« フランソワ・プラリュ氏の特別セミナー&パーティ | トップページ | 「親しい友への手紙」 - 池田満寿夫 »

2006/01/29

記念講演会 「私とバーク・コレクション」 村瀬実恵子 氏

   

先日、観に行きました
   「

ニューヨーク・バーク・コレクション展
ですが、日本美術の素晴しさに感動したので
また、もう2,3度観に行きたいと思って
いましたら、本日はその美術展に関する
記念講演会が東京都美術館で午後2時から
あるというので、午後1時からの整理券に
並ぶために早めに家を出ました。

           berk

整理券は80番で無事に受け取ると、まだ時間が
あるので展覧会場で絵を観ることにしました。
      

warabe

講師は、メトロポリタン美術館東洋部特別顧問 
をしていらっしゃいます村瀬実恵子 氏でした。
村瀬氏は
1962年から96年までコロンビア大学で
教鞭をとっておられました。米国における日本
美術研究者育成及び日本美術に対する理解増進
に貢献されていました。そして、コロンビア大学
ご退職後
96年以降は、メトロポリタン美術館特別
顧問として日本美術に関する展示を企画、実施し、
日本美術・文化の発信に大きな役割を果たされて
いらっしゃいます。

《笛吹地蔵図》
狩野探幽                  
江戸時代 (部分)

以前に英語をお習いしていたシスターと同じように
お人柄も柔和でマリア様のような包容力のある女性
のようにお見受けいたしました。
シスターも長い間、NYに住まわれていたので、
日本語の方が少し心元ないのですが、村瀬氏も
むしろ英語の方がお話がしやすかったかもしれ
ませんが、私はアカデミックな年配の女性のお話を
お聞きするのが大好きです。

お話もメアリー・バーク女史との40年間に亘る
美術コレクションの裏話を話していただいて
大変興味深く拝聴できました。図版と共にお話
下さったことを書いて見たいと思いますので
少し長くなりますが、ご興味がおありの方だけでも
お読みくださいませ。図版は図録からで、大体、
部分にカットしました。それにしても、40年以上も
コレクターの方のアドバイザーとして村瀬氏の存在
なくしてはこれだけの名画を蒐められなかったかと
思うとなんて、偉大な方!!とご尊敬申し上げます。

最初に村瀬氏は、
「日本美術は、ガラスのケースに入っていることが
  多いので、遠い感じをお持ちになられるかと思いま
  す。私がメアリーさんと40年間のお付き合い
  の中で、コレクションについての裏話などお話し
  して今回の作品をもっと身近なものに感じていた
  だきたいのです。」
と、述べられたので、これから面白そうなお話が
始まりそうで楽しみになってきました。

村瀬氏がコロンビア大学で始めて助教授になった
1963年~4年の間に、大学院のセミナーを
受け持つようになり、そのときに、突然、コロンビア大学

で修士号を取られたメアリーさんが
「日本美術のセミナーを受けたい。」と入ってこられました。
そのとき、メアリーさんは源氏物語の画像をもっていて、
「見当がつかないことがある。」と聞かれたので
「それでは、その源氏物語をテーマにセミナーを受けて
見てください。」と言って一学期のセミナー受講を許可
したのが始まりだったそうです。

そのセミナー終了後に、村瀬氏はいつも夏休みは
3ヶ月ほど日本で過ごすのですが、メアリーさんも
一緒に日本に行って、美術商を紹介して欲しい、と
頼まれました。そして、何人か業者の人を紹介して
どう反応するかと思っていましたら、最初から『曼荼羅』
に興味を持たれたということです。まだ文化庁から輸出
許可が出ていませんでしたので購入できなかったそう
ですが、後にその一枚が重要文化財になったそうです。
その後に購入したのか、下記と同じような図版でした。
村瀬氏は「本格的で地味な作品に目をつける方」と
不思議な思いがしたそうです。

             seiryuken 《清滝権現像》
                              鎌倉-南北朝時代(14世紀)

