« 「親しい友への手紙」 - 池田満寿夫 | トップページ | 「シャルロッテ・コルデーの肖像」 - ムンク@出光美術館 »

2006/02/01

バルビゾン芸術の歴史と遺産 - 井出洋一郎氏

先週の土曜日(1/28)に、ブリヂストン美術館の
土曜講座で東京純心女子大学の井出教授による

 『バルビゾン芸術の歴史と遺産』

を拝聴して参りました。当日は、横浜でランチ時に
通訳のお仕事を済ましていらした友人のまゆりんさん
とご一緒に参加したのですが、いつになく満席で
後ろの方に座ったら前の人の頭で、首を横にしない
とスクリーンが見えないという悲惨な事態だったので、
今度は早めに行って前に座らないとッ!!と思った
のでした。

バルビゾン派というとルソー、ミレーとかコローなど
どちらかというと暗い色調の風景画が多いですよね。
今回、井出先生のお話を伺って、バルビゾン派の
成り立ちとそれから印象派に繋がるお話を沢山の
画像も見せて頂きましたので、その辺りの関連性が
とてもよく分かりました。

BlueHeavenのTakさん同日の講演会へ行かれて
バルビゾン周辺の地図や講演内容を分かりやすく
書かれています。また、 「涙のじゃがいも物語 」の
続編もお楽しみくださ~い♪

また、井出教授のHP「ミレーとバルビゾン芸術」を
私もミレーについて調べていたら発見しまして、
ミレーの図版をご覧になれます。それに
ブログ「
blogガンヌの宿 亭主謹言」まで~(^u^)
その土曜講座の文中に。。
  「お客はどちらかいえば高齢だがよく聞いてくれるし、
   笑いの反応も早く。。。」
ってそれって私のことかしらぁ~?と噴出してしまい
ましたww

1822年、イギリスの風景画家コンスタブルが
フランスのサロンで作品を展示しました。

  constable_wain01
  《干し草車(The Hay-Wain)1821年》

 ドラクロワがその絵を観て大変感激したそうです。
  イギリスの天気はすぐに変わるので、雲が動くような
  空を描いた秀作が多いそうです。井出先生は、その
  雲に魅せられて、
コンスタブルの絵画展を新宿の
  伊勢丹美術館と山梨県立美術館でご開催する中、

  「雲だけのコーナー」を作って10点ほど展示しましたが、
  マニアックだったのかお客さんの反応はあまりなかった
  ようです。それでもその空の表情は、フランス絵画に
  大きく影響を与えたそうです。

 オランダの絵画、ライスタールなどの地平線が
  低く、空の部分が多い風景画からもフランスの
  画家達は学びました。

 19世紀に入って産業革命で鉄道の発達に伴い、一般
  の人たちも郊外で過ごすアウトドア志向になってきました。
  そこでバルビゾン派も印象派の画家たちも戸外へ出て
  描き始めるようになりました。

 1830年頃からパリの南東フォンテーヌブローの森で
   ミレーとルソーも太陽の光が朝には森に当り、夕方
   には畑の方に夕日が当る自然の美しさに魅了されて
   「ガンヌの宿屋」を拠点にして、バルビゾンの美しい
   風景画を描き続けました。

  barbizon2  「ガンヌの宿屋」

       
barbizon1 
       壁や家具などにも画家達の絵
               が残っているそうです。

 開発が進んでバルビゾン地区にも伐採が進んで
  きたので、ミレーとルソーはその地域の自然保護を
  皇帝へ訴えたこともあって、それ以来、「美観地区」
  に指定されることになり、その功績からミレーと
  ルソーの記念碑が1884年フォンテーヌブローの森の
  入口に建てられたとのことです。(井出先生のHP
  そのお写真がありました)


   
seed  《種をまく人》 1851年 
                  ジャン=フランソワ・ミレー 
                                          リトグラフ、紙
 

        dovine                        
                《田園の夕暮れの印象》
                   カール=ピエール・ドービニー
                             油彩、カンヴァス

