« 明けましておめでとうございます | トップページ | New Year's Card from Nice »

2006/01/02

1月に観に行きたい美術展

今年は元旦から少しお天気が悪くて寒いのですが
皆様のお正月はいかがお過ごしでしょうか?

今月の美術展情報をお知らせします~♪
大体、行きたい順番に列挙していこうと思います。

  • Specail Exhibition

    louvre_adoretion
  • The Metropolitan Museum of Art
    Fra Angelico
    October 26, 2005–January 29, 2006
    Robert Lehman Wing

    NYのMETでフラ・アンジェリコの展覧会が
    開催されています。
    絶対、行けないけど、観てみたいです!!

《Ange en adoration, tourné vers la droite》
© Musée du Louvre

        人気の高いモネ、ルノワールをはじめとした
           印象派の巨匠たちを中心に80点(途中展示替えあり)
           の作品を紹介いたします。箱根にありながら、なかなか
             訪れる機会がなかった美術ファンには、東京で気軽に
              ポーラ美術館の名品を楽しめる絶好の展覧会です。

      世界有数の日本美術収集家として知られる、
          メアリー・バーク夫人が半世紀にわたって収集
          した珠玉の日本美術コレクションがニューヨーク
          から「里帰り」しました。
     2000年に「夢の架け橋」と題し、ニューヨークの
          メトロポリタン美術館で開催されて好評を博した
         バーク・コレクションの展覧会今回は「日本の美 
         三千年の輝き」をテーマに岐阜、広島に引き続き
         東京で開催されます。

      
           ★記念講演会 「私とバーク・コレクション」
     時: 1月29日(日) 午後2時00分~
     会場: 東京都美術館 講堂
     講師: 村瀬実恵子/メトロポリタン美術館東洋部特別顧問 
     定員: 240名/入場無料(先着順)
     ※ 午後1時より整理券を配付予定

  • 前川國男建築展
    東京ステーション・ギャラリー
    12月23日(金)~3月5日(日)

   会期:(後期)2006年 1月 5日(木)~ 1月22日(日)
   休館日:毎週月曜日
        2006年1月9日(月・祝)は開館、
                  翌1月10日(火)は休館

  • 「印象派と20世紀の美術(常設展示) 」
    ブリヂストン美術館
    2005年10月15日(土)-2006年 3月26日(日)


       ブリヂストン美術館のコレクションの魅力と特色を
              わかりやすく紹介する展覧会です。近代絵画の
              基礎を築いたコローやマネ、またルノワールや
              モネなどの印象派や、セザンヌ、ゴーガンらの
              ポスト印象派の画家たち、そしてピカソやマティス、
              ルオーらの20世紀絵画・・・。さらに、本年安井曾太郎
              が亡くなって50年目をむかえるにあたり、石橋財団所蔵
              の安井作品をまとめて公開いたします。日本と西洋の
              近代絵画の見どころがいっぱいの展覧会です。
  • 幻想のコレクション-芝川照吉
     
    渋谷区松濤美術館
      2006年1月29日(日) まで
     
      また、青木繁の作品を観てみたいです。

     同館では、1月14日(土)午後2時より下記2つの
          美術映画が上映されるそうです。
         
           「ベラスケス」
            「ベルト・モリゾ、キャスリン・アドラーの
      インタビュー」近代美術・実践と論争シリーズ

☆追記: 「Kenの我楽多館」のKen様からコメントを頂きまして、
      美術展ではありませんが、アインシュタイン展を
      開催しているとの情報を頂けました。Kenさん、
      教えて頂いて有難うございます。私も行ってみます!

      
特別展 アインシュタイン 日本見聞録
       ~2006年2月26日まで
      相田みつを美術館第2ホール

     
    
          

  では、今年もアートで美容と健康を兼ねて知性も向上
    できるよう美術館へ足を運びましょうね~(=^ー^)☆

   

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | New Year's Card from Nice »

展覧会情報」カテゴリの記事

コメント

Juliaさん:明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

東京の美術展情報、有り難うございます。
美術展ではありませんが、私はアインシュタイン展をチェック済みでした。

会期が長いバーク・コレクション展は行けそうですね。

投稿: Ken | 2006/01/03 01:03

Kenさん

明けましておめでとうございます。
こちらまでコメントを沢山書いていただいて光栄です。2,3年前までは、KenさんのHPを拝見して、いろいろな美術情報を学ばせていただいておりましたが、自分もだんだん美術の世界に足を踏み入れて、今では四六時中アートのことばかり考えております。