業者さん達からも
「メアリーさんは本当の貴婦人ですね。
  値切りを全くしませんから。。」
という程、1960年代の海外から買い付け
に来る人たちはみんな値切っていたということです。
それだけ、アメリカでは古い一族で、英国から
17世紀に移住した時の名家の一人だったそうで、
最初にそれを知ったときは驚いたそうです。

(ロバート・R・リビングストン氏(Robert R Livingstone,
1746~1813)は米国「独立宣言起草委員会」の
メンバーの一人で、独立宣言の時にサインをした方で
メアリーさんの母方の祖にあたるそうです。)

NYのマンハッタンから車で45分位行った海岸沿いの
オイスター・ベイに家を作ろうとしていたので、日本庭園
も造りたいので、日本へ行って観てみたい、と頼まれた
そうです。そこで、日本では吉村順三氏をご紹介して、
氏のご案内で日本庭園をグルッと観てきたそうです。
そして、「日本に恋をした!」と大層喜ばれたそうです。
お庭を造っている最中に、ジャクソン・バーク氏とご結婚

されました。

そのご主人の健康があまり良くないためにフロリダに
別荘を建てて、その地域の友人から浮世絵を70点も
購入したそうです。その頃、1964年位から日本美術
コレクターとしての第一歩が始まりました。そして、
1965年頃、ご主人がそのコレクションの保管を
する為に、NYのアパートに展示する基礎造りを始めました。
1000点ほどあったので、展示コーナーや倉庫などを
アパート内に造ったそうです。

「メアリーさんは直感でいい物に反応する」ので、工芸品
については造形的に面白い作品を一度に6,7点も購入
したそうです。その頃から業者がNYへ来るように
なりました。若冲の作品もその頃、購入したそうです。

      tsuru 《伊藤若冲》
     双鶴図 江戸時代(1795年)

  一つの作品との出合いも面白いお話があった
のですが、村瀬氏がマディソン・アヴェニューで
食事をしていて帰り際にほろ酔い気分で、古い
美術商の前を通ると、鎧戸のような戸の小窓から
とてもお顔立ちのよい観音様のお顔が見えたの
ですが、酔っているので翌日メアリーさんに話して
ご主人と3人でそのお店に行くと、下記の仏像が
あってすぐに購入しましょう!ということになり若い
男性をヘルプで呼んで、手押し車に紐で縛って
自宅まで運んでいったそうです。村瀬さんは
「あまり一緒には着いていけない感じなので、
  用があります。」と言って立ち会わなかったほど
面白い光景だったようですね。この仏像は、今でも
大変人気があるようです。私も最初、観た時、観て
いると安心するような柔らかな包み込まれるような
オーラを感じました。

     tenbu天部形立像》
                平安時代(10世紀後半)

ご主人は室町時代の水墨画がお好きだったので
その頃、お値段もお安かったために、沢山入手
されたそうです。特に、描かれていない空間の美しさ
に3人は魅せられたとのことです。

     gan 《芦雁図》
                  室町時代(14世紀後期)

村瀬氏は夏休みに3ヶ月間、日本に帰って美術品
をスライドに撮っては、NYに持って返り値段などを
知らせました。そのとき、ゼロを一つ落として伝え
てしまって、後で大騒ぎになったこともあったそうです。

友人や先生達が助けてくれて、美術品をいろいろと
購入することができたそうです。辻憔雄先生からも
「いいのがあるけど?」と連絡していただいて、購入
することができたのが、皆さんが大好きなこちらの作品
でした。

   ishibadhizu 《石橋図》
                
曾我蕭白
                江戸時代 (1779年)

