« 歌劇『トゥーランドット』で華麗に舞う荒川静香選手 - Gold Medalist | トップページ | [風の琴―二十四の絵の物語] 辻 邦生 (著) »

2006/02/28

2回目 「パウル・クレー展 -線と色彩-」 No.4

先週から仕事が忙しかったのですが、今日で
クレー展も最終日ということで、早退させて
いただき、ダッシュで大丸デパートまで駆け
つけて行きました。

  「パウル・クレー展 -線と色彩-」

  chirashi

 やはり無理しても最後にもう一度 (一度目
  観てよかったです!! 最初と展示作品が
  違うのかしら?と思うほど、二度目なのに
 また新たな目で観ることができるほど新鮮に
 感じました。

 今回は図録というより、ベルン「パウル・クレー・
  センター」開館記念として、下記の本が発売されて
  いましたので、今回はこちらからの図版も紹介
  したいと思います。ただ、少し色が悪くて残念でした。

  artbox
     「クレー ART BOX 線と色彩

      

      room
            『我が小部屋』  1896

   こちらの作品は展覧会には出展していませんが、
     本に掲載されていまして、ペンと鉛筆でクレーの
     部屋をスケッチしたようで素敵ですよね!

      -*-*-

   line 
   『ミュンヘン郊外、オーバーヴィーゼン練習場近くの家々』
                          1910

   最初の「線」の所に展示してありまして、水平線に
     続く広大な平野と道路がとても活き活きとした線で
     描かれていて、色が浮かんでくるかのように
     ダイナミックでしたね!

    奥さんのリリーと結婚したのが、1906年でしたから、
     小さな息子さんを連れてお散歩がてら郊外で描いて
     いたようです。なんとなく平和な雰囲気が伝わって伸び
     やかで柔らかな線の絵だと思いました。

 
       north
              『北海の絵』 1923

  最初に観た時、ピカッと光るほど頂点までがシャープ
    な線で、色彩ももっと透明感がありずっと神秘的です。
    前回、展示してあったでしょうか? ズート観ていると
    北海に吸い込まれて行きそうでした。この絵の前で
    吸い込まれそうに佇んでいる人達が何人もいました。
    宗教的な感じがするほど何もないのに、ものすごい
    吸引力がありました。 自然に涙が出るほどでした。

   
    snow
              『雪の降る前』 1929

   こちらの作品も出展されていませんが、クレーらしい
   美しい色彩で豪華で動き出しそうなお花ですね!
     雪の降る前なのに、燃え上がりそうな激しい色合い
     なのは何なのでしょうか?不思議ですがクレーを
     激するものが何かあったのか~?それとも雪の降る
     前の大気の変化を表したかったのでしょうか~?

    上記の本に、谷川俊太郎氏の詩がこの絵の横に
      掲載されていました。


       『雪の降る前』

     かみはしろ
          かみはゆき
          かみはふゆ
          えかきはたいよう
          ゆきをとかす

         えかきははる
         みどりをぬる
           えかきはなつ
                     あおをぬる
           えかきはあき
          あかをぬる
          そしてまたいつのまにかーーー

               えかきはたってる
         あたらしきかみの
               ゆきのちへいに

-------


最終日なので混雑しておりましたが、
クレーの作品とじっくりと対峙して名残
惜しんでいるような鑑賞者の方たちから
ちょっと悲哀を感じる最終日でした。
クレーの天才性が二度目にはっきりと
感じることができて良かったです。   

☆ Paul Klee Series (拙記事

|

« 歌劇『トゥーランドット』で華麗に舞う荒川静香選手 - Gold Medalist | トップページ | [風の琴―二十四の絵の物語] 辻 邦生 (著) »

Paul Klee」カテゴリの記事

コメント

きのう、早退されたみたい…

投稿: BlogPetのJenny | 2006/03/01 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/8882213

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目 「パウル・クレー展 -線と色彩-」 No.4:

« 歌劇『トゥーランドット』で華麗に舞う荒川静香選手 - Gold Medalist | トップページ | [風の琴―二十四の絵の物語] 辻 邦生 (著) »