« ☆ PAUL Christmas ☆ No.2 | トップページ | + 光琳 - Aoyama Christmas + No.4 »

2005/11/05

* Bunkamura Christmas * No.3

今日の午後は、渋谷のBunkamuraミュージアムで
本日が初日の

 「スコットランド国立美術館展」

を娘と観て参りました。以前、とらさんが書かれた
同じ展覧会(出品は違うようです)の素晴らしい
感想文を読んで、その時からこの展覧会は
すぐ観たい!と思っていましたので本日、初日と
いうことで駆けつけていきました。

      scotland_bunka

こちらの展覧会は、写実絵画のしっとりとした風景画
や印象派の美しい光があふれる作品や人物画など
品格ある素晴らしい作品ばかりで、久しぶりに
本来の絵画らしい作品を堪能することができました。
初日でしたので、あまり鑑賞者もいらっしゃらなくて
このくらいならゆっくりと絵を落ち着いて観ることができ、
娘と二人で至福のときを過ごせました。

池上先生の同展についてのご考察記事はこちらから
どうぞご参照くださいませ。

またまた申し訳ないのですが、感想文は後ほど書かせ
ていただきます。

ですので、本日は、Bunkamura周りのChristmas模様を
お届けします。

              poincetia
         Bunkamuraのエントランスでは
                   ポインセチアの大群が赤々と
                   燃えるように私達を迎えてくれます。

                   フラワーショップ「プレジュール」

  swarovski_tree   swarsky_2005
           スワロフスキーショップ 今年のクリスマス・クリスタル
                                        が煌びやかに~☆ 

  bunka_mokko  bunka_music
         Bunkamura Shop  クリスマス・ディスプレーが素敵でした

    viron_cake  viron_shu
       Bunkamuraの近くにある有名なパン屋さん「Viron
          *クリスマスのシュトレーンや美しいケーキも♪
            お勧めは 『フランボワーズショコラ』です(*'ー'*) 
            11月中旬に、東京駅の中央郵便局本局の裏辺りに
            新しい店舗ができるそうです。

 それから、Bunkamuraの前にあるハンドメイド・コスメで
  有名な「LUSH」も今、クリスマス・デザインのソープが
  カラフルで見ているだけでも楽しくなりました。HPでも
  「
SNOW FESTIVAL」でその楽しさが分かります(^_-)-☆

 展覧会はまだ空いているようですので、早めにご覧に
  なると良いかもしれませんね~♪

- 展覧会案内より -

本展はスコットランド国立美術館の膨大な収蔵品
の中から選りすぐった、19世紀のフランス印象派と
スコットランド絵画を中心にした95作品から構成され
ます。情景描写における両者の共通項を確認しながら、
当時の身の回りの事物を描いた心なごむ風景画や
人物画を、ゆっくりご堪能ください。

|

« ☆ PAUL Christmas ☆ No.2 | トップページ | + 光琳 - Aoyama Christmas + No.4 »

☆Christmas2005☆」カテゴリの記事

コメント

初めまして何から説明していいかわかんないんですが・・・mixiのパン屋のコミュの書き込みに、娘さんが三越のFMでパンを製造していると言うのを見てここにきました☆多分かなり前の書き込みだと思いますが・・・(^_^.)FMも志賀シェフが担当ですよね??自分は丸ビルのユーハイムでパンの製造ではないんですが、売り子やってます(^^♪なんか妙に親近感が湧いてしまったので来てしまいました、、というわけです☆
お騒がせしましたー!!

投稿: けーすけ | 2005/11/06 02:46

け~すけさん

まぁ~~~ご訪問どうもありがとうございます(*'ー'*)♪
あまり同業者の方々はPCをお好きでない方が多いのですが、mixi経由で来て頂いたそうで納得いたしました。

娘も丸ビルのユーハイムでパンの販売を最初の頃、すこしお手伝いをさせていただいたので、け~すけさんのことを存じているかもしれませんね。今朝もはや~く出勤してしまったので、ちょっと聞けないのですが。。(^_^;
FMで今、クリスマス向けのパンを開発しようってすごく頑張っているようです!!

mixiの方は、あまり書きこみしていないので、どうぞこちらまでまたご訪問くださると嬉しいです。今回はvironさんのことを書いておりますが。。。また、パンのこともどうぞお知らせくださいませね(^_-)-☆

投稿: Julia | 2005/11/06 09:22

速攻ですね、もう鑑賞されましたか。

TBさせていただきました。

あと、ライターの件も実行しておきました。ただ、Juliaさんの文章の柔らかいところなども好きなので、僕が手を入れて雰囲気を変えてしまうのは味気ないことです。
信用していただいて感謝ですが、まぁJuliaさんにはこのままおおらかに突っ走っていただきたいと思っています。

投稿: ike | 2005/11/06 09:35

先生、

コメントやリンクやTBなどありがとうございました。なんか感想文まで至りませんが、後日書けたら??と思っております。

先生もこの展覧会はいい絵がたくさんありますよ!!とお勧めくださっていたので、初日に駆けつけてしまいました。本当にキャメロンの少女は抱きしめたくなるほど可愛い絵でしたね!まるで、あの花束を持ってあの絵から抜け出してきそうなほど愛情がこもる素晴らしい少女の絵でした!!

英国の牧歌的な美しい水彩画もきれいでしたね!私はスコットランドの手前までしか行ったことがありませんが、あのように牧草地帯が広がる英国の郊外の風景を久しぶり思い出して、心が洗われるようでした。

モネの先生であるブータンが描いた海の絵もいくつかあって、感激でした!モネが影響受けたことがしっかりとわかる空の絵でした!