 母親が子供のライオンを谷底に突き落として
  駆け上った者だけを育てる、という凄まじい
  構図の絵ですね。

しかし、アメリカ人は人物画が入っていたり
水墨画に色彩がついている作品には当初、中々
購入することはしなかったそうで、その辺の
説得が長くかかってご苦労されたとのことです。
ご主人はOKしてくださったのですが、メアリーさん
はなかなかYESとは言って頂けなかったそうです。
それでも、なんとしても購入していただきたいと
村瀬氏が主張されていたのが次の2点です。

   reisai
    《豊干・寒山拾得図》 霊彩
     室町時代(15世紀初期)

   崖の下からモクモクと怪しげな雲が出て
      いて、全体的な奇妙な感じですが、
      「右側の岩の下には虎が描かれていて、
    これはペットみたいなものです。」なんて
      どうにか一年半かけてやっとメアリーさん
      からYESを頂いたそうです。本当に少し
      怖い位、霊界のような作品ですが、とても
      珍しく貴重な作品なのでしょうね・・・。

1975年に、メトロポリタン美術館において、
個人コレクション所蔵の日本美術を展示する話が
持ち上がりました。村瀬さんは始めは110点の
展示品の図録を書いてGuest Curatorのような
お手伝いをされたそうです。
日本へ美術品を購入してから10年間で、バーク・
コレクションの作品の中核が蒐まったことになりました。
しかし、その年の10月のオープンに間に合わずに、
5月にご主人が亡くなられてしまいました。一時は
悲しみに沈んでいたメアリーさんですが、その後、
コレクターとして自立していく覚悟をして起ち上がり、
いろいろとお買いになって、
展示する時は結局、
120点に増えたそうです。

1975年のメトロポリタン美術館の展覧会の後に
ミネアポリス、シアトルと巡回していきました。 
そのシアトルの時に、メアリーさんの従姉妹の
お家でパーティに呼ばれると、薄暗い所に日本画
らしき絵が飾ってあり、よく観てみると大変よい
作品である、と伝えた所、それは従姉妹のお婆様
の時代に日本人からプレゼントしてくださったそう
ですが、そんなに大事な作品なら自分が持っている
よりメアリーさんに寄付した方がいいということで、
初めて作品を寄贈していただいたとのお話でした。
それがこちらの作品です。

        byakui  《白衣観音図》
                                 室町時代(15世紀初期)

コレクションを始めて20年目の1985年に、
東京国立博物館から始めて一年間、日本中
をバーク・コレクションの作品を巡回ました。

1944年バージニア州立美術館で、今までに
見せたことのない作品を展示するように
なりました。縄文土器や埴輪などです。
また、今回、展示している中でも非常に状態も
優れているのですが、こえ(小絵)という立て9cm
の細長い絵です。全国に玉川と名がついた川を
9つ選んで描いています。今まで、画家の中では
選ばなかった画題で、村瀬さんがNYのオークション
で競り落としたそうです。広重は酒井鶯裏が描いた
『砧の玉川』を観てヒントを得て同じような浮世絵を
彫ったのではないか、とのことでした。この玉川
シリーズは本当に目が覚めるように美しかったですね!

   tamagawa 『砧の玉川』
                                             酒井鶯裏
                                             江戸時代(1839年頃)

        《飛天》平安時代後期の作品が2点が
         加わりました。最初はドイツに一点、
         寄贈されていたそうですが日本へ返却
    されました。
 

                   hiten

村瀬氏は、30年間勤めたコロンビア大学を引退されると
メトロポリタン美術館に呼ばれて、もう一回、展覧会を
する運びとなりました。2000年ー2001年にかけて、
特別会場でバーク・コレクションを166点展示するという
最大の展覧会です。

バークご夫妻はあまりセリなどしないので、村瀬氏が
NYのオークションでセリ落としたというのが以下の
《南蛮画》です。しかし、この後、
「メトロポリタン美術館の職員はセリなどしては
 いけない規則になっています。」と怒られて
しまったそうです。この作品は観ていて楽しい
ので、私も大好きです!

          nanban《南蛮屏風》
                         右隻部分

         

     5-10《十牛図》
                                        鎌倉時代 (1278年)            