  アメリカ人はプロテスタントが多いので、ミレー
    の農民画に宗教的な意味合いを求めたのか
    ミレーの絵がよく売れたそうです。フランスでは
    「じゃがいも」を描くことは貧乏臭く見えるし、社会主義
    を誇張しているかのようにも見えると賛否両論だった
    との初めて知るお話を伺いました。じゃがいもは飢饉
    の時の食べ物という位、当時はフランスではあまり
    食卓に上がらなかったからだそうです。  《晩鐘》も
    アメリカ人のコレクターからの依頼で描いたので、
    55万フランの高値が付いたとのことです。
  しかし、あまりに世界的に有名な絵になってしま
  ったので、フランスで買い戻しオルセー美術館に
    現在は展示してあるとのことでした。

  1875年1月にミレーは亡くなりますが、最晩年に
     描いた絵は、部屋から窓の外の景色が印象派
    
の描き方そのものだったということです。もう少し
     長生きしていたら、印象派の様式に移って行った
     のではと思わせるほどその部分は大変明るく描か
     れていました。

 そのほか、ルソーの木の葉を一枚一枚、丁寧に
  描いた森の絵を何枚かご紹介していただき、コロー、
  クールベと続きました。クールベは個性的だったせいか、
  ミレーからもあまり好まれていなかったようですが、ミレー
  の農民画やルソーの影響が強く、二人の絵を観ることで、
  自然/写実主義としての力量も上がってきたそうです。

 1865-67年頃はいよいよバジール、モネ、クールベ
  達もフォーンテーヌブローの森で風景を描くようになり
  ます。バジールは南仏のモンペリエで色彩が鮮やか
  な風景画を描きますが、普仏戦争で若くして戦死
  してしまい、長生きしていたらモネやルノワールより
  も風景画は良かったかと思われるほどでした。

 モネや印象派の画家達は、光を求めてバルビゾンより
  東に流れているロワール川辺りで絵を描くようになります。
  最初のモネの《積みわら》は、 ミレーやルソー風に農村で
  夕日を浴びるようにして描かれています。これは光が当る
  モチーフとして描き始める最初の作品となりました。                          

 ルノワールでさえ初期の作品《森の空き地》では、
  ルソーやミレーやクールベの影響が見て取れる
  風景画でした。

 ピサロもミレーの農村画を尊敬していて、《座る農婦》
  はミレーの構図のように描かれています。

 シスレーにおいても野外で描くバルビゾン派のミレー派
  に属しているそうです。

 その後に続くゴーギャン、ゴッホなども基本的にこの
 バルビゾン派から豊かな栄養を吸収しているとのこと。。
  ここで終了でした。ここから先もお聞きしたいですね!

 途中で止めようかと思いましたが、メモを見て思い出しつつ
  書いてみました。このように、バルビゾン派から印象派への
  流れは着々とフォーンテーヌブローの森の奥で系統だって
  実践され受け継がれていったようです。井出先生、貴重な
  情報を沢山ご教授くださいましてありがとうございました。

 注: 今週の土曜講座「レンブラント、フェルメールの時代」
         のチケットはもう完売になったそうです。

 追記: まゆりんさんとその後、ティールームでお話したのですが。。

  
   tea
 ☆ティーも香りがよくて
      チョコレート・ケーキも抜群に
      美味しかったです~☆☆☆

 まゆりんさんと久しぶりにお会いしたので、
   お互いに近況を語り合って楽しくおしゃべり
   していたのですが、彼女が通訳先で聞いた
   お話を聞いて、”ひっくり”返りそうになりまし
   た。一緒に来ていた通訳の方の知り合いが
   アメリカ人と結婚したのですが、どうも何ヶ月
   毎に会社を転勤してそれも転勤先がいつも
   豪邸なので、最初は嬉しかったのですが、
   だんだんと疲れてきて、当然 "Why?"と疑問
   を持つようになり、問いただしてみると・・・
   先日、私も観た映画と同じだったのです!
   そうそう・・「Mr.&Mrs.X」版だったのです。
   ヒェ~~w(゜o゜)w  本当にそんなことが
   起こるのですね。皆さんのお相手は大丈夫
   ですか~?ホホ(*"ー"*)♪

