間を
費やされませんでしたが、
Takさんとらさんのほうで詳しく
書かれていらしゃっるのでご参考にされてくださいませ。
光の操作と遠近法の消失点の処理方法など明快なご解説で
短いながらやっぱりその点がとても感銘を受けました。

素晴しい講演会を聴かせていただきまして、オランダの歴史
背景やその時代で活躍した多くの画家達のマーケティング
なども教わりまして大変有難う御座いました。感謝の気持ちは
このようにブログに書く位しかできませんが、また先生の著作本

を読んでより理解を深めて行きたいと思います。

私の一番大好きなフェルメールの作品は、いつもPCの前に
張ってあるこの絵とレオナルドの『レダの頭部』でして観ていると
優しい気持ちになります。

        water『窓辺で水差しを持つ女』
                  フェルメール
                  1662~65年
        メトロポリタン美術館

最後にですが、先生が何回か私たちに勧めてくださったことは
本物の絵を持っていると美術の鑑識眼が高まるので、ぜひ
外国へ行ったときにでも、小さな版画を購入していつも手元で
観ておくといいです、という教えは今度から実行してみようと
思います。

それから、ミズシーさんがmixiの方で素敵な感想文を書かれて
いましたので、ご本人のご了承を得たので掲載させていただき
ます。すごく詩的な文章で感激いたしました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

思えば写実画が好きだった頃、
より精密でよりリアルな絵ばかり追っていた気がする。

自分が子供だったのだと思う。
当時は科学主義が万能だと思っていたし、
人間がカメラのように現実を写し取っていることに
感動を覚えたのかもしれない。

それでも少しずつ大人になるとわかってくることがある。
科学が決して万能ではないこと、
現実が決して論理で割り切れないこと、
いや「正しい」とはわかっていても誰もが目や耳を
閉ざしてしまっていること。。。

「光」をひたすら信じるもの
「闇」を肯定しまうもの
利口な生き方が大人の生き方と思うもの

いつしか自分も
見えなかったものが見えるようになり、
見えてたものが見えなくなった。

いつの頃からか絵の見方も変わった。
絵を無理に理解する必要も、意味づけする必要も
ないことに気がついた。
知識なんてなくても、ただ絵と向かい合った時に
心に何かが染み入ってくるような感覚を大切にする。

10代の時にような強烈な衝撃を受けることはなくなったが
逆に絵を見ることで疲れた心を癒されることは多くなった。

今はこう思う

世界に光と影があるのなら、
人間にも光と影があるに違いない。

盲目的に光を信じる訳でもなく、
闇に心を閉ざす訳でもなく、

闇の世界の一筋の光こそ、
人間が信じることのできる本当の希望かもしれないと


ギリシア神話の「パンドラの箱」も全ての厄災の後に
残ったのは「希望」だったのだから

レンブラントの絵を見ながらそんなことを考えた。

                                        written by ミズシーさん

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^       


       suzukisan 
                                        ぴく太さんが手作りの素敵な
                                ビーズのイアリングを3セットも
                      プレゼントしてくださいました。
                       とっても嬉しかったです♪


        ご参加くださった皆様も本当に有難うございます。
      いいお仲間ができてとても幸せです*ヾ(≧∇≦)ノ"*♪

 

|

« 「シャルロッテ・コルデーの肖像」 - ムンク@出光美術館 | トップページ | ことばとイマージュの交歓 - 宗像 衣子 (著) »

2006年 絵画鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、先日はありがとうございました。
とても分かりやすい講演で、非常に楽しかったです、お誘いくださってありがとうございました。

また、お茶(酒)会ではもう少しゆっくりしたかったのですが、途中で退席してしまい、申し訳ありませんでした。
(私はその後会った友人とビールを飲みました!)


…ミズシーさん、詩人ですねぇ…!!!
素晴らしい!

投稿: ぴく太 | 2006/02/06 01:32

ぴく太さん

先日は素敵なビーズのイアリングを大変ありがとうございました~o(*^▽^*)o~♪

続き・・の所にお写真を掲載させていただきました。娘と一緒に愛用させていただきますね!!

>(私はその後会った友人とビールを飲みました!)
  反動ですっごい飲まれたのではないかしら~?ってちょっと心配しておりますが、ぴく太さんとも今度ビール会、行きましょうね!!!