日本の業者が来て立ち上がる時に、バックの
ケースからこの絵の写真の端っこが見えたので
村瀬さんがそれを目ざとく見つけて、こんな
「面白い大和絵を紹介してくれないとは・・!」と
業者さんに言って購入されたというお話でした。
牛を追いかける善の悟り絵で10話まで描か
れていて、漫画のようで面白かったですよね!
努力しても最後は〇だけで無が残るだけ、という
善の教えが描かれているそうです。

ogiryu

《扇流図屏風》江戸時代 (17世紀初期)
 
 パリで発見されたそうです。安部光弘氏
  (元メトロポリタン修復師)が修復して
  いる時に、裏紙をはがしたら男性の絵が
  右端に描かれていてそれがわざわざ
  消されていたとの謎が発見されたそうです。
  この屏風絵は私もとてもきれいで魅入りました。

大分、書きました。明日にかけて誤字脱字を
直して行こうと思いますので、今夜読まれた
方はご容赦くださいませ。この講演会のあと
再入場ができるとのことで、また作品を観て
参りました。説明を受けた絵はやはり愛情を
持ってみることができます。

40年間に亘る村瀬氏とメアリー氏が二人三脚で
蒐めた多くの素晴しい日本美術はこのように、
村瀬氏の審美眼と知識が多大に影響していたこと
を思うと、文化的なお仕事が双方の国の架け橋に
なっているようで素晴しいです。

*追加修正をしましたので、最初と少し文が変わっている
  かもしれませんがご了承くださいませ(*- -)(*_ _)

|

« フランソワ・プラリュ氏の特別セミナー&パーティ | トップページ | 「親しい友への手紙」 - 池田満寿夫 »

■2006年 美術講演会」カテゴリの記事

コメント

講演の素敵なエピソードの紹介楽しませていただきました有難うございました。
↑私も見たいものが沢山です。

投稿: seedsbook | 2006/01/31 19:55

Juliaさん

 とても良い講演をお聴きになりましたね。バーク夫人と村瀬さんの話は、コレクターとアドバイザーとの関係を超えたドラマだと思います。そのおすそ分けの記事をしっかりと読ませていただきました。

投稿: とら | 2006/01/31 19:57

Juliaさん、こんばんは。

とても実のあるお話を聞かれたようで羨ましいです。作品を蒐集する立場というのも、また一つの作品の見方を教えてくれるのですね。

メトロポリタンのアジア部門は展示の仕方が素晴らしかった記憶があります。

投稿: Nikki | 2006/01/31 19:58

Seedsbookさん、

  お久しぶりです~ヾ(´ー`)ノ
日本に一時、帰国されていたようですね。。
seedsbookさんの個展が日本で開催されるのでしょうか~?

とてもいいお話が聞けたので忘れない内に書いておこうと思ったのですが、大分長くなりました。読んでいただいて嬉しいです。

作品がやはり女性が選ばれたということもあって、全体的に優美な自然美で溢れているようでした。桃山時代の屏風絵はとても美しくてどれも溜息がでるほどでした~♪

投稿: Julia | 2006/01/31 20:28

とらさん

コメントありがとうございます。とらさんも週末は沢山の展覧会へ行かれましたね~(^_-)-☆


バーク夫人と村瀬さんの話は、コレクターとアドバイザーとの関係を超えたドラマだと思います。
  ええ、まさにとらさんのおっしゃるとおり、お二人の40年以上に亘る壮大なドラマが今回の展覧会にも表れていると思います。

また、土曜日の鑑賞会でお会いいたしましょう。講演会もすごく勉強になりますね!