  また、まゆりんさんと今月、下旬から私の
   お仕事の関係で短期間、ご一緒に働ける
   ことになり大変嬉しいです!!

|

« 「親しい友への手紙」 - 池田満寿夫 | トップページ | 「シャルロッテ・コルデーの肖像」 - ムンク@出光美術館 »

■2006年 美術講演会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
とても詳しい内容ですね~。
私は知識は全然ありませんが、美術館へはちょこちょこ行きます。
空を描いた作品にはよく吸い込まれる感覚になります。
時代背景やそれぞれの影響関係を知っていると、一層興味深く作品を見れそうですね!

投稿: koji | 2006/02/02 22:21

こんばんは。
リンク&TBありがとうございます。

記事が一つにまとまらなかったので
二つに分けて書きました。
印象派との関連と
「じゃがいも」の話が
記憶に強く残りました。

調べてみると面白いこと
沢山わかりました。
一つの講演会から
知識が広がっていくのは
とても楽しく嬉しいことですね。

投稿: Tak | 2006/02/02 22:42

Kojiさん、

いつもコメントをありがとうございます~(*'ー'*)♪お忙しいのにKojiさんのブログも充実していますね~☆☆

美術館もよく行かれるそうですねっ!!
宜しかったら私どもの鑑賞会にもぜひご参加くださいませね。

>時代背景やそれぞれの影響関係を知っていると、一層興味深く作品を見れそうですね!

 そうですね!何も先入観がなくてもそれはそれで楽しめますが、やはり絵の奥から作者が何を伝えたかったか。。。というのは少しでもその時代背景を知っていると当時の空気や作者の魂にも少し近づけそうな気がします。

 また、Kojiさんのブログへもリンクを張らせていただくかもしれませんがよろしくお願いいたします。

投稿: Julia | 2006/02/02 22:44

Takさん

コメント&TBを有難う御座いました。
「涙のじゃがいも物語」は楽しく拝見させていただいたので、またリンクを張らせていただきましたぁ~♪

今週の土曜日は、早めに行って前の方のお席を確保しておきますので、どうぞご安心してお仕事をお早めに・・・サッサっとε=ε=ヽ*^∇^)ノ お待ちしておりま~す♪

投稿: Julia | 2006/02/02 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/8457172

この記事へのトラックバック一覧です: バルビゾン芸術の歴史と遺産 - 井出洋一郎氏:

» 土曜講座「バルビゾン芸術の歴史と遺産」 [弐代目・青い日記帳]
ブリヂストン美術館で行われた講演会 「バルビゾン芸術の歴史と遺産」を聴講して来ました。 東京純心女子大学教授の井出洋一郎先生による講演でした。 井出先生は日本におけるバルビゾン派研究の第一人者です。 「ミレーとバルビゾン芸術」というサイトもお持ちです。 以前からお名前だけは存知あげていたのですが、お会いする機会に 恵まれなかったので、この土曜講座を知った時は「ラッキー!」と思いました。 美術の森の散歩道―マイ・ギャラリートーク 井出 洋一郎 今日の講... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 22:39

» 涙のじゃがいも物語 [弐代目・青い日記帳]
ブリヂストン美術館で催された土曜講座「バルビゾン芸術の歴史と遺産」 井出洋一郎先生ご自身が現地で撮影してきた写真をふんだんに使っての レクチャーは時間の経過を忘れさせてくれるほど充実したものでした。 詳しい内容はこちら。 バルビゾン派の旗手・ミレーJean-Francois Millet(1814-1875)についても 当然のことながら長い時間を割いて解説して下さいました。 ミレーといえば2003年04月から渋谷Bunkamuraで開催された 「ミレー3大名画展」がいまだに... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 22:41

« 「親しい友への手紙」 - 池田満寿夫 | トップページ | 「シャルロッテ・コルデーの肖像」 - ムンク@出光美術館 »