« 芸術の秋 - Nicholas De Stael | トップページ | 芸術の秋 - 福永武彦氏 »

2005/11/13

レオナルド・ダ・ヴィンチ展 - 池上先生鑑賞会 No.3

davinchi 《Testa di Giovinetta》

今日の午後は池上先生ご引率の鑑賞会で

 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展 - レスター手稿

を恵泉大の生徒さんと先生ご夫妻と天使のように
可愛らしいお坊ちゃまとその他、ブログ友人の皆様
とご一緒させていただきました。

2度目ですので、感想文は力が入っている一度目
ご覧下さいませ。それから、以下の方の感想文も
どうぞご覧下さいませ。(今回、ご参加された方です)

  池上先生、ブログのTak師匠とら博士
   
Webデザイナーの堀内さんはろるどライターさん

私はあまりに鑑賞者の方が多いので、お先に会場を
失礼してしまったのですが、生徒さんが手稿について
それぞれ準備をして、展示室で手稿を前に堂々と
発表されていたそうです。
上級生の皆さんでしょうか?団体専用待合室でも
ニコニコとにこやかにされて和やかでいてしっかり
されたお嬢様方で、将来はいいお母様達になられる
ことと、暖かい気持ちになりました。

ノートは前回、ガラスに顔をつける位観たのですが、
今回はその文字の一つ一つが読める(?)とまでは
いかなくても、レオナルド筆記体に大分目が慣れて
A, D, G, Pなどの反対文字はかなりはっきり分かって
あと、4、5回観ればなんとなく暗号解読できそうに~?
なんて思ったりするほどでしたが、500年前の手稿にも
お別れを告げてきました。

今回、重点的に観たのは、いろいろな種類の手稿を
PCで眺めたことです。特に「
アトランティコ手稿」は
一番見ごたえがありました。兵器、運河、橋桁など挿絵も
大きくてレオナルドの叡智がここにも満載していて、何度も
繰り返し見てしまいました。

     restar
                                                       画像図録より

池上先生の「記念シンポジュウム」からレオナルドを
追いかけて2ヶ月近く立ちまして、いよいよ明日で
この「レスター手稿」の公開も(もう本日ですね)
終了しています。

レオナルドのことを池上先生より沢山教えて頂いて
こちらに書けないことがまだまだ山のようにあるので
すが、人類至上においてもまれに見る優秀な画家の
存在を深く知ることができたことに先生に感謝申し
上げます。それと恵泉大の生徒さんにもいつも大人組
とご一緒していただいて、ありがとうございました。

この鑑賞会の後、大人組はお茶を飲むカフェがなく
寒風吹きすさぶ中、外のベンチでお茶を頂きました。
いつも鑑賞会の後は、皆さんのお顔がなんとなく
上気して高揚した感じなので、体は寒くても心は
ホットで楽しいひとときを過ごさせていただきました。

先生の鑑賞会はこのお茶会があるので楽しいのです!
これからもいろいろな鑑賞会の予定を立ててくださって
おります。もし参加されたい方は、スケジュールをお知らせ
致しますので、私までメールを下さると幸いです。

      ike_fuji お茶会の席でも熱心に
             何かをご説明されています。今日の先生は
            スーツで正装されて素敵でした~★

それから、今日、参加されたYukoさんより素敵な
プレゼントを頂きました。愛知県へご旅行された
時に、「
タオル美術館」へ行かれて、「JULIA」と
いうイニシャルをハンド・タオルに入れて下さった
そうです。すごく感激です!


     towel

池上先生からも来年のカレンダー
「フレンチ印象派特集」を頂きました。
来年がくるのを待ちとおしくなりました。

お二人ともありがとうございました。


     calender

||-------------||------||||---------

最後にですが、本日、初めて参加してくださった
inadich←→respectful」の堀内さんは、
Webデザイナーで、いろいろな企業のHP
を作成されてご活躍中なのですが、さらに
絵(デッサン)もお習いでいらっしゃるとのことです。
そして、いろいろなビジネス・セミナーへ出て
いらして、これからもご自分の夢をかなえるべく
日夜、研鑽されていらっしゃいます。その夢という
のがとても素敵なんです。どうぞ、彼のブログで
ご覧下さいね↓

  「画家の組織を造るという夢

古今東西、芸術家の生活は並大抵ではありません。
弟さんがやはり美大を出られて彫刻家を目指した
そうですが。。。なかなか大変で、やはりIT系の職業
に付かれているそうです。そこから、このアイデアが
始まったそうですが、まだいろいろと構想中とのこと。

何か小さいことでもいいので、私も参加させていただき
たいと思っています。こんなに毎日、いろいろな芸術に
接することができて幸せなので、少しでもお返しができる
ことができたら!と思えるようになりました。このブログを
時間を使って書くこともその小さな一つかもしれませんが、
アートに接するとこんなにも素敵な輪が広がって、豊かな
気持ちになれる、ということなどを~☆゜・。・゜★

|

« 芸術の秋 - Nicholas De Stael | トップページ | 芸術の秋 - 福永武彦氏 »

池上先生鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

Juliaさん、今回も良い出会いも含めて実りある鑑賞会の様子が感じられますね!