投稿: Julia | 2006/01/31 20:29

Nikkiさん

コメントありがとうございます~☆
Nikkiさんもこの前日に行かれたようですから、こちらの講演会もご一緒できればよかったですね~(゚-^*)ノ 

裏話なんてめったに聞けないですし、こんなに「競り落とした」なんて書いちゃって良かったかしら?と今になって心配しています・・・ドキドキ(^_^;)

>メトロポリタンのアジア部門は展示の仕方が素晴らしかった記憶があります。

 そうですね!!でもルーブルとMetが混同してしまって、時々どっちだったか。。?日本館はかなり奥まった所でしたが、展示品が日本にあるのとはかなり格が違うような崇高な印象だけは残っています。
 海外の方が日本の文化を高く評価してくださっていたのに、私たちはそれをあまり大切にしてこなかったことが悔やまれますね。。

 土曜日、Nikkiさんもご都合がよろしければ、フェルメールの講座をご一緒に聞きに参りましょう。Takさん達ももちろん、いらっしゃるようですよぉ~(^_-)-☆

投稿: Julia | 2006/01/31 20:30

Juliaさま
こんばんは。コメントが遅くなってすみません。
村瀬氏のお話しは興味深いですね。素敵なお話の紹介楽しく読ませていただきました。
村瀬氏の存在がバーク夫人の見識眼をより高いものにしていたのですね。
バーク夫人が「貴婦人」と呼ばれたのがわかるような気がしますが、そういった方だからこそ、売り出しの話等が入るのでしょうね。
何故このように多くのコレクションが形成できたのか納得です。
拙ブログからTBを送ったはずですが、上手くいかなかったようです。後ほど再度おくります。

投稿: アイレ | 2006/01/31 22:24

アイレさま

コメント、こちらにも有難うございます。

>村瀬氏の存在がバーク夫人の見識眼をより高いものにしていたのですね。

 はい、そのようですね。「見識眼」というお言葉が一番あっていますね。最初は、「蒐集眼」って書いたのですが、ちょっと違うと思って、「審美眼」って書き直したのですが、アイレさんの「見識眼」が一番、ピッタリときますね!アイレさんのようにもっと美術用語を見に付けたいです。

 お若い時のお二人のお写真も見せていただき、とても仲がよい素敵な雰囲気でした。
TBは少し混んでいいる時間帯は飛びにくいようですので、またいつでもお手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

投稿: Julia | 2006/01/31 23:07

こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。

この日は辻先生の講演会とトークショーを
掛け持ちしてしまいました。
疲れると思いきやそうでもないですね。
楽しいお話は聴いていると時間が経つのも
あっという間です。

村瀬さんのことも講演会の中で
辻先生がお話なさっていました。
村瀬さんなくしてバークコレクションなかったわけですからね。

そうそう、mixiのミズシーさんのレポに
レスつけておきました。
お時間あればご覧になってくださいね。

投稿: Tak | 2006/02/08 22:20

Takさん

今日はTakさん、すごい饒舌ですね~(^_-)-☆

ミズシーさんのTakさんのレスがあまりに名文なので、私もつられて子供時代の頃を書いてしまいましたツ!! 確かに、レンブラントとかフェルメールの「光と影」には魔力がありますよね~☆☆★ みんなを科学的な神秘性の世界へ誘ってくれるようです。

また、18日にも渋谷でお会いできるといいですね!午後5時頃からいつものパスタ店でお食事しますのでよろしかったら~ご一緒にヾ(´ー`)ノ

肝心の村瀬氏ですが、それこそバークさんの影としてあれだけの素晴しい作品をアドバイスされてきたのでお話の内容もとてもリアルで光輝いていらっしゃいました。

投稿: Julia | 2006/02/08 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/8436640

この記事へのトラックバック一覧です: 記念講演会 「私とバーク・コレクション」 村瀬実恵子 氏:

» ニューヨーク・バーク・コレクション展 [Floral Musée]
今日はお休みを頂いていたのですが、少し家でゆっくりとしようと思っていましたが [続きを読む]

受信: 2006/01/31 20:45

» ニューヨーク・バーク・コレクション展 [青色通信]
ニューヨーク・バーク・コレクション展 1月28日 東京都美術館(〜3月5日)  ニューヨーク在住のバーク夫人によって収集された日本美術コレクション展を見てきました。 このコレクションの凄いなぁと思ったのは「日本美術」だけに焦点を絞って収集されたこと。 それ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 22:27