  ぴく太さんのレポートもすごく本音が出ていて面白かったです!確かに、食べるために大量生産しなければならなかったので画家たちも技術力もさることながらスピード性も要求されて現在の私たちの走りでしたね(^_-)-☆
 
 >…ミズシーさん、詩人ですねぇ…!!!
   素晴らしい!

 ほんとぉ~~!!
 あまりに素晴しいので私が版元になって出版したい位です!! キャーちょっと、先生のマーケティングのお話にノリスギかしら~? ヾ(≧∇≦*)〃

投稿: Julia | 2006/02/06 08:26

Juliaさん

お陰様で、良い講義、良い鑑賞会、そして良いビール・パーティ? 本当に良い一日でした。

流石に行き届いたレポですね。お花のプレゼント?が間に合ってよかったです。

投稿: とら | 2006/02/06 08:58

Juliaさま

素晴らしいレポートありがとうございます。
私が実際そこに参加したような錯覚を覚えます。
確かに研究者のお話は本当に面白いです。
しかし私はかなりの臍まがりですので、時々それは研究者の為の研究で作者は本当にそこまで考えて描いているのかしらと疑うのです。その疑いがまた新しい発見を生み、二重三重の楽しみが回転しだします。
時代が違っても場所が違っても文化が違ってもやはり人間は人間ですので多分思いは一緒なのではないかと思うのです。私の妄想ではアーティストは描いている時にそれ程論理的に割り切ってはいないのではないか、しかし描かずに居られないアーティストの日常の中に蓄積された情緒や哲学というものが自ずから描きだされてしまう。その結果を後年の識者たちは様々な論理と分析を施し、伝えている。それは識者の論に耳を傾け知識を豊富にする楽しみと同時に実物をみてまっさらな自分の心でみた時の感想と重ね合わせてみる楽しみがそこに有り、美術を見る楽しみがますます増していきます。ですから同じ絵を何回繰り返し見ても飽きるという事が無いのはそのせいではないかと思うのです。
そして先生がおっしゃっていたようにとにかく本物を日常の生活の中に、作品と共に生活する事は大切に思います。作品が発する言葉では言えないオーラ、エナジーを感じとれるからです。
本当にこの講座聞きたかったです。しかし土曜日というのは本当に辛い曜日なのです。
しかしなんとか遣り繰りできるときは無理してでも参加したいと、また改めて思いました。

参加されが皆様方の本当に素晴らしいレポートを読ませていただいて救われました。
ありがとうございました。

文章書くことが苦手なものですから、失礼などありましたらどうぞご容赦ください。

投稿: 古川知泉 | 2006/02/06 11:17

とらさん

コメント&TBとそれにライス・ママさん画家のきれいなお花をプレゼントしてくださって、有難う御座いました~♪ラ・トゥールもちょっと勝てないかな?って思わせるほどの花びらなど繊細にして優美ですね~☆

とらさんのご記憶装置もフル回転でいらしたのか、小林先生のおっしゃったことをほとんど書いていらっしゃいますが。。もしかしてIC装置でも隠していらしたのでは~~??な~んて、思ってしまうほど完璧でした!!

それに画家の絵もかなり緻密にリンクしてくださってありがたいです。

また、18日にご一緒できたらと嬉しいです~(^_-)-☆

投稿: Julia | 2006/02/06 21:41

知泉さん

素晴しいコメントを書いていただいて、本当にありがとうございます(*- -)(*_ _)
アーティストさんからの真実の気持ちを書いていただいて、大変嬉しいです。それでこそ、一年半近くブログを書いてきてよかった!と思えます。


私の妄想ではアーティストは描いている時にそれ程論理的に割り切ってはいないのではないか、しかし描かずに居られないアーティストの日常の中に蓄積された情緒や哲学というものが自ずから描きだされてしまう

アーティストさんならではの深いお言葉ですね。画家も自分の中のいろいろな部分と語り
あって作品を創り上げているのでしょうね。。
そこに技術が上手いだけでは、感動できない、何か惹きつけられる魂のようなものでしょうか。。それが入ると何百年立っても私たちを感動させてくれるのかもしれません。

先生のお話から多くの画家達が絵について独自で研究してその型を造って、市場に売り出していくというマーケティングの図式は今回、初めて明確にわかってとても良かったです。

>そして先生がおっしゃっていたようにとにかく本物を日常の生活の中に、作品と共に生活する事は大切に思います。作品が発する言葉では言えないオーラ、エナジーを感じとれるからです。

 わぁ~日常と共に作品と生活するって素敵でしょうね~♪ なるべくカレンダーや絵葉書など沢山、張っておりますが、きっと本物から発せられるパワーはもっとすごいのでしょうね! 知泉さんのあの”光”がまだ私の心に残っているように・・・!