私も今回は残念ながら参加できませんでしたが、次回は是非!仕事もやっと今週で一段落ついたので、これから週末はアートに過ごす予定です。なんといっても季節は「芸術の秋」ですし(*^^)

投稿: Megurigami | 2005/11/13 13:05

NikkiNikkiさん、

お帰りなさいませ~ヾ(´ー`)ノコメントありがとうございま~す。
本当に週末までお仕事、大変ですね。お疲れ様でした。

今回はNikkiちゃん(でいいかしら?)の参加がなくて残念でした・゚゚・(×_×)・゚゚・。 でも、マドモアゼル・ドルチェもご欠席でしたよぉ~。もう、学生さん引率は終了とのことです。

また、先生が企画してくださっているので、例のスケジュール・サイトでご確認くださいね!
最初の展覧会場はNikkiちゃん家方面ではないですか~?良かったらぜひご一緒に(*'ー'*)♪

投稿: Julia | 2005/11/13 14:38

こんばんは!私も、10日にダ・ヴィンチ展行ってまいりました。せっかくお誘いいただいたのに、鑑賞会に参加できなくて残念です…!
結構、混んでいたのでPCのファクシミリ版手稿が見られませんでした(>_<)

千葉で開催されているミラノ展にも、時間があったら行く予定です。

では~ヾ(*^〇^*)ノ”

投稿: ぴく太 | 2005/11/13 23:06

とうとう終わってしまいました。寂しい気がします。

でも良質な展覧会は今後も目白押しなので鑑賞会が楽しみです。

TBさせていただきました。

Juliaさん、いつもありがとうございます。

投稿: ike | 2005/11/13 23:56

こんばんは。
TBありがとうございました。

寒かったですが
いつもの通り実り多き一日でした。

これからも宜しくお願いします。
寒くなってまいりました。
お体ご自愛下さいませ。

投稿: Tak | 2005/11/14 00:31

Juliaさん、こんばんは。
あらためまして先日はどうもありがとうございました。
あの混雑の中ではありましたが、
実に興味深く拝見することができました。

鑑賞会、また参加させていただきます。
またご連絡差し上げますので、どうぞよろしくお願いします。

P.S 先生、カッコ良かったですよね!

投稿: はろるど | 2005/11/14 00:37

ぴく太さん

コメントありがとうございます。
mixiでぴく太さんもレオナルド展を楽しまれたレポを拝見しました。

平日でも混んでいたんですね!
PCのファクシミリ手稿は前回、見過ごしてしまったので、今回はちょうど椅子が空いたので、じっくりと拝見してきました。

レオナルドの直筆と思うだけでも興奮してくるような素晴らしい挿絵が多くて感激しました。

どうぞまた鑑賞会にもご参加くださいね!お待ちしております~☆

投稿: Julia | 2005/11/14 01:01

池先生、

本当に先生のお陰で今年の私のアートライフは一遍に大きく豊かなものになり、すごく幸せです!!

皆さんそろってのお写真もいい思い出となりましたね!!

一つの大きな展覧会も終了してしまいましたが、また今後も鑑賞会ではいろいろとご教授くださいませ。

先生のファンが日毎に増えて嬉しい限りです。

投稿: Julia | 2005/11/14 01:07

Takさん

コメント&TBをありがとうございました。

Takさんとも奥様ともお会いできて嬉しかったです!!

ぜひぜひ、今度は暖かい場所でいっぱいですねヾ(*≧∇≦)/□☆□\(>∇<〃)ノ忘年会

投稿: Julia | 2005/11/14 01:12

はろるどさん

コメント、ありがとうございました(*'ー'*)

はろるどさんとお久しぶりにお会いできて本当、嬉しかったですよぉ~O(≧∇≦)O

ブルックナーも良かったようで、一日アートディお疲れ様でした。

はろるどさんもよろしかったら他の方にもお声がけして、鑑賞会にご参加くださいませね~☆

先生は世界一、カッコイイです~*・\(*^▽^*)/:・♪

投稿: Julia | 2005/11/14 01:21

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ展 - 池上先生鑑賞会 No.3:

» 3度目はみんなと一緒! [弐代目・青い日記帳]
ミュージアムコーン(地上2階)と呼ばれるガラス張りの 円柱のような建造物を通って森美術館のチケット売り場まで。 この時点で既に地上3階に居ることになります。 チケット売り場の右奥に団体専用待合室があり、そこへ集合。 これより先に「杉本博司展」観ていたので 53階から一旦エレベーターで降下してきました。 総勢で何名程いらしたのでしょうか。 定かではありませんがおよそ30名。 目指すは52階森アーツセンターで明日まで開催の 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 「もう2度も... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 00:32

» 3度目はみんなと一緒! [弐代目・青い日記帳]
ミュージアムコーン(地上2階)と呼ばれるガラス張りの 円柱のような建造物を通って森美術館のチケット売り場まで。 この時点で既に地上3階に居ることになります。 チケット売り場の右奥に団体専用待合室があり、そこへ集合。 これより先に「杉本博司展」観ていたので 53階から一旦エレベーターで降下してきました。 総勢で何名程いらしたのでしょうか。 定かではありませんがおよそ30名。 目指すは52階森アーツセンターで明日まで開催の 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 「もう2度も... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 00:35

« 芸術の秋 - Nicholas De Stael | トップページ | 芸術の秋 - 福永武彦氏 »