アインシュタイン展もぜひ出かけてみるつもりです。1922年の日本の様子なども写真で見ることができるそうですし、アインシュタインの科学も勉強しに参りたいと思います。上記、記事に追記させていただきました。

東京へいらっしゃる際は、Kenさんがご先導されて鑑賞会など開いていただけますと幸いです。本年もどうぞ拙ブログ共々よろしくお願い申し上げます。

投稿: Julia | 2006/01/03 13:20

東京では新年から様々なジャンルの展覧会が開催されるようですね。
私も今年行きたい展覧会をいろいろとピックアップしているのですが、
時間と先立つものが必要です…。

「永遠なる薔薇-石内都の写真と共に」が気になってしまい、
クリックしてサイトを見てみました。
資生堂「オイデルミン」は十年来愛用の化粧水です。
朝化粧前にこれで顔を拭くと化粧ののりがなんとなくよいような気がします。
クラシックな薔薇のラベルとピンクの化粧水の色が気に入っています。

投稿: 千露 | 2006/01/03 19:27

千露様

コメント有難うございます~(*"ー"*)♪

薔薇は本当に姿形、匂いといいまたアロマでも薔薇の効用ってとくに高くて、お肌用のアロマ・ジェルを作るときは、必ず薔薇の精油を使っています。ブルガリア産が一番、香り、質と共に最高ですが、お値段も大変なものです(^_^;)

>資生堂「オイデルミン」は十年来愛用の化粧水です。クラシックな薔薇のラベルとピンクの化粧水の色が気に入っています。

 千露様の優雅なお化粧時のご様子が伺えて素敵です~♪ あのサイトのお写真も素晴しくきれいで、薔薇の香りが匂い立ってきそうですね!会社からも近いので、新春第一弾の展覧会として観にいって参りますね。

 千露様ももう少し暖かくなったらどうぞ東京までいらしてくださいませね♪プラド美術館展も3月25日から都美で始まります(*^-゚)v♪

投稿: Julia | 2006/01/03 19:56

こんばんは
詳しく日程を紹介されていて、大変ためになります。今年も様々な展覧会が目白押しですね。アート好きには嬉しい悲鳴が出そうですが、それも楽しみですね。
改めまして、今年もよろしくお願いします。
(すみません。先ほどコメントが書きかけで投稿されてしまいました。お手数ですが先ほどのコメントの削除をお願いします。新年早々すみません。)

投稿: アイレ | 2006/01/03 21:48

アイレ様

コメント&TBをありがとうございましたぁ~♪

>今年も様々な展覧会が目白押しですね。アート好きには嬉しい悲鳴が出そうですが、それも楽しみですね。

 おっしゃるとおりですね~(*"ー"*)♪
明日はもし寄れたら、銀座の資生堂で薔薇の写真展を観てこようって思っています!

 いよいよ明日から仕事開始ですが、また、お仕事の合間に今年もブログで、アートとサッカー観戦(?)にとお互い頑張って書いて参りましょうね~(*^-゚)vィェィ♪

投稿: Julia | 2006/01/03 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/7959266

この記事へのトラックバック一覧です: 1月に観に行きたい美術展:

» 一年の計は元旦にあり−これから行きたい展覧会 [青色通信]
 自宅で迎える元旦は2年ぶりとなります。過去2年は天皇杯決勝に出場するジュビロ磐田を応援するため国立競技場におりました。寒風ふきすさぶ競技場でキックオフを待つ時間はとてもとても寒くてしんどいのですが、何やらその寒さまでが清々しく思えたのは決勝という舞台の晴....... [続きを読む]

受信: 2006/01/03 20:46

» 今年見たい展覧会 [Windflowers]
昨年は数年ぶりに何度か展覧会に足を運びました。 年末いろいろな方のブログを拝見していると、 2005年の展覧会My Best10といった記事を多く見かけました。 10以上も展覧会を見られる方が本当にうらやましいです。 私が昨年見た展覧会は 「ドレスデン国立美術館展」兵庫県立美術館 「海と空の色のはなし」ふくやま美術館 「知られざる ベルギー象徴派」尾道市立美術館 「ギュスターヴ・モロー展」兵庫県立美術館 「ベルリンの至宝展」神戸市�... [続きを読む]

受信: 2006/01/03 23:31

« 明けましておめでとうございます | トップページ | New Year's Card from Nice »