>しかしなんとか遣り繰りできるときは無理してでも参加したいと、また改めて思いました。

 ええ、ぜひいらしてくださいね!
 あれだけ豊富な内容をたったの400円って本当に申し訳ないくらいです。
 
 来月の土曜講座は、
3月11日 ベネツィアの祝祭の舞台 陣内秀信氏
 3月18日 中世シチリア王の戴冠式─パレルモの王宮と大聖堂 高山博氏
 
 両講演を拝聴する予定でチケットももう購入しております。また、両氏とも人気があるのでチケットは売り切れるのが早いそうです。

 また、皆さんのために何枚か購入しておきますので、近くなったらお知らせくださいね。

 ではでは、知泉さんの熱いコメントに感謝申し上げます。
    

投稿: Julia | 2006/02/06 22:22

>Juliaさん
イヤリング、気に入っていただけたのなら、幸いです(うわぁ、まさか写真付きで掲載されるとは…!)。

そうですね~、今度はゆっくり飲みたいですね(^_-)-☆

投稿: ぴく太 | 2006/02/06 23:13

Juliaさん

こんばんは。
私の拙い文章を乗せて頂いて有難う
ございます。
改めて読み返すとなかなか照れくさいものですね。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: ミズシー | 2006/02/06 23:32

>ぴく太さん

 再び、コメントありがとう~★☆

 イヤリングの下は、若冲の白梅の絵です。
少し粒粒が光ってる感じでいいでしょ?
 な~んて、自己満足の世界~(*"ー"*)♪

 来月のイタリア編講演会もよろしかったらいらしてくださいね~☆
 そういえば、皆さんのお椅子の上に、池田満寿夫氏のパンフレットを乗せて置いたのですが。。もし、またお手元にあるようでしたら、この次まで。。でも無くなっていたら忘れてくださいね。 講演会の前に、個展をちょっと覗いてきたんです。

投稿: Julia | 2006/02/06 23:44

ミズシーさん

コメントありがとうございます~♪

ミズシーさんの素敵な詩で、レンブラントの絵がより理解できた感じがします。

>世界に光と影があるのなら、
人間にも光と影があるに違いない。

 特に上記のところが大好きです!
 今日は心の中でこのフレーズをつぶやいておりました。

 ミズシーさんが印象派の絵の前にレンブラントをお好きだったとはちょっと意外でしたが、ミズシーさんのお優しさはそんなレンブラントの写実的な陰の部分をよくご存知だったからですね!

 18日もよろしくお願いいたします。
 ミズシーさんのお友達ともお会いできるのを楽しみにしておりま~す(o^∇^o)ノ

投稿: Julia | 2006/02/06 23:55

Juliaさん、遅ればせながらTBさせていただきました。

一番前の真ん中というこれ以上無い席で、先生のお話を堪能できました。

 画家という職業が時代背景に影響されるというのは作品を観るうえで、一つの見方としてはとても面白いですね。勿論、その本人の個性があるからこそ、無数に存在した画家たちの中で突出して評価されるのでしょうが。