» ニューヨーク・バーク・コレクション展@東京都美術館 [Megurigami Nikki]
 本当は国立西洋美術館の常設展を観に行くつもりだったのが、展示品の整理中とのことで1月30日まで閉館という看板が・・・。せっかく上野まで来たので、普段はあまり見ない日本美術ですが、かなり良い評判を聞いていた『ニューヨーク・バーク・コレクション展』へ行くことにしました。  多くは掛け軸と屏風絵ですが、それぞれの作品に見られる個性と動きを感じされる筆運びがとても素晴らしいものがありました。モチーフも時代の古いものは宗教色の濃いものもありますが、同時代の西洋絵画と比べると自然そのものや、生活... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 23:40

» ニューヨーク・バーク・コレクション展 [ミュージアム@東京]
期間:平成18年1月24日(火)~3月5日(日) ニューヨーク・バーク・コレクシ... [続きを読む]

受信: 2006/02/04 09:02

» ニューヨーク・バーク・コレクション展 [Floral Musée]
今日はお休みを頂いていたのですが、少し家でゆっくりとしようと思っていましたが [続きを読む]

受信: 2006/02/05 17:22

» 「ニューヨーク・バーク・コレクション展」記念講演「生き続ける日本美術」 [弐代目・青い日記帳]
東京都美術館で2月5日に行われた 辻惟雄先生の記念講演「生き続ける日本美術」に参加して来ました。 「日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展」 Enduring Legacy of Japanese Art:The Mary Griggs Burke Collection ※当日の「無謀な計画」はこちらです。 しっかりとした内容のレジメが配布されたので それに従って講演会の内容をざーと振り返っておきます。 《タイトル》 「バーク・コレクショ... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 22:17

» 「バーク・コレクションの魅力」 「バーク・コレクション展」記念講演会 2/5 [はろるど・わーど]
東京都美術館講堂(台東区上野公園8-35) 記念講演会 「バーク・コレクションの魅力 -日本に恋したアメリカ女性の宝物- 」 2/5 14:00〜 講師 辻惟雄(展覧会監修者) 先日東京都美術館で開催された、バーク・コレクション展の記念講演会です。講師はこの展覧会を監修された辻惟雄氏。最近では「日本美術の歴史」(東京大学出版会)という本もお書きになられた、日本美術絵画史の第一人者です。ここに、配布されたレジュメに沿って、講演の内容を記録し... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 22:12

» バーク・コレクションに殺されかかる [超音速備忘録]
昨日の朝は眠くて眠くて仕方なかったが寝るのはもったいないと思い直し上野へ。 都美に日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展を見に行った。 去年の暮れに、学校の美術史専修室前のカタログラックに刺さっていたチラシ。 そのチラシの表を飾っていたのは曾我蕭白の「石橋図」であった。 「なんですかこれは…」 裏を見れば宗達に若沖に安度に抱一。ぎゃー! こんなにもときめいてしまっていいのだろうか! ちう訳で期待満点で会場入り。 縄文土器! 埴輪! 須恵器! 反釉薬原理主義... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 15:22

» ニューヨーク・バーク・コレクション展 -4回目 [Floral Musée]
今までに3度も観てきましたが、最終日の昨日チケットを頂いたので、東京都美術館 [続きを読む]

受信: 2006/03/07 00:47

» info [PukiWiki/TrackBack 0.1]
2004年資料|2005年資料 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2006年3月 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2006年3月の秀勉(秀明紙)について † 平成18年3月の秀勉ついて、役に立つ情報を御存じの方は投稿をお願いします。 † お名前: 題名: バーク・コ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 08:07

« フランソワ・プラリュ氏の特別セミナー&パーティ | トップページ | 「親しい友への手紙」 - 池田満寿夫 »