早く感想文を書ければいいのですが、、すいません

>Juliaさんの文章の柔らかいところなども好きなので、僕が手を入れて雰囲気を変えてしまうのは味気ないことです。

  飛んでもありません。私は素人感想記なので間違ったことを書いていることも多々ありますので、それで急遽先生に赤入れやメッセージをお願いしたわけです。本当に私の所へ書いていただくのは大変恐縮なのですが、ぜひ先生の素晴らしいご考察を書いていただけますと嬉しく思いますし、これからもがんばらなくっちゃ!!と意気込みが増す覚悟でおります。

投稿: Julia | 2005/11/06 12:17

Juliaさん

もう観てこられたのですね。レポを楽しみにしています。
それから拙文にリンクしていただき、有難うございます。
私も空いているうちに行って来ます。

投稿: とら | 2005/11/06 20:15

とらさん

コメントありがとうございます。
とらさんがおっしゃっていたように美しい作品ばかりで娘と二人で鑑賞してからも夢見心地でしたヾ(´ー`)ノ

レポはなかなか書けないかと思いますが、なるべく頑張ってみます!

投稿: Julia | 2005/11/06 23:22

こんばんは。
昨日渋谷に行って来ました。
小雨降る中の鑑賞でした。
「雨が降る」なんてイギリスらしいな~
と結構心にゆとりと持ちながら鑑賞できました。

個人的にはミレイの作品に出会えて
極上の時間を過ごせました。

TBさせていただきます。

投稿: Tak | 2005/11/07 22:08

Takさん

こんにちは!
コメントとTBをありがとうございました。
私はまだ感想文も書きかけですのにTBしていただいてすいません(*- -)(*_ _)

Takさんのようにどんどん書けないので少々焦りますが、とにかく素敵な展覧会でしたね!もう一度位は足を運ぶつもりです。池先生が、この展覧会の鑑賞会もして下さるとのことです。Takさんもいかがですか?

また、もうちょっと書けたらTBに伺います。

投稿: Julia | 2005/11/07 22:41

Juliaさん、さっそく行かれたそうでうらやましい限りです。仕事が一段落したらアート・ウィークを過ごしたいなぁ、と一人ぼやいてます(^^;;

皆さんの評価も高いようで、レポも楽しみにしています。Juliaさんの場合は絵が好き!という感じが伝わってきて、その展覧会がとても楽しみになります。

投稿: Megurigami | 2005/11/08 01:05

Nikkiさん

コメントありがとうございます。

Nikkiさんのお年頃は一番、激務を強いられて大変でしょうがどうぞお体に気をつけて、お仕事もがんばって下さいませ。

>Juliaさんの場合は絵が好き!という感じが伝わってきて、その展覧会がとても楽しみになります。

  まぁ~キャーq(≧∇≦*)
  嬉しいお褒め言葉をありがとうございます。
  あんまり饒舌ではないのですが、好きなことは好き!と感じたまま書いております。
  少しでも多くの方たちが展覧会で絵を観たりして、昔の方たちの感性や風土や画家の熱き思いといった物に触れて、それを自分の生活にも反映できると癒されたり、もっと自分を愛せるようになると思います。

  Nikkiさんの読書の多さにもいつも触発されています。遠藤氏のご本も一時期、随分読んだことがありますが、昨日ご紹介されていた本も良さそうですね!

投稿: Julia | 2005/11/08 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/6915318

この記事へのトラックバック一覧です: * Bunkamura Christmas * No.3:

» スコットランド国立美術館展(Bunkamuraザ・ミュージアム) [池上英洋の第弐研究室]
モロー展に続いてBunkamuraで開催される同展は、昨日オープニングの日を迎えました。日本では非常に知名度が低い美術館で、また作品群も主に印象派と伝えられていることもあって、この一見地味にも思えるタイトルの同展が、これほどまでに充実した出品作品によって構成さ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/06 09:27

» 「スコットランド国立美術館展」 [弐代目・青い日記帳]
Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の 「フランス印象派と19世紀スコットランドの画家たち スコットランド国立美術館展―コロー、モネ 、シスレー、そしてキャメロン―」 に行って来ました。 エディンバラにある国立スコットランド美術館といえば フェルメールの「マリアとマルタの家のキリスト」 この作品がある美術館として真っ先に頭に浮かびます。 数ヶ月前に「スコットランド国立美術館展」が開催されると聞いた時は 「おおっ!またフェルメール」なんてこと思ってしまいました... [続きを読む]

受信: 2005/11/07 08:16

» スコットランド国立美術館展@Bunkamuraザ・ミュージアム [Megurigami Nikki]
 今日は代休をもらって渋谷Bunkamuraまで『スコットランド国立美術館展』を観にいって来ました。  前回の『モロー展』の象徴主義とはうってかわって写実主義や印象主義の作品が一同に会していたのですが、見慣れたフランスを代表する画家達と共に、というかこちらがメインなのですが初めて観るスコットランドの画家達の素晴らしい作品を眼にすることができました。  ここではやはりメインとなるスコットランド画家について、自分の復習も兼ねて多少のご紹介をしておきたいと思います。時代としては副題にも... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 21:08

« ☆ PAUL Christmas ☆ No.2 | トップページ | + 光琳 - Aoyama Christmas + No.4 »