前回のベラスケスとほぼ同時代なので、登り行くオランダと、沈み行くスペインという対比などを考えても興味深いなぁと思いました。

投稿: Nikki | 2006/02/07 21:34

Nikkiさん

コメント&TBをありがとうございます~♪

今夜も絵の好きなお友達と話してこの時代の話題で盛り上がりました~☆

>前回のベラスケスとほぼ同時代なので、登り行くオランダと、沈み行くスペインという対比などを考えても興味深いなぁと思いました。

 いろいろと観たり聞いたりしているとヨーロッパの歴史や絵画が流れるように繋がってきますね! もっとレンブラントの本物の作品も観てみたくなりました。 

あとでちょっとメールしま~す(゚-^*)ノ 

投稿: Julia | 2006/02/07 23:01

こんばんは。
TBありがとうございました。
また記事中で紹介までしていただき
感謝感謝です。

どうしてもフェルメールに偏った内容の
記事になってしまいました。
ご勘弁あれ。

「青い牛乳」の話は今まで
何度も観ているにも関わらず
気がつきませんでした。
不覚です。。。

投稿: Tak | 2006/02/08 20:28

Takさん

こんばんは~♪
コメント&TBをありがとうございます~☆

>「青い牛乳」の話は今まで
何度も観ているにも関わらず
気がつきませんでした。

  やっぱり先生のフェルメールのご解説は一番、印象に残りまして、Takさんのあのミルクのアップ画像もとてもそれに合っていて素敵でしたヾ(´ー`)ノ

  そういえば、お正月頃に”恋文”の携帯画像を送っていただいてありがとう御座いました!!

  このところ、オランダの広い空が見てみたいなぁ~と思うことしきりです(^_-)-☆

投稿: Julia | 2006/02/08 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/8525603

この記事へのトラックバック一覧です: 「レンブラント・フェルメールの時代」小林頼子氏 - 絵画(講演)鑑賞会 No.3 :

» レンブランド・フェルメールの時代ーオランダの光を訪ねて [Art & Bell by Tora]
ブリジストン美術館で小林頼子教授の講演会を聴いてきました。 素晴らしい熱弁で、30分も時間をオーバーしましたが、まったく飽きずに聞き入りました。 忘れないうちに、メモをHPに書きました。 その後、ギャラリー・トークを聞いたり、6人でおしゃべりしながら常設展示「印象派と20世紀の美術」を観ました。 また問題のレンブラント《聖書あるいは物語に取材した夜の風景》をじっくりと観ましたが、私にはレンブラントとは思えませんでした。この点に関してだけ講師の言葉の歯切れが悪かったことがちょっと気... [続きを読む]

受信: 2006/02/06 09:01

» 『レンブラント、フェルメールの時代─オランダの光を訪ねて』@ブリヂストン美術館 [Megurigami Nikki]
 ブリヂストン美術館で開催されている土曜講座の一つ、小林頼子氏による『レンブラント、フェルメールの時代─オランダの光を訪ねて』に出席してきました。  テーマとしてはレンブラント(Rembrandt Harmenszoon van Rijn 1606-1669)とフェルメール(Johannes Vermeer 1632-1675)の作品の解説を通して、当時の「17世紀オランダ絵画」の特徴とそれを生み出した社会背景を考察するというもの。  講師でいらっしゃった小林頼子氏(目白大学)の第一線の... [続きを読む]

受信: 2006/02/07 21:27

» 土曜講座「レンブラント、フェルメールの時代─オランダの光を訪ねて」 [弐代目・青い日記帳]
先週に引き続きブリヂストン美術館で行われた講演会 「レンブラント、フェルメールの時代─オランダの光を訪ねて」を 聴講して来ました。 目白大学教授教授の小林頼子先生による講演でした。 小林先生は日本におけるフェルメール研究の第一人者です。 『フェルメール論―神話解体の試み』小林 頼子 ↑フェルメール好きの自分にとってこの本はバイブルのように 大切にしいつも手の届く位置に置いてある一冊です。 (サインしていただき更に自分の中での「価値」がアップしました) また最近こ... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 20:23

» 土曜講座「レンブラント、フェルメールの時代─オランダの光を訪ねて」 [弐代目・青い日記帳]
先週に引き続きブリヂストン美術館で行われた講演会 「レンブラント、フェルメールの時代─オランダの光を訪ねて」を 聴講して来ました。 目白大学教授教授の小林頼子先生による講演でした。 小林先生は日本におけるフェルメール研究の第一人者です。 『フェルメール論―神話解体の試み』小林 頼子 ↑フェルメール好きの自分にとってこの本はバイブルのように 大切にしいつも手の届く位置に置いてある一冊です。 (サインしていただき更に自分の中での「価値」がアップしました) また最近こ... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 20:26

» 2006年 美術展・映画・講演会 総まとめ! [Floral Musée]
Venerdi, il ventinove Dicembre 2006son [続きを読む]

受信: 2006/12/29 14:58

« 「シャルロッテ・コルデーの肖像」 - ムンク@出光美術館 | トップページ | ことばとイマージュの交歓 - 宗像 衣子 (著) »